• 30 Jul
  • 25 Nov
    • オフ・ザ・レコード:リバティ・ストーン

      オフ・ザ・レコード:リバティ・ストーンをクリアしたので感想を記録。クーポンでゲットしたのでSE。今回はササッとプレイしてサクッと終わらせたので写真とかも撮らず。南国のホテルで行われる美人コンテストに取材に訪れた主人公。ところがその美人コンテストの優勝者がつけるティアラに飾られるはずだった宝石が盗まれ、容疑者にされてしまう。一体本当の犯人は誰なのか? そして主人公は自らの潔白を証明出来るのか?みたいな話。軽く楽しむにはいいんじゃないかな~という感じ。わりとサクサク進むのでテンポはいい。物足りないと感じる人はいるかもだけど、自分はあんまり長いと中だるみして飽きてやめてしまったりするので、これぐらいのボリュームが性に合ってる。最後もスッキリ終わっていい感じ(そんなに簡単にそうなるんかい! みたいな色々な突っ込みどころはおいといてw)。最初のホテルのエリアが南国っぽくカラフルかつ綺麗で良かった。ドリンクを作る場面が好き(笑私はファンタジー系がちと苦手なんだけど、これはそういう要素もないのでそれも良かったかも。(現代風だと思って油断してたら、途中からファンタジーっぽくなるのが結構多いので・・・)めちゃくちゃ面白い!! みたいなシーンはないけど、軽く遊ぶにはいいゲームだったと思う。評価としては普通におもしろい! ですかな。

      テーマ:
  • 30 Oct
    • リデンプション・セメタリー:さまよう魂の叫び コレクターズ・エディション

      「リデンプション・セメタリー:さまよう魂の叫び コレクターズ・エディション」をクリアしたので感想を記録。米公式のセールで購入したCE。ギャングの誘拐事件をうっかり目撃してしまった主人公が殺されかけたその時、周囲に異変が・・・そこは亡霊のただよう不気味な島だった。その島から脱出するために、亡霊達の願いを叶えることになった主人公だが・・・みたいな話。3人の亡霊の願いというか、心残りを解決してあげる感じで、それぞれ舞台が違うので変化があって良かった。ボリュームもなかなかある感じ。あまりにも長いとダレるけど、亡霊ごとにシーンのイメージが変わるのでダレることなく楽しめた。地図はないしヒントは不親切なんだけど、それぞれのロケーションはさほど広くないので、まぁ大丈夫。パズルは簡単だったので面倒臭がりの私もほとんどスキップせずにクリア出来たし。アイテム探しでアイテムを取ったらそばにあるヒントボタンが誤爆したり、正しいアイテムを使っても認識されなかったり、クリック範囲がちょっと大雑把なところはあったりはしたけどね。最後はスッキリと終わっていて好印象。ボーナス章はお話の続き、というか、もうひとつ願いを叶えるのを追加、みたいな。「お前もかよ!」って感じでウケた。ボーナスゲームで特に謎が解明されるというわけでもないので、SEでも十分楽しめる内容だと思う。面白かった。シリーズものみたいなので、新しいのも試しにやってみようかな。あと、にゃんこかわゆす。ニャーン。猫がかわいいゲームはいいゲーム。

      3
      テーマ:
  • 23 Oct
    • Maze: Subject 360

      「Maze: Subject 360」をクリアしたので感想を記録。米公式で無料チケットで購入したのでSE。気がつくと私は暗い廊下を歩いていた。この廊下はまるで永遠に続いているようだ・・・やがてたどり着いたのは、寒々とした雰囲気の、どこか不気味な空気の漂う部屋。この場所はなんなの? 一体ここはどこ・・・? その時突然、部屋に置かれた電話が鳴り響いた。ためらいながらも受話器を取ると、聞こえてきたのは少女の声。『ようこそ、迷宮へ、「Subjects 360」!』少女が言った。『あなたはわたしの聖域に加わるめったにないチャンスを得たのよ。でもまずは・・・』含み笑いをしながら、彼女は言った。『あなたにその価値があるかどうか、あなた自身に証明してもらわなきゃね』そうして彼女の残忍な「テスト」が始まったのだ・・・みたいなお話。一風変わったゲームを作るので定評のある(と、私は勝手に思っている)MAD HEAD GAMESの作品で、以前に体験版をチョロっとプレイした段階で「これはかなり期待できるな!」と思ってたもの。そん時は最初のさわりぐらいしかプレイしなかったんだけど、つい最近もう一度体験版をちゃんとやってみて、やはりこれはプレイせねば! という謎の使命感にとらわれたので購入してみました。ただ、問題はまだ日本語化されてないってことなんだけどね。いやー、いいね~この雰囲気。びっくり演出が幽霊屋敷系で過剰なのが多かったのがちょっとアレだったけど(ドヒャーンみたいな効果音と同時に登場とか)、カジュアルゲームにしては頑張ってると思う。「おお、これはこえ~・・・」とか、思わずつぶやいちゃうシーンも多かったし。プレイ中、ドキドキするシーンもあったりして、やるな! って感じ。途中、何度か選択肢が出て、その選択によっては主人公が即死! というのも、一般的なカジュアルゲームにはない演出で良かった。まぁすぐにやり直せるところは、カジュアルゲームらしいんだけどね。その他にも凝ってる要素があってさすがMAD HEADという印象。面白い!ラスト近くになるとアイテム探しラッシュで、序盤の盛り上がりに比べるとちょっと尻つぼみ感がなきにしもあらずだったけど、かなりレベルの高いゲームだったと思う。楽しかった~!ラストも綺麗に終わったんだけど、最後の最後に「ん!? これはもしや・・・」みたいな部分があったので、それは多分CEのボーナスゲームで・・・みたいな感じなんじゃないかと予想してる。セリフが多いゲームで、言ってることの10分の1もわかんない状態でプレイしたけど、かなり面白かった。カジュアルゲームのホラーにしては、頑張って怖がらせようとしてるし。日本語版が出たら、今度はCEを買ってやりたいなーと思う。しかし、日本語化されるのかなぁ、これ・・・。

