porsche
旗こんばんは、龍司です^^


先日、、

↑「宣伝会議 2008年 1/1号 」を読み返してましたら、、

ポルシェジャパン 黒坂社長

↑ポルシェジャパンの黒坂社長の

マーケティングに関する考え方が載っていました。


※以下、引用


スポーツカーの代名詞ともいえる存在を

確立してきたポルシェにとっては、

価格や機能といった特徴を訴求する商品広告よりも、

消費者が憧れるようなブランドを作り出すことが

広告・マーケティング活動の目標となる。


※引用、以上


さらに、黒坂社長は、

「何も語らずとも自己主張できるのがブランドの根本」

と仰っていて、印象的☆


「ブランディング」前回の記事 でもお話したように、

製品を売る側にとって、売り上げを左右する重要なテーマですが、

「ポルシェ」はブランディングに成功した良い事例ですよね^^


「ポルシェ」という言葉を聞けば、

世界中の多くの方が、あの独特のカッコいいデザインのスポーツカーを

思い浮かべられますし、見事☆


旗この「ポルシェ」に関して、



↑遠藤 功さんのプレミアム戦略 という新刊に、

「なぜポルシェは復活したのか」という興味深いお話が

載っていたので、紹介します。


※以下、引用


(1990年代はじめ・・・)


販売不振にあえいでいたポルシェは、

米国市場を睨んだ「928」や「944」といったモデルを相次いで投入した。

しかし、米国の不景気でそうしたモデルは売れないうえに、

モデルの拡散によってポルシェの顔が見えなくなるという深刻な事態に陥っていた。


ヴィーデキングは車種モデルを大胆に整理し、

「911」への原点回帰にすべてを賭けた。

技術員を総動員し、「911」の魅力を徹底的に磨き上げることに注力したのだ。


就任翌年である1994年の売上高は11.9億ユーロ。

それが12年後の2006年には、71.2億ユーロと、

実に6倍に成長。

さらに利益面では、1994年6000万ユーロの赤字だったのが、

23.8億ユーロの営業利益を上げる高収益企業へと変身したのである。


※引用、以上


なるほど、、

今のポルシェの繁栄があるのも、1990年代はじめの苦難の時代を

乗り越えたからなんですね^^


興味深いのは、その乗り越え方!


モデルの拡散によってブランドイメージが弱まってしまっていた状況を見直し、

「911」というポルシェらしい原点の特徴を強調していくことによって、

再び、ポルシェの強烈なブランドイメージを取り戻したという手法☆


さすが、本社のヴェンドリン ヴィーデキング社長!


やはり、ブランドを強くするためには、

強みに特化して、焦点を絞ることフォーカス

重要なのでしょうね^^


そういえば、、

マキアージュの広告の記事 に、ピカさん からいただいたコメント、

> 「資生堂のCMってモデルさんを一度にたくさん使用しすぎじゃございませんこと?」

を思い出しました^^


まあ、資生堂の広告が良いかどうかは別としても、

「あまりにモデルを広げすぎると焦点が弱まり、ブランドのインパクトも弱まり、、

逆に、モデルの焦点を絞るとブランドも強まる。」

ということは広告のモデルさんにも、製品のモデルにも共通して言えそうです^^


「焦点を絞ることによってブランドを再建した」というポルシェの事例、

多くの企業、人にとって参考になりそうですね^^


旗ということで、、
私は今日、お台場へのドライブの途中に、、
ポルシェセンター銀座
ポルシェセンター銀座 に立ち寄ってみました^^


↑この記事の冒頭の写真は、

このお店の一番目立つところに展示されていた911


ポルシェのブランドイメージの軸になっている重要なクルマ!


porsche 911

やっぱり、無駄がなく 美しいデザイン☆


後ろから見ても、、
porsche 911
素晴らしい!


ポルシェといえば、、

米国IT企業社長のHiroさん が乗っているクルマとして有名ですし(笑、

やっぱり、カッコいいですよね^^


私が今乗っているクルマは、いただいたものなので もう少し乗る予定ですが、、

次に乗り換える時はポルシェにしようかな、と思う今日この頃です♪

タバコ


P.S.


