The Social Network☆

テーマ:
$∞最前線 通信-The Social Network

旗こんばんは、龍司ですタバコ

今朝、
話題の映画、The Social Network(ソーシャルネットワーク)キラキラ
鑑賞してきました♪

渋谷シネパレスにて。

近所なので、
寝起きでスグに行けて便利♪

旗内容は、
世界最大のSNSサイト、facebookの誕生から成長を描いたドラマ♪

創設者のマークザッカーバーグを中心に描かれているのですが、
とてもドラマティックに進行していくので、
あっという間の2時間でした♪

日頃当たり前のように活用しているfacebookですが、
その急成長の背景にある意外な人間関係等を見れて、
面白かったです♪
まあ、若干脚色もあるでしょうけれど。笑

特に、映画の冒頭、
マークが彼女にフラれて、
ハーバードの寮でお酒を飲みながら、
女子学生の顔写真を並べてランクつけするサイトを
立ち上げたシーンはウケました。

facebook誕生の瞬間といいますか、

よく考えてみると、
facebookって露骨なネーミングですよね。笑

それと、
マークがfacebookに「交際ステータス」表示の機能を
つけるシーンも印象的でした♪

付き合う相手を探している人が
facebookを利用する大きな動機づけになりますし、
こういうちょっとしたユーザー心理を上手く叶えてあげたことが、
facebookの急成長の大きな要因なのかも、
と感じたりします♪

そうそう、
音楽をTRENT REZNORが担当していて、
かなり冴えてました♪

帰りにサントラCDを買って、
今、聴いてます♪

旗さてさて、
世界中で急速に利用者を増やしているfacebook、
昨年あたりから日本でも利用者が増えてますよね♪

日本にはmixiという大きなSNSがありますが、
これから、facebookがどれだけ普及するのか楽しみです♪

まあ、人間関係において重要なインフラになることは
間違いないでしょう♪

ちなみに、私も登録してありまして、

http://www.facebook.com/ryuji69

↑コチラ♪

フレンド申請はお気軽にどうぞ♪

ワイン

P.S.

$∞最前線 通信-The Social Network

↑そうそう、先日のニュースで報道されてましたけど、
コノ映画、ゴールデングローブ賞 作品賞を受賞したようです♪

※参考書籍:
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
著者:デビッド・カークパトリック
日経BP社(2011-01-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
AD

2012

テーマ:

∞最前線 通信-2012

旗こんばんは、龍司ですタバコ


先日、Paris HiltonTwitter を読んでましたら、

「Just saw the movie 2012,it was amazing!」と、

映画「2012」 を絶賛してたので、


早速、予告編を観てみましたら、

↑次々と地球が破壊されていく衝撃的な映像!


旗それから、

TSUTAYAで映画「天使と悪魔 」のDVDを借りましたら、
∞最前線 通信-天使と悪魔
↑QRコードから

「2012」 の専用サイトへとリンクされていて、

オリジナル映像が観れまして♪


ますます「2012」 が観たくなってきた次第♪


旧作映画のDVDで新作の宣伝をするとは、

見事なCROSS PROMOTION!


とにかく面白そうなので、

「是非、映画館で観てみよう」と決意♪

旗ということで、

今夜、私も映画館で観てきました♪


いつも映画館に行くと寝てしまう私ですが、

今夜はド迫力な映像にビックリしたまま、

最後まで目が冴えてまして(笑


しかも、

特に後半からは感動的な場面が多く、

映画の世界に完全に入り込んでました♪


超ドライな私なので、

泣きはしませんでしたけど、

きっと涙を流した方も多かったことでしょう♪


Paris HiltonTwitter

「Such a fantastic action packed movie,

but also made me cry」とも語ってますけど、

この言葉が映画の特徴を的確に表していると思います♪


「衝撃的なアクション」と「感動的なテーマ(愛)」が

ともに描かれてまして♪


衝撃的な映像だけを期待して観にいった私は、

感動までできて、なんだか得した気分。笑


映画のタイトルになっている「2012年」まで、あと3年、

古代マヤ人は「2012年12月21日に

世界の終末が訪れる」と予言したそうですが、

地球の崩壊など起きないでいてほしいものです、

たとえ起きたとしても、

この映画の主人公のように生きたいなぁ、

と感じつつ♪


皆様、良い終末週末を♪

ワイン


 ※以前に書いた関連記事:

