1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月19日 01時31分16秒

ペルー 偉い人ほど腰が低いか

テーマ:備忘録

*前回はひどい誤字があった。照明は証明だよな

 

ペルー 偉い人ほど腰が低いか

 

昔、フジモリ政権の時代に日本からいろいろな役人などがやってきた。大臣クラスから県知事、県会議員など。これらの人物をアテンドしたことがある。その中で印象に残っているのは、当時のペルー政府に学校を建設するために多額の寄付をした財団の代表だ。

 

父親の代から世界中の国々に寄付をしている財団でメディアなんかにも良くも悪くも登場する。その人物の靴が擦り切れてかかとがダメになったので、靴を買うことになった。買い物に同行した。さぞ高級店とかブランド指定があるのだろうと思っていたら、一般の靴チェーン店に入り、これでいいやと、一般の黒い革靴を購入された。もっとも着ておられる背広も明らかに高級だとわかる日本の官僚や役人のそれとは違って「普通」にみえた。

 

この人物が出国するとき、空港でもめた。米国の航空会社で出国時にカウンターで、資格外(観光以外)活動をしていた疑いがあるとして、とがめられた。政府の役人に連絡ととれば解決できる問題だと思った。彼は「この人の仕事は、わたしをチェックすることにあるから、尊重しなければならない」とクレームをつけなかった。いわれた通りに待っており、後から来た乗客の手続きがどんどん終わっていく。すったもんだして、スパーバイザーがきて、彼の日本以外の活動を知っており問題はすぐに解決した。

 

これはひとつの例にすぎないけど、役人や政治家でも偉い人ほど、鷹揚だと過去の経験から思う。県知事と県会議長とどちらが、格が高いかなんでことがペルーにきても取りざたされる。宿泊するホテルの階数でもめたりした。まあ、こうゆう人にはお付き役がいて露払いをするわけだから、自分でクレームするようなことはマズない。しかし、露払いのいない県会議員レベルになると、結構わがままでレベルの低い自己主張をする人が多い。それと、県会議員グループでも世界的に有名な県なんかは、他の県よりも、横柄だと感じた。

 

先日、外務副大臣がペルーに来た。チリでの日本人女性に絡む事件での帰国途中だったのだろうか。日秘文化会館を訪問された。短いわずかな時間だった。役員や日系のばーちゃんたちが玄関で待って出迎えた。みんなが「おはようございます」と日本語で挨拶した。先頭で入ってきたその人は「みなさん。おはようございます」と大きな声で挨拶を返した。有権者を大切にする議員だといえばそれまでだが。

 

その後、大使館の人たちが入ってきた。同じようにみんなが挨拶した。その人たちは押し黙って、誰も挨拶を返さなかった。ばーちゃんたちが言っていた。「偉い人ほど腰がひくいんだね~」

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月17日 13時37分22秒

ペルー やった照明 やっていない証明

テーマ:備忘録

ペルー やった証明、やっていない証明

 

日本のニュースで痴漢冤罪の話がある。映画にもなっている。痴漢をやったと女性にクレームをつけられ、現行犯で捕まると大変らしい。「やっていない」という証明をするのに、「やられた」という証明するよりはるかに困難らしい。疑わしくは罰せずではなく、クレームがつけられた時点でもう断罪されているという恐ろしい事態に直面するらしい。

 

ペルーでも最近、高速路線バスで痴漢騒ぎが起こっている。スマホで撮影され女性の言い分だけが一方的に伝えられ、痴漢=有罪になっているし、「犯人」顔出しも当然というわけだ。

 

南米各国でゼネコンに絡む贈収賄事件が取りざたされている。ブラジル、コロンビア、エクアドル、ペルー、パナマなど。公共事業入札に絡む贈収賄だ。当時の政権担当者だった元大統領は当然、関与を否定している。汚職の場合、「やった」という証拠がなければ、「やっていない」ということになる。「やっていない」という証拠をみせるのではなく、「やった」という証拠をみせろというわけだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年01月01日 01時20分27秒

ペルー 新年を迎える

テーマ:生活

年末年始 日本では赤い下着を着るのが流行っているのか。

たぶん 日本の習慣ではないだろう。イタリアかどっかの習慣

を先取りし、下着メーカーが流行らそうとしているのか?

 

まあ、どうでもいいけど、ペルーはやっぱり黄色の下着だな。

 

いまだ、買って 黄色の下着は着たことないけど。

 

プレゼントに買ったことはある。

 

今年は貰い物だけど、きてみようかな。初めてだ。

 

黄色だれけの下着販売」

https://www.youtube.com/watch?v=V0yzgw78FyQ

 

なんでも黄色、ついでに話題のなった人物の人形焼だ

 

https://www.youtube.com/watch?v=4ERsKHyWs3A

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年12月27日 07時12分13秒

ペルー あれから26年

テーマ:備忘録

ペルー あれから26年

 