さて、その後、、

私は、、いつものドライブコースへ!(笑
レインボーブリッジ

↑レインボーブリッジを渡り、、

(お天気も良く、かなり気持ち良かったです♪)



お台場
お台場で、目覚めのコーヒーを♪



観覧車
それにしても、↑この観覧車、、

いつ見ても「目」に見えます(笑


では、また♪

AD

CHANEL NO.19 BVLGARI POUR FEMME


旗こんばんは、龍司です^^

今夜はネーミングの重要性に関して☆


先日、

黒川 伊保子さんのことばに感じる女たち という新刊を読んでましたら、

興味深いことが書かれてましたので、紹介します^^

※以下、引用

「シャネルの5番と、ブルガリのファム のイメージの違いを教えて。

(どちらも甘い官能に満ちている香水の名前)

で、どうしてあなたは、ブルガリが好きなの?」

と聞いても、すべてのブルガリファンが答えられるわけではないでしょう。

彼女たちの多くは、その香りではなく、イメージをまとい、満喫しているのです。


語感的には、「ブルガリの女」のほうが、「シャネルの女」より、

意志が強くて現代的でカッコよさそう、です。


実際のところは、シャネルの19番のほうがブルガリのファムよりも

ユニセックスで意志の強い香りなのですが、

「エグゼクティブを目指す、ほかとはちょっと違う私」には、

シャネルの語感の甘い華やかさが歓迎されないのです。

ここでは完全に、実際の香りよりも語感が優先されます。


※引用、以上


※ブルガリファムの詳細は、Chickさん にて♪


なるほど^^

この本ではブルガリ好きな方の事例が載っていますが、

もちろん、別の嗜好を持つ方はシャネル好きな方も多いですし、

それぞれの方がお気に入りのブランドの香水があると思います。


実際には、多くの方が、ご自身が使っている香水の「香りの特徴」を

わかっているとは思いますけど(笑、、

でも、そのブランドのネーミング、語感に惹かれてる、という面もありますよね^^


香水だけでなく、様々なアイテムに言えることだと思います。



旗商品のネーミング、言葉の重要性に関して、、

アル ライズ& ローラ ライズの「ブランディング22の法則

という本にも書かれているので、紹介します^^

※以下、第5章「言葉の法則」から引用


「言葉はブランド構築にとっての鍵である。

いうまでもなくモノは形、色、造り、大きさといったビジュアルな世界に帰属する。

しかしモノは人の頭の中で脈絡が与えられない限り意味を持ちえない。

人は言葉を経由してビジュアルなモノに意味を付与する。


商品そのものはビジュアルな実体にすぎない。

そして消費者の頭の中でその商品に意味を与えるのはブランド名であり、

ブランド名からの連想である。」


※引用、以上


旗確かに、私自身も商品を選ぶ時、

頭の中で その商品を自分が持つことの「意味」を

いろいろと考えます。


これを持つと、自分らしいカッコよさを表せるかな~とか(笑


掃除用具などのコモディティ(日用品)なら、それほど「意味」は考えませんけど、

香水とか服とかクツとか、、特にファッションに関わる部分は、

「意味」がとても重要になってきますよね^^


「言葉」を使って、いろいろと「意味」を考え、

自分の中で 納得してから、商品を活用し始める。。



宝石白商品を売る側のメーカーの視点で見ると、、

マーケティングの本質とはユーザーの心の中にブランドを築くことですから、

良い製品をつくることにプラスして、

「言葉」を使ってユーザーに納得していただける「意味」を

作っていくことが重要だといえるでしょう^^


良い商品を作ることが重要なのは当然ですが、

最近では、技術の発展により、中国やインド、、世界中の様々な国で、

それなりの良い商品がカンタンに作れてしまう時代、、

商品そのものでの勝負だけでは、すぐに低価格競争に陥ってしまいます。


こうした時代にも世界中で売れている商品を見ると、

やっぱり、ブランド作りが上手いなと思います。


LOUIS VUITTONGUCCIVivienneDior も、

ファッション以外でREDBULL などなども、、

ブランドの作り方が見事☆


宝石白使う側から見れば、、ネーミングによって気分も変わる、

売る側から見れば、、ネーミングによって売り上げも大きく変わる、、

「言葉」・・・目には見えないものですが、

私たちの心の重要な部分を占めているもの。

「言葉」、ネーミングって重要ですよね タバコ


ー - - - - - - - ー - - - ー - - - ー - 


P.S.