  ・2009年5月17日の記事 (天使と悪魔)

  ・2007年1月8日の記事 (Paris Hiltonのプロモーション戦略)

AD

天使と悪魔☆

テーマ:

∞最前線 通信-天使と悪魔
旗こんばんは、龍司ですタバコ


昨夜、

映画「天使と悪魔」 キラキラを観てみました♪


衝撃作「ダ・ヴィンチ・コード」 の続編で、

15日から全世界同時公開されている作品☆


旗ロン・ハワード監督、

トム・ハンクス主演。


ヴァチカンでのキリスト教と秘密結社イルミナティとの抗争が描かれていて、

世界的なタブーに触れているので、

ちょっとヒヤっとしましたけど(笑、、

内容的には素晴らしかったです♪


ストーリーは、

前半は、キリスト教という「宗教」側の視点から見て、

「科学」を軸としているイルミナティからの攻撃を

一方的に「悪」として描いて進行していきますが、

後半に、大どんでん返しがあり・・・


実は、

その「悪」を演出していたのは、

キリスト教内部の方(カメルレンゴ)であった、ということが発覚。

ある意味、カメルレンゴが天使のような悪魔であったといえるのかも。。


ラストシーンでは、

キリスト教側も非を認めて、

宗教と科学が許しあう、という意外にもハッピーエンドな展開♪


旗まあ、あまり内容を書きすぎるとマズそうなので、

この辺にしておきますけど(笑、

私は、この映画を観て、

The Rolling Stonesの「Sympathy for the devil」という曲を

思い出しました♪


↑「Sympathy for the devil」♪


この曲では、

Mick JaggerがDevil(悪魔)になりきって、

悪魔のした事件をいろいろと歌いますが、

ラストで、

> 「Tell me baby, what's my name. You're to braine」

> (私の名前を言えるかい?それは、あなたの所為だ)


という歌詞が登場♪


つまり、

この世の中に悪魔なんていない、

それを作り上げているのは、悪魔を怖がっている人そのものだ、

ということでしょう♪


この曲を聴くたびに、

「自分の偏見によって誰かを悪魔だなんて思わないようにしたいものだなぁ」、

と思う私です♪


昨夜も、

映画館から帰ってきた後、

この曲を聴きました♪

音譜


P.S.(5月18日追記)


本日、

銀座から築地へと歩いてましたら、、
∞最前線 通信-天使と悪魔 @バス停

↑バス停に、

「天使と悪魔」の広告♪


バス停もメディア化してますね♪

AD

Shine A Light☆

テーマ:

∞最前線 通信-Shine A Light

旗こんばんは、龍司です♪


今夜は、

映画、「Shine A Light」 キラキラを観ました♪


これは、私の大好きなThe Rolling Stonesのライブ・ドキュメンタリー映画でして、

今日から日本で上映開始されたので、早速♪


TOHOシネマズ 六本木ヒルズ にて。


TOHOシネマズ は、

WEBで座席表を見ながら 好きな席を予約できるので、

ホント、快適♪


本日も、私は仕事中に この映画のことを思い出し(笑、

あわててWEB予約&走って会場へ♪

場所が近いところもいい♪


TOHOシネマズ の館内には、、

∞最前線 通信-Shine A Light

↑大きく「Shine A Light」の告知が!


この段階で、すでにワクワクしてきました(笑


この映画の監督は、Martin Scorsese(マーティン・スコセッシ)。

名作を数多く生み出している方で、

「The Departed」とか「Mean Streets」とか、私が好きな映画もたくさんあります♪

今までも、映画の中でストーンズの曲がたくさん使ってきたことでも有名♪


旗そして、∞最前線 通信-Shine A Light

ついに、映画が始まり、

Martin Scorsese × The Rolling Stonesの組み合わせのマジックが始まりまして♪


1曲目の「Jumpin' Jack Flash」のKeithのギターが始まった瞬間、

会場から歓声も上がり、体中に電流が走る感じ(笑


ホント、何度聴いても最高の快感♪


そして、

やっぱり、映画館で観ると最高だなぁと思いました♪


いくら私の部屋のテレビが大画面とはいえ(笑、

映画館の大スクリーン、大音響にはかないませんし♪

会場の歓声も高揚感を生みますしね♪


しかも、

この映画の舞台となった会場は、

NYのビーコン・シアターなので、規模的にも日本の映画館に近いものがあり、

本当のライブを観ているような気分になりました♪


ここで映画をすべて上映したい気分なのですが(笑、

↑映画の一部を抜粋したものを、どうぞ♪(予告編より)


