こんばんは、龍司ですビール


和民

最近では、グッドウィル・グループの介護事業の買収で話題の

居酒屋チェーン、ワタミ


昨日の株主総会では、

渡辺美樹社長が「全介護事業の買収」に意欲を示したとのこと。

             ↓↓↓

ワタミ、グッドウィルの全介護事業買収に意欲 株主総会で キラキラ


お月様ところで、

ワタミ に関連して・・・


このような発表もありました。

     ↓↓↓

使い捨て割りばしを廃止 居酒屋のワタミ キラキラ


居酒屋、和民では、

7月から 全店で使い捨て割りばしを廃止し、

プラスチック製のはしに切り替えるのだそうです。


「二酸化炭素(CO2)の削減など環境負荷を抑えるのが目的。」とのこと。


割りばし・・・

私個人的には、あまり好きではないんですよ。

なぜかというと、ささくれ立つので(笑


ノドなどに刺さったら危ないですし。

割りばしを割った後、こすって磨いて ささくれを取るのも面倒ですし(笑


ただ、セブンイレブンの割りばしは、ささくれがなく、

とても使いやすいですけれど(^^



まあ、環境のことを考えれば、

使い捨てで木を使うより、プラスチック製のはしを何度も使った方が良いのでしょうね(^^


そういえば、

ギャル社長として有名な藤田志穂さん は、

「ケータイおはし」運動をやってました。

↓↓↓

「ケータイおはし」で森林保護を ギャル社長ら110人 キラキラ



スーパーの袋とか、クリーニングの袋などもなくなり、

自分で用意したマイバッグを使うケースも増えてきましたし、

21世紀は環境のことを考える世紀なのかもしれないですね☆


東京ミッドタウン 公園

AD

梅雨入りしたのに 毎日晴れている東京です(笑

日本全国的に天気が良いみたいですね(^^

晴れ


さて、

先日 表参道駅を歩いてましたら、、、


crystalgeyser

↑ たくさんのクリスタルガイザー スパークリング が!


恒例の「表参道駅 ジャック広告」シリーズです (笑


暑い日に これほど巨大なボトルの数々を見ますと、

つい飲みたくなりますね(^^


夏を迎えて、

消費者が 「冷たい飲み物」を飲みたくなる機会も増えますので、

飲料メーカーにとっては売上げアップに向けて勝負どころなのでしょう。


飲み物の広告を見る機会が増えそうです。。(笑



カクテルグラスところで、

クリスタルガイザー スパークリング のようなスパークリングウォーターは、

昨年あたりから 日本でも見る機会が増えましたね(^^


昨年の2月頃、NUDAが話題になったことがきっかけだったように思います。


スパークリングウォーター、、、


その頃、私も何度か記事に書きました。

この記事 の後半とか、この記事 とか。


そういえば・・・

昨年の2月26日には、

tomiya社長スパークリングウォーター市場の今後 という記事で、

興味深いことを書かれていました。

(以下、引用)


「これら「スパークリングウォーター」って、

ヨーロッパやアメリカだと「当たり前」の文化なんですよね。

レストランでは、「ガス入りのミネラルウォーター」は必ずありますし、

家での食事中にも飲みます。

日本では、いままであまりなかった「文化」だと思います。

NUDA(ヌューダ)のおかげで、

この「スパークリングウォーター市場」も定着するかな?って

思っています。」

(引用、以上)


それから1年以上経ち、

皆様の生活の中に スパークリングウォーターは入ってきましたか?


ちなみに、

私自身はPERRIERペリエ 好きで、

毎日 飲んでます(^^

最近 暑いので、飲む本数が増えまして、

私の冷蔵庫はペリエ にジャックされてます(笑

         ↓↓↓
ペリエ

スパークリングウォーターは、↑このように私の生活の中に入り込み(笑)、

街で見る機会も増えましたし、

着実に日本の市場に根付きつつあることを私は感じてます☆


最近では、スーパーにも

↓このような「おいしい発泡水」コーナーがありますし(笑)
スパークリングウォーター

AD

ブラックコーラ?

テーマ:

晴れ先週、暑かったので 「冷たいものでも飲もう」と

自動販売機の前に行ってみると・・・


ブラックコーラ

黒いコーラが! (笑


キャッチフレーズは、「日本の男よ、ためらうな」!


ということで、ためらわずに買ってみました(笑



これは、6月4日に発売されたコカコーラゼロ キラキラ

黒い缶のコーラなので、「ブラックコーラ」と呼んでる方も多いですね(^^


飲んでみた感想は・・・

ダイエットコーラに特有の物足りなさ、味の薄さが感じられて、

本音を言わせていただくと「イマイチ」な感じでした(笑


同じ糖分ゼロのコーラでも、PEPSI NEX は味も美味しいと思いましたけれど。。


うどん評論家のテルさんコカコーラゼロ を飲まれたようですが、

このような辛口評価を(笑) →記事はコチラ


私の周りの人たちも「もっとガツンとくる味を期待してた」とか、、

色がブラックなので、もっと濃い味を期待してたようです。。


まあ、味覚は人それぞれでしょうから何とも言えないですが(^^


皆様、飲まれましたか?



