こんばんは!龍司ですビール


前回の記事 では、

ソフトバンクモバイル の衝撃の料金発表について

書いてみましたが、

日本の携帯電話業界にも

大きなフラット化の波 が押し寄せてきましたね

波


他社からソフトバンクモバイル への

乗り換え申し込みが殺到して受付を停止 だそうで、、

ショップに行ってみると・・・

↓こういう状態!(^^

softbankmobile4


インターネットの発展後の世界では

様々なサービスが「無料」に向かう、という傾向があり

ユーザーとしては本当、最高なのですが(笑)、

NTTドコモのような既存の事業者の企業の視点で見れば、

大変な時代ですよね~


ケータイの分野だけでなく、

今まで「価値」に比べて高い「価格」を

設定してきた事業者は、

無料経済の拡大に伴い、

従来の収益は保てなくなります。。

波



このような時代に

企業が生き残るためにはどうすれば良いのでしょうか?


今夜は、、

このテーマを考える上でとても参考になると思うので、

ケータイとは別の分野の話ではありますが、

男前豆腐店 のお話の第回目を。。


過去記事は、10月8日10月15日10月21日



安値競争が加速して、

大手メーカーですら倒産する豆腐業界の中で、、

男前豆腐 は、

単価が高いにも関わらず売上げを伸ばしました!!


男前豆腐店 の伊藤社長は

著書「風に吹かれて豆腐屋ジョニー 」の中で、、

↓こう語ってます(以下、引用)

「うちは3丁100円の豆腐とは市場がぶつかってないから

自分の居場所ができたわけです。」(127ページ)


「僕としては単価の高い豆腐にしか

生き残る道はないと考えているわけで」(57ページ)


「バイヤーから「あと5円下げろ」「あと10円さげろ」と

迫られる世界から解放されて

メーカー主導で納得のいく豆腐を作る。

これだけいい原料を使い、これだけ製法を工夫したから、

この値段になりますと。

そういう直球勝負がしたい。」


(以上)


このような男前豆腐 の戦略を可能にしている根源は、

何なのでしょうか?



それは・・・


Purple Cow(紫色の牛)!キラキラ


だと私は思うんですよ(^^


purple cow


Purple Cow?(笑)


Purple Cowとは・・・


セス ゴーディン氏が
↓著書:「紫の牛」を売れ! の中で説いたコンセプトで、、
その内容は、、

従来のマーケティングでは
製品(Product)とか、
価格設定(Pricing)とか
プロモーション(Promotion)とか、
位置づけ(Positioning)などなど・・・の
を頭文字とする要素が重要であるとされてきまして、
従来の教科書には「4Pとか「5Pなどと書かれてましたが、、

これからの時代にモノを売るためには

新しいPが必要で、

それがPurple Cow(紫の牛)である!!と。(笑


Purple Cow(紫の牛)とは、、

非凡で、目新しく、常識破りなものの比喩

黒や茶色の模様の牛なら注目されませんが

紫色の牛がいれば注目しますよね(^^


11ページの文を紹介します!

(以下、引用)

「常識破りなものは、

取り上げる価値がある。

注意を払う必要がある。

非凡で、目新しくて、興味深い。

それが、紫の牛である。


退屈なものは目に入らない。

それは茶色の牛である。


常識破りなマーケティングとは、

製品やサービスに、注意を払う価値のある点をつくり出す技術である。」


(以上)


男前豆腐 には

このPurple Cow(紫の牛)の要素がたくさんある!

と私は思うんですよね(^^


豆腐なのに、「男前」というネーミング(笑、

豆腐なのに、食べてみるとクリーミーな味わい(笑、

ふんどし祭りの実施!(爆笑

などなど。。


消費者が、どうしても注目してしまう常識破りなところがありますよね(^^


10月21日 にお話したように

男前豆腐

ブログを中心としたネットの口コミで

人気が高まりましたが、

その根源には

紫の牛キラキラがいた!

purple cow


といえそうです(笑


周囲の人に語りたくなる魅力があり、

お金をかけた広告をしなくても普及!という現象☆


波

インターネットの発展、
グローバル化などにより
競争が激化し、無料化へ向かう時代、、
モノや情報が溢れた時代、、

このような時代に

生き残り、収益を上げるには

紫の牛は重要な要素でしょう


紫の牛を持った時、

インターネットの発展やグローバル化は
脅威ではなく、
むしろ、、製品の普及を加速してくれる味方になります!

