グーグル革命の衝撃☆

テーマ:

こんばんは、龍司ですビール


最近、

NHKスペシャルで放送されたグーグル革命の衝撃キラキラという番組が

かなり話題になっているようです。


この番組に関しての感想を

tomiya社長 をはじめ 多くの方が ブログで書かれていて、

その注目度の高さを実感しました。


私もこの番組を見てみまして、、

内容は、

Google(グーグル) が検索サービスを軸として

私達の生活の中に深く浸透し始めていて、

人々が Google に大きく依存した生活をするように

なってきている様子」を描いたものでした。


その番組の一部を紹介します♪

↓↓↓



ワインユーザーとしての視点で見ると、、、

私自身もGoogle 愛用者でして、

調べたいことがあると、すぐにググりますし(笑、

出かける時はGoogle MAP(グーグルマップ) で調べますし、

出先でGmailを使ったり、、、

本当に快適です(^^


ワイン一方、ビジネスとしての視点で見ると、、、

Google のビジネスモデルのスゴさに気づきます。

世界中の多くのユーザーがGoogle で検索すればするほど、

Google には、「それぞれのユーザーがどんな人で何を求めているのか」を

把握できるデータが集まるわけで、

このデータは、広告主から見ても魅力的!


そこで、Google はユーザーから依存されるだけでなく、

多くの広告主からも依存されるようになりますしね(^^

これからも 加速度的に成長していくことでしょう☆


ワインさらに、既存の事業者の視点で見ると、、、

Google は、かなりの脅威なわけで、

破壊される事業者も多いと思われます。。。


中途半端なポータルサイトなどは

存在意義がなくなってしまいますしね


ただし、すべてのサイトが生き残れないのか、というと

そうでもないでしょう。


たとえば、

「群馬に出かけた時、レストランで美味しい食事がしたい!」と思った時は、

ググるよりも、tomiya社長 のブログをチェックしたり、

tomiya社長 に質問した方が、

美味しいレストランを探せる可能性は高いと思いますし(^^


Google 全盛の時代にも

生き残れる事業機会はたくさんある、と私は思います


この点に関して
佐々木 俊尚氏の最新刊、
次世代ウェブ グーグルの次のモデル にも
詳しく書かれてました
↓↓↓

現状、Google で検索してもズバリ的を得たページが出ないこともあるわけですし、

得意なジャンルに特化して的確にユーザーのニーズに応えられる事業者には

まだまだ活躍のチャンスが多いと思います。


nanshukanさん も御存知のように、

求められてるのは、ニューミドルマン

でしょうしね☆

虹


さてさて、

お話が長くなってしまいましたが、

私個人的には、これからもGoogle の圧倒的なパワーを楽しみたい!

と思ってます(^^


Google がもたらす社会の変化に関しては

いろいろとレポートしていきますね☆

タバコ

AD

こんばんは!


オリンパスのデジカメ、「μ730キラキラを持つようになってから

すっかり写真撮影にハマっている龍司です(笑ビール



先日、

東京タワーを真下から パノラマ機能で撮影してみました☆

↓↓↓
tokyotower333

縦に長~いパノラマ!

やっぱり、パノラマ機能で撮ると迫力が出ますね!!!


私は、ずっと東京に住んでいるのに

東京タワーを近くで見ると、今でもワクワクします(^^


その大きさに圧倒される!という感覚。

そして、その色も好きです


カラーバトンの記事 でもお話しましたが、

私はオレンジ色が好きなんですよね


さらに、ネットで調べてみたところ、

東京タワーのオレンジ色は、ただのオレンジ色ではなく、

インターナショナルオレンジという色なんだそうで、、、

昼間、太陽に当たると とてもキレイに輝きます☆


オレンジより やや赤に近い、

オレンジと赤の中間のような色


南側から、太陽に当たっている部分を撮ってみました(^^

↓↓↓
tokyotower6

鮮やか☆


キャンペーンバナー

オリンパス デジタルカメラ μ730 (ミュー730)
AD

こんばんは!龍司ですビール


今夜は、前回に続きまして

B-Promotion のレビュアーとして

第3回目のレポートです(^^

olympus


今夜は、

「超高速マルチショット」という機能、

夜の撮影

の2つを実践レポートします!