旗ところで、

この映画は、ストーンズのライブの映像の合間に、

彼らの以前のインタビューの映像も流れまして♪


そのインタビューの中で、

特に印象的だったのは、

1972年のMick Jaggerのインタビュー♪


ドラッグ所持で刑務所に入れられたMick、

壁をはさんで隣の部屋には共に逮捕されたKeithがいて。


Mickが「もうバンド活動はあきらめようかと思う。。」と弱音を吐いたところ、

壁の向こうからKeithが「何言ってるんだ。耐え抜いて、続けるんだ!」と

喝を入れた、というシーン。


40年以上も活躍し続けているストーンズの原点を見たような気がしました。


私が好きな「Rolling stone gathers no moss」という言葉の通り、

活動し続けて、転がり続けて、輝き続けるストーンズ☆


今夜は、あらためて彼らの不滅の魂を感じつつ、

彼らが照らす光を感じた夜でした♪


∞最前線 通信-Shine A Light


旗そうそう、

今、六本木駅では、

∞最前線 通信-Shine A Light

↑ストーンズが柱をジャック中♪


∞最前線 通信-Shine A Light

↑壁もジャック中♪(笑



P.S.


ヒルズには、

昨年 に続きまして、、
∞最前線 通信-クリスマス&年賀

↑巨大なポストが出現!


しかも、その手前には、

まだクリスマスツリーが(笑


年賀状とクリスマスツリーのミックス、

イベント目白押し、

そんな今日この頃ですね(笑


皆様、良い週末を タバコ

“SEX and the CITY”、本日公開☆

テーマ:

sex and the city

旗こんばんは、龍司ですワイン


6月21日の記事 で、私が試写レポートを書いた映画、

“SEX and the CITY” キラキラが、いよいよ本日公開星


この映画、特に女性に大人気、

公開前から かなり話題になっていたので、

初日の今日は、きっと盛り上がることでしょう♪


東京ミッドタウン では、

SEX and the CITY公開特別キャンペーン が行われてまして、

ミッドタウン内のいろいろな店舗がコラボしてます♪


↑冒頭の写真のOkawari.jp では、

店頭に大きな“SEX and the CITY” の幕!


かなりのインパクト!


sex and the city

yao_ESTAbLISH も♪


他にも、DEAN & DELUCA CAFEやNIRVANA New Yorkなどなど、

あらゆる店舗を“SEX and the CITY” がジャック☆


やっぱり、インパクトありますし、

屋外広告というか店の広告の効果は大きいなぁと実感♪


お店の入り口とか既存のリアルなものに意外な広告がコラボする、という衝撃が

効果を大きくするのでしょう♪


そうそう、六本木駅構内にも、
sex and the city
↑話題の4人♪


この映画、内容も素晴らしかったので、

今週末、もう1回観ようかな 音譜


SEX and the CITY☆

テーマ:

