旗 最近、インターネットの検索キーワードで、

「六本木ヒルズ族」というキーワードが増えているようです。

おそらくライブドアの堀江さんのニッポン放送買収騒動が

テレビで連日報じられる中で、

あわせて彼のライフスタイルも紹介されたことにより

認知度が上がったのでしょう。


しかもそのライフスタイルは若いのに豪華で、

一般的な生活を送る人々にとって衝撃的☆なものだったのでしょう。


岩田 智也著、
六本木ヒルズの若手社長たち ~21世紀勝ち組企業家たちの新・哲学~

旗 彼のスタイルは、ある何かを象徴していると思います。

それは・・・
「価値」を生むものが、筋肉労働ではなく、地位や権力でもなく、、

「頭脳」だということです。

これは、

アルビントフラー氏の「パワーシフト」のなかで述べられています。


Alvin Toffler(アルビン トフラー)著、
パワーシフト―21世紀へと変容する知識と富と暴力〈上〉

地位も権力もない若者が、

ITを駆使して「頭脳」によって価値あるものを動かし、

大金を手にして豪華なライフスタイルをとることに「衝撃」があり、

人々を惹きつけるのでしょう。


tokyotower

AD
西川 潔(株式会社ネットエイジグループ創業者/代表取締役社長)
起業は楽しい!21世紀ニッポンの起業家人生入門
 
 
◆ ネットエイジグループ、西川潔社長の新著。

西川さんといえば、
1998年の渋谷「ビットバレー」の提唱者として、
ライブドアの堀江さんやサイバーエージェントの藤田さんなどの
先輩格に当たる方。

私も先日この本を読みましたが、

特に第1章P14の「キャリアプランの描きにくい時代」の部分が気になりました。

この章で述べられているのは以下のようなものです。


戦後一貫して平均的日本人が抱いてきた「望ましい」キャリアプランは、

「なるべく良い大学を出て、なるべく安定した大企業に入り、

なるべく良い地位について、定年まで大過なく過ごし、

年金と退職金をもらって悠々自適・・・」というものでしたが、

こういったピラミッド型の構造、プランが崩れてきている。

そこで、こうした高度経済成長時代に代わるプランとして

「起業家」になるというプランが有効である」



◆ 同様のことを、

ライブドアの堀江社長も 著書「稼ぐが勝ち 」の中で書かれてます。


高度経済成長時代と違い、

「モノ」があふれているこれからの時代において、

安定した「ピラミッド構造」のなかに安住せず、

「頭脳」を使った「起業」は非常に有効でしょう。

「ピラミッド構造」は安泰ではないのですし、

インターネットによって小資本でも

「起業家」が大成功する可能性は高い時代なのですから。


◆ 著書「ファンキービジネス 」の中で、

ストックホルムの経済学者、ヨーナス・リッデルストラレと

シェル・ノードストレムが語っているように、

これからの時代、「勝敗を決するのは脳みその力だ」といえるでしょう。


西川潔氏が薦めているように

「ピラミッド構造」のなかに安住せず、

「起業家」としての頭脳を鍛えていきたいですね。


ライブドアによるニッポン放送買収騒動で明らかになったように、

大企業という「ピラミッド」を登りつめて安住して守りに入っていても、

簡単に「頭脳を使った起業家」に揺さぶられる時代なのです。


そして、地位や権力がなくても「頭脳を使った起業家」が、

人を、モノを、金を動かす時代なのですから。


追加(9月4日)・・・・

GMOインターネットの熊谷社長8月25日のブログの記事 の中で、

「若いうちから、ビジネスのことを考えるチャンスを持つことは、

ビジネス志す方には、将来とても役に立つと思います。」と仰っています。

AD

USEN 宇野社長
有線放送大手のUSEN(宇野康秀社長)は、

4月から映画や音楽など500番組を家庭のパソコン無料配信する、

ブロードバンド放送(Gyao)を始める旨を発表しました。


視聴者へは無料配信ですが、

収益は市場が拡大しているインターネット広告やCMという

広告費で得るビジネスモデルです。


パソコンがブロードバンド対応していれば、

好きな番組を見たいときに視聴できます。


USEN運営の新サービスは「GyaO(ギャオ)」


ギャガ・コミュニケーションズなどグループ企業が持つ映画や音楽のほか、

テレビ局から購入した番組や、独自制作したニュースも放映する予定です。


番組を試聴するには、USENのサイトに接続し、

利用者の性別やメールアドレスを登録し、

ADSLなどのブロードバンドの通信環境を整えれば、

特別な受信機がなくても視聴できます。

GyaO http://www.gyao.jp/

これは「テレビ局」と類似の事業の提供であり、

画期的なものだといえるでしょう。