大切に育てたいタイプのですね!(笑

虹



ちなみに、

「なぜ、牛なの?」とお思いの方も多いでしょうけれども(笑、

セス ゴーディン氏によると、、

新しいマーケティングの要素として

Remarkable(驚くべき)という意味を持つ言葉を表すにあたり、、

従来のマーケティングで重要視されてきた要素が

「P」を頭文字とする言葉だったので、

わかりやすいように「P」で始まる言葉を探して

Purple Cow(紫の牛)の要にしたのだそうで

もしRemarkable(驚くべき)という単語がで始まっていたら

牛を持ち出すまでもなかった、、とのことで(笑

牛自体にこだわってるわけではなく、

Remarkable(驚くべき)ということが伝えたかったようです(^^



ということで、

今夜は、、

4回にわたって書いてきました男前豆腐 のお話の

最終回でした^^

タバコ

AD

こんばんは!龍司ですビール


男前豆腐のお話 の途中ではありますが、、(笑

今夜は

この衝撃的なニュースのお話を。。

↓↓↓

ソフトバンクモバイルが「予想外」の料金設定!

通話料を「無料」に!

softbankmobile



ついに本日から

「携帯電話番号ポータビリティ」がスタートしまして、

別のケータイ事業者に契約を替えても、

元の電話番号がそのまま使えるようになりましたね!


ユーザーは不満があれば、いつでも別のキャリアに移行できるわけですから、

ケータイ事業者は各社とも必死です


いよいよ携帯電話戦争の幕が切って落とされたわけですね



少し前から、、

テレビで

↓このCMをたくさん見かけるようになりまして、、

(画面をクリックするとCMが始まります!)


「予想GUY」!!!  (笑


私は、

AQUOSケータイの画面が横向きに変えられる程度で

「予想外!」などと騒ぐほどのことなのか?と思ってましたが(笑、

本当の衝撃的な「予想外」は、

昨日発表された料金だったんですね!


昨日のソフトバンクモバイル の孫社長の発表には驚きました!


softbankmobile3


「予想外割」(ゴールドプラン)キラキラ

基本料金が、事実上2880円!

ソフトバンクモバイル契約者同士の通話料無料!

ショートメール代無料!

Z☆E☆R☆O!!!


※例外の時間帯あり


そして、、

NTTドコモとauのすべての料金プランに対し、210円引き!キラキラ



softbankmobile2

孫社長は、昨日の会見で

「NTTドコモとauは儲けすぎ!」と仰ったようで、

2社を脅かす衝撃的な値段の発表を行いました


確かに、

私も以前から何度もお話してきましたが(参考:2005年6月22日の記事 )、

インターネット接続料金がこれほど安くなっている時代なのに

ケータイ代だけは なぜか高すぎるんですよね


でも、今後は、、

ケータイ代は限りなく無料に近づいていくことが予測されています


詳細は、↓この本の187ページにも書かれているように、、

風雲児たちが巻き起こす携帯電話崩壊の序曲


携帯電話のネットワークも将来はIP化するというのが世界的な流れ!


理想を言うと、

今年の3月17日 にお話したように

固定電話・携帯電話・インターネットなどをひとまとめにして

定額いくらとする通信のオールインワンサービス化」、

すべて使いっぱなしで月6,000円くらいでのサービス」の実現です(^^


ユーザーとしては、

今回のソフトバンクモバイル の衝撃的な発表を機に、

ケータイ料金も適正価格まで値下がりすることを期待したいですね☆


ちなみに、、

私のケータイはソフトバンクモバイル です!(笑


P.S.


一方、事業者としての視点で見てみると・・・

時代の変化の波は激しく、、

波

NTTドコモとauのように電波という権益を持っているだけでは

変化の波と共に 挑戦者が現れて、コモディティ化してしまい、

従来のような高い収益は得られなくなる時代・・・


次回は、

いよいよ男前豆腐 シリーズの最終回のお話ですが、

このような時代にいかに収益を上げるのか、というテーマなんですよ(^^

AD

こんばんは!龍司ですビール


今夜は、、

10月8日

10月15日 の記事に続きまして、

男前豆腐店 のお話の第回目を。。(^^




先日、紹介させていただいたこの本の、、、

           ↓↓↓

伊藤 信吾社長著、
風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリーキラキラ

90ページからの章に、

男前豆腐店伊藤社長ブログに関しての考え方」

書かれてましたので、紹介します(^^


(以下、引用)

