こんばんは、龍司ですビール

最近、六本木駅

↓このような告知が目立ってまして、、

velfarre2 velfarre

velfarre3

velfarre LAST DANCE!

今夜が最後のダンス。。。


六本木の大型ディスコ、velfarre(ヴェルファーレ)が今夜で閉店!!

してしまいます


(以下、「クロージングのお知らせ」 引用)


1994年12月に産声を上げたヴェルファーレですが、
本年12月31日をもちまして、そのプロジェクトに幕を降ろすこととなりました。

今日までの多大なるご支援、ご愛顧に深く感謝申し上げます。

ここから産まれた数々の感動、伝説、
ヒット曲、ムーブメント、アーティスト、そして夢…

すべては皆様方との出会いの賜物です。

12年の歴史と感謝を込めた、ヴェルファーレ最後のエンタテインメントをお楽しみ下さい。

GREATLY THANKS!


(以上)

12月31日から翌2007年1月1日にかけて「Count Down To The Future」、

1月1日の7時~12時の「LAST DANCE」で 正午へとカウントダウンし、終了!


velfarre(ヴェルファーレ) ・・・

私もよく行きましたし、友人の結婚式の2次会を行ったり、、

いろいろ思い出もありますので、残念です。。(涙


ただ、私はvelfarre 的な「ダンス」には疑問も感じてました。

80年代のユーロビートから始まり、

90年代の小室サウンドを経て

velfarre のトランスへと流れる「ダンス」は

本当に「ダンス」なの?と。


来てる女性達も 頭と手はよく動いてるのですが、

腰がぜんぜん動いてない・・・(笑


もう少しテンポを下げて、ベース音を軸として

自然と腰が動いてしまうような音楽が「ダンス」だと思います。


たとえば、ロックと呼ばれるジャンルの中でも

The Raptureは、スゴク踊れます!
今年発表したアルバム、「Pieces of the People We Love 」は最高でした


時代も ヒップホップ的なノリが主流になってますし、

velfarre 的な「ダンス」は90年代で終わってたのかな、

とも思います。


まあ、音楽の趣味は人それぞれでしょうけども(^^

それから、

これからは、踊る「場所」も 大型ディスコというよりも

小さなクラブとか、個人的な企画のパーティーとか

もっとラフで気軽な感じの場所へと移行するような気もします



いずれにしても、今夜がvelfarre のLAST DANCE!

velfarre の関係者の皆様、通われてた方々、

12年間、お疲れ様でした☆


タバコ


さてさて、、

velfarre の閉店とともに

2006年も いよいよ今日で終わりですね!

皆様、今年一年間 どうもありがとうございました(^^


2007年も

どうぞよろしくお願いしますキラキラ

AD

こんばんは!龍司ですビール


最近は、いろいろな場所に「広告」が登場しますよね~

予想外のところにも(^^


東京メトロ銀座線に乗って、

溜池山王駅から赤坂見附駅に向かう途中の真っ暗なトンネルの壁にも

突然、広告が登場します☆


トンネル広告キラキラ


↓こちら!!(オリンパスのデジタルカメラ 「μ730」 で撮影)

  スタートボタンをクリックすると銀座線が走り出します(^^


これは、アメリカのサブメディア社が開発した動くトンネル広告キラキラ

アメリカでは数箇所に設置されているようですが、

日本での設置はココが初めて!


2004年から この溜池山王駅ー赤坂見附駅間のトンネル広告キラキラが始まってたのですが、

今回、私はオリンパス コンパクトデジタルカメラ 「μ730」 を持ったのをきっかけに

広告を動画で撮影して、あらためて注目してみました☆


このトンネル広告キラキラ

「どんな仕組みで表示されているの??」と

疑問に感じている方も多いと思いますが、、

前回の記事にdorago19さん からコメントいただいたように

「パラパラ漫画」の原理を使っているそうです


トンネルの壁面に、一定間隔で多数の「静止画」のディスプレイを設置。

これを動いている電車に乗っている乗客の目から見ると

「動画」のように見える、という「パラパラ漫画」の原理!