そういえば、、

↓このバンドの名前もインパクトあったな~と思い出しました(笑
SEX PISTOLS

六本木のハ-ドロックカフェの入り口に貼ってある、

SEX PISTOLSのポスター。


このバンド名にお怒りになった方もいれば、熱狂した方もいる。。

要は、狙ったターゲット層にウケるネーミングであることが重要なのでしょう^^

AD

maquillage midtown2
旗つい先日までお正月モード だった東京ミッドタウン は、、

最近、早くも 春モード(笑


資生堂のMAQuillAGE(マキアージュ)

2008年春のプロモーションが展開されていて、

ただいま、ミッドタウン ジャック☆☆☆


キャッチコピーは美・ラスティング時代、はじまる。

外苑東通り沿いには、↑らしい華やかな旗の連続☆


さらに、、

maquillage midtown6


柱にも、、

赤いカラフルな花とともに、蛯原友里さんと伊東美咲さんが!(笑


地下の通路の壁にも、、
maquillage midtown

↑カラフルな花!


ミッドタウン の あらゆるところを埋め尽くす花々♪

さらに歩くと、、
maquillage midtown3マキアージュ のアイテムがたくさん!


やっぱり、インパクトありますし、印象的^^

私の頭の中もマキアージュ にジャックされてます(笑


昨年の12月16日の記事キャッチマッチというお話をしましたが、

この華やかなジャック広告、最高にキャッチされますね(笑



旗ちなみに、、

2006年3月29日の記事 でもお話したように、

マキアージュ のマーケティング戦略」はWEBサイトを軸としていて、

WEBサイトが すごく魅力的でしっかりと作られているのも特徴☆


「WEBサイトを軸としたマーケティング戦略」とは・・・

          ↓↓↓


今、ミッドタウン で展開されているような大規模なジャック広告を見たり、

楽しそうなテレビCMを見たりして、

キャッチされてマキアージュ に注目したユーザーは、

さらに詳しくマキアージュ の製品について調べてみようとする時・・・

ネットで検索する方が増えてますよね^^


そして、ネットで(GoogleやYahooなどで)「マキアージュ」と検索すると、、

トップにマキアージュ のWEBサイトが表示され、

このサイトはデザインもカッコよく、さらに製品情報が詳しく載っています。


そのマキアージュ のサイトは、コチラ


広告でキャッチされたユーザーが、

充実したWEBサイトを見ることによって、

さらに詳しく マキアージュ のことを知ることができ、

マッチできる!という流れ☆


          ↑↑↑


・・・という感じです^^

(詳しくは、2006年3月29日の記事 を参照ください)

ジャック広告やテレビCMでユーザーをキャッチしつつ、

WEBサイトでマッチさせるマキアージュ、

ユーザーとしての視点で見れば、楽しくキャッチされつつ 充実した製品選びをできますし、

モノを売ろうとしている方々の視点で見れば、

ネットが発展したこれからの時代に とても参考になる事例だと思います^^



旗あと、、マキアージュ のサイトのトップでも流れたと思いますが、

マキアージュのCMソングも最高で、私は大好きです^^


↓↓↓コチラ!

※↑2007年冬のプロモーションのもので、

キャッチコピーは「この冬は唇をハンサムにドレスアップ、

さあ、完璧に準備してパーティーへ!ドレスコードは唇」でした


この曲を聴いてると、、

本当にパーティーに行きたくなってきますね音譜(笑


そして、この日に発表された「2008年春のCM」はコチラ↓↓↓

ー - - - - - - - ー - - - ー - - - ー - 


P.S.