ブログ時代になって、

ものの売れ方が劇的に変わったと思いますね。

一人のお客さんが商品に惚れ込んで日記に書いたりすると、

そこから一気に広がっていく。


浸透時間が圧倒的に短くなってきてる。

ブログの登場以前と比べると、

口コミが広がる速さが全然違う。


だから、だいぶ前から僕はネットをしょっちゅうチェックしていて、

「うちの会社や商品名がいつ出てくるんだろう?」と

ガンガン検索かけてたんですよ。

ジョニーを出した翌年あたりからヒット数が急増していくのを実感しました」


(以上)


伊藤社長ご自身が、ブログの影響力を実感されていて、

かな~り熱心に男前豆腐 について書かれたブログを

チェックされているんですね!


さらに、、、

伊藤社長のブログに関しての考え方」

私がとても共感した部分を紹介します!


(以下、引用)

「僕は半径100メートル以内に、

自分が面白いと思っていることに同意して盛り上がれる人間がいるとは

最初から期待していない。

だって、

ものすごく人の裏、人の行かないところを狙ってるわけで。

スタート段階から僕はすでに極少数派なんですよ。


でも、

いろいろな場所にバラバラに存在している少数派たちを、

ネットはつなげてくれる。

ジョニーに感激するような人が、遠くにいながら結ばれてるんですね。」


(以上)


私も昨年の5月21日の記事 で、

ブログ時代は、

「時間・場所」よりも「キーワード」で「人」がつながる!

というお話をしたように、、


ブログやSNSの発展によって、

距離の近さよりも、考え方の近さの方が社会の「軸」になりつつある

と私は感じてます(^^


そして、

この傾向は、

男前豆腐店 の伊藤社長のような少数派を狙ったビジネスをする上で、

チャンスだといえそうですね!



さらに、、

伊藤社長はブログを通じて男前豆腐 のファンを広げているだけでなく、

「一緒に仕事をする仲間」も広げているようで、、(^^


(以下、92ページ引用)


「実は、僕が一緒に仕事をしてる人の多くは、

ネットで知り合った人々なんです。


トカタマの村上由香さんもそうだし、

いま懐刀となってくれている切り絵作家のアンクル・ボブさんもそう。

ホームページ制作をお願いしてるモンキーダッシュの太陽さんもそうですね。


のちに京都に移るとき、

工場のシンボルとして建てたジョニー像を作ってくれた職人さんとも、

御影石で男前豆腐店の看板を作ってくれた石屋さんとも、ネットでつながった。」


(以上)


男前豆腐店 の、あのファンキーなホームページを作った方とも

ネットで知り合ったのですね(笑

虹


男前豆腐店 が、

ブログ等のネットを有効活用して加速・発展した現象!!!キラキラ



これは、ネットの発展以前には考えられなかった現象であり、

ここには、スゴい可能性キラキラがあると感じます!

加速成長の結果、ゴジラのような企業 が生まれる可能性もあるでしょう(^^


面白い時代になったものですね☆


P.S.


ということで、、

このお話も、かなり引っ張ってますが(笑、

いよいよ次回は、、

男前豆腐店 シリーズの記事の第回目(最終回)です☆

AD

こんばんは、龍司です タバコ

atsuage

今、、厚揚げ番長をつまみに、、

お酒 飲んでます(笑

ビール


さてさて、、

今夜は、10月8日 にお話した男前豆腐店 のお話の続きを。。



男前豆腐店 の伊藤社長が

著書、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー 」の中で、


おカネをかけたコマーシャルはいっさいしていない。

と書かれているように、、

男前豆腐店 は、いわゆる「広告」というものをしていません。


にもかかわらず、

男前豆腐店 のお豆腐は、かなり売れてます!


多くの企業が、多くのお金を使って

熱心に広告している中、、

「広告」をしないのに、売れている!というのは気になりますよね(^^



男前豆腐店 のお豆腐は、

「広告」ではなく、消費者の口コミで日本中に知られるようになりました。


男前豆腐店 に関しての「口コミ」に火をつけたのは、

やっぱり、そのユニークなネーミング、

ユニークなコンセプト!