SEX AND THE CITY


旗こんばんは、龍司ですビール


先日、映画「SEX and the CITY」 キラキラの試写会に行ってきました♪


「SEX and the CITY」 (SATC)は、

アメリカで大人気だったテレビドラマを映画化したもので、

5月30日にアメリカで公開され、大ヒットしている映画☆


日本でも8月23日に公開が予定されていて、

かなり話題となっている模様♪


特に女性に大人気で、

私が行った試写会の会場も私以外はほとんど女性(笑


きっと、女性の視点で恋愛などの日常生活について

赤裸々に描かれているのが人気の秘訣なのかも♪


私もドラマ「SEX and the CITY」のDVDを

全巻持っているくらい大好きなので(笑、

今回の映画化は、とても楽しみにしてました♪


そして、試写会で映画を見て、

予想以上に面白く、感動的で大満足な作品で、

ますます「SEX and the CITY」の世界にハマりそうな予感。。(笑


映画の内容に関しては、

これから御覧になる方のためにも 全部書いてしまうとマズいと思うので(笑、

ちょっとだけ書いてみます♪


旗

口紅まず、テーマは、、

私が この映画この映画 に関して書いたことに通じるテーマだと思います♪


都市で忙しく生きる男女の心のすれ違いを解消するパスワード・・・


LOVE

ニューヨークという都市の変化の速さと対照的に、

愛や友情の普遍性とが描かれていて見事♪


その両方を楽しめる感性に共感しつつ、

愛を通じたドラマティックな展開に、かなり感動♪

感動の涙を流している方も多かったです^^

SEX AND THE CITY

口紅それから、広告的な視点で見ると、、

映画の中に、

この記事 で書いたブランドとか、

この記事 で書いたコーヒーとか、

この記事 で書いたアイテムなどが登場して、

思いっきり目立ってます!


しかも、いい場面で使われてて、

かなりの広告効果だろうなぁと思いながら見てました♪


口紅そして、ちょっと下ネタ系の面白いシーンが多いのも印象的でした(笑


私が好きなCharlotte York(Kristin Davis)の

あのような場面を見てしまうとは・・・(笑

口紅それから、使われてる英語がわかりやすいので、

これから英語をマスターしようとする方にとっては、

映画を見ながら英語のお勉強にもなると思います♪(笑


事前に、テレビドラマ版「SEX and the CITY」のサイトの

恋愛英会話 でトレーニングしておくのも良いかもしれません♪


旗今年の夏、

映画「SEX and the CITY」 が世界中でどのような旋風を巻き起こすのか、

とても楽しみな今日この頃ですタバコ


BABEL (バベル)

テーマ:

BABEL

こんばんは、龍司ですビール


昨夜、映画:BABEL
(バベル)キラキラを見ました(^^

    

日本でも4月28日に公開され、

クラブで踊るシーンの激しいライトの点滅で倒れてしまう方が出たことや、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000005-flix-movi

