こんばんは、龍司ですビール


3月3日の記事 で、

「世界中を躍らせるパリのレーベル、KITSUNE 」のお話をしました。


kitsune


先日、そのKITSUNE から、

初のアーティスト フルアルバムがリリースされまして、、

         ↓↓↓

DIGITALISM (デジタリズム)の「IDEALISM(デジタル主義)キラキラ

ヒット曲、「Zdarlight」や「Jupiter Room」、

最新シングルの「Pogo」も入っていて、今の彼らの勢いを感じられる作品。


Franz Ferdinand

踊るためのロックを奏でているのであれば、

DIGITALISM

ロックするためのダンスミュージックを作っている」

と言われているように、

DIGITALISM というアーティストの曲には、

ダンスミュージックの中にロックが感じられるのが特徴。


最近大きなムーブメントとなりつつある「インディーロックとクラブミュージックを

融合させた音楽」を引っ張っていく存在になってきました!


ChemicalBlothers好きのNEKOさん

チェックしてるかもしれませんね(^^

シングル曲「POGO」のプロモ映像は、コチラ!

         ↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=dc8yWDbCWew



ワインところで、昨夜、

彼らが東京に上陸しまして、代官山のUNIT に登場☆キラキラ


私も行って来ました(^^


digitalism unit


↑24:30頃の光景。


スゴイ盛り上がりでしたよ(^^


クラブの様子を撮ってみましたので、ちょっとだけお届けします☆

         ↓↓↓



ワイン2007年は、インディーロックとクラブミュージックを融合させたような音楽が

大きく盛り上がる年となりそうです。


私が大好きなジャンルでもありますし、

これからのDIGITALISM 、そしてKITSUNE には

さらに加速して、世界中を躍らせてほしいです☆

タバコ

AD

こんばんは!龍司ですビール


2月12日の記事iPodのお話をした時に、

院長先生 から

「私もipod派です。
おまけで、携帯のSDカードでも聴いてます。
ituneの曲がSDカードに落せない?のが
歯がゆいですが
、、、(^_^;)」

とのコメントをいただきました。


確かに(^^


iTunes music store では気軽に曲を買えますが、

そこで買った曲には デジタル権利管理(DRM技術が施されているので、

自分のiPodにしかダウンロードできないんですよね。

他の端末で自由に聴けないのが歯がゆいところ。。


これは、きっと多くのiPodユーザーの方が

感じていた不満でしょう。


私もiPod大好き人間ですし、

iTunesも曲の管理がしやすくて 好きですが、

iTunes music store で曲を買うのは、ちょっと。。(笑


曲を無制限にコピーできないので 著作権を保護できる、という目的で

デジタル権利管理(DRM技術が施されているのでしょうけれども、

ユーザーの立場から見ると、すごく不自由な感じがします。


著作権者を保護しているだけでなく、

なんだか アップル社のシステムに囲いこまれてるようですし (笑



ワインでも、

こうしたDRM技術による過剰な著作権保護やユーザーの囲いこみは

間もなく崩壊するでしょう。


最近では

EMI GroupがDRM技術の施されていない楽曲を

iTunes music store で販売する予定の発表するなど、

DRM技術による囲いこみの崩壊を予感させるニュースもありました。

           ↓↓↓

EMI Group、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ キラキラ



ワインさらに、本日、

衝撃的な発表がありまして、、、

     ↓↓↓

アマゾンDRMフリーの楽曲を販売へ アップ


米国のAmazon.comが今年中に音楽配信事業に参入し、

デジタル権利管理(DRM)技術の施されていない楽曲を提供する予定とのこと。


これは、私たちユーザーにとっては

嬉しいことですよね!


iTunes store で買った曲を自分のiPodで聴く」というスタイルに限定されず、

アマゾンで買った曲をiTunesで管理して、

iPodやケータイで聴いても良いわけですし♪


決められたソフトや端末に縛られずに

自由に曲を扱えるようになりますね(^^


早く 日本でもサービスを始めていただきたいものです。


ワイン逆に、音楽配信の事業者の視点で見ると、

大きな危機感を感じる事業者もいることでしょう。


iTunes store に限らず、多くのケータイの音楽配信サービスが

行ってきたユーザーを囲い込む技術が崩壊しようとしてるので。。


波


今回のアマゾンの発表を読んで、

大きなフラット化の波 が押し寄せている今、

DRMのような技術で無理やり自社のサービスにユーザーを囲いこむことなど

できなくなる、という時代の流れを 私はあらためて感じました。


ユーザーにとって理想的な時代を迎えるとともに

古いビジネスモデルにしがみついた事業者は淘汰される、、、

一方、アマゾンのような新しい事業者(ニューミドルマン )が急速に発展しそうです☆



P.S.