先日、ついに新しいデジカメを買いました^^


オダギリジョーのコラボカフェ に影響され(笑、

さらに、ayayanさん にもオススメしていただき、

Canon IXY DIGITAL (910IS )を☆


drago19さん も同じデジカメを活用されているとのこと♪


今回の記事から、

写真は Canon IXY DIGITAL (910IS) で撮ったものを載せていきます☆

AD

Baccarat ETERNAL LIGHTS


旗一昨日の夜、、

私は恵比寿ガーデンプレイスへと向かいました。


「ETERNAL LIGHTS」を求めて。。


「ETERNAL LIGHTS」・・・

恵比寿ガーデンプレイスにて、クリスマスの時期から、

「ETERNAL LIGHTSー歓びのかたちーというテーマで演出が行われていて、

Baccarat の巨大なシャンデリアが展示中☆


ご自身も輝いているピカさん が御覧になって感動されていたので、

私も是非、その輝きを見ておこう、と思いまして^^


旗「ETERNAL LIGHTS」・・・永遠の「光」、、

まだ見ぬ「光」を探して 、、歩いていくと・・・

Baccarat ETERNAL LIGHTS

↑キレイなイルミネーションの向こうに、強い光が!!!


ダヴィンチ の遠近法の絵のように、、

すべての線が その強い「光」という1点に収束されていくかのよう。。


その「光」に導かれるように 歩いていくと・・・


Baccarat ETERNAL LIGHTS

赤い文字で「Baccarat ETERNAL LIGHTSー歓びのかたちー」というテーマが。


旗そして、その向こうに・・・


Baccarat ETERNAL LIGHTS


巨大なシャンデリアキラキラ


高さ5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8226ピース、ライト総数250燈、、

世界最大級の大きさで、

このイベントのためにフランスから空輸されたのだとか^^


↑記事の冒頭の写真は、

このシャンデリアを下から見上げた光景☆


さすがBaccarat社の技術、

精巧に作られたクリスタルの輝き、、

あまりにもキレイで、余計なことなど すべて忘れさせてしまうほどの強い光☆


私は、夜の寒さも忘れて、、

しばらく その輝きに見とれて、酔いしれていました(笑


変化の激しい現代、、

どんなものでも光ってはすぐに消えていく時代ですが、、

このシャンデリアの光は ずっと輝き続けるのかも、、と思えるほどのパワー、、

「永遠」 を感じた夜でした タバコ



P.S.


このイベントは残念ながら14日までで終了ですが、

シャンデリアはフランスに戻ってからも輝き続けることでしょうし、

その輝きは、見た人の心の中にも残ることでしょう☆

銀座を「金座」に!!!

テーマ:

旗本日、銀座駅の中を歩いてましたら、、

銀座駅 WONDA 金の微糖


↑ 柱が金色!!!(笑


旗これは、アサヒ飲料のWONDA(ワンダ)の新商品「ワンダ 金の微糖」 の広告で、

東京メトロ銀座線の銀座駅をジャックして大々的に行われています。


期間: 1月9日(水)~1月13日(日)

テーマは、「銀座を『金座』に!キラキラ(笑


銀座駅を「ワンダ 金の微糖 」のシンボルカラーの「金色」に輝かせる、という企画☆


銀座駅 WONDA 金の微糖


ボードも金色で(笑、、

「銀座」の文字の「金」と「座」が強調されて、

「金座」に!!!


さらに、

↓駅の売店も、、
銀座駅 WONDA 金の微糖

金色! (笑


↓エスカレーター横の壁にも、
銀座駅 WONDA 金の微糖

↓足元にも、
銀座駅 WONDA 金の微糖

金色のWONDA が!(笑


↓駅員さんも、、
銀座駅 WONDA 金の微糖
いつもより、光って見えます!(笑


旗このように製品を「金色」というシンボルカラーで統一して強調すると、

見る側に強い印象を与えますし、効果的でしょうね^^


WONDAのように 「色で駅をジャックする」という大胆な手法を取る方もいますし(笑、

手法は人ぞれぞれだとは思いますけど、

「色」で印象付けるというポイントは重要でしょう。


ブランドにとって「色」は スゴク大切な要素だと思いますし、

ブランドカラーを明確にして、消費者の心に強く覚えられれば

ブランディングもできますし^^ タバコ


P.S.


