日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪

「日々のダダ漏れ」は、感動したもの、面白いもの、美味しいも
の、私が好きなもの等を、勝手気ままに綴るお気楽ブログです♪

ドラマの記事につきましては、期待しているドラマの初回の紹介、
ドラマの中で私が好きなセリフ、シーンを記憶に残すために書い
ています。基本的に、面白いと思ったものを、お勧めのドラマに
ついて、自由気ままに書いていますので、面白いと思った回だけ
を単発で書いたりすることもあります。記事のスタイルは、まだ
まだ模索中なので大きく変更する事も。ご了承下さい(*^。^*)
NEW !
テーマ:
「てるてる家族」 第38回

参考出場選手としての出場だったために優勝
できなかった夏子(櫻谷由貴花)。夏子はどう
しても悔しさが晴れず、もう二度とスケートは
しないと言い出す。春男(岸谷五朗)は夏子を
励まそうと秋子(足立悠美加)と冬子(田島有
魅香)を誘い、バタコに乗って、夜の飛行機を
見るために河原の土手に行く。四人でのんび
り夜空を眺めているやさき、止めて置いたバ
タコがすべり落ちてしまう…。

**********

アナウンス) ジュニア選手権大会、
       女子の公式順位を発表します。
照子) えっ…? ちょっと…何言うてんの?
    発表って…もうさっきしたやないの。
アナウンス) 優勝、井上町子さん。
照子) えっ…。
アナウンス) 2位、山崎みどりさん。3位…。
夏子) ウソや…。ウソや…。
    ウソや! 何で!?
照子) ちょっと田中コーチ! 
    これは一体どういう事ですか?
田中) いや~残念ですけど、
    仕方のない事なんです。
照子) そやから何でって!
田中) 最初から言うてたでしょ。参考出場や
    言うて…。まあ、成績1位という事は、
    実力1位いう事ですから、
    すごいやないですか。
照子) 1位や言うても
    1位やないやないですか!
田中) …そうです。成績がなんぼようても、
    順位には関係ないんですわ。
照子) 成績と順位は関係ないって…。
田中) そやから、参考のために
    出場したいう事ですから。
照子) そしたら成績も参考までに
    出したいう事ですか?
田中) …そう。そうなんです!
照子) な…何で…何で夏子だけそんな目に
    遭わんとあかんのですか!?
田中) そやから…ジュニア選手権には
    年齢制限があるんですよ。
夏子) (泣)
冬子) 夏子姉ちゃん。
夏子) (泣)
照子) 夏子、もう泣かんとき。しゃあないやん。
    参考出場なんやから。夏子!
春子) 夏ちゃん!
照子) 夏子!? 夏子!
田中) おかあさん!
(審査員のもとへ滑っていく夏子)
夏子) 何でですか!? 私は1位やのに
    何で優勝やないんですか!?
照子) 夏子!
夏子) 何でですか!? 成績で1位いう事は
    1等賞いう事でしょう!? 1等賞いう
    事は優勝でしょう!? 違いますか!?
    何で!? …何で!? (すすり泣き)
田中) すいません。すいません。
申し訳ありません。すいません。すいません。

