Decoru☆Ayamiの大人のデコレーション生活

自分の人生もデコレーション!
ブログではクリスタルデコレーション作品を紹介したり、
普段感じたことやいいなと思った情報を
発信していこうと思っています。


テーマ:

まず内視鏡室に通されました。

手術室っぽくて、メディカルな雰囲気プンプン!
あぁ…もうその雰囲気にやられそう…チーン

台に腰掛けたら、『ハイこれ飲んで~』と渡された白い片栗粉溶いたような液体がちょびっと。

『飲むの?飲むの?』
『うん、飲んで』

甘!いや?苦!

その次に左腕に筋肉注射。
痛いんだけど、不安でそれどころでなかった…

次はキシロカインスプレーを喉の奥にシュッと。
これがまた染みるような苦さ‼︎
こいつを2回通りいきます。
これも飲み込むように言われました。
でも、すぐさま唾が飲み込めない状態になりました。


そして横になって、
『唾液は飲み込まず垂れ流すように』という説明を聞いているうちに、院長がお出まし!


えー!?もう??もうやんの?
まだ意識バリバリありますけど!?滝汗


『アー、先生。もうめっちゃ緊張してるんですけどー』
『緊張しますねぇ~~』

っなんて話てたら、看護師さんが
『もう一本注射しますね』
と今度は肘裏にゆーっくり打ち始めました。

その時、院長が『検査中は手を口元に持ってこないでね』って話かけてきて、『はーい』って返事した途端、目の前がユラ~っとし始め、
『え~~こんな早くに効き始めるんですか~』って一言発して…
それからの記憶が全くありません!


マウスピースを咥えた記憶もありません‼︎


多分、おそらく、検査の最後の方かな?喉の奥がコロコロするなぁ…(でも痛くない)っていう薄い記憶はあるけど、本当に検査中の記憶はありません。


別室に移動するため、また別の看護師さんに起こされて、脇を抱えられて
『なんか酔っ払いみたい!』
って言いながら休憩室にいきました。


いや、ほんと、その運ばれ方だけじゃなくて、フワつき感は酔っ払った時とさほど変わらないんですw


それから、別室で少し眠ってたのだけど、喉の奥の苦さがつらくてすぐ目が覚めました。
看護師さんに声かけてからうがいに行き、それからは眠ったり起きたり。
もう、ほぼほぼ、冷めかけって感じではありましたが…
おそらく私は、お酒飲んだときと同じで、即酔って即冷めるタイプなんだろーなと思いました。
ちなみに隣で寝てたおばちゃん達は、イビキかいてグーグー眠ってました!


1時間半か2時間程休んで、結果発表~~ロケット


録画してあった、内視鏡の映像を見ながら、先生の解説がはじまりました。


『少し胃が荒れてるところもあるけど、綺麗。胃の入り口にも逆流性胃腸炎も少し。あと、食道がカンジダであちこちが白くなってますが、これは症状がなければそのままでいい』


とのことで、特に潰瘍もなく綺麗でした。
それから、胃の入り口入ってすぐがデカ目!胃がデカくて、骨盤に入りそうなほどの胃下垂とのことでした!


特に大病もないそうで、一安心です。




以上が体験談です。


鎮静剤も、もちろんリスクもあるだろうとは思いますが、私みたいなビビリな人には、楽に受けられていいと思います。
これなら一年に一回受けてもいいな、と私も思っています。

なお、内視鏡の鎮静剤使用は、内視鏡経験豊富なベテランの先生でないとしてくれないとも聞いたことあります。
飲み合わせの薬や、体質によったら使用できなかったり、効きにくいこともあるようです。
よく説明を聞いて、ばっちり効いてちゃんと覚めることを祈りながら、鎮静剤を希望してください!笑












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。