      4
      テーマ:
  • 20 Oct
    • ファイナルカット:銀幕の死

      「ファイナルカット:銀幕の死」をクリアしたので感想を記録。無料クーポンで手に入れたのでSE。米のセールでシリーズの2、3作目をゲットしてて、2作目をプレイしようとしたら思い切り前作からの続きっぽかったので、慌てて1作目をクーポンで手に入れてプレイしてみた。有名な映画人だった父親が死亡。その後処理で実家を尋ねた主人公だったが、父を殺害したという謎の人物に弟を誘拐され、父の作った映写機の部品を集めるよう要求される。なぜ父は殺されたのか、そしてなぜ犯人の目的は何なのか。みたいなお話。プレイし終えての感想は「おやじ最低やな」と「ねこかわいい」かな。つか、古いゲームだから期待してなかったんだけど、かなり面白かったです。屋敷内を映写機の部品を集めて探索するだけなので、エリアのボリュームは期待してなかったんだけど、蓋を開けて見ると結構な数のエリアがあって、しかもバラエティに富んでて面白かった~。ストーリーもよく出来てたし、(結末の賛否はあるだろうけど)きっちり終わってて良かった。ちょいと気になる終わり方をしているのは確かだけど、続編があるからこれはこれでOKなのではないかと思われ。(もしかしたらCEのボーナス章につづいているのかも知れないけどw)で、ゲームとしての出来も良くて満足だったんだけど、もっと嬉しかったのがにゃんこさんが結構姿を見せてくれたところ。このハチワレさん。こういうゲームにはアイテムを取ろうとしたら動物が邪魔をする・・・みたいなパターンが多いんだけど、このハチワレさんはアイテムを手に入れた後もチラチラと姿を見せてくれるので「ハチワレをさがせ!」みたいになってて良かったですwあと、スタッフロールが和む。いや~、面白いゲームをプレイすると、テンションあがるねぇ~続編をプレイするのが楽しみ~★