私個人的に、金色が好きなので、

今回のWONDAの銀座ジャックはワクワクして楽しめました(笑

louis vuitton ad

旗こんばんは、龍司です^^


お正月休み、私は某所にてリラックスしてまして、

昨夜、自宅に帰ってきました^^


皆様も どこかにお出かけになった方が多いことでしょう^^


はいいですよね、

心も体もリフレッシュしますし♪


旗ところで、

「旅」、、で私が思い出すのは、

LOUIS VUITTON (ルイ ヴィトン)の広告☆


↑上の写真は、昨年秋、ヴィトンの某ショップに行った時、

店頭に大きく表示されていた写真。


元ソ連大統領のゴルバチョフ、インパクトありますよね!(笑


この広告キャンペーンの目的は、


> 「ルイ ヴィトンの普遍的テーマである「旅」に再び注目し、

> 旅の芸術の開拓者として受け継がれてきた文化的遺産を訴えかけること」


とのこと。


ヴィトンは、パリの旅行鞄専門店として創業してから、

ずっと「旅」をテーマにして製品を作り、事業展開してきたブランド。


確かに、バッグが最も必要となるのは、

お出かけする時ですし、遠くへのならなおさらバッグが重要ですよね^^


に出かける側の視点で見れば・・・

やっぱり、丈夫で機能的でデザインも美しいバッグを持ってお出かけしたい、

と思いますし♪


「旅」とバッグは、とても密接な関係。



旗ヴィトンの側からの視点で見れば・・・

「お客様にをしていただき、バッグを売る」という手法、

といっても良いでしょう☆


昨年、ドリルを売るには穴を売れ という本も出版されましたが、
ヴィトンの場合、、
「バッグを売るにはを売れ」という感じでしょうか(笑

この考え方、

バッグに限らず、様々な事業に活用できることだと思います。


人は 何かモノを売ろうとする時、

ついついモノ自体をアピールしてしまいがちですが、

そのモノを活用することによって享受できる価値を伝えることが大切でしょうね タバコ

東京タワー 2008


新年 あけましておめでとうございますキラキラ


いよいよ2008年キラキラ


皆様、今年も どうぞ宜しくお願い致しますキラキラ


旗2007年から2008年へと切り替わる直前、、

私は 都心をドライブしてました^^


シャッフル再生されたiPodから流れる音楽を聴きつつ、、

2008年には、どんなことをしようかな」とか考えながら♪


今までに、成功もあれば 失敗もありましたけど、

新年を迎えるにあたり、今後の戦略を考えられることって幸せなことですよね^^



旗そして、時刻が午前0時を過ぎる頃、、

私は飯倉の交差点を曲がり、東京タワーへと・・・


すると、東京タワーの色は、、
東京タワー 2008
ブルー。。


よ~く見ると、、
東京タワー 2008

「2008」!!!


ちょうど「2008」という数字が表示されたところで、

周りから大きな歓声が上がっていました!



しばらくすると、、ブルーだった東京タワーの色が、、
東京タワー 2008

徐々にオレンジ色に変わり、、


そして、、
東京タワー 2008

いつものインターナショナルオレンジ色 に!

私の大好きな色☆


冒頭の「HAPPY NEW YEAR」の写真は、

インターナショナルオレンジ色 に変化した直後の東京タワーの「2008」です!

今夜 点灯したばかりの「2008」


旗ブルーからオレンジへと明るく変化した東京タワーの色のように、

2008年という年を明るく楽しみたいものですね^^


いよいよ2008年

今年も 私が注目した様々な出来事を このブログにて お届けします!

皆様、今年も 共に いろいろと考えて2008年を楽しみましょう♪