意外にも原始的な手法で作られた広告なんですね~


このトンネル広告キラキラ、、

新しい広告手法として非常に面白いと思います☆


まあ、今後の課題としては、

もう少し見やすくした方が良いでしょうね(^^


冒頭で紹介した映像は

この広告だけを集中して撮ってますので そこそこ見えますが、

実際に電車に乗って見ていると、、少し見えにくく

乗客の注目 を集めるには もっと目立たせることが必要なのかもしれません


最近の乗客(消費者)は電車の中でいろいろやることが多いですし(笑

本を読んだり、ケータイを見たり、話したり。。。


広告主の視点から見れば、、

現代の多忙な消費者の注目 を集めるのは本当に大変ですね!(笑


ちなみに、このトンネル広告キラキラでは

今、グアムの広告が流れてます(^^


タバコ

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 


星ところで、

今日、私が山手線に乗ってましたら

↓エビちゃんのラッピング広告 の載った車両が!!
ebi


これは、富士写真フイルムのデジタルカメラ「FinePix」の広告

(蛯原友里さんがイメージキャラクター)


これは、オリンパスさんのデジカメ の強力なライバルですね!(笑


広告都市・東京 」は
最近、広告主の競争が激化してきたようです☆

キャンペーンバナー

オリンパス デジタルカメラ μ730 (ミュー730)
AD
こんばんは!龍司ですビール

今夜は、デジタルカメラのお話を。。

私は日々、いろいろなブログを読ませていただいてますが、
最近は、キレイな写真を載せている方が増えてきましたよね(^^
たとえば、吉田 雨美さん とか。
自然の写真がとてもキレイで感心してしまいます
私もブログに写真は載せてますけど、
ほとんどケータイカメラで撮ったものなんですよね
デジカメも持ってるのですが、いつも持ち歩いていないので
シャッターチャンスの時には、ケータイカメラ☆

でも、これからはデジカメも持ち歩くことにしました!カメラ

なぜかというと・・・

B-Promotion のレビュアーとして
コンパクトで快適だったので☆

暗闇での鮮明な写真が撮れたり、長い動画もキレイに撮れたり、、
ケータイカメラにはない機能もあるので、これからはμ730 も持ち歩きます!

▽▽▽ビール それでは、ここから「μ730」 のレビューです(^^ ビール▽▽▽

10月13日にコンパクトデジタルカメラ 「μ730」 を発売!
アートディレクターの伊藤桂司さんが選んだ限定色「μ730 クリエイティブ ブラック」
限定3,000台で出されまして、、
olympus

その3,000台のうちの1台を
私のところに届けていただきました!

↓こちら!
olympusmju3
カラーバトンの記事 でお話したように
黒好きな私としては、とても嬉しいです(^^

ワインなお、この黒バージョンのカメラセットは
↓現在、オンラインショップ限定でが発売中だそうです!
olympusmju5
カメラが到着した時には、
色が黒!ですし、嬉しかったのと同時に
このμ730 を日頃持ち歩くに値する「ケータイカメラ以上の性能は、どこか」を
私はいろいろと模索し始めました

私が感じたμ730 の特徴は、
コンパクトで、スーツや革ジャンのポケットに気軽に入れて歩ける小ささ!

そして、コンパクトなのに、液晶画面は大きい!
olympusmju4
3.0型とのことで、
写真を撮る時に、大きな画面で細部までチェックしながら撮れますし
ポイント高いなあ、と思います

そして、
操作がカンタンで、説明書は参照程度にチェックするだけですぐに使える、
という点も良いと思います

あえて難点を言わせていただくと、
充電する時に、その都度リチウム電池を本体から取り出さないといけないというところが
少し面倒かもしれません
それと、SDメモリに対応してほしかったという点でしょうか。


さてさて、
それでは早速、μ730 を持って撮影に出かけてみましょう!