菊地凛子さん の衝撃的な裸のシーンとかが話題になってますが (笑、

この映画には そうした表面的な衝撃だけではない深~いテーマもあり、

私も いろいろと想いをめぐらせながら見ました。


バベルの塔


ワインタイトルのBABEL(バベル)とは、旧約聖書に登場する街の名前。

旧約聖書の「バベルの塔」の話とは、

「昔、人間が団結して 天にも届くような高い塔を建設しようとしましたが、

神様が この塔を見て怒ってしまい、

それまでは統一の言葉を話していた人間の言葉を乱し、

違う言葉を話させるようにしてしまったため、

人々は混乱して、世界各地へバラバラに散っていってしまった」という話。


ワインこの映画は、

アメリカ、メキシコ、モロッコ、日本という4カ国が舞台ですが、

世界各地に散っている人々の「言葉の壁」

浮き彫りになっています。


モロッコを旅するアメリカ人の観光客が

偶然 銃で撃たれてしまったシーンで

早く救助しなければいけないのに、

国の許可がおりないから、とかが原因で

なかなか救急車やヘリコプターが来てくれない場面とか。


あらゆる場面で

障壁となる「言葉の壁」や「国境の壁」。。


ワインそして、

この映画の中では、「言葉の壁」と同時に、

同じ国、同じ家族の中でも「心の壁」が障壁となって

なかなか理解しあえない状況も描かれています。


モロッコを旅するアメリカ人観光客リチャードと妻スーザンは

冒頭でギクシャクした関係でしたし、

モロッコの山羊飼いの兄弟もケンカしてますし、

日本人女性と父の関係も。。


ワインしかし、

モロッコの山羊飼いの少年が、偶然にも

銃でアメリカ人観光客を撃ってしまったことがきっかけで

まったく関係のないかのように思われたアメリカ、メキシコ、モロッコ、日本の

出来事が1本の糸で繋がり始めます。


そして、

映画の後半では、

アメリカ人観光客リチャードと妻スーザン、

モロッコの山羊飼いの兄弟、

日本人女性と父の

それぞれの「心の壁」がなくなり、

わかりあい、確かめあうようになります。


そこに芽生えたのは、キラキラ


love


映画の前半で

菊地凛子さんが演じている聾の日本人女性、綿谷チエコが

父に怒ったり、男性の前で裸になったりしていたのは、、

綿谷チエコ

疎外感を感じていたからであり、

やはり「愛」を求めていたのでしょう。


ラストシーン、、

バベルの塔のような高層マンションの最上階のベランダで

綿谷チエコと父が抱き合っているシーンには

「愛」に満ちていました。
綿谷チエコ 役所公司 3

そして、

「最も暗い夜に最も輝ける光」というメッセージ。


「愛」が 「言葉の壁」や「心の壁」でバラバラになった人々を

結びつける光なのかもしれませんね(^^


earth



ワイン今、世界の様々な国の距離は

ネットの発達もあり、急速に近くなっているように感じます。


かつて マーシャル マクルーハンが「グローバル・ヴィレッジ 」と表現したように

まさに地球が一つの村のようになることでしょう。


BABEL には、

こうした時代の重要なテーマがある思います☆


タバコ


こんばんは、龍司です夜の街

今夜は・・・

いよいよ世界同時公開された話題の映画・ダ・ビンチ・コード

観ました^^


※毎度の事ながら0:00を過ぎ、日付が変わってますので

正確には昨日ですが(笑)

dcode


レイトショーなのに、

いつもと違ってたくさんの人!!

満員でした。。


まったりとしたレイトショーならではの雰囲気が流れず、

昼間の映画館のような感じでした(笑)


映画の内容に関しては、賛否両論あるようですが、

私的にはとても面白く、最後まで寝ずに集中して観ました!


キリスト教をはじめとした欧米の社会的背景が強く影響している内容でして、

私はミッション系の学校に通っていたためスムーズに内容もわかりましたが、

日本人の方にはわかりづらい面もあるかもしれません。。


そこで、映画を観る前に、

本を読んで予習しておくとわかりやすいかもしれませんね(笑)


ちなみに、

私は映画を見終わってから「ダ・ヴィンチ・コード (上) 」、

ダヴィンチコード (下) 」を

買って、印象に残ったシーンを読んで復習しました(笑)

 


なぜ、映画の前に読まなかったかというと・・・

実は私はビジネス書を読むのは得意なんですが、

小説系は大の苦手なんですよね(笑)

でも、映画を見た後ならイメージしながら読めますので。。。


ところで、

映画の中で参照されたダ・ビンチ・コードの絵の中で

最も大きく扱われたのが「最後の晩餐」です!

lastsupper

非常に有名な絵画で、

イエス・キリストが磔刑の前夜に12人の弟子とともにした晩餐が

描かれています。


この絵の中で、特に

↓↓↓この部分が注目されます!

lastsupper2

↓↓↓この▽(逆三角形)の部分・・・

lastsupper3


なぜか、というと・・・

このポイントは映画の核心部分でもあり、話すと長くなりますので(笑)

詳しくは映画を御覧になっていただくか、

本を読んでいただくことにしましょう!(笑)



PS


今日は、映画が終わってから、

レッドアイを飲みました(^^)

redeye2

レッドアイ = ビール + トマトジュース !!

みのもんたさんも毎朝3時に飲んでいるんだとか。。(笑)



ソニー・ピクチャーズ - ダ・ヴィンチ・コード
5
ソニー・ピクチャーズエンターテインメント,ダ・ヴィンチ・コード,The Da Vinci Code

この話題に関するクチコミ(695件)を見る

話題の.jp

「ナイロビの蜂」☆

テーマ:

こんばんは、龍司です夜の街

私は夜が好きです。 特に今夜のような休日の前の夜星空


昼にはない落ち着いた時の流れがあり、

優しさがあるような気がします(^^


Blurの「Tender 」という曲を思い出します

Tender is the night~音譜(夜は優しい)


