「負の感情をなかったことにする」
これ、私が得意だったことです。


(そんなこと得意になっちゃいかんよ~)


本当は悲しかったのに
本当は傷ついていたのに
本当は怖かったのに


波風立てたくなくて
自分がこれ以上嫌な気持ちに
なりたくないからと


なかったことにしてきた感情が
たくさんあります。


こんなことがありました。
タイ在住時のこと。
私は生活をめちゃくちゃ
楽しんでいて
このまま日本には帰りたくない
って思うほど
毎日が充実していました。


でも、駐在員妻生活。
もちろん訪れるのは本帰国です。
忘れもしない。
本帰国の内示を受けたのは、
40歳になった誕生日の翌日。


悲しくて悲しくてその日は泣いたけど
すぐに心をきりかえた。
しょうがないって。
当時FBにも、
「立ち直りは早い方です」
なんて投稿してたっけ。


数日すると、
からだに蕁麻疹がではじめたんです。
蕁麻疹なんて人生初。  


それをまたFBに投稿したら
ある方から電話がきて。
「それはもしかしたら
ショックによるものかもよ?」
って。


まさに、からだからのメッセージ。。


「悲しいときは、充分悲しんでね」
そんなことも言ってくださった。


感情はちゃんと感じてあげないと
成仏できないんですね。


それ、どこにいくと思いますか?



からだの中に蓄積される。
筋膜に宿るという話を
身体の学びの中で聞いたこともあります。


からだが緩んだり
運動したりすると
心もすっきりしませんか?


からだに溜まった感情が
解放されたからかもしれませんね。


↑こちらは
ちゃんとノーを言わずに溜め込んでると
結局、自分のからだがノーを言う
そんなことが書かれてた本。


感情は無視したり
なかったことにしたりせず
受け入れてあげること。
そして、ちゃんと伝えたり表現して
外にだしてあげること。


特に負の感情は、
自分の本音を教えてくれるもの
と捉えたら
とても大切な感情。


感情に善悪はない。
今年はそんなことを学んだ1年だったな。


心もからだもゴミ箱にしないで
いつもすっきりといられたら良いですよね。
AD
「ランチしよう!」
よりも
「デサジュノしよう!」
というお誘いが多い
こちらでの生活。


デサジュノ=朝食で
幼稚園ママや日本人ママとは
10時ごろから始まる朝食会で
集まることが多いです。


レストランも12時ごろまでは
デサジュノメニュー。
こちらのランチタイムは
14時からなんです。


日本では保育園で給食が出ていたので
いよいよメキシコでは
お弁当生活の始まりかー!
と、わっぱ弁当箱やグッズを
日本から持ち込んだのですが。。


メキシコでは
ランチタイムが14時からなので
お弁当はナシでOK。
(幼稚園は14時まで)


10時半に軽食が出るシステムで
わっぱ弁当箱は未だ使われず、、です。


このデサジュノ文化
幼稚園ママにとっては良いものだなぁと。


13時半すぎには
お迎えに出なければならないので
ランチタイムより
早い時間に集まれた方が
ゆっくりできる。


こちらは我が家でデサジュノした時のもの。
火を使った料理はナシで
サラダとフルーツ中心に
切って盛りつけただけの簡単メニュー。


あとはママ友たちが持参してくれた
フルーツ白玉やパウンドケーキと共に
ワイワイやりました。


この日は、午前中集まって
そのまま皆でお迎えに行き
午後はまた違うママ友の家で
持ち寄りパーティー。


旦那さんが出張でいないから
うちに遊びに来ない?!
っていうのも
よくあるパターン。


みんな近所に住んでいるので
助けあって暮らしております(*^^*)
AD
悲しかった
傷ついた
モヤモヤしてる


そんな感情の奥を探ってみると


「自分を大切に扱ってもらえなかった
ことに対して」
だったことが多々あります。


でも、他人がどうこうより
自分を一番傷つけたり
蔑ろにしてる存在に
ある時、気づきました。


「あなたの、いちばん大切な人は
だれですか?」


そんな問いかけに
あなたなら何と答えますか?