そして、食べてみると、おいしい!

ということで、

消費者が進んで語りたくなる ような要素を

たくさん持っているからでしょうね


男前豆腐 っていう変わったお豆腐があって、、(笑」という話を

近所の人やネットで見た人は

それが気になって手にとってみる、、

すると、面白いし、おいしいので、またウワサをする、、、


というふうに

バイラル効果 が加速したのでしょう


人というのは

企業自らが「広告」しているメッセージよりも

第3者が話していることの方を信用する傾向がある、

とよく言われます


「広告」で、企業が自社の商品を「素晴らしい商品です」などというのは

当たり前の話なので、あまり信用できませんしね。。(笑


でも、知り合いが「口コミ」でウワサしてることは

気になるものです(^^

ということは、、

企業が商品を売るために重要なのは、

「広告」よりもPRキラキラだと言えるのかもしれません


※ 広告PRの違いとは・・・


↓矢島 尚さんの「PR会社の時代 」の33ページを紹介します
(以下、引用)

広告は新聞、雑誌、テレビ、ラジオのスペースや時間を

買い取り、その中で自社製品の宣伝をすることである。


一方、PRは、新製品の情報や企業における業績など経営情報、人事、

海外戦略、M&Aなどをニュースとして、マスコミに取り上げてもらうよう

働きかけをすることである。」


(以上)


広告にはお金がかかりますが、

PRは無料で記事として紹介してもらえる、というところも特徴!


さらに、、

PRに関して。。


↓この本の11ページの文章を紹介します

アル・ライズ, ローラ・ライズの
ブランドは広告でつくれない 広告vsPR

(以下、引用)


PRは、メディアを中心とした第三者の目を通して

ブランドのストーリー を間接的に伝達することを可能にする」


(以上)


メディアを中心とした第三者・・・


テレビで放送される場合でも、

CMとして放送されるよりも

ニュースとして放送された方が

注目したくなりますよね(^^


そして、最近では

ブログやSNSの発展により、

新しいメディアの役割も大きくなっています


消費者自身がメディアになる時代!



21世紀、、

モノや情報が溢れ、

大量の「広告」が溢れた時代・・・


これからの時代に、モノを売ろうとする方は、、

お金を使って「広告」に頼るよりも、

まず、頭を使って消費者に語られるような ユニークなブランド作りをする必要がある!

と言えそうですね


虹



※ 

もちろん、「広告」は∞最前線通信の重要なテーマでもありますし、

これからも重要な役割を果たすでしょう


しかし、広告主の視点で見れば、

まず、しっかりとしたブランドを作り、PRを行い、

その上で、「広告」を有効活用する、という考え方が

必要な時代を迎えていると私は感じます

波

こんばんは!龍司ですビール


男前豆腐のお話 の途中ではありますが、、(笑

今夜は、

この衝撃的なニュースのお話を。。

↓↓↓

GoogleがYouTubeを買収!! キラキラ


googleyoutube2


最近、

「Google(グーグル)がYouTube(ユーチューブ)を買収するらしい」

というウワサが広まってましたが、

本当だったんですね~


toutube


YouTube というビデオ共有サイトの急成長に関しては

∞最前線通信でも何度かお伝えしてきました。


日本国内の利用者も急増中! とのことで、

皆様の中にもヘビーユーザーの方は多いことでしょう(笑


私もよく見てます(^^

昨夜も小室哲哉さんが細木和子さんのテレビ番組に出演したシーン

チェックしましたし。。(笑


YouTube には著作権問題も残ってますが、、

供給者主導ではなく、視聴者主導で動画を扱っているところが

今の時代に合っていると思いますし、

これから更に発展が予測されるビデオ共有サイト!


更に多くの動画が集まり、

視聴者が集まることが予測されます


多くの人が集まるということは、

広告媒体としての価値も高まるわけで

Google にとって、とても魅力的だったのでしょう!


YouTube を買収することで

Google はオンラインビデオ市場へも大きく進出することになり、

そのパワーは凄いですよね!!


虹


さてさて、

Google による買収後のYouTube に関して。。


一応、独立したサービスとして継続運営されていくようですが、

Google 傘下の動画共有サイトとして

どのように進化していくのでしょうか?