**********

ヨネ) そやからいつも言うてますやろ?
    結果が分かってから肉買うたら
    ええもんを…。
春子) おばあちゃん。
春男) 肉はどうでもええやろ。
ヨネ) ほな食べてよろしいな?
春男) あかん! 夏子からや。
ヨネ) ややこしなあ…。
照子) 夏子。早よ食べ。
    いつまでそないしてんの?
(冬子のお腹が鳴る音)
弘子) さあ、夏ちゃん。
ヨネ) おネギやったらよろしい?
春男) あかん!
照子) もうええやないの!
    1位は1位やない!
春男) そやそや。そやな。しかも、
    ほかの選手はみんな年上なんやろ?
    すごいな! それで1位や! 1位や!
    1位や! わ~い…。
夏子) みんな食べたらええやん。
    肉、かたなるで。
照子) それもそやな。そしたら、頂きます!
ヨネ) 頂きます!
照子) は~い。
春男) 何や…。
    いつもはお前の方が落ち込むやろ。
照子) そうかて今日は負けたんと違うんやで。
    「勝負では勝って、試合に負けた」
    いう事や。
春男) そやそや。負けた訳やないねん。
    みんな食べえ!みんな、
    食べ食べ食べ! 頂きます!
秋子・冬子) 頂きます!
春男) はいはい、頂きます。はいはい…。
    食べ食べ。ほら…ほら…。ほら春子。
    負けた訳やないねんから。
あっ、いや
    別に、負けてたかてええんねんで。
    お父ちゃんとしては。なっ?
照子) 何言うてんの? あんた…。
春男) ほら…。
春子) 頂きます。
春男) うんうん。
照子) 弘子ちゃんと静子ちゃんも食べえ!
    せっかく店早よ閉めたんやからな。
弘子) はい。ほな頂きます!
静子) 頂きます!
照子) ぎょうさん食べよ。
春男) うんうん。おいしいやろ?
冬子) おいしい!
照子) おいしいね~。
弘子) うん! おいしい! フフフ…!
夏子) おやすなさい。
春男) 夏子…夏子ちゃん? 夏子ちゃん!
照子) あの子はほんま強情やなあ。
    誰に似たんやろか。はあ~。

**********

春男) どやった?
春子) ほんまに寝てしもたみたい。
春男) 疲れたんやな…。しばらくスケート
    休ましたったらええわ。
照子) またそんなのんきな事言うて…。
    そう言うてもあの子は休まへんわ。
春男) 何でえな?
照子) 今日という今日は、あの子の根性
    見してもろたわ。あれはすごい!
    夏子の中に、あれだけの競争心が
    隠されてたやなんて。私知らんかっ
    たわ。
何や私、安心したわ。
春男) それだけ傷ついたいう事やで。
    何で安心すんねんな。
照子) フフフ…。

**********

私は考えていました。
なぜ夏子姉ちゃんは、
あそこまでなれたんだろうと…。

きっとそれは、
あのスケートリンクに…
あの場所に立った者にしか、
分らないのだろうと思いました。
だから春子姉ちゃんだけは、
あの時泣いていたような気がするのです。

だけど、夏子姉ちゃんの傷が、
そこまで深いとは、
翌朝まで誰も気付きませんでした。

**********

照子) 夏子。もう機嫌直しい。
    そら初めての試合やったから腹立つ
    んも分かるけど。もっと
頑張って、
    の試合で、堂々と
優勝したらええね
    んや。
ねえ? 早よ練習行こ。
夏子) 嫌や。
照子) もう…そんなん言わんと…。
夏子) 1等やのに、1等になられへんような
    スケートなんか嫌いや! もうやめや!
照子) 何アホな事言うてんの!?
    スケートやめる言うの?
夏子) そうや。
照子) そんな事したら、今まで一生懸命
    頑張ってきた事がみんな無駄にな
    んねんで。
夏子) 無駄になってもええ!
照子) もう何をそんなに腹立ててんの?
夏子) 私はな、お母ちゃん。
照子) うん。
夏子) ほんまは勝負なんて、
    どうでもええねん。
照子) うん?
夏子) あの試合でフリーで滑ってる時、私、
    ものすご気持ちよかってん。私が世界
    の中心やってん。光がいっぱい当たっ
    てて、みんな私だけを見てて、私の動
    きに、みんなざわざわしたりため息つ
    いたり、ほんまに楽しかったんや。
照子) そしたら何が不満なん?
夏子) それにケチつけられた事や!
照子) はあ?
夏子) 何で私があんな思いせんとあかん
    の!? もうスケートは続けたない!
    試合すんのなんか一生嫌や!
    みんなお母ちゃんのせいや!(泣)
照子) そしたら、勝手にしい!
夏子) 勝手にするわ!
照子) あっ! もう…。春子! 行くで!

**********

照子) よう分からへんわ。
松本) ああ、おはようさん。
照子) 分からへんわ。
松本) え…? 松本やで?