日本でバブル経済が弾けたはじめてなんて取りざたされる1991年の前、1990年7月 ペルーではフジモリ政権が発足した。この年、日本で入管法が改正された。これまで日系ペルー人も含めて外国に定住する先は、米国や欧州などが多かった。もちろん外国に定住する理由はいろいろあるけれど、主な理由はより良い仕事、生活を求めることにあった。

 

そしてフジモリ政権発足前後から“普通”ペルー人が日本へ行くようになった。行けるようになった。日本では現場労働者が不足してから。それから26年経った。

 

わたしの知人や友人も日本に行った。不幸にも事故や病気で亡くなった人がいる。ペルーに戻ってきた人もいる。家族を呼び寄せ一族郎党で日本に定住している人もいる。離婚した人もいる。商売で成功した人もいる。行方不明になっている人もいる。大学の先生になった人もいる。独立して商売を起こしている人、サラリーマンになっている人もいる。ブラジル人と結婚してブラジルに行った人、日本から米国に移住した人。日本の高校を卒業してペルーに戻ってきた人。日本とペルーを行ったり来たりしている人。日本で犯罪を犯して裁かれている人。日本で起こした犯罪の代理裁判で、ペルーで裁かれた人など。さまざまだ。

 

日本人は19世紀の終わりにペルーに移民としてやってきて100年以上経過し、さまざまな人生があったように、日本でも同じような年代は違うけど人生模様があった。

 

この前、日本であったペルー人夫婦は、これから年金25年以上日本に住んで、これから定年になり年金もらえるのだけど、ペルーは“どうだろう”と質問してきた。ペルーには来日以来 帰国していないという。その夫婦のこどもは日本生まれだから、文化や習慣、言語などは「日本」。金銭的な面だけを考慮するのであれば、日本からペルーの方が、ペルーから日本に戻るよりも、楽だろうけど、一概に言えないよねと答えざるを得なかった。

 

日本から近場にあるアジアの国には金銭面で、親族などがいなくても、使用価値が日本よりはるかに高い国に老後、移住する人が結構いるらしい。ペルーはどうだろうか。

 

https://www.youtube.com/watch?v=K0X6CPdEaS4

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月22日 09時11分39秒

ペルーの挨拶

テーマ:生活

ペルーの挨拶

 

挨拶は社会生活のうえでの基本とか礼儀とか、当然のこととか、言われたのは日本ではもう過去のことなのかな。礼儀正しいとされる日本人がもう「挨拶」しなくてもいいという主張が結構あるようだ。もちろんそれぞれのケースがあろうけれど。「挨拶」したけど、無視されたと腹を立てる人も結構いるらしい(たとえば近所の人とか、同じ団地やマンションに住む人とかに挨拶して)。挨拶はしなくてもいいと決めた団地もあるとか。

 

知人とか旧知の人に対して声に出さなくても会釈とか目礼とか仕草で示す「挨拶」もあるけれど、これは時を場所や立場をわきまえた大人の場合、結構有効だなと思う。

 

ペルーでは一般的にほっぺに唇を寄せてチュとするのは普通の「挨拶」である。小さい女の子は当然のごとく、ほっぺを差し出してくれたりする。大人の場合でも初対面でなければ(初対面でも)同じような挨拶をする。片方のほっぺだけだが、両方する別の国もある。

 

日本人って挨拶できないこどもが多いと思う。まあこどもだからしなくてもいいという具合に親も思っているように思える。私の経験ではちゃんと挨拶できるこどもは、ペルーの方が日本より割合が高いと思う。日本では「こどもだから」挨拶くらいはしなくてもというのがあるのかな。こちらではこどもだからこと「挨拶」はちゃんとしなくちゃ、できなくちゃというところがある。

 

https://www.youtube.com/watch?v=DCPXmVf1D2U

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月21日 07時50分45秒

ペルー 噂話

テーマ:ニュース 社会

ペルー 噂話

 

ペルーでも今はソーシャルネットワークであっというに拡散する。誰でも匿名でとんどん意見を言える時代だから。ニセとかウソの情報で惑わされることもある。都市伝説ではないが提起的に噂が拡散する時期がある。ジャングルの方にはいまだに人間をすりつぶして油をとる住民がいると信じられている。アンデスの山中にはこどもを生贄にする村人がいるとか。

 

リマ市の郊外で最近騒乱、騒ぎがあった。住民が犯罪者を取り締まれと警察署に押しかけて、駐車中の車をひっくり返したり、火をつけて焼くなどの騒ぎがあった。どんな犯罪者かというと、こどもを誘拐して生きたままの状態で、臓器を取り出してそれを売りさばくマフィアがおり、警察は取締りを何もしていないとクレームをつけに警察署に住民が押しかけてきて騒ぎが拡大した。マフィアと勘違いされて住民につかまり暴行リンチを受けた男女は、世論調査員だった。「みんなヒステリーになり、話を聞いてくれなかった。殺されるかと思った」と警官に救出された後、ふたりは語った。

 

特に小さなこどもがいる若い母親たちが最初集まり、後はお祭り騒ぎのように若者たちも集まった。

 