      テーマ:
  • 18 Oct
    • ミステリー・トラッカー:ナイトヴィルの恐怖 コレクターズ・エディション

      「ミステリー・トラッカー:ナイトヴィルの恐怖 コレクターズ・エディション」をクリアしたので感想を記録。米のセールで購入。「ミステリー・トラッカー」は人気シリーズで、捜査官が不思議な事件を解決する系のアイテム探しゲーム(今回のナイトヴィルの恐怖は8作目だそう)。私は今まで体験版しかプレイしたことがなくて、今回が初ミステリー・トラッカーだったり。だから今までのシリーズとは比較はできないんだけど、ミステリー・トラッカーってこういうゲームだっけ? みたいな印象を受けた。レビューには「ミステリー事件簿みたい!」って書いている人がいて(こっちも人気のシリーズ)、そっちのシリーズもあまりプレイしていないので比較ができないんだけど、ミステリー・トラッカーらしい雰囲気がちょっと今回は薄かったのかなぁって感じかも。今回からなぜか主人公が男性から女性に交代。シリーズなのに簡単に主役交代しちゃうんだなーと、ちょっとビックリした。まぁ、こういうゲームって個性ない主人公がほとんどだからよくあることではあるけど。個人的にはこういう系のゲームって女性主人公がやたら多い気がするので、男子でも良かった気がするんだけどね。女性主人公の方が一般受けするのかなぁ?とある少年が誘拐されたので捜査して欲しいとのことで、やってきた主人公。そこは2つの敵対する村が隣り合う地域で、少年を誘拐したのは「フクロウ男」と呼ばれる不気味な謎の男だという。少年は本当にフクロウ男に誘拐されたのだろうか?そしてフクロウ男の正体は?みたいなストーリー。クリアしての感想は、「え? もう終わり??」いつも大体平日の夜にちまちまやって二日間~三日間ぐらいかけて終わらせるんだけど、今回は一晩でクリアしてしまった・・・。お話としてはスッキリ終わってはいるものの、「え・・・この雰囲気・・・もうすぐ終わりっぽい? いやまさか、まだもうヒトヤマなにか盛り上がりが・・・って、マジで終わりかよ!」みたいな感じで、あまり大きな盛り上がりがなくクリアしちゃった印象。ロケーションも少ないし、お話も「ああ、まぁ、そういうことだろうね、うん」みたいな感じだったし。体験版では面白そうに思えたんだけどなぁ。ちょっと期待はずれでした。敵対した村で陰鬱な雰囲気で、謎の人々がいて、変なキャラも登場して・・・って、面白くなりそうな要素は結構あるのに、なんかもったいないなぁー。制作はELEPHANT gamesなので、ゲームとしての出来はそれなりのレベルなんだけどね。でもアイテム探しは少なめでパズルも簡単(面倒がりの私があまりスキップしなかったほどだし)。今まで色々なゲームをプレイしてきたぜ! ってヘビーユーザーには物足らないボリュームかも。私的にはパズルは簡単な方が「クリアしたった!」感があっていいんだけどなwコレクターズ・エディション特典はアワードやらコレクションやら、かなり豊富。ボーナス章は村のその後で、主人公は別の人。話は可もなく不可もなく、といった感じ。他に村人から依頼を受けてクエスト・・・というか、本編でクリアしたアイテム探しやパズルをもう一度プレイできるモードがあって、すべてを決められた時間内にクリアすると「秘密の部屋」が開放されるという・・・オマケはすごい豪華だな!でも、オマケよりも本編の方で頑張って欲しかったなぁ・・・ってのが正直なところ。アワード(PS3のトロフィーみたいなの)とかコレクションとか興味ないし・・・。パズルとか苦手なものを短時間でクリアする自信はないので、秘密の部屋は見ることなく終わりそうだわ。あと、本編やボーナス章でコインを集めてフィギュアを購入していく、ってオマケもあるんだけど、このフィギュアがリアルで可愛くないwもうちょっと可愛かったりかっこよかったりしたら、集めるのも楽しいのになー。ところでミステリー・トラッカーと言えば相棒ワンコのエルフ。主人公は交代したけど、エルフはついてきてくれました。ただ、別にエルフはいてもいなくてもどっちでも良かったのでは?って思えるほど、活躍の場がなかったのが残念。最近プレイした「Dark Dimensions: Homecoming」のロッキーくんがすごい役立って大活躍してくれた(その上可愛かった)のもあって、余計にそう思ってしまう。しかも序盤で「エルフは○○するのが苦手だと聞いているわ」とか言って拒否させておきながら、後半でその○○を普通にさせてるとか、一体どういうこと!???みたいな場面があって萎え。犬には無理だろ! みたいなことをさせてる場面もあったりして、ちょっとなーと思ってしまった。主人公を交代させるなら、相棒も猫とかに交代させりゃよかったのに。総評としては普通の下かな。あくまで個人的な感想で、ゲームの出来としてはいいと思うんだけど、人気シリーズとして期待してプレイした分、がっかり感が強かった。あまりこういう系のゲームをやったことのない人なら楽しめると思う。面白い要素はあるしね。それにしてもこう考えると、ダーク・デメンションズシリーズはすごいボリュームあるゲームなんだなぁ・・・。