**********

弘子) なあ、夏ちゃん。
    ほんまにスケートやめてしまうの?
ヨネ) (せきばらい)


それから、夏子姉ちゃんの前で、
スケートや試合の話は、
禁句になりました。

**********

春男) ♪秋子、冬子、秋冬子
    ハハハ…。夏子はどないしてる?
秋子) 学校から帰ってきて、
    部屋に閉じこもったまま。
春男) そうか…。
    毎日一人で何してんのやろなあ。
冬子) ごろごろしてる。
秋子) ため息ついてる。
冬子) 時々笑てる。
春男) な…何でや?
冬子) 知らん。
春男) ほな、呼んどいで。
冬子) えっ?
春男) それから秋子と冬子も、
    う~んと暖かい格好しといで。


**********

(バタコの後ろに乗る冬子、夏子、秋子)
冬子) お父ちゃん! どこ行くの?
春男) ええもん見したるわ~!

**********

春男) 着いたで!
冬子) 何やの? ここ?
秋子) 何が見えんの?
春男) 飛行機や。
冬子) 何や、飛行機か。
春男) 「何や」て、何や。こっから一番
    ようきれいに見えんねんで~!
    さあ、来るで~! 飛んでくるで~!
冬子) わあ!
秋子) きれいや~!
春男) どや? すごいやろ?
    きれいやろ? 夏子。
夏子) 大きいホタルみたいやな。
春男) そやなあ。ほんまや。
    ホタルみたいや。
冬子) お父ちゃん!
    私も飛行機乗ってみたい。
秋子) 私はそんな高いとこ怖いわ。
春男) そうか。夏子はどうや?
    乗ってみたいか?
夏子) 私は、自分で空飛んでみたい!
春男) ハハハ…!
冬子) ほな、私かて飛びたい!
春男) きっと飛べるで!
冬子) ウソや!
春男) あんな鉄の塊かて飛べたんや。
    人間にかて飛べんはずない!
    そやろ? 夏子。
春男) ああ…飛んでいってしもたな。

(バタコが動きだす)
冬子) あっ! ああ~っ!
春男) うわ~っ!
秋子) ああ~っ!
春男) えらいこっちゃ!
秋子) バタコ…ほんまにバタコしてしもた!
冬子) 空飛ぼう思たんやろか?
春男) そんなん言うてる場合か!?
    どないしよ…。


**********

夏子の激しさにびっくり。なるほど~のちにスタ
ーとなる下地が今から見えてきたわけですね。
スポットライトを浴びる、みんなの視線を独り占
めする心地を良さを知った夏子。スケートに対
する思いが、春子とは違う方向に向かっていく
んだろうなぁ、きっと。華がある人は、その華を
きれいに咲かせる事ができる場所が相応しい。

秋子、冬子、夏子を連れ出して、夜の飛行機を
見せる春男のやさしさが好き。飛行機を大きい
ホタルみたいだと言って、私は自分で空が飛び
たいと言う夏子。空を飛べたなら…いいよね~。
な~んて実は飛行機が苦手なので、私はムリ。
地面を走るばかりのバタコまでが、空を飛びた
いと思ったかは分らないけれど…バタコ~!!
バタコがまた元気に走ることができますように。


「てるてる家族」関連ブログはこちらから↓
「朝ドラ」関連ブログリスト


AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
「重版出来!」



第6話
勝ち続ける仕事術・・・
新人ツブシの秘密とは?



編集者残酷物語。
漫画はビジネス。
夢を託すものではない。

**********

~6年前~

(回想)
土日に来るから意味があるんだ。
週間連載を2本掛け持ちの
売れっ子、加藤了先生。
うちの雑誌でも、
何としてでも描いてもらいたい。

休みがなくなっても、
私生活を犠牲にしても、
それでも俺は、
あなたの作品が欲しいんです。
あなたの才能に、惚れているんです。

**********

仕事は、夢を託すものではない。

**********

心) あの~何がショックで?
中田) 僕の絵、下手だったんです。
心) えっ?
中田) 他の人の漫画と、見比べてみたら、
    プロってすごいんですね。
心) 中田さん。今まで私に、何度も
  何度も何度も、絵の描き直しさせ
  られましたよね?
中田) はい。
心) それ何だと思ってたんですか?
中田) 僕の絵が、個性的だから。