今夜は、この曲を聴きながら車に乗って

レイトショーに行ってきましたUFO


昨日の記事のラストでお話した映画・「ナイロビの蜂 」を観るために!キラキラ

8














「きっかけは、妻の死 

 たどり着いたのは、妻の愛」

ストーリー:
舞台はケニア共和国の首都ナイロビ。

ある日、
ナイロビ駐在のイギリスの外交官・ジャスティン(レイフ・ファインズ )は
救援活動家の妻・テッサ(レイチェル・ワイズ )を殺されてしまいます。

妻の死後、

ジャスティンは、「妻の死の秘密を知りたい」という気持ちから

彼女が生存中にたどった足跡を追います。


足跡を追っていくと、

テッサが、ある世界的な陰謀=

「大手製薬会社が行っていたアフリカ人を使った人体実験」を暴き、

アフリカ人を救おうとしていたことがわかります。


人体実験に関して追求されるのは、

官僚や大手製薬会社等の権力側にとっては

マズいことだったわけでテッサが殺されたのだということも。。。


そして、

権力に対抗し、アフリカ人を人体実験から守るために

活動していた妻・テッサの

ジャスティンは気づきます!

ナイロビの蜂

テッサは生存中、

夫に迷惑をかけないように活動内容は隠していので

ジャスティンはテッサの死後、はじめて気づいたのですね。

活動をジャスティンに隠していたのもジャスティンへの。。


まさに

「地の果てでに出会う」


印象に残ったのは、

妻の足跡をたどる旅の途中、

「家に帰れ」と警告されたジャスティンが

"She was my home."彼女が私のでした)と答えるシーン


そして最後には、

ジャスティンもその「」へと・・・

―「君の秘密がわかったよ。へ帰るよ、君のもとへ」

ナイロビの蜂




ということで、

私は今日も寝ずに最後まで観ました!(笑

それくらい惹きこまれるストーリーだったということですね(^^


権力に対抗してアフリカ人を守ろうとするテッサの強いを発見し、

そして、そここそが自分の「」であると話すジャスティン。


テッサの死後だからこそ、その思いも強まるのでしょうね。

観ている私まで切なくなりました。。。


ジョン・ル・カレの原作のストーリー設定がとてもうまいなあ、

とも感じます(^^

ナイロビの蜂〈上〉

ナイロビの蜂〈下〉


本日から(日付が変わって昨日)公開してますので

関心お持ちの方は、是非☆



_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


◎追記


昨日は、久々にゆっくりできまして

ブログの記事も更新できましたし(笑、

本も読めました(^^


大前 研一さんが日本語訳した
ダニエル・ピンクの「 ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 」 !
私も以前からお話してきた「物語」 の重要性が書かれてます。

それから、「労働」に関する興味深い引用が載っていたので、紹介します
(以下、引用)
「21世紀における「遊び」は、
3世紀にわたって続いてきた産業社会における「労働」と同じ意味を持つだろう。
知り、行動し、価値を作り出すための中心手段なのである」
(以上)

昨年の3月21日に「プロシューマー」 のお話をしましたが、

それにも通じる現象で、

これからは生産と消費が区別つかなくなり、

プロデュース(生産) + コンシューム(消費) = プロシューマー

が目立つようになるでしょう。。

プロシューマーになるためには、

自分が関心を持ったことを追求していくことが大切だと思います(^^



さてさて、

来週はいよいよ話題の映画・ダビンチ・コード が世界同時公開ですね!

↓本日行ったシネコンにもこのように大きなポスターが!

dcode

私はまたレイトショーで観ようと思います☆

AEONFLUX(イーオンフラックス)

テーマ:
こんばんは、龍司です(^^

(今、日付が変わって12日深夜01:40です)


先程、レイトショーで映画を見てきました。

本日(3月11日)公開の話題の映画、

AEONFLUXイーオンフラックス)」

aeonflux2


私はレイトショーの雰囲気が好きなんですよね(^^

特に土曜日の夜は。。。

車に乗り、映画館へ向かう途中、

David Bowieの「Drive In Saturday」をかけると

本当に幸せな気分になります


▼このアルバムの3曲目です

Aladdin Sane


映画館に着くと

レイトショーならではの「まったり」とした雰囲気が・・・(笑

その雰囲気がいいんですよ(^^


そして映画!