      1
      テーマ:
  • 15 Oct
    • ダーク・ディメンションズ:蝋人形-完璧なる美

      「ダーク・ディメンションズ:蝋人形-完璧なる美」をクリアしたので感想を記録。米のまとめ買いセールで買ったのでSE。暗黒次元とやらに呪われた町や人たちを怪しげな儀式で開放していくシリーズ第ニ弾。今回は蝋人形だらけの町。不気味よのう~。今回も人物は実写を加工したもの。でも今までのに比べると実写感がありすぎてちょっと浮いた感じに見えて残念だったかな。男女の双子を軸に話が進んで行くんだけど、途中でその双子が高校生ぐらいの設定だと知ってびっくり。てっきり大人の男女だと思ってたよ。向こうの子供は大人びてんなー(まぁ役者さんだから大人がやってんだろうけど)あと、ゾーイかわいいよゾーイ。今回も結構なボリュームなのに地図はなくてウロウロさせられる系。持ち物はいっぱい持ってるのに、何も出来ることがなくて・・・とかが多くてちょっとなー。アイテムを使う時の当たり判定が狭いのもちょっと困る。当たり判定に外れると正しいアイテムでも「使用出来ない」みたいなメッセージが出るから、すごい迷ったところとかあったし。まぁヒントは前作よりは親切になっているので、まだ良かったかな。あと、アイテム探しで誤訳? みたいなのが何箇所かあった気がする(「歯」を「葉」と書いてあるとか)これはまぁ、翻訳側の問題であってゲームとは関係ないけども。パズルは相変わらず面倒臭いのが多くて結構スキップしてしまった。(まぁ、元からパズルはそんなに好きではないので、これは仕方なしか)パズルをスキップするチャージの時間は前作よりは短くなったのでまだ良かった。総評としては、ボリュームはすごくあるけど、システム的に不満な点があって(当たり判定とか)最後の方は少し疲れてしまった。古いゲームだから仕方ないかな。お話はまぁまぁ。前作は日記を読むと謎が解明されてる感があって良かったんだけど、今回の日記はイマイチだったなぁ。蝋人形という題材の割には、不気味感が足りない気がしたし。一応きちんと終わっているけど、アッサリしすぎて余韻みたいなものがなくて残念。そういえば黒幕的なものは前作も今作もSEでは分からないままなんだけど、CEだとボーナスストーリーとかで判明するのかなぁ。ヒントとか遊びやすくはなったはずなんだけど、ゲーム自体の雰囲気とかその他は前作のほうが好きかも。つーわけで、まぁ普通、かのう。そういえば途中でバグが出たので書いてみる。1作目の「霧に消えた町」でも全く同じバグが出たんだよね。同じシステム使ってんだろうなぁ。以下、そのバグについて。一度クリアしたパズルに、まだクリアしていない印である輝きが。見てみると、パズルはクリアしたので蓋が開いて中身がなくなっているんだけど、パズルのスキップのチャージが動いていてパズルのヒントまで表示される。パズルのスキップを実行すると、一度取ったはずの中身が現れて、またとれてしまうという・・・。1つで十分のはずのアイテムが増殖。3つもいらぬ。で、このパズルをクリアすることによってフラグが立つアイテム探しが再び現れ、それをクリアするとまた同じパズルが出来るようになる・・・みたいなループになっちゃう。とあるパズルするために2個必要なアイテムが3個とかとれてしまう。えー。やり直そうかなぁとも思ったけど、面倒臭くなってそのまま進めたら普通にクリアできました。あー、びっくりした。進行不能なバグでないだけマシかな。

      2
      テーマ:
  • 14 Oct
    • ダーク・ディメンションズ:霧に消えた町

      「ダーク・ディメンションズ:霧に消えた町」をクリアしたので記録。米まとめ買いセールで購入したのでSE。一度プレイしたけど途中でバグってヤル気が萎えてやめちゃったので、改めて最初から遊んでみたリベンジプレイ。前回バグったところも無事通過してクリア出来たので、感想を書いてみる。美しい花嫁が何者かに殺害されたことがきっかけで暗黒次元の霧に沈み滅びた町を、呪いから開放するみたいな話。花嫁は誰に殺されたのか、廃墟の町を探索しながら探っていく、みたいな。オープニングの青年の不気味さがなかなかに素敵。殺された花嫁も美しくて、廃墟も不気味でいい感じ。ただ、彫像とかがペコペコ動いているのは、ちょっと安っぽい演出でイマイチだったかなw3作目の「灰に埋もれた町」では主人公がどういう立場で、なぜ町に来たのかわかんないからちょっと・・・みたいな事を書きましたが、なぜ、どうして、みたいなことは、「日記」に記されてたのね。今回のプレイで初めて気づいたよ。手に入れた情報や主人公の考えなどは日記に追記されていくって寸法。いや、日記があるっていうのは知ってたんだけど、日記を見なくてもゲームは普通に進むので、あんまり見てなかったんだよねー。暗号なんかの情報をチラ見するぐらい?でも日記を見ると主人公の考えなどもわかってゲームに感情移入しやすくなるのね。今後はなるたけ日記を見ることにしよう・・・と、思いつつ、日記を見るのすぐ忘れちゃうんだけどねー。主人公は両親と兄を事故でなくしていて、暗黒次元でならいつか家族に会えるんじゃないかと考えてる、みたいな感じ。謎の人物の導きで、あちこちの町で事件の謎を解いている、らしい(曖昧)こういう背景がわかるだけでも、プレイする時の感覚が変わってくるよね。ゲーム内容としては古いゲームなので地図はないし、ヒントも不親切なせいで難易度アップ。途中で何度も何をしたらいいのかわからなくなってウロウロウロウロ。パズルスキップのチャージ時間も長い! 面倒なパズルはほとんどスキップしたので、めちゃ時間かかっちゃったよ。アイテム探しは一手間加える系だったのでなかなか楽しかったけどね。お話はスッキリきれいに終わって、よくある話ではあったけどまとまりもあって面白かった。ゲーム内での主人公の反応がアッサリしているので、日記を読みつつ進めていくのがいいね。バグってケチがついたりしたけど、なかなか楽しめた。ただ、やっぱ古いゲームは地図やヒントがないから難しく面倒だなぁ、と改めて思ったのであった。