**********

心) これ全部、模写して下さい。
  絵がうまくなる近道です。
中田) 三蔵山先生のところで、
    働きたいです。
心) えっ?
中田) アシスタント。
    日曜だけじゃなくて、毎日。
心) 今のお仕事は?
中田) 辞めます。
    三蔵山先生、雇ってくれますかね。
心) 頼んでみますけど。
中田) 模写も全部やります。
    絵が、上手くなりたいんです。
    上手くなりたいんです。
心) はい! 一緒に頑張りましょう。
中田) 頑張るのは僕です。
心) そうなんですけど。そうですけど。
  ごめんなさい。感動して。
中田) 黒沢さんは変わった人ですね。


**********

栗山) お~巨匠。
棚橋) お前、自分の絵が下手なことに
    気付いてなかったんだって?
中田) 驚きました。
(笑い声)
沼田) 今までは、お客様扱いだったけど、
    これからはチーフとして、
    少し、厳しくさせてもらうね。
中田) よろしくお願いします。

**********

棚橋) 中田君、実際どうなの? 女の担当。
    めんどくさいことあったりしない?
中田) 黒沢さんは、女というか…神様です。
棚橋) ん?
中田) 僕を見つけてくれた、女神です。


**********

心) 前に先生、おっしゃってましたよね。
  編集者に頼って、ダメになった
  漫画家をたくさん見てきたって。
  それって、どういうことなんでしょう?
三蔵山) 楽なんですよ。編集者に言われた
     とおりに描くっていうのは。そうやって
     人にゆだねてばかりいると、自分では
     何にも考えられなくなる。
心) 道具になってしまう?
三蔵山) 言い方は悪いですが。それで一生
     やっていけるのなら、いいのかもしれ
     ませんが。何のために、漫画を描くの
     か。それに尽きると思います。
心) 何のために?
三蔵山) 黒沢さんはどうですか?
心) えっ?
三蔵山) 何のために仕事をしていますか?


**********

締め切りをきちんと守り、
それなりのクオリティーを保つ。
漫画家に望むことは、それだけだ。
漫画は商品であるのだから。


**********

五百旗頭) いまだに、分かりません。
      正しい編集者とは、何なのか。


**********

心) 安井さんって…安井さんって…
  何なんですか? 何なんでしょう。
五百旗頭) ツブシの安井。黒沢も、
      どっかでそれ聞いたんだろ?
心) はい。
五百旗頭) 前はああじゃなかったんだけどな。
心) えっ?
菊地) 昔は、作家さんに安ちゃんって
    呼ばれてたんだよ。
心) 安ちゃん?
五百旗頭) ホント熱心な編集者だった。
      今でいうと…。
菊地) 黒沢さん。
五百旗頭) 黒沢が一番近いか。
菊地) 「コミックFLOW」って知ってる?
    副編集長が和田さんで、僕と安井さんは、
    当時「FLOW」の編集者だった。安井さん
    は、加藤了先生の担当で、ガッツリ組ん
    で漫画をつくってた。
心) その雑誌、今ないってことは…。
菊地) 売り上げが伸びなくてね。廃刊になった。
五百旗頭) いい漫画たくさん
      載せてたんだけどな。

**********

漫画家が必死で描く。
編集者がそれに応える。
本気でぶつかり、高め合い、
生み出される作品の数々。

だが、どれだけ
素晴らしいものをつくっても、
会社が評価するのは数字。
数字だけなのだ。

**********

(回想)
あるはずだ。
廃刊を止める手立てが、何か。

編集部員を減らす。
発行ペースを週刊から月2回に変える。
その代わり主要連載のページは多めにとり、
単行本の刊行ペースは落とさず維持し、
売り上げ増を図る。
役員が納得するシミュレーションと出せば、
廃刊の決定を覆せる。
決定が覆るまで、
廃刊の話は外には漏らせない。
絶対に極秘だ。