「放送」と「通信」の垣根が一気に下がりそうです。


ライブドアによるニッポン放送買収騒動でも明らかなように、

テレビ局などの「既存メディア」は躍起になって

既得権益を守ろうとしていますが、

インターネットの普及による「新しいメディア」の波は、

彼らの予想以上のスピードで広がっているのです。

そして、この波を止めることは、もう誰にもできないのです・・・


著者: 大前 研一
タイトル: インターネット革命


著者: 市倉 宏祐, ジル ドゥルーズ, フェリックス ガタリ
タイトル: アンチ・オイディプス

AD

ソフトバンク 始球式 上戸彩

3月26日、

ソフトバンクの新しい「ソフト」=福岡ソフトバンクホークスは、

北海道日本ハムファイタースと開幕戦を行いました。

始球式は上戸彩 さんが、新庄選手へ投球。

新庄選手が手にしていたのはバットではなく、オロナミンC!

オロナミンCのCMでおなじみの2人ですね。

大塚製薬㈱ なお、上戸彩さんは、

ニッポン放送買収騒動でおなじみのポニーキャニオン 所属。

試合は、ソフトバンクホークスが3-1で勝利し、白星発進!

また翌27日も○ソフトバンク6-5日本ハム● で、

サヨナラ勝して、開幕2連勝!

同点の十一回、バティスタの左前打と2四球などで

2死満塁とした後、カブレラが右前打を放って試合を決めました。

これからのこの「ソフト」の展開が楽しみですね。


ネットを活用して、人・モノ・金をいかに動かし、

いかに経済的効果を生み出せるか。


上戸彩写真集 あいうえと

上戸彩写真集「Last Teen」

上戸彩20歳写真集「Breath」

孫正義社長
◆ 26日、ソフトバンクの孫正義社長は

グループ企業のソフトバンク・インベストメント(SBI)が

フジテレビの筆頭株主になったことについて、

「ソフトバンクグループのコンテンツ戦略のプラスになれば」と述べ、

放送事業への意欲があることを明らかにしました。

※プロ野球開幕試合会場での取材にて

会見で孫社長は、「ニュース動画配信のコンテンツが充実することは

ありがたいこと。そういった意味で、さらに一歩一歩連携が深まっていくことは

望ましい。

また、フジテレビ以外のテレビ局に対しても、

何年も前から現場レベルでの細かな業務提携は行ってきている」として、

コンテンツホルダーとしての放送事業に高い関心を示しました。

◆ 実は孫社長、今月14日に「ソフトバンクはADSLで電話を変えた。

次は光ファイバーでテレビを変える」とも述べています。

すでにヤフーBBでプロ野球の有料動画配信を行っており、

この動画配信のソフトをテレビ局との提携により充実させたいのでしょう。
これからの時代、「インターネットメディア」は

「既存メディア」の補足的なものではなく、

「インターネットメディア」が軸であり「既存メディア」を取り込む形で

提携が進行していくでしょう。

つまり、テレビ局という「既存メディア」は、ひとつのコンテンツ業者にすぎなくなり、

インターネットがポータルとしての機軸となる・・・

当然、広告費もポータル側を軸に集まるでしょうから、

収益も「インターネットメディア」のほうが高くなる可能性も高いでしょうね。



※余談ですが、

孫氏が尊敬している元マクドナルド社長 藤田田氏 の遺産額が

先日発表になり、491億円だったそうです。

楽天 トリンプ
26日、プロ野球 パ・リーグが開幕しました。
新規参入し注目を集める楽天は3-1でロッテを破り、

白星発進☆


3回に高須、川口の連続二塁打で先制し、

山崎の適時打で加点。

1点差の9回に酒井の二塁打で突き放しました。

岩隈は5安打、1点に抑え完投勝ち。

また、球団買収で参入したソフトバンクも、

地元福岡で日本ハムに3-1と逆転勝ちし、

こちらも白星発進成功☆

大前研一氏的に言えば、

楽天もソフトバンクもIT系で「ゴジラ企業」。

こうした企業が古くからある「タイタン企業」に勝っていくのは、

実に気持ちいいですね。

今年のプロ野球は、すこし面白そうです。

なお、女性インナーウエアメーカー、

「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」が「楽天イーグルスブラ」を製作し、

プロ野球パ・リーグの開幕日の3/25(金)9:00より3/29(火)12:00まで

限定1セットオークション開催中だそうです。

(イメージガールの美崎悠(20)


このブラに限らず、2球団の関連グッズが、

ヤフーオークションや楽天のオークションで、売り買いされることでしょう。

プロ野球とインターネットの相乗効果ですね。


ソフトとインフラで、人・モノ・金を動かし、儲ける。

そして、経済が活性化する・・・

堀江氏と北尾氏との関係

テーマ:

北尾吉孝
フジテレビの筆頭株主となったソフトバンク系の投資会社、

ソフトバンク・インベストメント(SBI)の北尾吉孝

CEOが、3月28日(月)にライブドアの堀江社長と

会談することになったようです。(25日、SBI発表)
24日の記者会見時に北尾氏は「大人の知恵がある」

と述べていましたので、

ライブドアとフジサンケイグループの対立が深まる中、

仲介役として打開策を探るのが狙いなのでしょう。

ただ、「堀江氏と北尾氏は、

以前から打ち合わせしていたのではないか」

ということも考えられます。

今回のニッポン放送フジテレビ買収騒動が、

そもそも北尾氏がストーリーを書き、

堀江氏と協力して進めてきたものだとしたら・・・

cf「泣いた赤鬼」 http://blogs.dion.ne.jp/myamewmyaoh/

北尾氏とはどのような方なのでしょうか。

1998年、孫氏、マードック氏が「JスカイB」(現スカパー)を

ソニーも含めた共同出資で開局した時の

ソフトバンク側の財務責任者は北尾氏でした。
参考までに北尾氏の著書を紹介しておきます。


著者: 北尾 吉孝
タイトル: 「価値創造」の経営



著者: 浜田 廣介, 池田 龍雄
タイトル: ないたあかおに

GLAYのTAKURO ロサンゼルスに新居

テーマ:

takuro

ロックグループGLAYのリーダー・TAKURO(33)と

人気モデル・岩堀せり(27)は

今月31日に都内で結婚披露パーティーを開催し、

来月渡米。米ロサンゼルス郊外に自宅を構えるそうです。


GLAYのデビュー10周年記念ライブ&ツアーが、

26日の沖縄公演でついにファイナルを迎え、

TAKUROのTOKYO FMのレギュラー番組

「GLAY RADIO COMMUNICATION」も終了させます。
来月にはTAKURO岩堀せり夫婦そろって渡米。


ロサンゼルス郊外に自宅を構え、

都内の超高級マンションと日米双方の拠点を行き来しながらの

新生活をスタートさせるとのこと。

ロサンゼルスには、元X JapanのYOSHIKIも住んでいますし、

小室哲哉も以前は家を持っていました。


音楽で成功し、東京の高級マンション以外に

ロサンゼルスにも家を持つのがステイタスとなってきましたね。  

※ちなみに、ゆっこさん によると、

昨年から日本のF1層の間で、

LAセレブスタイル」というファッションが流行しているそうです。

http://true-happiness.ameblo.jp/entry-18e4d3802ff9f413b057c248bcb0a27e.html


F1層・・・・20才~34才の女性

(テレビ広告のための用語。

これからは、もっと細分化されると思いますが)

孫正義社長

孫正義氏の率いるソフトバンクのグループ会社(SBI)が

フジテレビ の筆頭株主に浮上し、

孫氏はメディア経営に関与することになりました。


孫氏は以前から「通信と放送の融合」を唱えていました。

1996年、マードック氏とのテレビ朝日買収騒動もありましたよね。

また、最近も孫社長は、

「ソフトバンクはADSLで電話を変えた。

次は光ファイバーでテレビを変える

とも述べています。

注目したいのは、登場したのが、

ライブドアに続いて、またしてもIT企業だという点。

「既存メディア」が「インターネットメディア」を買収するのではなく

「インターネットメディア」が「既存メディア」を買収していこうとする傾向です。

つまり、これからの時代、「インターネットメディア」は

「既存メディア」の補足的なものではなく、

「インターネットメディア」が軸であり

「既存メディア」を補足として使うのです。


著者: 竹村 健一
タイトル: 孫正義大いに語る!!―ネット革命・新世紀への挑戦

エターナルサンシャイン

テーマ:

エターナルサンシャイン

3月19日から日本で公開されている、

アカデミー賞最優秀脚本賞受賞作品。

主人公(ジム・キャリー)は、

失恋により「愛する人との記憶」を消すために

「記憶を削除する会社」に手術を依頼します。

そして消えていく記憶の中。

「主人公の記憶」と「記憶を扱う会社」とを混在状態にして

表現していく脚本はすごいですね。

主人公が消そうとした「記憶」というものが「有限」なものです。

これに対し、「愛する人との記憶」だけではなく

「愛する人への愛」というものは、

タイトルのように「エターナル」(=永遠)のものだったのではないでしょうか。

それは、主人公自身の心そのものだからです。


「エターナル」(永遠)という言葉で私が思い出すのは、

ニーチェの「私は永遠を愛する」という言葉です。

ゴダールの映画「気狂いピエロ」のラストシーンでも引用されていました。


私は、また見つけた。

何を? 永遠を。 

海に溶け込む太陽を。」