      2
      テーマ:
  • 13 Oct
    • ナイトメア・フロム・ザ・ディープ:呪われたハート コレクターズ・エディション

      「ナイトメア・フロム・ザ・ディープ:呪われたハート コレクターズ・エディション」をクリアしたので覚書として感想。米のセールで購入。博物館に展示しようとしていた悪名高い大海賊のミイラをうっかり蘇らせてしまった上に娘までさらわれてしまったお母さんが、娘を助けるために頑張る話。母は強し。体験版で遊んで面白そうだなーと気になっていたので購入してみたんだけど、やはし面白かった~。特に序盤の船に乗り込んで海に出るまでの演出とか大好きなんだよね。初めて見た時は「おお~!」ってなったよ。びっくり演出も効いてていい感じでした。登場する人達は基本的にゾンビなんだけど、そのゾンビ達がちょっとトボけた感じで大好きwぬめっとした小人のおっさんにコインをあげると昔語りをしてくれるのが、なかなか雰囲気があって良かったです。コインが手に入ったら、いちいち戻っておっさんに話をしてもらってましたwゲーム内容はとにかくアイテム探しが多いな~って印象。ロケーションはさほど広くないけど、とにかくアイテム探しが多くてボリューミーに感じたかな。マップがあって、アクションが起こせる場所が表示されるので助かった~マップでの移動は出来ないけど、そんなに広い場所じゃないので、まぁいいかなみたいな。同じ場所で何度もアイテム探しが発生するので、「またかよ!」って思わないでもなかったけど、先に取ったアイテムは次にアイテム探しをする時にはちゃんとなくなっているのが細かくていいと思ったよ(最後の方になると、アイテムがほとんどなくなっちゃってる場所があるのも笑えたw)。アイテム探しが多い分、パズルはあんまり多くない気がしたかも。簡単なものが多かったので、スキップはさほどしなかったようなそうでもないような。ストーリーもなかなか良かった。やっぱ「え、なんでそこでそうなる??」みたいな、理不尽じゃないシナリオはいいね~最後も綺麗に終わって大満足でした。面白かった~ボーナスストーリーは主人公が元の博物館まで帰る話。ゾンビ最高。総評としては「面白くて楽しかった~満足!」かな。2作目も買っているので、プレイするのが楽しみ。

      テーマ:
  • 12 Oct
    • ダーク・ディメンションズ:灰に埋もれた町

      「ダーク・ディメンションズ:灰に埋もれた町」をプレイしたので感想を記録。米BFのまとめ買いセールで買ったのでSE。前回の記事の「Dark Dimensions: Homecoming」と同じシリーズで、これが3作目。一応1作目の「ダーク・ディメンションズ:霧に消えた町」と2作目の「ダーク・ディメンションズ:蝋人形-完璧なる美」もプレイしたんだけど、「霧に消えた町」は終わったアクションが終了していないような状態になるバグに見舞われて途中で断念、「蝋人形」の方は途中で詰まってしまって(バグかどうかはわからん)どうしても先に進めなくなり、これまた断念。どーもこのシリーズとは相性が悪いのかなぁ・・・とビクビクしながら3作目をプレイしたんだけど、一応エンディングは迎えられたので一安心。ダーク・デメンションズ・・・暗黒空間だったっけな。そういうのに引きずり込まれた人々、というか、町を救うシリーズみたい。今回は火山の噴火で灰に埋もれた・・・というか、灰にされて殺されちゃった人々の魂を救いに行く、みたいなお話。主人公がなぜその町に行くことになったのかとか、どういう立場の人なのかは謎(どこかで語られてるのかもだけど、わかんないw)1作目、2作目とHomecomingをプレイしていた時は主人公は男性だと思ってたんだけど、今回主人公が女性だったので、「あ、女だったんだ!」とビックリ。別の人? 同じ?? どっちやねんw相変わらずビックリ演出はあるけど、さほど怖くない。1作目2作目と地図がなかったりヒントが不親切だったりで、ヌルゲーマーの私としてはかなり面倒だったんだけど、今回から地図で場所移動ができる上にアクションできる場所も表示されるのですごく楽になった。アイテム探しはこのシリーズ特有なのかな。リストタイプで普通のものと、アクションを加えて手に入れるものと。パズルは相変わらずさほど好きではないのが多かったのでスキップしまくり。こっちをここにはめなきゃいけないけど、これを動かすと他のも連動して動く・・・みたいな系のパズルとか面倒くさいのが多かった印象。面倒くさくなくて楽しいパズルがやりたいなぁ。たまに登場するにゃんこや動物達が癒やし。お話は本編できちんと解決。でも肝心なところがわからないまま終わってる気がするので、もしかしたらCEではその辺が明かされたりすんのかも?ロケーションは多くて、かなりやりごたえはあり。ただ多すぎて私は疲れちゃったかな(少なくても不満なくせにわがままw)。あと、道中は長いのに結末への展開がいつも早すぎて、どうしても「あら、アッサリ終わっちゃったー」みたいな印象を受けちゃう。ゲーム自体は結構長いんだけどな、なんか最後のケリの付け方が毎度唐突なんだよね。ここをもうちょっとうまく演出したら、もっと盛り上がるのになぁー残念。人物は実写なんだけど、特に違和感なく画面も綺麗でした。Homecomingは実写じゃなかったなぁ。いつから実写じゃなくなるんだろ。最終的な感想としては私的には普通かな。新作をやった後だと、どうしても演出的に見劣りがするせいかもな。さほど好みの話でもなかったからかも(助けを求めてくる女性が、あんまり好きになれなかったせいもあるかも)。なんつーか、「私はこういう理由でこの街にやってきた」とか、そういう説明って意外と大切なのかもな。と思いました(このシリーズには、そういうのが不足している気がする)。ところで、アイコンのこのオバチャンは誰なんだ・・・本編には出て来なかったんだけど??このゲーム最大の謎だー。