まずは、「P(プログラムオート)」で
クリスマス直前のF●CK、いやFCUK の様子を!(笑↓↓↓

fcuk
鮮明に撮れました!
(アメブロの画像アップロードの容量制限(500KB)があり、
画質を落としてのアップとなりましたが、キレイですね~)


続いて、「AUTO(フルオート)」でFCUK を!↓↓↓
fcuk2

なかなかいい感じです!
さらに、
暗いところでも撮ってみましょう
暗い場所に行くと・・・
↓このように自動的に操作ボタンが光るので見やすいです!
olympusmju6

そして、

olympusmju8

暗い場所でも鮮明に撮れますね

カメラはISO値が高いほど暗い場所でも鮮明に撮れるのですが
μ730 はISO3200の高感度だそうです

ケータイカメラで撮ったらボヤけてしまうような暗い場所でも
望み通りの写真を残せます

さらに、、、
動画を長い時間撮れるのもケータイカメラにはない性能でしょう

そこで、
私はμ730 を持って地下鉄 銀座線に乗り込んでみました☆

そして、撮ったのがこちら!(スタートボタンをクリックすると銀座線が走り出します(笑)
地下鉄銀座線に乗って、溜池山王駅から赤坂見附駅に向かう途中の
電車のガラスの向こうに広告を表示する!という新しい広告が実践されてまして、
そのシーンを撮ってみました。
(この広告に関しての詳細は次回の記事でお話しますね)

腰のところにカメラを固定して窓側で。
以前、ケータイカメラでもこのシーンを撮ったのですが、
やっぱり、μ730 をで撮ったものは鮮明に映っていて感動しました!

普通のビデオカメラはポケットに入れて持ち歩くには大きすぎますが
μ730 ならカンタンに持ち歩けますので
このように気軽に動画を撮るのにも良いですね~

私は、実はこの使い方に一番可能性を感じてます!
最近はYouTube やAmebavisionなど「動画」が注目されてますし、
私もこれからはμ730 を活用していろいろなシーンを
皆様にお届けしたいと思ってます。
御期待ください☆

タバコ

「動画」の話題に関連して、今日、
↓このYouTube に関する本を読んだのですが、けっこう面白かったです(^^
神田 敏晶著、
YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ

技術の発達により、気軽に「動画」を扱えるようになった今日この頃、

思う存分、楽しみたいものですね☆


なお、、 
現在、このμ730 というデジカメのプレゼントキャンペーンを行ってますので
関心をお持ちの方は是非、応募してみてください☆

キャンペーンバナー オリンパス デジタルカメラ μ730 (ミュー730)
AD
こんばんは!龍司ですビール

今夜は、前回のFONの記事 の続きのお話を。。

fon4

前回の記事 で、私がFONのルーター を購入したことをお話したところ、
非モテが出会いを訪ねて三千里さん からコメントをいただき、
早速、ルーターを購入されて、
設置も完了したとのこと!キラキラ

さすがプロですね(^^

私も早速、設置してみました!
fonrouter
FONの設置方法、手順は、
ルーターにACアダプターをつないで、
イーサーネットのケーブルでFONのルーターと既存のルーターをつなぐと、、
タスクバーにワイヤレスネットワークの表示がでます。
そこから、「ワイヤレスネットワークの選択」を開いてみると、、
早速、My Place(自分用の部分)とFON_AP(他のユーザーに開放する部分)が
表示されてます
あとは、My PlaceとFON_APそれぞれをFONのサイトで登録して完了☆

設置自体はカンタン!
私は少してこずりましたが(笑)

ところで、
ネットでFON というキーワードを検索してみると、
早くも多くの日本の方がFON のことを話題しているようで驚きました!
多くの方が設置をして、感想の記事をアップしてますし、
FON に関しての賛否両論で盛り上がっているようです

FON とは、
2005年11月に、
スペインのベンチャー企業が始めたユーザー参加型の公衆無線LANサービスで、
ユーザーは自宅のアクセスポイントを開放する代わりに、
他のユーザーが開放したアクセスポイントを無料で利用できるというもの。
12月5日についに日本に上陸!日本での展開が開始されました


私が、なぜFON に注目キラキラしているかというと・・・
ワインユーザー主導で快適な公衆無線LANの環境を実現していこうとする取り組みが
面白いなあ、と(^^)

従来、通信は政府、通信事業者が主導で整備してきました。
20世紀の発展途上の段階ではそれで良かったのだと思いますが、
最近では、通信事業者が儲けることが第一で ユーザーがないがしろにされている
という側面がわかるようになってきてしまいました。。

21世紀に入り、様々な分野で
供給者の企業主導型から消費者主導(ユーザー主導)への
変化が見られますので、
通信の分野でも、この流れを見てみたいものだと私は感じています
まあ、既存の事業者との衝突はあるでしょうけどね。。(笑

