mikitani2

皆さん、こんにちは! 

楽天の三木谷さんは丸刈りになさったようですね。

本日は、丸刈りの話とは直接関係ないのですが、

楽天の三木谷さんの買収戦略について考えてみたいと思います。


かつて、故・日本マクドナルド社長 藤田田氏は、

成功するベンチャーには2つの要素があるのです。

1つは時間短縮。もう一つは簡便化。」とおっしゃっていました。


現代人は好むと好まざるとにかかわらず、時間に追われています。

そんな現代人にとって、時間を節約し、時間をより有効に使えるか、

ということは最大の関心事でしょう。

当時の彼は、このような考えかたのもと、

ファーストフードとうい時間短縮で食事を済ませられる事業を行いましたし、

ドライブスルーを作ったり、レジのコンピューター化を行ったのです。


最近では、IT企業によるM&Aが目立っていますが、

これも買収することによって、事業を1から作ることにかかる時間を買っている、

ともいえるでしょう。


ちなみに、楽天三木谷氏は、

興銀時代の専門は企業の合併、買収、M&Aだったそうです。

楽天は、上場で手に入れた495億円を活用し、

2000年にインフォシークを90億円で買収、

2002年にライコスを12億円で買収、

2003年に宿泊の予約サイト「旅の窓口」を運営していたマイトリップネットを

323億円で買収・・・・

と「買収」(お金により時間を短縮した形)で事業を拡大してきたのですね。


多様なビジネスの顧客層を引き込んだ楽天は、

現在グループ全体で2800万人もの会員を誇っているとのこと。

これだけの会員を1から事業を立ち上げて獲得することは、

三木谷氏が一生かけても不可能だったでしょう。

1兆円を目指す楽天は、ソフトバンクライブドアとともに

買収を繰り返しスピード成長していくでしょう。

参考:タイトル: Den Fujitaの商法〈1〉頭の悪い奴は損をする (藤田 田著)
タイトル: 楽天三木谷浩史―プロ野球・新球団「楽天イーグルス」オーナー (溝上 幸伸著)

※なお、プロ野球 楽天イーグルスは

昨日、見事に勝利したそうです。おめでとうございました!

ちなみに楽天イーグルスも時間をかけて選手を育てずに、

戦力になる選手をどんどん「買収」しても良いのではないでしょうか?


※追加・・・・Duke Ken Usui氏 から非常に興味深いトラックバックをいただきました。

・・・楽天三木谷オーナーはキーナートGMを補強失敗で解任し、

コーチ陣も再編成する方針です。

三木谷オーナーは1年間温かく見守るはずでした。

突然の心変わりはなぜでしょうか?

それはライブドア堀江モンフジテレビとの和解で

手にする1400億円のうち、200億円ぐらい使って

西武球団の買収に取り掛かるからです。

堀江モンはきっとこう言うのを心待ちにしていることでしょう。・・・


あくまで想像のお話ですが、

もしライブドア西武ライオンズ VS 楽天イーグルス

という試合が実現したら、

私は是非見てみたいですね。


昨年の近鉄買収をめぐっての騒動もあった後だけに

皆さんの思い入れもきっと強いと思います。

集客力も高いでしょうし、きっと儲かりますよ・・・

こんな壮大なストーリーは、

やはり堀江氏の新しい資本主義の一つでしょうか。

著者: 堀江 貴文
タイトル: ホリエモンの新資本主義! お金持ち三択ドリル
AD

son

ロイター によると、28日ソフトバンクグループ は、

総務省から周波数1.7ギガヘルツ帯の実験局本免許を取得した、

と発表しました。

さいたま新都心地域に実験局を開設し、同日から実験を開始するそうです。

( 周波数1.7ギガヘルツ帯=高速データ通信ができる第3世代携帯電話用)


