MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

皆さん、こんにちは!

先日、↑クリスアンダーソンの新刊を読みまして。

クリスアンダーソンといえば、
2005年の記事でお話しした「ロングテール」とか、
フリーとか、
WEBのテーマを連想する方が多いと思うんですけど、
今作は、なんとモノ作りについてがテーマ!

PCが発展し、
さらに、ソレがネットに繋がり、
大きく進化した私達の暮らし、

クリスアンダーソン言わく、
さらに、この変化がモノ作りに大きな影響を与え始める、
と。

彼によると、

> 大量生産には技術と設備と投資が必要になるため、
> 製造業は、大企業と熟練工に ほぼ独占されてきた。

> それが今変わり始めている。

> どうしてだろう?
> もの作りがデジタルになったからだ。
> いまや、モノはスクリーン上でデザインされ、
> デジタルファイルとしてオンライン上でシェアされる。

> これまでの数十年間に工場や工業デザインの会社で
> 行われてきたことが、
> 個人のデスクトップや工房でも行われるようになりつつある。

とのこと。

20世紀には、
大きな工場を持っていなければ不可能であったモノ作りですが、
これからは個人でも可能な時代!

最近では、日本でも、
個人がカンタンにネットショップを開けるサービスが
登場するなど(詳細はコチラの記事参照)、
個人でできることの幅が広がってきています。

このチャンス、
大いに活用したいものですね♬

P.S.

最近、コチラで記事を書いていることが多いです >>> http://blog.livedoor.jp/shun699/
私の最新記事が気になる方は、お立ち寄りくださいませ♬
AD