      テーマ:
  • 11 Oct
    • Dark Dimensions: Homecoming

      ビッグ・フィッシュのゲームランチャーのマイゲームの一番上に表示されていたのでプレイしてみた。覚書的に簡単に感想とか書いておこう。米ビッグ・フィッシュのセールでまとめ買いした中の一本。Dark Dimensions: Homecomingまだ日本語化されていないので、全編英語。新作とのまとめ買いセールだったのでスタンダードエディション。どうせなら日本語化されたからコレクターズ・エディションを買えばよかった。ちょっと後悔。ストーリーはほぼわかんないけど、アイテム探し系ゲームを何本かクリアしていて、大体のパターンがわかっていたらゲーム自体はクリアできるレベルだと思われ。たまに何をしたらいいのかわかんなくなったけど、誘導タイプのヒントなので詰まることはなし。やることがないなーと思ったら、他の場所でアイテム探し発生、ってのが何度かあった。しかしシリーズ何本目かなので、登場人物がよくわからず・・・最初のからやればよかった。でも古いのより新しいのの方が画面もきれいで遊びやすいので、ついな。イバラのつるが伸びてどんどん成長していく幽霊屋敷から、怖い幽霊のオバサンにさらわれた仲間を助けだすという感じかな。英語わかんないから、全然違う話かもだけど。たまにビックリさせる演出があるけど、さほど怖くはない。もっと、こわっ!ってのやりたいんだけど、なかなかないね。イバラによる破壊行為が派手で面白い。ゲーム画面はなかなかきれい。地図があるので、迷ってもどこでアクションができるのか確認できるのが嬉しい。難易度はカスタム可能なので、ヒントチャージやパズルスキップ時間を短くできるし。パズルは簡単なものが多かったなぁ。私はパズルはさほど好きではないので、全然オッケーだけど(むしろ説明が読めなくて結構スキップした)。たまに音声が途切れたり、セリフが飛んだりしたところがあったけど、環境のせいなのかな。よくわからぬ。アイテム探しはリストタイプだったけど、見つけたアイテムを使いながら次のアイテムを手に入れて、またそれを使って・・・みたいなことを繰り返して最終目的のアイテムをゲットするというものが多くて、なかなか楽しかった。日本語だったらもっと楽しかったろうに・・・早く日本語化されないかなぁ。最後は「こんなとこで終わりかよ!」みたいな理不尽な終わり方じゃないのでオッケー。しかし英語だと詳細がわかんないので、ストーリーの評価はできないなぁ。日本語化が待たれる。個人的には楽しかったし、満足感はあるけど。セールで安く買ったしな。そしてこのゲームでの萌えポイントはこの相棒のわんこ!シベリアンハスキーのロッキーくん!すごく役立ってくれる上に、役立ちアクションをしてくれる時もいちいちかわいくてたまらん!このわんこアクションを見るだけでも買った価値はあったで・・・!きゃわーー!コレクターズ・エディションではこのわんこのお部屋とかあるらしい・・・うっそー、やっぱCEを買えばよかった・・・・! 