◆ソフトバンクは以前から携帯電話事業参入を計画しており、

今後の展開が楽しみですね。

携帯電話の料金も安くなることを期待します。

通信料などに高い料金がかかってしまっていては、

モノの動きが鈍くなってしまいます。

モノを動かし経済を活性化させるには、

手段に過ぎない通信料などをとことん削減することが必要でしょう。

そのためには、免許のもとに守られた既存業界に、

ソフトバンクのような会社が参入していくことが非常に重要なのです。


参考に、孫正義氏の「週間 東洋経済」でのコメントを紹介しておきます。


NTTさんはどこまで行ってもパイプ屋さん。パイプは筋肉ですよ。

その筋肉を1キロメートルでも長く延長しようとしているに過ぎない。

大事なのはそのパイプに何を流すか。

それは知恵と知識、つまりコンテンツとサービスです。

われわれは創業1日目からソフト、コンテンツにこだわってきた。」

AD

Royksopp(ロイクソップ)の新作

テーマ:

royksopp

ノルウェーの人気者Royksoppロイクソップ)のセカンド・アルバム

「The Understanding」が6/15に日本先行発売されるようです。

先行シングルとしてUKで6/13に「Only This Moment」をリリース予定。

前作が大傑作だっただけに今作も楽しみです。

今回は更にポップな作品になっているそうです。


※ちなみに前作は、

アーティスト: ROYKSOPP
タイトル: Melody Am
AD

tv

旗 生活スタイルが多様化した今、

ゴールデンタイム」にTVを見ているのは誰でしょうか?

(※ゴールデンタイムとは、視聴率を測る時間帯の1つで、

19:00-22:00の時間帯のこと。)


旗 おそらくお年寄りと子供でしょう。

お年寄りも子供も購買力は非常に低いです。


ゴールデンタイム」に既存テレビでCMなど流しても、

お年寄りと子供を楽しませているに過ぎない、ともいえるでしょう。


これでは、広告主は購買力の高い20歳~49歳の男女には

アプローチできないのです。

20歳~49歳の男女は、休日を除いて、

この時間帯は仕事をしていたり外出をしていることが多いからです。


旗 それに比べて、ブロードバンドユーザーは、

ビジネスや家事で忙しい、

最も購買力の高い20歳~49歳の男女です。


このターゲット層は、非常に高い割合で毎日約2時間以上、

様々な時間帯にPCディスプレイに向かっており、

先日放送がスタートした㈱USEN運営のネットテレビGyao (ギャオ)

この層をターゲットとしているといえるでしょうね。

サービスはスタートしたばかりですが、

広告主にとって「広告効果」は非常に高いでしょう。

ただ単にマスに広告を垂れ流しているビジネスモデルは、

もはや時代遅れとなりつつあります。

ターゲット層に「Focus」(フォーカス)した広告の形が

今後求められるでしょう。 


今後、広告主インターネットに予算を振り向ける傾向が強まるでしょうね。

フランスの広告代理店Publicisは、

2007年にはテレビ広告は衰退をはじめ、

インターネット広告費は世界の広告費の4.4%を占めるようになる、

という予想を発表しています。



追加

その後、

吉良 俊彦さんの「ターゲット・メディア主義 」という本が
発売されまして・・・
 これは、雑誌という媒体に関して
書かれているものですが、
マスへの発信ではなく、ターゲットを意識した発信を考える上で
参考になります。

kumagai  

GMOの熊谷正寿社長のブログ にも記事がありましたが、

GMOは、バリューコマース と共同でアフィリエイト事業の新会社

GMOアフィリエイト」を4月21日付で設立しました。

(株主構成は、

グローバルメディアオンラインが51.0%、バリューコマースが49.0%。 )