お月様ところで、

今後、こういう新商品を開発する時は消費者参加型で行ったら良いかも、

と思ったりします。


最近、進んだマーケターの間で話題になっている本、

ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ 」という本の中に

興味深いことが書かれてました。

(以下、19ページ引用)


「従来、人々の大半は、大量生産された製品を消費するだけ、

硬直的な組織で上司に言われたことをするだけなど、

経済において限られた役割しか果たせなかった。


この状況は、現在、大きく変化しつつある。

情報技術が普及して、コラボレーションや価値の創出、

競争が行えるツールを誰でも使えるようになり、

普通の人々が革新や富の形成に参加できるようになったのだ。」


(引用、以上)


コカコーラのような大手の企業でも、

この社会の変化の傾向をとらえて、

マスコラボレーションして新商品を開発するようなことを行っても良いのではないでしょうか。


消費者の感性と大きくズレた製品を大量生産し続けるよりも、

消費者や他社等とも積極的にコラボレーションして、

そのパワーを活かした方が盛り上がる時代を迎えていると私は感じています(^^


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


星 その他、注目のニュース


英HMVグループ、日本事業を売却へ


年会費3900円で常にお急ぎ無料配送~アマゾンが会員制プログラムを開始

AD

こんばんは、龍司ですビール


5月17日の記事 でお話したように、

最近は 著作権 への考え方が大きく変わろうとしています。


ここ数日も大きな動きがありました!


大きな動きとは・・・_ _ _ _ _ _


まず、

宝石赤アップル、DRMフリーの楽曲販売を開始 キラキラ


以前から、「iTunesでダウンロードした曲には

デジタル権利管理(DRM)技術が施されているので

自分のiPod以外で自由に扱えない」 という問題がありましたが、

5月31日からDRMがつけられていない楽曲を販売するiTunes Plusを開始!


院長先生 も お喜びのことでしょう(^^



私も早速、DRMフリーの曲を買ってみました。

chemical brothersの新曲とか(^^


これからは、DRMフリーの曲が増えるでしょうし、

ユーザーとしては嬉しいものです☆


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 


そして、

宝石赤アップル、YouTubeと提携 キラキラ



アップルのJobs氏が、

6月からApple TV「YouTube」という新メニューが加わり、

You Tubeの映像をカンタンにTVのモニターで観る事ができるようになる、

との発表を行いました。



私個人的には、

You Tubeの映像はパソコンのモニターで見るだけでも充分だと思いますが、

コンテンツによっては 大きなテレビで見たいものもあるかもしれませんし、

Apple TV の使用価値が上がりそうですね。


様々なコンテンツ会社との提携も進んでいますし、

これからはYou Tubeに合法的で高画質なコンテンツも増えるでしょうから

大きなテレビモニターで見たくなるような機会も増えるかもしれませんし(^^


こうした発表をみると、

AppleYoutubeが、ネットの中だけでなく、

本格的に私たちの日常生活の中に大きく進出してきていることを感じますね(^^

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 


さらに、

宝石赤GoogleおよびYouTube、

EMIとコンテンツ配信で提携 キラキラ


Cnetの記事 を紹介します(以下、引用)


Googleは米国時間5月31日、

EMI Group所属アーティストの音楽ビデオおよびパフォーマンスを配信可能とする提携が、

EMIとの間で合意に至ったことを明らかにした。


また、EMIは、

YouTube上のユーザー作成コンテンツにEMI所属アーティストのビデオや

パフォーマンスを合法的に加えることを可能にするため、

YouTubeの親会社であるGoogleと共同で

ビジネスモデルを開発する予定であることも述べた。」


(引用、以上)


Youtubeでは今までも 様々なアーティストのビデオ等を

見ることができたわけですけれども、

これからは合法的に見られるようになるということですね(笑


Google は、今回のEMIとの提携より以前にも、

Warner Musicや、Universal Music、Sony BMG Music Entertainment、

BBC、CBS、などとも提携していますし、

今後、ますます合法的なコンテンツが増えることでしょう☆


EMIのようなレコード会社にとっても、

時代の流れとしてCD等の売り上げが減少傾向なわけですし、

著作権に固執し続けているよりも、

ネットと積極的に提携した方が良いと判断したのでしょうね(^^


私は、

「今の時代のユーザーは、

一方的にコンテンツを受信するよりも、

自由に活用して何かを生み出すことを望んでいる」

と感じてます。


このような時代に、

コンテンツを囲い込むよりも、

ユーザーに自由に活用させた方が、

ヒットする可能性も高まると思いますし。


何しろ、消費者に語られる商品は広く普及する 時代ですしね(^^


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


お月様さてさて、

↑今夜 ご紹介したように、

ここ数日間、著作権への関わり方を大きく変えそうな発表が

続けて行われました。


波


こうした動きを見ていると、

コンテンツの扱われ方が、

発信者主導からユーザー主導へと

大きく変化していることを感じます。


社会の変化、ユーザーの変化とともに、

Apple、Google、Youtubeのようなニューミドルマン が動き、

EMIのようなレコード会社も変わっていく。


ユーザーにとっては理想的な変化だと思いますし、

ニューミドルマン にとってのビジネスチャンスも広がるでしょうし、

コンテンツ提供者にとっても広く普及させるきっかけにもなるでしょう。


この変化を カルチャーや経済の活性化に繋げたいですね☆

タバコ

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

星参考書籍・・・「メディア進化社会 」 小寺 信良氏著

第5章の著作権論が参考になると思います。


あと、以前にもご紹介した「WEB2.0の未来 ザ・シェアリングエコノミー」

35ページからのローレンス レッシグ教授の著作権論が

素晴らしいと思います。