前回の記事で、tomiya社長

「ブロガーの間で流行ったとしたら、日本の公衆無線LANがエラいことになりますね~。」

コメントされていたように、

FON が流行って 多くの方が使えば、アクセスポイントが日本中に広がるわけで、

ユーザーにとって かなり快適な通信環境が整うことでしょう☆


tomiya社長 !、

B-PromotionFON のレビューをやって、流行らせましょうか!(笑

体験型クチコミプロモーションサービス B-Promotion(ビープロモーション)




ワインそれから、
FON Skype を組み合わせて使うことで
無料携帯電話キラキラの可能性も出てくるのも楽しみなところです(^^

skypefon skypewithfon

ワインところで、

私はFON WIRELESS Limited という会社が気になったので、

会社概要を調べてみました。

Our Investor Partners で紹介されいている出資企業を見てみると・・・


Skype キラキラ

skype2


そして、、

Google キラキラの名前が!!

googlefon


なるほど~、FON の背景が見えたような気がします

今後の展開が非常に楽しみですね☆

タバコ

こんばんは、龍司ですビール


先日、

私はあるモノを探しに

秋葉原の九十九(ツクモ)電機 に立ち寄りました


店内に入ってみると、、


↓レジ前の目立つところに、目的のモノがありました!!
fon


私が探していたあるモノとは、、

12月5日に ついに日本に上陸したFON(フォン)

ルータLaFoneraキラキラ


FONとは、、

ユーザー宅に設置したアクセスポイントを開放するユーザー参加型の

公衆無線LANサービス

FON WIRELESS Limited の子会社フォン・ジャパン

12月5日からFONの日本での展開を本格的に開始しました

九十九電機と提携しているようで、九十九電機で積極的に販売されてます!



私は早速、買ってみました(^^


↓私が愛用しているDELLのB5のノートパソコンと共に写真を撮ってみましたが、
fon2


かな~りコンパクトです!

IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN機能を搭載☆


↓箱の中に入っていた説明書には、
fon3


グローバルWiFiプロジェクトの主役はあなたです。


と大きな文字で書かれてます!(笑


かなりオーバーな表現だなあ、という気もしますが、

私は、このFONにはかなり注目してます☆


私が、この小さなルーターに注目しているのは

スゴイ可能性が秘められているかもしれないからです


その可能性とは・・・

今日は眠くなってしまったので(笑、、

次回の記事でお話しますね(^^


fon4

それでは、おやすみなさい星


つづく。。。タバコ

こんばんは!龍司ですビール



11月8日にMySpace日本上陸 についてお話ししましたが、


このmyspace(マイスペース) に関して

12月7日に発表があり、

日本でもアーティストの登録受付を開始! だそうですキラキラ


MySpace Artist Signup

↑ここをクリックし、必要事項を入力すればカンタンに登録できます!


アーティストの方は、 myspace 上に無料で自分のページを作成でき、

楽曲をアップロードできるようになります。


米国では、

すでに多くのアーティストがmyspace を有効活用していて

その効果も大きいようです☆


その有効活用の事例が

クリス アンダーソンの

ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 」にも載ってまして、、


132ページからのMy Chemical Romance(マイケミカルロマンス)の成功事例☆


My Chemical Romancemyspace のサイトには、

45万人ものファンが友達登録しているのだそうで

ネット限定の曲を発信したりしてクチコミを広げていったとのこと。


その結果、

↓セカンドアルバム「Three Cheers for Sweet Revenge 」は140万枚もの大ヒット!

ネットで一般より早めに楽曲配信したり、
現状報告をしたりして、ファンとの一体化をはかることは
有効なのでしょう(^^

∞最前線通信をお読みいただいている方の中にも

アーティストの方が たくさんいらっしゃいますが、

是非、myspace を活用してみてはいかがでしょうか?


視聴者の視点から見ても、いろいろなアーティストの情報を

myspace でまとめてチェックできるのは便利ですよね(^^


それに、今はプロシューマー の時代☆

生産者が消費者であり、消費者が生産者でもあり。。

音楽を作れる方は、プロでなくても

自ら楽曲を発信してみるのも楽しいと思います☆

タバコ

久々の更新となってしまいました(汗、龍司ですビール

こんばんは!