バリューコマースは、

国内初のアフィリエイト・サービス・プロバイダとして事業を展開し、

日本最大のアフィリエイト契約者を持ってており、

一方、GMOは、「ヤプログ!」、「JUGEM」、「AutoPage」などの

ブログサービスを始めとする複数のメディアを運営しています。

それぞれの経営資源を融合することで、

強力なアフィリエイト事業の新会社となりそうですね。


アフィリエイトはWebページやメールマガジンなどの

インターネット上の広告で、広告主が広告掲載者に対し、

売り上げに応じた手数料を支払うシステムで、

掲載された広告から広告主のサイト(ECサイト)に

アクセスしてきたユーザーが買い物や資料請求などをした場合、

その購入金額などに応じてホームページ運営者に広告主から

報酬が支払われます。


また、潜在的に商品に関心をもつ層に容易に到達できるメリットをもち、

費用対効果の高い広告やターゲット顧客に着実にアプローチする

販売チャネル構築を実現するマーケティング手法として、

日本でも急速に注目を集めている新しい広告の形


既存テレビ局で、「CMスキップ戦争 」が起こり

従来の広告のスタイルが脅かされている間に、

この新しい広告のスタイルは急速に普及するでしょう。

murakami2  

投資ファンドを通じて大阪証券取引所株の10%を

握った村上世彰氏が大証の株主総会に向けて

これまでの対話路線から対決色を鮮明にする方針に

切り替える可能性が強まってきましたね。


村上世彰氏は昨日本放送をスタートしたパソコンテレビGyao で、

USEN宇野社長と対談し、

大阪証券取引所株に関して大変興味深いお話をされています。

対決色を示している理由がわかるかもしれません。

ブロードバンド通信環境でこの「∞最前線通信」を御覧の方は

是非、御覧になってみてください。

ビジネスのコーナーで見れます。⇒Gyao


※番組の中で、村上さんが日本から逃げる可能性について語っていますが、

村上さんが日本から逃げるようになってしまったら

日本というマーケットは終わりでしょう。

4月25日、

携帯電話向けコンテンツで最大手のインデックス

ゲームソフト大手コナミが保有していたタカラ

発行済み株式総数の22.2%を約110億円で買収し、

筆頭株主になりました。(ITmedia news)


インデックスはタカラと「バウリンガル」を共同開発するなど、

商品開発で提携関係にありますが、

インデックスタカラを傘下として、

携帯電話向けコンテンツ配信事業との相乗効果をねらっていくようです。


先日USENの日活買収についてお話しましたが、

最近、IT企業のコンテンツ確保を狙っての買収、企業提携が

目立ってきています。

興味深いのは、IT企業が大手既存企業を傘下に持つ

という形で提携が行われていることです。


2005年04月01日 に「サイバー」+「既存企業」の組み合わせ

という記事で書きましたが、

私はIT企業という「サイバー」+「既存の事業」という組み合わせで、

多くの成功事例を創れると思います。

そして、この組み合わせで主導権を握るのは、

既存事業の世界の「常識」の世界を生きている方にとっては

想像し難いことでしょうけれど、「サイバー」の側(IT企業)なのです。



※追加・・・・㈱トレジャーファクトリー 野坂社長、

4月24日の記事にトラックバックいただきありがとうございました。

成功前夜 21の起業ストーリー 」読ませていただきましたよ。

御社も最近、インターネットでの販売に力を入れておられるかと思います。
また、情報お待ちしております。
著者: ショーン・K&J-WAVE
タイトル: 成功前夜 21の起業ストーリー
(㈱トレジャーファクトリー野坂社長も載ってます!)

涙の続き (華原朋美)

ライブドアニュースに華原朋美の注目度

という記事があったので、取り上げてみます。


※以下、引用


「一時はトップアイドルとしてミリオンヒットを連発。

しかし、恋人の小室哲哉にフラれたことがきっかけで

心身ともにボロボロになり、

一時は華原が芸能活動を続けるのは絶望視されていた。

だが、最近の活躍ぶりには目覚ましいものがある・・・・

かつてのスキャンダルがトモちゃんを大きく成長させたということだろう。」


※引用、以上



確かに元気に芸能活動されていることと思います。

しかし、私はまた別のことを考えました。

それは10年前に華原朋美さんを輝かせていた小室哲哉氏のことです。

10年前の小室哲哉氏をギラつかせていた浪費感覚というものを

今の小室哲哉氏は失ってしまったのではないか、ということです。

浪費感覚・・・


10年以上前に小室哲哉氏が書いた「 告白は踊る 」の240ページ、

発信地としての東京から引用します。


(以下、引用)