騒ぎの発端になったのはフェースブックだ。文章だけでなく、ばらばらにされ腹を裂かれた血(?)だらけの人体(のようなもの)写真、マフィアとされる人物の写真。実際に被害にあったという女の録音と、実に入念に作られたものだった。それがあっというまに拡散していった。警察は行方不明になったこどもはいないし、写真は捏造されたもの、ネットから引用されたものと説明したが騒ぎは収まらなかった。

 

災害時とか緊急時に有効に使えばいいけれど、そんな時でもウソを発信するのは困りものだ。匿名で誰でもネットに投稿できるわけだから、何がどうなっているのかわかっているようで、わからんことって結構多い。

 

ホーラーや恐怖映画を見て現実と混同することはないだろう。でも悪魔や天使、呪いなどを全然信じない人より、信じる人の方がこちらでは多いと思う。携帯電話を使ったり、井戸から出てくる情念のような醜女の出るホーラー映画より、現実の中意識と混じり合う方がよっぽど怖い。

 

(人間の油をとる ピシュタコ、 映画=創作です)

https://www.youtube.com/watch?v=xmpvSW3sTo0

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月03日 01時50分24秒

ペルーの大統領の妻

テーマ:政治

ペルーの大統領と妻

 

韓国の大統領が民間人の知人になんでもかんでも依存し、その指示を仰ぐなどしていたとかで辞任か罷免かに追い込まれている。大統領だから各分野の特別顧問がいたはずだが、そんな側近を無視できるほどの権力を持っていたということか。

 

南米各国には大統領がいる。国民の直接選挙で選ばれる。ファーストレディの大統領の妻は選挙で選ばれたわけではない。選挙で選ばれた夫の妻だ。当たり前だ。だから大統領の顧問ではない。しかし妻が大統領の権力をカサにきて、権力をふるうことはある。南米ではないが、昔フィリピンの大統領妻イメルダがいた。権力を振るうというのは利権にもかかわる。

 

ペルーの前大統領の妻 今 不明朗な選挙資金、マネーロンダリングの嫌疑で検察などの捜査対象になっている。側近や家族を利用して外国から選挙資金を受け取っていた疑惑などがある。この妻は大統領の施政に大きな権力を振るっていたとされ、大統領職権を「横領」した容疑でも捜査されている。

 

韓国の大統領の友人の存在、そしてなんでもかんでも相談していたこと、国家機密も教えていたというのは今、発覚したのではなく、少なくとも政治を運営している人たちにとっては周知の事実だったのだろう。知らなかったのは国民だけだということか。

 

ペルーの場合、妻の「横領」は在任中にメディアが繰り返し報道していた。国会議長や閣僚の任命に権力を振るい、法律法案にも干渉していた。その批判を避けるため、与党の党首に任命されたりした。ペルーには男が妻などに理不尽な権力(暴力行為も含む)マチズムがあるといわれる。男尊女卑のひとつだ。でも、男を上回る権力を振るう妻や女性もいる。高レベルの教育や生まれながらのセレブだと自認している人に多い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月21日 22時33分05秒

APECサミット ペルー

テーマ:政治

ペルーのリマでAPEC(アジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットがあった。

サミットの期間11月17日~20日 政府は休日とした。

リマ市民が郊外や他県に旅行にいきなさいというわけで国内観光を奨励。

 

閑散としたリマ市内を代表団の車の行列が会場とホテルを往復した。

 

ホストのペルー大統領、クチンスキよりも、米国やロシア、中国の首脳

 

が話題の中心だった。もちろん日本の首相も来た。

 

フィリピンの大統領はプーチンにすり寄るような発言をしたし、米国を

 

こき下ろしたらしい。

 

連休が終わり、日常が戻ってきた。代表団は次の目的地や帰国の途についた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月20日 23時34分30秒

日本から「帰国」した

テーマ:ブログ

久しぶりの日本からペルーに帰国しました。

 

1か月ほど日本中をうろうろした。

 

実家のある京都は近所にも外国人(アジア系以外)が

 

うろうろしていたし、市バスなんかにも外国人風の人

 

とご老人がめについた。

 

コンビニでバスのキップを買うのを覚えたけど

 

地下鉄や電車のキップがうまく買えなかった。

 

もちろん、容貌が日本人風だから チラッを

 

みられる程度で大概無視された。

 

でも、尋ねると親切に教えてもらえた。

 

京都、大阪のおばちゃんは親切だった。

 

でも、たぶん この人 長いこと 「塀の中」に

 

いたんだろうなあ、なんて思われたのだろう。

 

初老、短髪で白髪の無精ひげ、ボストンバック

 

ペルーにいるときと同じ、服装(ちょうど季節が同じ)

 

やっぱり、へんな 爺だな。これは

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月02日 00時24分03秒

久しぶりの日本

テーマ:備忘録

1カ月ほど久しぶりに日本を訪問しました。

 

日本はずいぶん変わりましたでしょ との問いに

 

昔のことを覚えていないとか知らない場所ではその

 

変わりようがわからないからそれほど違和感がない

 

と答えたら、「それって、違和感でしょ」と指摘された。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。