今夜は、

TSUTAYA のネット配信サービスに関して。。

TSUTAYA


皆様はTSUTAYA(ツタヤ)のお店を利用されてますか?

私は時々立ち寄ってます(^^


11月21日、

このTSUTAYAを展開するCCCグループが

「インターネットによる映像配信サービスを開始」 キラキラ

との発表を行いました


リアル店舗でCDやDVDを扱っているTSUTAYAがネット配信を行う、

ということで私は注目しました

(これは、TSUTAYAの既存事業を壊して新しい方向へ向かうような内容ですので)


開始は2007年春。

CCCの子会社であるTSUTAYA BBが

まずはPC向けのVODサービスから開始し、

映画約1000タイトルを順次配信していく予定、

とのこと。


CCCグループの発表によると、

このネット映像配信サービスによって、

同グループでは

店舗に在庫としておくことが出来ないロングテール のコンテンツの提供や、

家にいながらにして映像コンテンツを楽しめる、といった新たな顧客価値の提供を図る。」

ことを目指しているようです。


確かに、TSUTAYAのリアル店舗には

「商品を置くスペース」が有限なので、人気の高い作品しか置けないですけれども

インターネットでの配信なら 「商品を置くスペース」という制限がないので、

∞(無限大)の数の作品を用意することができます。

一部の方だけが求めるようなマイナーな作品もそろえることができますよね


私たちユーザーは、多くの選択肢の中から

気に入ったものを手に入れることができるようになり、うれしいことです(^^


まさにネットならではのロングテール の恩恵☆


それにTSUTAYAにとっても

リアル店舗では「商品を置くスペース」の制約で置けなかった作品を用意することができ、

ユーザーの新しい需要を引き出せるわけですから事業機会としても魅力でしょう


ロングテール に関して詳しくは

昨年の7月6日の記事

そしてロングテールという言葉を作った本人・Chris Anderson(クリス アンダーソン)氏の

↓この本も参照ください

ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 キラキラ

リアル店舗やマスコミという従来の世界では
制限されていたマイナーな商品。。
その中に、ある人にとっては「宝物」キラキラの価値を持つ商品が隠れているかもしれません

インターネットを活用した「商品の新しい流通経路」では

場所や時間という物理的な制限がないため、∞(無限大)の商品を用意でき、

多くの人が 皆と同じヒット商品よりも、もっと自分にとって快適な商品と出会う可能性を

高めてくれます


そして、その出会いの手助けをする事業者にとっては

一つ一つの商品の売上げは小さくても、集めれば膨大な売上げに繋がるわけですから

大きなチャンスがある分野であるともいえそうですね☆


波

ところで、、

TSUTAYAの既存のリアル店舗で扱っている映像や音楽が次々と

ネットで配信されるようになれば

(しかも、店舗の在庫よりも豊富な選択肢から選べるようになれば)、

店舗に行くよりもネットで購入するユーザーが増えるでしょう(^^


TSUTAYAの既存のリアル店舗の存在意義は少なくなり、

店舗に行くユーザーも極端に減るのではないでしょうか。。


今後は多くの既存店舗を閉鎖するかもしれませんし、

残された店舗も新しい役割に変える計画なのかもしれませんね


TSUTAYAのネット事業は、自社の既存事業(店舗)を壊してしまいかねないものですが、

Amazonなど他社のネット配信の動きが活発ですし、

既存店舗を保持したまま変化しなければ

時代の変化の波に飲み込まれてしまうかもしれません。。

そこで、

他社に壊される前に自ら既存事業を陳腐化し、

新しい時代に合ったものに転換していこうとしているのでしょう☆


波


TSUTAYAの事業のを

「店舗」でのレンタルとして定義するのではなく、

コンテンツの提供として定義すれば、

「店舗」にこだわる必要がないことが見えてきます。


ユーザーへと最も快適な形でコンテンツを提供できれば

提供手段が 店舗であっても、ネットであっても

良いわけですからね(^^



タバコ


tsutaya tsutaya2

星追記・・・モッチギンさん からTBいただいた記事 も参考に御覧になってみてください(^^

星追記②・・・岡田旭事務所様 からTBいただいた記事 もどうぞ☆