ワインまず、「超高速マルチショット」という機能に関して。


「μ730 には、

超高速マルチショットキラキラという機能がついていまして、、

「シャッターボタンを押し続けている間(最大5秒)に撮影した画像を、

自動的に9分割して1枚の画像にする」ことができます。


この機能、、「どんな時に使えるのか」というと・・・

動きが早いものを撮る時でしょうね(^^


早く動いているものを連写することによって

一連の動きを記録して見ることができます


私は、「早く動くもの」とは・・・・・・と考えて、

思い浮かんだのが子犬!(笑


昨夜、

某所にいたワンちゃんを撮ってみました☆


↓↓↓コチラ!
dog3

ワンちゃんが 直立した後、立ち去っていくシーン(笑


白っぽい色のワンちゃんは、ほとんど動いてませんが(笑、

よく見ると直立してよく動いてる方のワンちゃんの影響を受けて

微妙に表情が変化してて、面白いです(^^


超高速マルチショットならではの

短時間での変化の記録☆


ゴルフのスウィングとか、

野球でピッチャーが投球するシーンなどなど

早い動きのシーンを撮る時にもピッタリでしょうね(^^


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


ワインさてさて、続きまして、、

「μ730」「夜の撮影に強い!」キラキラという特徴に関して☆


なぜ「夜の撮影に強い」のか、というと・・・


カメラはISO値が高いほど 暗い場所でも鮮明に撮れるらしいのですが
μ730
は、このISO値が非常に高く、
3200の高感度なのだそうです!

夜にケータイカメラで撮ると写真がボヤけてしまうことが多いですがあせる
μ730
なら望み通りの写真を残せそうですね(^^


それでは 早速、
μ730 を持って夜の六本木の街に出てみましょう!音譜

※私が昨夜、、、酒に酔っ払いながらも 撮った写真を紹介します(笑

illumination3
↑イルミネーション

illumination
↑ケヤキ坂のイルミネーションと東京タワー
クリスマスが終わっても、イルミネーションが続いてます☆


hills
↑夜の六本木ヒルズ


web
↑ヒルズ前の大きなクモ

baccarat
↑Baccarat


donki

↑屋上の絶叫マシン建設の件でお騒がせしたドンキホーテ六本木店 !(笑


tokyotower
↑夜の東京タワー
よく見てみると、、、手前のタクシーと自転車がぶつかりそうですよね(笑


bajamar
Bajamar のオシャレな看板

midtown
↑オープン間近のミッドタウン

虹

ということで、、、
いろいろな写真を撮ってみましたが、
夜でも 鮮明に撮れるので 私は とても嬉しかったです(^^

私の場合、写真を撮る時間の余裕があるのは
だいたい夜ですし。。。(笑


さてさて、
μ730 」 の実験を終えた私は、、、

ichiran
一蘭 へ!


ichiran3
写真を撮りながら外を歩き、体が かな~り冷えたので
ラーメンを食べて 暖めました(笑

タバコ


なお、、 
現在、このμ730 というデジカメのプレゼントキャンペーンを行ってますので
関心をお持ちの方は是非、応募してみてください☆
キャンペーンバナー
AD

こんばんは!龍司ですビール


昨年末、12月20日の記事

B-Promotion のレビュアーとして

お話ししましたが、
olympusμ730

今夜は第2回目のレビュー!!!