安井) 申し訳ございませんでした!
加藤) もういい。分かった、廃刊は決定。俺の
    連載を「バイブス」で続ける件も了解した。
    ただしもう、君のことは信用できない。
    俺の担当を外れてもらう。
    廃刊のことをなぜ黙ってた。
    どうしてよそから聞かなきゃならない。
安井) 廃刊を阻止しようと動いてたんです。
    それで報告…。
加藤) それはあんた達の事情だろ!
    俺には責任があるんだよ。
    アシスタント養って、家族抱えて。
    仕事の采配を1つでも間違えば、
    全員を路頭に迷わすことになる。
    分かってんのか?
    会社に守られて給料もらって、
    何のリスクも取らずに仕事してる、
    サラリーマンのあんたとは違うんだよ。
安井) (泣)


**********

(回想)
まさみ) 話があるの。
安井) またにしてくれ。話す気分じゃない。
まさみ) 気分…ねえ、ちょっと待ってよ。
安井) 仕事で…。
まさみ) 別れましょう。
     土日も仕事、昼も夜も仕事。あなたが
     仕事好きなのは知ってる。お給料稼
     いでもらって感謝もしてる。でも家族
     って、それだけじゃないでしょう?
安井) 俺は、俺だって努力は…。
まさみ) 今日、何の日か分かる?
安井) 今日? 火曜だから、校了でさ…。
まさみ) じゅりあの誕生日。パパの事待って、
     泣き疲れて、寝ちゃったわ。あなたの
     人生には、仕事しかない。私たちが
     待つ家は、必要ない。そうでしょう?
安井) アハハハハハハハ…。会社に守られ、
    何のリスクも取らない…。ハハハハ…。 


**********

(回想)
菊地) 何で廃刊にするんだって、
    こっちが聞きたいよ。
安井) 菊地、異動だって?
菊地) 版権部へ行けって。雑誌取り上げられ
    て、編集の仕事も取り上げられて。八丹
    さんもようやくデビューが決まってこれか
    らだったのに。何でこんなことになっちゃ
    ったのかな。
濱田) よう。お疲れお疲れ。
編集部員) おい、役員のお出まし。
編集部員) あの人が決めたんだよな、廃刊。
濱田) 悪いな。お前らに敗戦処理させて。俺が
    現役時代に立ち上げた、最後の雑誌が、
    こんなことになるとはな。俺が作った雑誌
    は、必ず売れて、無敵の濱田なんて言わ
    れたもんだが、勘が鈍ったかな。引き際
    はさ、きれいに引くんだよ。男の花道とま
    ではいかないが、この「FLOW」を、俺の
    墓標と思って、胸に抱いて、死んでいくよ。
安井) 酔ってんじゃないよ。
濱田) あっ?
安井) 何が無敵だ。
    時代に恵まれてただけだろ。
濱田) 何だ? お前。
    誰に向かって言ってんだよ!
(浜田に殴りかかろうとする安井)
菊地) 安井さん!
和田) やめろって。
菊地) 安井さん! 安井さん!
安井) ふざけんな! ふざけんじゃねえ!
    雑誌はあんたのもんじゃない。
    あんたの墓標なんかじゃない。
    一からみんなで育ててきたんだ。
    みんなで育てた、家なんだ!
    漫画家と編集者。みんなの家なんだよ!
和田) 落ち着け。
    すいません。申し訳ないです。

**********

五百旗頭) 「バイブス」に移ってからの
      安井さんはもう、数字優先の
      スタイルになってた。
菊地) 僕は、そうなった安井さんを
    責められない。僕だって、二度
    とあんな思いはしたくない。
ミサト) ホントに、いろんな人の人生が
     変わってしまったわね。
心) 理想の編集者って何なんだろう。


**********

まさみ) 私が言うのも変だけど、仕事した
     かったら、もっとしてもいいのよ。
安井) (小声で) してるよ。
    やり方を変えただけだ。


「理想」だけで仕事ができる人は、
この世にどれだけいるのだろう。
いい作品をつくることだけに
向き合えるのなら、
どれだけ、幸せだろう。


**********

東江) そのお話、お断りします。すいません。
    安井さんと仕事をしている間、ずっと考
    えてました。自分は、何のために描い
    て、どうして漫画家になりたかったのか。
    私、漫画が好きなんです。
    嫌いになりたくないんです。
    大好きな漫画で、   
    道具にされたくないんです。
    今まで、ありがとうございました。
安井) じゃあ、失礼しま~す。