「・・・・発信とは浪費である

浪費とは新しさの供給の原動力だ。

新しさの供給とは発信である。

このサイクルが高速で回るのが東京だろう。

だから文化を波状的に送り出せるのだ。

東京のクリエイターは労力も才能も浪費して生きる。

新しいものをつくり、あるいは仕込み、もしくは仕掛け、

それを提供した時点で早くも次に取り掛かる。

このローテーションが「ゆとりがない」という人もいるが、

僕は嫌いではない。肌に合っていると思う。

ちなみに、日経新聞によると、

ゆとりから導かれる暮らしやすさ度では富山県が全国一位らしい。

が、富山が東京と比べられるほど、

新しいカルチャーを発信するようになるとは考えにくい。

それはきっと富山という暮らしやすい場所には

消費はあっても、浪費がないからだろう。・・・・」


(以上)


そして、ここで小室氏が東京について書いていることが

そのまま当時の小室氏を表していると思います。

当時の小室氏は輝いていましたし、高い実績も出していました。

華原朋美さんを輝かせていたのも小室氏なのだと思います。

小室 哲哉 著、
告白は踊る 」☆

murakami2  

いよいよ本日から本放送がスタートするGyao

M&Aコンサルティングの村上社長が出演するようです。

出演するのはGyaoのビジネス情報番組で、

USEN 宇野社長が、経営者や注目すべき人を会社に招いて、

関心のあることを聞いていく、という企画。


村上氏は普段テレビに出演しない方ですが、

宇野社長が自身のブログ

普段の会話とは、また違った、村上さんの本音みたいな話も聞けて、

いい収録ができた」とおっしゃっているので楽しみです。


ニッポン放送買収騒動で関心を集めた直後だけに

Gyaoへの注目を高めるのにもつながりそうですね。

CMスキップ戦争

テーマ:

本日、週刊アカシックレコード(砕氷船ライブドア) さんから

トラックバクをいただき、

興味深いものだったので、紹介します。

※以下、引用


CMスキップ戦争~週刊アカ シックレコード


ソニーなど家電 メーカーがTV録画用HDD /DVD レコーダーに

「CMスキップ録画」機能を付けて販売 することに対して、

04年11月、日枝久フジテレビ 会長は「徹底抗戦」を宣言していた。

05年2月以降のライブドア によるフジへの乗っ取り攻勢は、

家電 メーカー側からフジへの「制裁」と考えられる。


※引用、以上



私も3月01日に

「ハードディスクレコーダー」と「既存メディア」 という記事で

CMのスキップに関して取り上げており、

以前から関心を持っていたテーマです。


「ハードディスクレコーダー」は

TV局にとって脅威になりつつあるでしょうね。
ビデオなどとは、全く違うと考えたほうがいいでしょう。 

なぜなら、見たい番組をまとめて録画しておいて、

見たいときに見る。

その際、CMは飛ばせるのです。

SONY の VAIO TYPE Xなどでは、

HDDも大容量化して朝から晩まで

同時に全TV局の番組を録画して

見たいコンテンツだけピックアップして

見られるようになっています。

今までのテレビ業界のやり方は、

番組の間にCMを入れることによって

広告費を得るというものだったわけですが、

これでは視聴者に広告主のCMが伝わりません。

それは、今までのやり方では、

テレビの「広告媒体価値」が低くなる、ということを意味します。
「ハードディスクレコーダー」の登場により、

テレビ業界は危機に立たされるといえるでしょう。


テレビ局インターネットメディアとの対立軸については

わかりやすいですが、

テレビ局家電メーカーとの対立軸も

存在しているんですね。


ユーザーからすれば、

家電メーカーがCMスキップ機能つきのハードディスクレコーダーを

どんどん販売してほしいですよね。

そうなると、今後の「広告」は形を変えざるを得ないでしょう。

たとえば、ストーリーの中に広告主の商品を入れるとか。


参考:「世界の広告市場、テレビのシェアは07年以降減少を予測」(nikkei net)http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/20050418NTE2IFT0518042005.html