YouTube は買収発表の同日、

上記のライブドアニュースの記事 にも載っているように、

ユニバーサル・ミュージック・グループ、

ソニーBMGミュージックエンタテインメント、

CBSの3社との提携を発表していて

3社が保有するコンテンツが合法的に(笑)投稿可能になります。


今後は、、このように多くのコンテンツ供給者側との提携が進み、

著作権侵害ではなく、合法的にコンテンツ、動画が集まるようになる、

と私は思います



ワインコンテンツ供給者側の視点で見ても、、

YouTube を著作権侵害などと言って避けるのではなく、

この3社のようにYouTube と積極的に提携していくことが

自社のコンテンツを広めるために有効でしょう


高城 剛さんも
ヤバいぜっ!デジタル日本 」という本の中で、、
↓ こう書いています(以下、73ページ引用)

「現在のコンテンツ産業のほとんどは、

コンテンツそのものを売って商売する方法と、

コンテンツを究極的には無料でもいいから

より多くの人に見てもらうか使ってもらうかして、

その周辺ビジネスで儲ける方法の、このふたつである。


WEBブラウザーやサーチエンジンでわかるように、

時代は後者であることは間違いない。」


(以上)


コンテンツの著作権に固執し、コンテンツの披露のチャンスを逃してしまうよりも、

YouTubeのような無料サイトに積極的に載せた方が

最終的にはコンテンツが広く普及するために役立つのでしょうね(^^

視聴者が楽しむためにも

コンテンツが広く普及するためにも

YouTubeGoogle は、非常に有効なツールだといえそうです!



それから、

Google の傘下に入ることにより、

YouTube というビデオ共有サイトへ広告も集めやすくなると思います


広告主にとっても、

魅力的な広告媒体ではないでしょうか?



ということで、、

視聴者、コンテンツ供給者、広告主にとって

魅力的なビデオ共有サイトへと更に進化する予感。。

YouTubeGoogle と提携するコンテンツ供給者が増え、

視聴者が多く集まり、

広告主が多く集まり、、

ヒト・モノ・カネ・ジョウホウが集まって盛り上がることを

期待します☆

gootube


P.S.


ということで、、

今夜は予定を変更してGoogle&Youtubeのお話をしましたが、

次回は前回の続き、「男前豆腐」に関してお話します(笑

あ、その前に・・・近日中に、

前回の記事にいただいたコメントへのレスコメも

させていただきますね(^^

こんばんは!龍司ですビール

otokomae


今夜は・・・

男前豆腐 キラキラをつまみにして

お酒 飲んでます(笑


なぜか商品名に「男前」という言葉がついている この豆腐、、(笑

フツーの豆腐よりも味が濃くて

なかなかウマイですよ(^^


この男前豆腐 キラキラ

かなりの人気なのだそうで、、

先日、スーパーに行ってみると・・・

otokomae2


大量に「男」、「男」、「男」・・・(笑


特に、女性に大人気なのだそうで、

知り合いの女性たちに聞いてみると、、

多くの方が食べたことがあるとのこと!


しかも、男前豆腐 キラキラの話になると

なぜか うれしそう♪(笑


やっぱり、女性は「男前」という言葉が好きなんですかね?(笑



なぜ、男前豆腐 キラキラが こんなに大人気なのでしょうか?


私は気になったので

この豆腐屋さんの社長が書いた本を読んでみました!

               ↓↓↓

伊藤 信吾社長著、
風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリーキラキラ

私は、11ページの文章に注目しました

(以下、引用)


おカネをかけたコマーシャルはいっさいしていない。

お客さんの口コミが唯一の味方でした。


(以上)


> おカネをかけたコマーシャルはしない


そういえば、、男前豆腐 のテレビCMなんて見たことないですよね(笑


多くの企業が広告に躍起になっている中、、

その逆に、おカネをかけた広告をしない、という戦略!

モノや情報が溢れた現代、

最近では、テレビCM崩壊 、マス広告の終焉 ということが言われています。

広告が効かない時代・・・


こうした時代には、

「おカネをかけた広告をしない、という戦略」は的を得ているのでしょうね




ところで、、

おカネをかけた広告をしないのに、なぜ「口コミ」が起こるのでしょうか?