      3
      テーマ:
  • 09 Oct
    • きになってるメモ

      すぐに忘れてしまうのでメモしとく日本■SE・レイクハウス:沈黙の子供たち気になってる。CEにしたほうがいいか迷う。■CE・オフ・ザ・レコード:リバティ・ストーン コレクターズ・エディションSEにしようか迷うけど、まぁ新作だし。・オフ・ザ・レコード:リンデン・シェイドの幽霊 コレクターズ・エディション上記の前作。SEにしようか迷い中。・エニグマティス:メープル・クリークの悪魔 コレクターズ・エディション以前体験版をやって、面白かったのでいつか買いたい。・エニグマティス:レーブンウッドの霧 コレクターズ・エディション上記続編・ゴースト・オブ・ザ・パスト:メドウズタウンの亡霊 コレクターズ・エディション体験版で面白かったので気になってる。SEにしようか迷うところ。・フィア フォー セール:終わりなき旅 コレクターズ・エディション・感染:双子のワクチン コレクターズ・エディション体験版がなかなかおもしろかったので。・ハウス・オブ・サウザンド・ドア:ゾロアスターの呪い・ハウス・オブ・サウザンド・ドア:大蛇の炎 コレクターズ・エディション「霊がさまよう屋敷」が面白かったので気になってる。・グリムテイル: 消えた花嫁 コレクターズ・エディション・グリムテイル:石の女王 コレクターズ・エディション・グリムテイル:願いの代償 コレクターズ・エディション・グリムテイル:恐怖の色 コレクターズ・エディション・グリムテイル:血まみれの鏡 コレクターズ・エディションシリーズとして好きなので、いつか揃えたい。・ライト・オブ・パッセージ:霧のかくれんぼ コレクターズ・エディション・ダーク・レルム:炎の女王 コレクターズ・エディション・ネバー・テイルズ:砕かれた鏡 コレクターズ・エディションMAD HEADのゲームが好きなので。本家■SE・Rooms: The Main Buildingパズルっぽいなにか。結構面白かったのでいつか。■CE・True Fear: Forsaken Souls Collector's Editionホラー系。日本語版が出たらぜひ欲しい・Haunted Past: Realm of Ghosts Collector's Editionお化けっぽいのが出てくるけどあまり怖くない印象。なぜかゴースト・オブ・ザ・パストの続編だと思ってプレイしたけど全然違ってたw 過去と現在? を行き来するっぽいのが面白い。日本語版が出たら。・Grim Tales: The Final Suspect Collector's Edition・Grim Tales: Threads of Destiny Collector's Editionグリムテイルの日本語化されてないもの。・Nevertales: Legends Collector's Edition・Rite of Passage: The Lost Tides Collector's Edition・Beyond: Light Advent Collector's Edition・Maze: Subject 360 Collector's Edition・Dark Realm: Princess of Ice Collector's EditionMAD HEADの日本語化されてないの。

      1
      テーマ:
  • 14 Nov
    • ブログまた移動しましたよ

      タイトルは変わらないのですけど、またブログを変えてみました。FC2に出戻りw新しいブログはこちら → 「メガドライブ世代。」猫とドールの話題がメインです。ドールが苦手な方はご注意を。そんな感じで。

      3
      テーマ:
  • 27 May
    • なんころアイランド島の日常

      トモダチコレクション 新生活のプレイ日記ブログを作りました!いや、こっちでやっても良かったんだけど、やたらGIFアニメで動かしてるのでウザイかなぁと思ったのと、後から自分で見返してニヤニヤしたかったので(笑)。いやー、なんか動きが可愛くて動かしたくなるんですよねぇ・・・あと、トモコレは写真が撮影しやすいのが良いです。とび森と違ってプレイヤーが何かするということが少ないから、XとYボタンが写真撮影に使えて、上下両方の画面が撮れるのが便利。バシャバシャ撮りまくってます。まぁ、そんなわけで自己満足ブログですけど、良かったら覗いてみてください。→ 「なんころアイランド島日記」そんな感じで。

      テーマ:
  • 24 May
    • トモダチコレクション 新生活 日記

      とび森ほどガツガツやらなくていいので、気楽に出来ていいかも。住人が島のスポットでのんびりしているのを見るのが好きです。のんびりするなァ~もちろん平和なことばかりではなく、住人同士のトラブルもあったりして。ムカ着火ファイアー!まぁまぁお風呂にでも入ってサッパリしたら怒りもおさまらなかった・・・。仲裁を買って出るクマさん。アカンかった・・・。そんなこんなで楽しんでます。

      テーマ:
  • 22 May
    • トモダチコレクション 新生活 遊んでます

      トモコレ新生活 楽しくプレイしてます。しかし、最初のデータを消してやり直しとかしているので、あんまり進んでなかったり。最初のデータの方が人間関係が波瀾万丈で面白かったなー消さなきゃよかった。なんかカワイイ。キャラを色々作るのも楽しいです。版権キャラとか俳優女優さんで遊んでます。似てないけどね、まぁ雰囲気だけで。まだしばらく遊べそう。そんな感じ。

      テーマ:
  • 20 May
    • トモダチコレクション 新生活

      なんだか楽しそうなので、3DSの「トモダチコレクション 新生活」を購入してみました。お友達が持っていた3DSLLが画面が大きくて素敵だったので、パックを買ってみたよ。トモダチコレクション 新生活 パック/任天堂¥22,800Amazon.co.jp送料込みでギリギリ2万円を切ってる時に購入。てっきりソフトが一緒に入っているのかと思ったらダウンロード版がカードに入ってるのね。ちぇ~。ソフトが欲しかったな。DL版は手軽でいいんだけど、「試しにちょっとやってみる?」なんつって、お友達に貸したりとかが出来ないもんねぇ。まぁ、そんなこんなで新生活始めてみました。トモコレでの私の分身は「あーたん」。うちのニャンコのつもりで作ってみたよ。スーも作ってみた。癒し系にゃんこ。お約束でビクトール。フリックも作ってみたけどビックリ似ません。気に食わなければあとから手直し出来るのがいいね。色々と気が向くままに作ってみたよ。Mii同士の恋愛や結婚、出産とかがあるので、リアル友よりも版権キャラとか芸能人とかで作った方が気楽に見れていいねw島一番のモテ女スー。こういうの嫌いじゃないヨ。トモコレはプレイヤーが出来ることは少なくて同じことの繰り返しになるので、とび森のように一年間ずーっと続けてプレイするーみたいな感じのゲームではないかも。でも、Mii同士の交流とか恋愛してわかれてケンカして・・・そんなのをニヤニヤしながら見るのは楽しいwっていうかまぁ、それがメインのゲームだよね。プレイヤーはほんと、ほとんど見てるだけ~そういうのは物足りない! って人には向かないかも。私は今のところかなり楽しいwもうちょっと髪型などにバリエーションがあったら、もっと遊べるのになぁ。あと、イベント関係も、もうちょっとイロが欲しいところ。髪型とかイベントの追加パックがあったら、有料でも買ってしまいそうだ。ちなみにとび森はセーブデータが移行出来てなくてテント生活からです。ぎゃふん。そんな感じで。