パノラマ撮影キラキラに挑戦です(^^


最近、パノラマ撮影機能自体は搭載されたデジカメも増えましたが、

「μ730」 キラキラの特徴は、
パソコンを使わなくても カメラ内で合成できるところ☆

その場で撮って、チェックできるところが
手軽で便利だと思います

さてさて、
それでは早速、「μ730」 を持ち、、
車に乗って、いつものドライブコース、お台場に行ってみましょう!


↓レインボーブリッジを渡って、、
rainbowbridge

↓お台場に到着!
kanransya
観覧車!

そして、、
パノラマ写真で撮りたくなるのは
↓こういう光景を撮ろうとする時ですよね(^^
rainbowbridge2
先程、渡ってきたレインボーブリッジ。
通常モードで撮ると、↑このように橋の途中までしか写りません

橋のように長~いものを撮る時は、
やっぱりパノラマですべてを1枚の写真に収めたいものですね!
そこで、
「μ730」パノラマ機能で撮ってみました↓↓↓

↓↓↓画面をクリックいただくと、拡大されて 大~きな画面で御覧になれます!
rainbowbridge3 キラキラ
拡大された画面は かなり横に長~いので、
一番右側まで御覧になってみてください(^^

レインボーブリッジが端から端まで収められて、
六本木ヒルズ、東京タワー、、、
さらに自由の女神(お台場バージョン)まで1枚の中に収まりました(^^

パノラマ写真って こういう素晴らしい光景を撮る時に
ピッタリですね!

ワインさらに、
「横」に長~いだけでなく、
「縦」に長~いものを撮る時にも 使えます!(笑

↓↓↓このように!
TBS2
↑建設中のTBSのビル(これは、赤坂に戻ってから撮影しました)

見事に1枚に収まります!

なお、「μ730」 でのパノラマ写真の撮り方は、
左側から(上側から)順番に1,2、3と3枚写真を撮れば、
カメラが合成してくれます☆

1枚目を取った後、2枚目を撮る時に、
1枚目の写真の右端が画面に残って表示されてるので
そこにあわせるようにして2枚目を撮ります。
3枚目を撮る時は、同様に 2枚目の写真の右端に合わせつつ。。

難しいのは、その端と端をズレないように合わせるところ!(^^
特に今の季節は寒いので、手が震えてしまい、、
私は何度もズレました(笑

ここは「慣れ」が必要そうです。


ワインそれから、
「μ730」 には、SCN(シーン)モードという機能があり、
20種類のシーンに合わせた撮影ができます
夜景とか、夕日とか、花火とか。。いいですよね(^^

今回、まずは風景モードで撮ってみました
odaiba
↑お台場の海岸の変な形のイス(笑



statue of liberty
↑自由の女神(お台場バージョン)を近くで撮ってみました
私はお台場バージョンもけっこう好きですよ(笑

さてさて、今夜のレポートは ここまで(^^
今後、いろいろなモードで写真を撮ってみますので
随時、アップしますね☆

タバコ

P.S.

私は今年、、
雨美さん の腕前を目指して、熱心に写真撮影の練習をしてます!(笑

キャンペーンバナー

iPhoneの衝撃☆

テーマ:

こんばんは!龍司ですビール


さてさて、1月1日の記事

↓アップル社CEO、Steve Jobsスティーブ ジョブズ)氏のスピーチ映像を紹介しまして、、


皆様から好評いただきました(^^

特に、nanshukanさん から!(笑


このスティーブ・ジョブズ

昨日、またまた大注目の発表を行いまして、、

↓↓↓コチラ!
iPhone


iPhone キラキラ!!!