院長先生 、楽しい時代になりそうですね(笑


タバコ



星参考書籍・・・

WEB2.0の未来 ザ・シェアリングエコノミー WEB2.0への道 3
35ページからのローレンス レッシング氏の
著作権に関する考え方が 素晴らしいと思います。

著作権保護を重視するあまり ユーザーが活用しにくい環境をつくるのではなく、

ユーザーが自由に活用でき、そこから新しい創造性を生み出せるような環境作りを

進めたいものですね(^^

AD

こんばんは、龍司ですビール


ゴールデンウィーク中に、

ショッキングな出来事がありまして・・・


もうsmoothさんレナさん はお気づきかもしれませんが、

昨年の夏の記事 で紹介したネットラジオ、Pandora

聴けなくなってしまったのです。。


なぜかというと、

アメリカ国外からのサービス利用ができなくなってしまったため。 (汗

まあ、もともとアメリカ国内限定のサービスだったわけですが、

この度、正式にアクセスできないことになりました(笑


残念!



でも、

推薦エンジン型ネットラジオはPandora だけではないですし、

似たようなサービスも たくさんあるのが今の時代の特徴。


たとえば、

Last.fm キラキラ


last fm


mixiでyoujaさんからオススメいただいたネットラジオ。


Pandora と同様、

好きなアーティスト名を入力すると、

ユーザーの好みに合いそうな楽曲を自動で探し出し、

ラジオのように次々に流してくれるFM曲!


「このアーティストが好きなら、

きっとこの曲も気に入るかもしれませんよ」という感覚で(^^


私はPandora 中止以降、

よく聴いてますが、このLast.fmも なかなか良いですよ


Last.fm  = 最後に行き着くFM局、という意味☆


従来のラジオ、FM局は

発信者側が流したい曲を一方的に放送していたのに対して、

PandoraLast.fm という新しいFM局は、

ユーザーの趣味、嗜好に合わせて放送されます。


発信者主導から受信者主導へという変化は

今の時代の流れですし、

まさに FM局の進化系、最後に行き着くFM局かもしれませんね(^^


ユーザーは好きな曲なら「LOVE」ボタンを押し、

嫌いな曲なら「skip」ボタン、

二度と聴きたくない曲には「BAN」ボタン(笑)をクリックします。

その各ユーザーの評価を 推薦エンジンが学習して

嗜好を把握、次にオススメする曲を決める時に生かしてくれます。


UK発の このネットラジオ、

昨年の夏に日本でのサービスもスタートしているので、

日本からも正式に登録して楽しめます!

http://www.lastfm.jp


mixi musicのように、

SNSとしての機能もあります。

同じようなアーティストが好きな人同士が

繋がりやすいようになっていて、

情報共有したり、新しいオススメをいただいたり、

ユーザーの音楽ライフが加速する仕掛けも充実(^^


私も大いに楽しみたいと思います☆


ワイン一方、

Last.fm のような新しいネットラジオは、

ユーザーだけでなく そのネットラジオの事業者の視点で見ても、

魅力的だと思います。


なぜかというと・・・


ユーザーがネットラジオを使えば使うほど、

(「LOVE」ボタンや「SKIP」ボタンなどなど)

事業者側には、ユーザーの嗜好のデータが蓄積されます。


「どのユーザーがどんな曲を好きか」がわかるわけで、

新しい曲をプロモーションする時、

最もその曲を好きそうな的なユーザーに

流すことが可能に!