伊藤社長は、このように話されてます

(以下、ライブドアニュース引用)


『男前』というのは、女性に使われるとかっこいいというイメージがあった。

それに、豆腐といえば、

『ふんわり』『やわらか』といった女性的なイメージがあるものばかり。

それでは、絶対に覚えてもらえない。

みんなに『なにこれ?』と思わせてやろうというチャレンジをしました」

(以上)


フツーではないイメージで消費者の印象に残る、、

そして、そのイメージを裏付けるしっかりとしたブランド作り、、

ここが消費者に「語られる」 商品となるための秘訣かもしれませんね(^^



広告よりも、消費者に「語られる」 商品作り、物語 作りを重視、、、

「おカネをかけた広告をしないのに、口コミで商品が普及する」という

男前豆腐マーケティング戦略が生み出した事例は

実に興味深い現象です!!


21世紀、、

広告が効きにくい時代に、商品を売ろうとしている方々にとって

大いに参考になる成功事例だと思います☆




さてさて、、

今夜は(今夜も)酔っているので、このお話はこの辺で。。(笑

とても面白い事例なので、

次回、このお話の続きをしますね(^^


それでは、おやすみなさい zzz星

推薦エンジンの時代☆

テーマ:

こんばんは!龍司ですビール

お久しぶりですね(^^


波

今夜は、、

インターネットの新たな変化に関して。。


私は7月25日の記事 で、

Pandora キラキラパンドラ)というネットラジオを紹介しました

pandora



モッチギンさんレナさん など多くの方が体験して、

楽しまれたようですね(^^


体験された方の多くが驚かれていたように

私もこのネットラジオには、驚きました!!


どこがスゴイのかというと、、

自分の好きなアーティストや曲名を入力すると

「あなたが このアーティストが好きだということは、きっとこの曲も気に入るはず」

というオススメ曲を次々に流してくれるところ!音譜


従来のラジオは、ラジオ局が主体で同じ曲を全視聴者に流していましたが

Pandora キラキラの場合、視聴者が主体であり、

視聴者ごとに合った曲を流してくれるのです音譜


この画期的なネットラジオ、Pandora キラキラに関して

10月4日の日経新聞でも取り上げられてまして、、

わかりやすい表現がされていたので紹介します


(以下、引用)


サーチ検索エンジンの次は

レコメンデーション推薦エンジンが台頭する。キラキラ

米ネット業界でそんな声が広がり始めた。

キーワードにあてはまる情報を探す検索エンジンに対し、

推薦エンジンは一定の情報をもとに利用者の趣味、嗜好を判断、

関連情報を届ける技術といえる。

「ネット社会は人々が自分の好みに応じて

最適化された情報を消費するパーソナル化に向かう」。

シスコシステムズのジョン・チェンバース最高経営責任者(CEO)はこう予言する。」


(以上)


「検索」するためには、それなりの予備知識が必要ですし、

労力を使いますが、

オススメのものを「推薦」してくれるサービスは便利ですよね!


自分が「宝」を探しに出かけるのではなくて

自分のところに「宝」を届けてくれるサービス!


「王様」になった気分。。(笑


私は、この「推薦」エンジンを大いに活用しようと思ってます


Pandora キラキラで出会った新しいアーティストは、かな~り多いです

お気に入りのアーティストも増え、新たに多くの曲を買ってiPodに入れて

毎日、楽しんでますよ(^^


波

そして、、

この「推薦」エンジンの台頭という変化は

私たち視聴者だけでなく、

アーティストにも好影響を与えると思います。


今までは

優れた才能を持ちながら知られていなかったマイナーなアーティストの曲が

「推薦」エンジンのおかげで

視聴者の耳に届く可能性が高まります


アーティストが、新たなファンを獲得して、

新たな活躍の場を作れる可能性が広がりますよね(^^


波


IT革命 は、私たちを取り巻く環境を次々と変えていますが

この「推薦」エンジンの台頭という現象は

今後、日本でも本格化することでしょう


Pandora キラキラは音楽を「推薦」(オススメ)するサービスの事例ですが、

これからは、音楽だけでなく、様々なものを「推薦」するサービスが登場するでしょうね!

レストランの推薦とか。。(笑


「推薦」エンジンの時代を迎えるこれからの社会、、

実に楽しみです☆



P.S.

この記事内で紹介した日経新聞の記事に関して

smoothさん も注目されていたようで、mixi にコメントいただきました

ありがとうございます(^^


日頃、新聞がなくなる とか言ってる私ですが

実は、、、日経流通と日経新聞は取ってまして、、(笑

この記事にも注目してたんですよ(^^