これに関して ライブドアニュースの記事を紹介します

(以下、引用)


「Jobs 氏は、他のベンダーが「スマートフォン」と呼ぶものを、

「基本的な機能さえ使いづらく」、Web ブラウザもまだ「赤ん坊」レベルだと切って捨てた。

iPhone は、OS に『Mac OS X』を採用し、3.5インチのワイド画面を備えた携帯電話で、

『iPod』やインターネット通信デバイスとしても機能する。



Jobs 氏は、4GB 版の実機を使い、

『iTunes』を介して音楽や動画をダウンロード/再生したり、

Apple の Web ブラウザ『Safari』でネットサーフィンをしたりして、

iPhone の機能を披露してみせた。

Jobs 氏によると、Apple の「マルチタッチ」スクリーンでの入力は、

従来のタッチスクリーンに比べてはるかに確度が高いという。

写真や楽曲のリストをスクロールするには、

iPhone スクリーンの下部に沿って指を走らせればよい。

同じ要領で連絡先もスクロールできる。

接続方式は、クワッドバンド GSM、EDGE、および Wi-Fi プロトコル3種すべて

(『IEEE 802.11b』『同802.11g』および次世代の『IEEE 802.11n』) のほか、

『Bluetooth 2.0+EDR』 無線通信規格にも対応しているという。


(引用、以上)


スティーブ ジョブズiPhone を発表したシーンは、

↓↓↓コチラ!


私は、自分がiPodを親指でスクロールするようにiPhone
をスクロールするところを

想像してみました。


これは快適そうですね!

音楽や動画を自在に楽しめそうです(^^


私が スティーブ ジョブズiPhone
を素晴らしいと思ったのは、、

同社の製品のiPodは このままならケータイに取り込まれるのが予測される中、

他社に陳腐化される前に 先に自らの商品を陳腐化させ、

画期的な新しい商品を発表したところ☆


さすが、Stay Hungry,Stay foolish!!!


さらに、、

スティーブ ジョブズは社名変更も発表し、

Apple Computer(アップルコンピュータ) から

Apple Inc. (アップルキラキラに変更するとのこと!


社名から「コンピュータ」という文字を取り除いたのは

これからは「コンピュータ」に限らず、

「デジタル家電」も含めた事業展開をしよういう構想だからでしょうね。


一方、

従来の日本のデジタル家電業界には

きっと大きな脅威として 衝撃が走っていることでしょう。。


アップル社のデジタル家電業界への大きな進出!

昨年9月に発表した「AppleTV」などなど 今後大きくシェアを伸ばしそうですし☆


さて、

iPhone キラキラは米国では2007年6月に、

欧州では2007年後半に、

アジアでは2008年に販売を開始するそうです。


是非、日本にも上陸してほしいですね☆


タバコ


星参考書籍


アップル社のデジタル家電業界への進出がもたらす

日本家電業界への衝撃に関しては、

↓この本第10章の「iPodの衝撃」の章に詳しく書かれていて興味深いです

佐々木 俊尚著、

ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか

こんばんは!龍司ですビール


今夜は、↓↓↓コチラを!

Paris Hiltonパリス ヒルトンの曲、

“Nothing In This World”のプロモーションビデオキラキラ


スーパーセレブとして話題の彼女が

昨年、歌手デビュー!

アルバム、↓Parisパリス キラキラ を発表しまして、、

PVで紹介した“Nothing In This World”は7曲目の曲。

様々なスキャンダルで世界中をお騒がせしているParis Hiltonですが、

そのプロモーション戦略キラキラが とてもユニークで、

神田 敏晶さんの「YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ

という本にも載ってましたので、紹介します!


(以下、引用)

「ネット広告業界全体が動画サイトへのCMをどう行うか模索している中、

ユーチューブ ではいくつかの試みが始められている。

これらの広告戦略は、従来のバナーなどによる広告事業を補うもので、

広告主にとっても視聴者にとっても受け入れられる広告プラットフォームを

目指すとしている。


一つ目は~

(省略)