**********

心) 東江さん。
東江) お久しぶりです。
心) お久しぶりです。何か、明るいような。
東江) 黒沢さん。私、もう一度自分の漫画
    を描きます。ちゃんと大学卒業して、
    バイトしながらでも、時間はかかるか
    もしれないけど。そしたら…もう一度、
    見てもらえますか?
心) もちろんです。喜んで。
東江) 私、黒沢さんの手を離したことを、 
    ずっと後悔してました。黒沢さん、
    あんな一生懸命、私のこと考えて
    くれてたのにって。
心) 東江さん。離した手は、
  もう一度つなげばいいんですよ。


**********

和田) 安井。いつもありがとな。
    お前が確実に稼いでくれるおかげで、
    他の作品で冒険できる。
    勝負するところで勝負できてんだ。
安井) 給料分の仕事を、してるだけです。


**********

心) で、同業者みたいなんですよ。
壬生) 漫画の?
心) はい。「編集者残酷物語」って
  アカウントらしいんです。 河さん
  が、とにかく読んでみてくれって。
壬生) どんなやつよ。
心) 河さんいわく、殺伐としたつぶやき
  なんだけど、漫画への深~い愛情が
  にじみ出てるって。あっ、これかな?
  あれ? 今あったのに。
壬生) 見間違えじゃねえの?
心) おっかしいな~。
安井) お先で~す。
心) 安井さん。お疲れさまです。


**********

安井が嫌な奴のままで終わるわけがないと思
ってはいたけれど、こんなに泣かされるとは…。

「理想」だけで仕事ができる人は、
この世にどれだけいるのだろう。
いい作品をつくることだけに
向き合えるのなら、
どれだけ、幸せだろう。

本当に、そんなことができたら、どれだけ、幸せ
であり、奇跡であることか…。みんながみんな、
夢を追って、理想を追求していたら、会社は潰
れてしまう。確実な利益があってこそ、新しい
冒険ができる。開発も、できるというもの。誰か
がその役を引き受けなければいけない。その
ことに安井は気付き、その役割を担った。彼だ
って、作家と共に、熱く、いい作品を作っていき
たい人だったのに。うぅ~泣ける。こういうのに
弱い。「駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋
を作る人」。中学の部活の先生が、よく言って
いた言葉を思い出す。更には、「捨てた草鞋を
拾う人」とも続くらしく、世の中にはいろんな役
割りの人がいて、そうして成り立っているのだ
と、時々この言葉を思い出す。いろいろあって、
みんないい。和田のねぎらいにホロっときたよ。

安井の編集者残酷物語のTwitterが、オンエア
時には同時進行で見られたのが、ドラマで安井
がそのTwitterを消したと同時にアカウントが消
えるという、何とも粋な計らいに、やられた~と、
ニヤニヤしてしまった。画面を保存しておくんだ
ったと思いつつ、これがリアルだ!とも思ったり。

今回の一番のツボは、心に、「何がショックだっ
たんですか?と聞かれた中田画伯のこの一言。

僕の絵、下手だったんです。


えぇ~~!? そこ!? 中田画伯面白すぎ~。
絵は下手でも、面白い漫画確かに存在する。そ
の逆もまた。両方兼ね備えた漫画家は、神だ…。


「重版出来!」関連ブログ↓
第1話~夢を描いて感動を売れ!
第2話~これが僕の仕事だ!幽霊社員の本気の営業!
第3話~天才VSド新人編集!先生の信頼を守りたい
第4話~目指せ金の卵発掘!新人ツブシに宣戦布告
第5話~運を使いこなせ!なるかド下手新人デビュー
第6話~勝ち続ける仕事術…新人ツブシの秘密とは?