問いかけにドキっとした方に
こちらの絵本をオススメします。


トラストコーチング代表
作:馬場啓介 
「鏡の中のぼく」


メキシコまで大切に持ってきた絵本。
それが今回動画となり配信されております。


早速、息子と一緒に視聴。
ぐっときて涙してる私を
息子がヨシヨシしてくれました。。


息子も食い入るように見ていましたが


あの男の子は、ぼく?
どこ行っちゃったの?
ふくろうさん、かわいいね。


まだ3歳半ちょっと。
もう少し大きくなったら
また一緒に見てみよう。
どんな感想を聞けるか楽しみになる
そんな絵本と動画。


そして、この動画を見て
自分の子育ての軸がまた太く強くなった
ように感じています。
よかったらご覧になってみてくださいね。

AD

心が重くてモヤモヤする。
日々を楽しめない。
何もしたくない。
人に会うのが億劫だ。




心が疲れちゃうこと、ありますよね。
一時的な状態なら良いけど
それが長く続くようだと
心が健康とはいえない。。



心が喜ぶライフスタイルのために
ベースにあるのは
心の健康なのではないかと思っています。


【心の健康って?!】


言葉の定義は人それぞれ違うと思いますが
私の思う「心の健康」とは。


・思い込みや決めつけが少なくて
思考の風通しが良い状態。


・喜怒哀楽すべての感情を大切にしつつ
負の感情にとらわれてはいない状態。


心や思考が自由で縛られていなくて
軽やかな感じ。


あとは、自分の頭で考えて決めて
行動できることだったり
人と温かい関係を築けることだったり。


そんな人は心が健康だなぁって思います。


私が今、心の健やかさを保つのに
役に立つと思っているのがコーチングです。



自分をコーチングできること
いわゆるセルフコーチング。


コーチングって、特別な人だけが学んだり
受けたりするものではないと思うんです。


上に書いたような心の健康を
引き出すことができるものだから
すべての人が身につけていると
役立つと思う。


なんなら学校の授業に
取り入れて欲しかったと思うほど。。


私が自分で受けてみて
これはいい!
と惚れて認定コーチにまでなってしまった
トラストコーチング


コーチングを受けながら
コーチングを学べる画期的な講座です。


この講座についてはまた後程
ご紹介させていただきますね。

最近
「からだが喜んでるーー!」
と感じる瞬間はありましたか?



おいしいもの、大好きなものを食べた
極上のマッサージを受けた
質の良い睡眠をたっぷりとれた
綺麗な海でプカプカ浮かんでた


色々、ありそうですよね。


私はここにエクササイズが入ります。
が、1ヶ月ちょっと
ご無沙汰しておりました。。


お風呂で転んで腰を強打してから
痛みが完全にひくまで1ヶ月近く。


ピラティスで軽くリハビリ
してはいましたが
おもいっきり動けない辛さを
味わっていましたよ。
(大げさ?!)


で、ほぼ完治してから
ジム探しを再開したわけなんですが
なかなか好みのプログラムが
見つかりませんでね。


私が好きなエクササイズは
ピラティスやジャイロキネシス
有酸素系だとステップやボディコンバット。


運動なら何でも好きなわけでもなく
好みがあるんですよね。


「く~~キツいけど
笑けてくるぜ!
楽しいっもう一回!!」


と、思えるエクササイズと


「く~~キツい。
キツいだけだ。
もうやりたくない。。」



と、思うエクササイズに
見事にわかれるんです。


楽しいっ!
と思えるエクササイズすると
からだが喜んでるのを
すごく感じるんだけど


もーやだ系のエクササイズは
ストレス溜まるから
からだにも悪い気がするんですよね。


私の場合
からだの緊張や硬さをとって
全身すみずみまで気持ちよく動かせたり
たとえチャレンジングな動きであっても
楽しいと思えること


有酸素系だと
音楽とからだの動きが
同化する瞬間を味わえると
からだが喜んでるのを感じます。



いつも頑張ってくれていて
緊張やストレスで縮こまりがちな身体。
からだが喜ぶエクササイズで
解放してあげたいですよね。


そして、自分のからだが喜んでる!
と感じられるエクササイズに出会えることは
幸せなことなんじゃないかなって思います。