      テーマ:
  • 04 May
  • 02 May
    • バイオショック インフィニット 感想とかとか

      GWの前半にちまちまプレイしてみました。モードはイージー。飛空艇防衛戦のところで失敗して挫折。続きをプレイするかどうか、悩んでいるところ。ここまでの感想を淡々と書いていくよ。ネタバレはないと思うけど、不安な人は読まないほうか無難?序盤はFPSが苦手な私でも死ぬことなく進めます。サクサク進みすぎて拍子抜けなぐらい。中盤から後半になるとちょこちょこ死ぬことも。でもそれは私が下手だからで、ゲームがうまい人ならイージーなら困ることはないんじゃないかな。2までは回復アイテムを持つ事が出来たけど、今回はそれがない代わりにエリザベスという女子が戦闘中に回復薬や弾丸を投げてくれます。仲間がいるのは嬉しいけど、個人的には回復アイテムは持たせて欲しかった。戦闘が少々単調。武器も最大二丁しか持てないのが寂しい。しかも改造しても見た目に変化なし。普通にバンバン撃ってくる敵が多くて、遠方からの攻撃がどこからわかりにくくストレス。特殊能力であるビガーもパッとしないのが多くパワー消費が多いので、パワー消費が少なく使い勝手のいいもの・・・敵を空中に飛ばすのしか使ってない。それもすぐにパワー切れになるので、結局銃でのゴリ押しが多い。「あ、そういえばビガーもあったな」みたいな。世界観は今まで海底だったものがいきなり空中都市というのは面白いと思う。ただ、フィールドはほぼ一本道で探索要素がほとんどないのが残念。せっかくのステキ世界観なんだから、もうちょっと遊ばせて欲しかった。たまにスカイラインと呼ばれる空を走るレールで移動する際、どこで降りればいいのか迷うぐらい。そのせいかマップもなし。ストーリーは複雑。というかわかりづらい。好みのテーマだけど、なんだろう、イマイチ盛り上がらず。バイオショックシリーズおなじみのボックスフォンと呼ばれるレコーダーに関係者の声が吹き込まれていて、それを再生すると過去に何があったのかが分かって謎がとけていく・・・みたいなシステムなんだけど、今回は主人公がしゃべりまくるのでボックスフォンでなくてもよかったかもね。実際、イベントシーンは多めなので、そっちで全部わかるようにすればよかったんじゃなかろうか。うーん、プレイはそれなりに楽しんでいるんだけど、感想を書くとなるとなぜか不満点ばかりが・・・。バイオショック1が大好きで今回のインフィニットを楽しみにしていた自分としては、予想と違った出来にガッカリしているのかも。なんかこれじゃー普通のFPSじゃーん、みたいな。元々FPSが好きなわけではなく、バイオショックが好きで買ったからなぁ。なんか違うんだなー。FPSゲームとしては面白いのかもだけど、バイオショックシリーズとしては期待はずれ。そういう感じかな。とりあえず1とか2がプレイしたくなりました。今なら安く買えるし、プレイするなら1や2を先に遊ぶのがいいと思うですよ。個人的にはこの雰囲気 ↓ のバイオショックをプレイしたかったです。ちなみにこのムービーのようなシーンは全くなし。トレーラー詐欺やwwwそんな感じでした。

      テーマ:
  • 28 Apr
    • GWのにゃんこず

      昨日はGW一日目だってのに、何もしないうちに終わっちゃったよ・・・!飼い主が家にいるとヒャーヒャーうるさいにゃんこずですが今は二匹ともグウグウ寝てます。それにしても猫ってカメラを向けると顔をそむけたりムスッとしたりしますね。なかなかカワイイ写真が撮れないよ。。。そんなGWのにゃんこずでした。

      テーマ:
AD

プロフィール

ぴね

自己紹介:
猫大好き、ゲーム大好きの大阪在住のおなご。 ベンガル(あーたん)と、スコティッシュ・フォールド(ス...

続きを見る >

読者になる

   ■ぴね関連リンク
   ◎Pineta( ' x ' )Cat show!
    猫Tumblr
   ◎Pine*Chissa!
    ドール写真Tumblr
   ◎シム人観察日誌
    ザ・シムズ3プレイ日記
   ◎Twitter
    ぴねったTwitter

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。