●「重版出来!」HP


ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪


にほんブログ村


重版出来! 7 (ビッグコミックス)/小学館
¥596
Amazon.co.jp
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
「とと姉ちゃん」 第44回
第8週 「常子、職業婦人になる
常子、和文タイプライターに挑戦するの巻


星野) ごめんくださ~い。
    ごめんくださ~い。

(騒ぐ音)
(破裂音)
星野) うわっ! うわっ! あっ。
常子) 星野さん!
星野) アルミ製のチューブを使ったんですか?
常子) はいはいはい。
星野) アルミと歯磨きが反応して、気体を発生
    させたんです。つまりその気体が原因で
    この破裂…。
常子) ああ、もう、な、な…何とかして下さい!
星野) そう言われましても…。


**********

星野) 破裂…収まりましたね。
君子) ええ…終わりましたね。
常子) フッ…フフッ…。ハハハ…。
鞠子) とと姉?
星野) どうしました?
常子) いや…。失敗しちゃいました。ハハハ…。
照代) うん。見れば分かる。

(笑い声)
まつ) 滑稽だねえ! ハハハ!
宗吉) お前、ものすげえ顔してんな!
君子) 全員ですよ!

失敗はしましたが、
常子は後悔していませんでした。
歯磨き作りに夢中になったこの1か月は、
それはそれは刺激的な日々だったのです。


**********

滝子) それじゃ。
君子・常子・鞠子) ありがとうございました。
滝子) 行くよ。
清) はい。


**********

長谷川) いや~それにしても青柳の女将は
     かっこよかったね。
まつ) 何だよ。私がこれから、ビシっと
    言ってやろうっていう時にさぁ。
照代) お母さんだって、
    怒ると相当怖いですからね。
富江) それに比べて父ちゃんときたら。
(お茶を吹く宗吉)
まつ) 汚ねえな、もう。何やってんだよ。
宗吉) 俺だってよ。これから本気出そうって
    とこだったんだよ。そうだよな? 長谷川。
長谷川) えっ? へい。へい。
常子) アハハハハ。もう…皆さん、今日は
    本当にいろいろと、すみませんでした。
星野) とにかく、大事に至らなくてよかった
    です。一歩間違ったら大変な事に。
鉄郎) いや~すまんすまん。ヘヘッ。
一同) あ~!
鉄郎) よう。何だよ、みんなして怖い顔して~。
    ここは優しく「お帰りなさい」って
    迎えるとこだろ?
まつ) あんた! 自分がやった事
    分かってんのかい!
富江) ひどすぎます。
照代) 借金押しつけて、逃げるなんて。
宗吉) 見損なったぜ、鉄ちゃんにはよ~!
君子) 森田屋さんにまで
    迷惑かけちゃったんですよ。
鞠子) よく戻ってこれましたね、今更。
鉄郎) へいへいへいへい。
    ほらよ。開けてみな。
常子) これは?
鉄郎) 方々頼み込んでかき集めたんだよ。
    もう、お前らには迷惑かけねえよ。
照代) あの…それが…。
鉄郎) ん?
まつ) もう、借金返さなくてよくなったのさ。
鉄郎) えっ?
常子) おばあ様に先ほど、
    助けて頂いたんです。
鉄郎) …んだよ、もう! もっと早く言って 
    くれよ! 大変だったんだぞ。
    さんざん頭下げてさぁ。
鞠子) 叔父さん、
    逃げたんじゃなかったんですね。
鉄郎) 当たりめえだろ、お前!
    俺が逃げる男に見えるか?
長谷川) 見えるよ。
鉄郎) 見えるよなあ。
    それは俺も分かってた、うん。
    でもそこを見えないって言って
    ほしかった俺のいじらしさ。
宗吉) 俺だけはよ、信じてたぜ、
    鉄ちゃんの事をよ!
鉄郎) お~宗吉っつぁん!
常子) あれ~? 確か叔父さんの事、「腹巻き
    バカ」、とか言ってませんでしたっけ?
鉄郎) 腹巻きバカ?
まつ・照代・富江) 言ってた。
君子・鞠子) 確かに。
宗吉) 言う訳ねえじゃねえかよ、そんな事よ。
    ハハハッ!