もう一つはブランドチャンネルで、

その名の通りブランド力を喚起するために、

企業やアーティストと連動する広告チャンネルだ。

サイトのデザインは広告主が自由にカスタマイズでき、

PVAと同様にコメントやトラックバックといった標準的なコミュニティ機能も使える。


最初に活用したのは米ワーナーミュージックで、

パリスヒルトンのデビューCD「パリスのプロモーション用に

パリスヒルトンチャンネルキラキラ

http://www.youtube.com/parishilton )を開設した。」


(引用、以上)


paris


私は、このプロモーションは これからの時代に

大きな可能性を持ったものだと感じました。


ネットが発展し、

ブログ等のCGMConsumer Generated Media=消費者生成メディア)が

盛り上がっている現代、

このCGMと いかに付き合うか がポイントになってくると思いますが、

従来のアーティストの楽曲やプロモーションビデオは、

著作権にこだわり、縛られていて、

ファンがブログ等のCGMで使うことに消極的でした。

しかし、それが 楽曲を広めてファンを広げるためにはマイナスだったように感じます。


ワインこれに対し、Paris Hiltonの場合は、

YouTube で積極的にプロモーションビデオを公開して

ファンは見ることはもちろん、自分のブログなどに自由に引用することができます!

このようにファンに自由に活用させるスタイルは、

ファンを大きく広げていくために かなりプラスでしょう。

ネットのクチコミ パワーはスゴイですしね(^^


ワインそして、

YouTube が広告媒体として「アーティストの専用チャンネル」を作った

という動きも 注目したいポイントです。

これからの時代に、

「是非、プロモーションで使いたい!」というアーティスト、企業が増えるでしょうし、

新しい広告の手法として高い収益も上げられると思います。

アメブロさんも 是非!


ワインさらには、、

ファンとしても 多くのアーティストの楽曲を楽しみ、

多くの企業の商品を一緒に作っていくのは

とても楽しいことですよね(^^


ということで、

Paris Hiltonのプロモーション戦略キラキラ

①アーティストにとっても、

②広告媒体にとっても、

③ファンにとっても

好かれるものだと思いますし、

この手法、、これから大いに活発化するでしょうねキラキラ


タバコ


hilton
HILTON TOKYO by μ730

こんばんは!龍司ですビール


ついに2007年もStart me up~!!!ということで、

まずは、↓↓↓コチラを!

昨年の2月、The Rolling Stones(ローリングストーンズ)が

アメリカの 「スーパーボール」のハーフタイムショーに登場し、

“Start me up”を演奏したシーンキラキラ


スゴイ迫力ですね(^^

ビール


さてさて、

今夜は これからの時代の広告会社に関して。。


私は 正月休みに、

↓この本を読みまして、、

植田 正也氏の
2010年の広告会社―革新のみが成功を約束するキラキラ


第1章から衝撃的な内容!


第1章のタイトルは、、


「10年後、広告会社の80%が消滅する」


現時点では、この表現は 多少 オーバーな感じもしますが、

私も これは起こりうることだと思います


なぜかというと、、

インターネットの発展により、

消費者がモノを買う時の行動が変化しているからです。


消費者としての私自身の行動を振り返ってみても、

従来は、

テレビや新聞広告、折込チラシなどで見た商品を

検討して買っていました。


でも、今では

インターネットで情報を調べて買ってます。


きっと 多くの方がそうしていることでしょう(^^


マスメディアや既存の媒体の媒体力の低下。。。

もちろん、ゼロになったわけではないですけれども、

従来の絶対的な力ではなくなってきていて、

今後、この傾向は さらに加速すると思われます


ということは ・・・


従来のような 既存の媒体(メディア)を利権として確保し、

広告主からピンハネするといった20世紀型モデルの広告代理店は

生き残れないでしょう。。


広告代理店も 変化しなくてはいけませんね(^^


消費者の行動、感情に関しての豊富な知識を持ち、

広告主の広告効果を最大限に実現する実力を持った21世紀の広告会社へと☆


田坂 広志さん的に言えば、
オールドミドルマン(古い中間業者)から
ニューミドルマン(新しい中間業者)への変化!!!