このデータは、

新曲を売り出したいミュージシャンや 音楽事務所にとって

かなり魅力的なデータでしょう。


自分の曲を好みそうなユーザーに曲を聴いていただくためには、

Last.fm のような事業者に ある程度の費用を支払ってでも依頼するでしょうし。

Last.fm のユーザーのデータは、

Last.fm の収益源に☆



ワインミュージシャンの視点で見ても、

Last.fm のようなサービスは魅力的でしょうね。


Last.fm のようなサービスのおかげで、

本来、出会えなかったようなファンに曲を聴いていただけるわけですから(^^


ワインということで、

Last.fm のような新しいFM局は、

ユーザーにとっても、

事業者にとっても、

ミュージシャンにとっても魅力的なサービスだといえそうですね(^^


IT革命の恩恵を受けて花開き始めたWEB2.0のサービス、

これから さらに多くのユーザーやミュージシャンが集まって

盛り上がることに期待したいです☆



星 関連書籍:

WEB2.0の未来 ザ・シェアリングエコノミー WEB2.0への道 3


先日、この本に載っている私の知人からいただいたので読んでみたところ、

Last.fm のCEO フィリクス ミラー氏の記事が掲載されてまして

事業コンセプトが詳しく説明されていて興味深いです。


星 推薦型ネットラジオ 関連情報


slacker


SLACKER


3月にアメリカで始まったサービスで

今後、大きく事業拡大しそうな予感(^^

AD

こんばんは、龍司ですビール


GW明けの月曜日、

会社に行ってみると、、、
ソフトバンク 広告


ミッドタウン 前の柱に

たくさんのケータイが!(笑


天井からは、、
ソフトバンク ケータイ


ケータイが、検索マシーンになっていく。

という言葉☆


ミッドタウン が、

ソフトバンクケータイジャックされてます!


これほどカラフルなケータイが大量に並ぶと、

気持ち良いですね (笑


鮮やか☆



ワインソフトバンクのライバル、NTTドコモの夏野 剛さんが

ケータイの未来 」という著書の中で、、

ケータイが単なる通信インフラだった時代は終わり、
ITインフラへ、そして生活インフラへと発展していくことを
説明されているように、
私達は ケータイで単に「話す」だけでなく、
「検索」したり、「お買い物」したりするようになっています。

そこで、ソフトバンクは、Yahooという検索サイトを

もっともっとケータイで使っていただこう、と

アピールしているのでしょう。


番号ポータビリティもスタートし、

ケータイ事業者の熱い戦いは まだまだ続きそうですが、

私もケータイを話す以外の用途に使うことが増えた今日この頃、

ケータイがユーザーの生活に深~く入りこんできていることは確かなようです☆


P.S.


その後、

表参道駅を通ったら、、、
CHANEL 表参道
駅がCHANEL、CHANEL、CHANEL☆


最近、ジャックが流行ってますね~(笑

BABEL (バベル)

テーマ:

BABEL

こんばんは、龍司ですビール


昨夜、映画:BABEL
(バベル)キラキラを見ました(^^

    

日本でも4月28日に公開され、

クラブで踊るシーンの激しいライトの点滅で倒れてしまう方が出たことや、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000005-flix-movi