私は通常、映画館に行くとビールを飲んでしまい

すぐ寝てしまうんです(笑


今回の「AEONFLUX(イーオンフラックス)」

いつもの通りオススメされてチケットもいただいたので

とりあえず行ってみよう、という感じだったので

「どうせまた寝るんだろうなあ」と自分で思ってたのですが・・・


この映画を見て、

私、不覚にも感動してしまいました!


▼以下、ストーリー(予告より引用)


西暦2011年、品種改良によって発生したウィルスにより、人類の99%が死滅。

しかし科学者が開発したワクチンにより、人類滅亡の危機は回避することが出来た。

以降、生き残った500万人の人類は汚染された外界と壁で隔てられた都市ブレーニャで、

安全な境遇と引き換えに救世主である科学者を主君に圧制された管理化の中暮らしている。

病気もなく、飢えもなく、戦争もない、未来のユートピア。

しかし、そんな政府に抵抗し思想の自由を求めて戦うものたちがいた。

反政府組織“モニカン”がそれである。

いよいよ、その革命戦士(レジスタンス)であるイーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)に、秘密と虚偽のヴェールに包括された未来都市・ブレーニャの支配者暗殺の命が下る。

ブレーニャに隠し続けられた秘密とは?イーオンの運命を変える旅路が始まる・・・!

(以上)


これは未来都市を舞台にした映画ですが、

テーマは・・・意外にも「愛」なのではないか、

と私は感じました。


圧制・管理下の未来都市。

不妊が慢性化し、子供はクローンでしか生まれない未来社会・・・

本当に妊娠して生まれた子供は殺されてしまう管理社会・・・

そのような社会で、

一時はコントロールされていた主人公イーオン・フラックスが

「愛」を取り戻す瞬間がありました。

そして、立ち向かっていくイーオン・フラックス。


後半のシーンで、イーオン・フラックスが管理人から

「AEON、STAY ALIVE!」と励まされたシーンが

象徴的でしたが、イーオン・フラックスは「愛」を持って強く生き残り、

クローンではなく、強い子孫を残していったのだろう、と思います。。。


この映画ほど極端にではないですが、

激しい生存競争は、今この時代にも行われています。

が、私達も自分の「愛」を持って強く生き残っていきたいものですね。


aeonflux3

▲先週、地下鉄六本木駅にも大きな広告が!


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

PS


ところで、

この映画を見て私はある米国の伝説的なテレビCMを

思い出しました。


アップル のTVCM「1984」です。

設定がすごく似ているんですよね(^^


そのCMの内容を・・・

マーク・ヒューズの「バズ・マーケティング 」という本の
189ページから紹介します
(以下、引用)

「まず、スポーツ選手を思わせるブロンドの女性が、

真っ赤な短パンとアップルの白いランニングシャツ

という出で立ちで登場した。

突撃隊に追われ、ヒトラーを髣髴とさせるイベントが

行われているスタジアムに逃げ込んだ。

何列も並んだスキンヘッドで無表情の男たちは

ぴくりとも動かず、まるで生気がない。

独裁者と思わしき人物が聴衆席の正面に吊るされた

巨大なスクリーンから痛烈な非難を吐き出している。

ブロンド女性はそのスクリーンに走り寄ると、

独裁者の映像めがけて大ハンマーを打ち下ろした。

大ハンマーがぶつかり、スクリーンは破壊された。

その時、声が響いた。

「1月24日、アップルコンピューターから

<マッキントッシュ>デビュー。

これで1984年は「1984のようにはならない。

あなたがその理由を実感するだろう」

(以上)


※「1984 」とは、ジョージ・オーウェルの小説で描かれた世界。

1940年代に書かれ、1984年 には

独裁者のビッグブラザーが社会を支配し、

人々は生活も個人の心も自分でコントロールできなくなるという

予言めいた内容


アップルが自社のブランディングにこの「物語」を結びつけたのは

本当にうまい!と思います。

このCM以降、爆発的に売上げを伸ばしたんですよ(^^


まあ、「アップルのマーケティング戦略」に関しては

また今度の記事で。。。

今日は寝ます。。。おやすみなさい zzz