ニューミドルマン に関しては、

nanshukanさん は、よくご存知だと思いますが

2005年05月14日の記事 を参照ください(^^



ニューミドルマンへの変化の必要性は

広告業界だけでなく、様々な業種に言える事だと思います。


10年後に消滅しているような20世紀型の企業ではなく、

10年後にも、クライアントや消費者から求められる企業であることを

今のうちから心がけたいものですね(^^


タバコ

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

星参考書籍


田坂 広志さんが新しい本を出されまして、、

これから何が起こるのかキラキラ


WEB2.0時代の社会の変化、

消費者の変化、そして企業の変化について書かれていて

とても興味深いです☆

ニューミドルマン に関しては110ページからの章を参照ください。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

Whole Earth Catalogue


新年 明けましておめでとうございます☆


いよいよ 2007年キラキラ


皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致しますキラキラ


ビール


新年を迎えて、

お酒を飲みながら 今年の展望をお考えの方も多いと思います(^^


私は今、↓この映像を見ながら、自分のコンセプトを再確認しております☆


2005年6月12日、

アップル社CEO、Steve Jobsスティーブ ジョブズ)氏が

スタンフォード大学の卒業式で、卒業生に向けて行ったスピーチの最後の部分の映像キラキラ

とても注目を集めた伝説的なスピーチで、

私は気に入っていて何度も見ています(^^


このスピーチの中の「私が最も好きな部分」の日本語訳を紹介します☆

(私が先日読んだ「ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか 」という本に

載っていた日本語訳わかりやすいと思うので、そのバージョンのものを(^^)

                   ↓↓↓

(以下、引用)


私が若いころ、「ホールアースカタログ」という驚くべき雑誌があって、

われわれの世代のバイブルの一つになっていました。


それはスチュアート ブランドという男が、

ここからそう遠くないメンローパークで製作したものです。

彼の持つ詩的な雰囲気が、誌面に生命を与えていました。

60年代後半のことです。


パソコンやDTPもない時代に、「ホールアースカタログ」は

タイプライターとハサミ、ポラロイドカメラで作られていたんです。

それはまるで、グーグルのペーパーバック版のようなものでした。

もちろん、グーグルが生まれる35年も前のことですけどね。


理想に輝き、素敵な道具とすばらしい考えがあふれかえっているような雑誌でした。


そしてスチュアートと彼のチームはこの、「ホールアースカタログ」を何号か出版して、

それでコースを走り切ってしまうと、最終号を出しました。

70年代半ば、私があなたたちと同じ年齢の頃でした。


最終号の背表紙には、田舎道の朝を撮影した写真がありました。

ほら、あなたが冒険好きなタイプなら、

おそらくヒッチハイクの途上で一度は出会う、そんな田舎道です。


そして写真の下にはこんな言葉が書かれていました。

ステイ ハングリー、ステイ フーリッシュ(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」。

それが彼らが雑誌を終えるに当たって残した、最後のメッセージだったのです。


ステイ ハングリー、ステイ フーリッシュ」 


私は、いつもそのようにありたいと願い続けてきました。

そして今、卒業して新たな道を踏み出すあなたたちにも、

同じようにあってほしいと願っています。

(引用、以上)


昨年を振り返ると、

日本は規制が強まった一年だったような気がします。

もちろん、安全のために必要な規制も多いとは思いますが、

その一方で、自分の自由な発想や構想力は弱くならないようにしたい!

と私は思っています。


スティーブ ジョブズ氏の言葉、

Stay hungry, stay foolishの精神を忘れずに☆


私は今年もたくさんお酒を飲み、

たくさんの社会現象を見て、

たくさんの記事を発信できるように頑張ります!


共に素晴らしい一年にしたいですね(^^


皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致しますキラキラ



この記事の冒頭の写真は、

記事中で紹介したスティーブ ジョブズ氏のスピーチに登場した、、

「ホールアースカタログ」最終号・背表紙の「田舎道の朝を撮影した写真」です☆