菊地凛子さん の衝撃的な裸のシーンとかが話題になってますが (笑、

この映画には そうした表面的な衝撃だけではない深~いテーマもあり、

私も いろいろと想いをめぐらせながら見ました。


バベルの塔


ワインタイトルのBABEL(バベル)とは、旧約聖書に登場する街の名前。

旧約聖書の「バベルの塔」の話とは、

「昔、人間が団結して 天にも届くような高い塔を建設しようとしましたが、

神様が この塔を見て怒ってしまい、

それまでは統一の言葉を話していた人間の言葉を乱し、

違う言葉を話させるようにしてしまったため、

人々は混乱して、世界各地へバラバラに散っていってしまった」という話。


ワインこの映画は、

アメリカ、メキシコ、モロッコ、日本という4カ国が舞台ですが、

世界各地に散っている人々の「言葉の壁」

浮き彫りになっています。


モロッコを旅するアメリカ人の観光客が

偶然 銃で撃たれてしまったシーンで

早く救助しなければいけないのに、

国の許可がおりないから、とかが原因で

なかなか救急車やヘリコプターが来てくれない場面とか。


あらゆる場面で

障壁となる「言葉の壁」や「国境の壁」。。


ワインそして、

この映画の中では、「言葉の壁」と同時に、

同じ国、同じ家族の中でも「心の壁」が障壁となって

なかなか理解しあえない状況も描かれています。


モロッコを旅するアメリカ人観光客リチャードと妻スーザンは

冒頭でギクシャクした関係でしたし、

モロッコの山羊飼いの兄弟もケンカしてますし、

日本人女性と父の関係も。。


ワインしかし、

モロッコの山羊飼いの少年が、偶然にも

銃でアメリカ人観光客を撃ってしまったことがきっかけで

まったく関係のないかのように思われたアメリカ、メキシコ、モロッコ、日本の

出来事が1本の糸で繋がり始めます。


そして、

映画の後半では、

アメリカ人観光客リチャードと妻スーザン、

モロッコの山羊飼いの兄弟、

日本人女性と父の

それぞれの「心の壁」がなくなり、

わかりあい、確かめあうようになります。


そこに芽生えたのは、キラキラ


love


映画の前半で

菊地凛子さんが演じている聾の日本人女性、綿谷チエコが

父に怒ったり、男性の前で裸になったりしていたのは、、

綿谷チエコ

疎外感を感じていたからであり、

やはり「愛」を求めていたのでしょう。


ラストシーン、、

バベルの塔のような高層マンションの最上階のベランダで

綿谷チエコと父が抱き合っているシーンには

「愛」に満ちていました。
綿谷チエコ 役所公司 3

そして、

「最も暗い夜に最も輝ける光」というメッセージ。


「愛」が 「言葉の壁」や「心の壁」でバラバラになった人々を

結びつける光なのかもしれませんね(^^


earth



ワイン今、世界の様々な国の距離は

ネットの発達もあり、急速に近くなっているように感じます。


かつて マーシャル マクルーハンが「グローバル・ヴィレッジ 」と表現したように

まさに地球が一つの村のようになることでしょう。


BABEL には、

こうした時代の重要なテーマがある思います☆


タバコ


!?


こんばんは、龍司ですビール

GW、皆様 いかがお過ごしでしょうか(^^

私は仕事したり 慌しくしてますが、

昨日 久々にゆったりできたので、ブログもチェックしました。

そして、

自分のブログのプロフィールのコーナーを見ようと

「プロフィールを見る」ボタンを探してみると・・・

← 画面 向かって左側にあった「プロフィールを見る」ボタンがなく、、

代わりに、

ルームを見る という表示が!


ルーム!?キラキラ(笑


何だコレ!?と思ったので、

アメブロのスタッフブログ をチェックしてみると、

御案内の記事がありました → コチラ☆


プロフィールが超進化!サンプルページを見る。

なるほど~

4月24日からプロフィールが進化してアメーバルーム

なったのですね(^^


ブロガーが自己PRをするための

個人のルーム、スペースを持ったような感じでしょうか。

以前のプロフィールのコーナーに比べると、

写真がジャンルごとに たくさん載せられたり、

それをスライドショーで流したり、

ビデオを載せられたり、

音楽を流せたり、、、

かなり充実した感じがします☆


・・・

Myspace(マイスペース) っぽくなってますよね(笑


Myspace(マイスペース) に関しての過去の記事は、コチラ


アメブロのマイスペース化かな、と

思ってしまいましたが(笑、

ユーザーとしては、いろいろとアピールできた方が面白いので

アメーバルームの充実は大歓迎です(^^


私も早速、スライドショーを作ったりしてみました(^^



今、このブログをお読みいただいている方も

多くの方がアメブロでブログを書かれてると思います。


このお休みを利用して、皆様のアメーバルーム

いじってみてはいかがでしょうか(^^

タバコ


P.S.


前回の記事(黒い綿棒)でお話したように、

ユーザーに積極的に使われることが

企業の収益にも繋がる と私は思いますので、

アメブロがSNS的機能を強化して ユーザーに自己アピールの機会や

他の人とつながる機会を提供することは

サイバーエージェントさんにとっても大いにプラスになると思います(^^