**********

常子) 叔父さん! また、どこかへ?
鉄郎) ああ。仲間の大事な金だから。
    すぐに返してやんねえと。
常子) そっか…。
鉄郎) その名残惜しさを、次会う時の
    笑顔に、変えてくれ。あばよ。
鞠子) 何? 今の。
君子) さぁ…。


**********

常子) 鞠ちゃん、ごめんね。
鞠子) うん? 何が?
常子) 本当は、歯磨きで一山当てて、
    鞠ちゃんの大学進学のお金に
    充てようと思ってたんだけど…。
君子) 進学?
鞠子) 何でその事…。
常子) 東堂先生に問い詰めて、
    教えて頂いたの。
鞠子) そっか。
君子) 鞠子。どういう事?
鞠子) 私…大学へ行きたいんです。
君子) 大学?
鞠子) 黙っていてごめんなさい!
    何度も迷ったんだけど、どうしても、
    大学で文学を勉強したくて。
常子) 私は、応援するわよ。
君子) 私は賛成できないわ。
常子) どうしてですか?
君子) 当たり前でしょう。学費がいくら
    かかるか分かってるの?
常子) お金なら私が。
君子) 常子。お金を稼ぐというのは、
    容易な事ではないんです。
鞠子) 初めてなんです!
    平塚らいてうの文を読んで、今まで感じ
    た事がないぐらい胸が熱くなりました。
    自分も、こんな風に人の心を熱く焦がせ
    るような、女の人の生き方を後押しでき
    るような文章を書きたい。私の文章で、
    たくさんの女の人を勇気づけたいってそ
    う思ったんです! だから、もっと勉強が
    したい。私も内職するし、今以上におう
    ちのお手伝いもやります。だからかか…
    許して下さい。お願いします。
常子) 私からもお願いします。鞠ちゃんの夢を、
    かなえさせてあげてください。
君子) 確かに初めてね。
    いつもみんなに合わせてばかりの鞠子
    が、こんなわがまま言うの。分かったわ。
    ただし、常子が、きちんと仕事を見つけ
    る事が条件よ。
鞠子) 本当?
君子) 鞠子には、立派な文豪になってもらって、
    いずれ家でも建ててもらいましょうか。
常子) かか…アハハハ。
鞠子) かか。ありがとうございます。
    とと姉、よろしくお願いします。
常子) うん。頑張って、お給金のいい
    勤め先見つけないと~。
鞠子) 私も勉強頑張る。
常子) うん。歯磨き作りも終わっちゃったし。
    頑張ってよ、勉強。
鞠子) そっか。明日からもう
    歯磨き作らないのか。
常子) またいつか、家族みんなで
    やれる事があるといいわね。


将来また家族で仕事をする日が来る事を、
この時は誰も想像していませんでした。


**********

東堂) 歯磨きが破裂?
常子) ええ…。
東堂) 「失敗は成功の母」といいます。
    めげない事ね。
常子) はい。で、ですね…。やはり、事業を起
    こすよりも、堅実な就職をと思いまして。
    あの…どこか、就職先を、ご紹介頂けな
    いでしょうか?
東堂) ん~…。
常子) あ~…難しいですよね。
東堂) 実は…
    後藤さんが結婚される事になりました。
常子) 後藤さんって、あの、
    タイピストの推薦をもらった?
東堂) ええ。ですが急きょお嫁入りされる事に
    なり、推薦は取り消しに。
常子) って事は…。
東堂) 推薦枠が空いたという事です。
常子) 先生、私を是非推薦…。
東堂) 覚悟はおあり?
常子) は?
東堂) 推薦は、技術のある方対象なので、タ
    イプライターの技術を習得せねばなりま
    せん。それは、並みの努力では無理で
    す。この東堂でも苦しみましたから。小
    橋さん、あなたにその覚悟はおあり?
常子) はい!


**********

東堂) タイプライターには、英文と、和文の2
    種類があります。推薦する社は、文具
    などを扱う商社なので英文タイピストの
    方が多数ですが、推薦枠は、和文タイ
    ピストです。ここに、英文と、和文のタイ
    プライターがあります。お入りなさい。
常子) はい。
東堂) お掛けになって。
常子) はい。
東堂) これです。
常子) お~。これを使って、  
    書類を作成する訳ですね。
東堂) いいえ。基本的には、男性社員の作っ
    た書類を、会議出席者に配る資料として
    清書する。それがタイピストの仕事です。
常子) 手書きじゃ駄目なんですか?
東堂) 想像なさい。手書きで、
    何十枚も清書する苦労を。
    来る日も来る日も、文字を書き続け、
    腱鞘炎になって…。ところが!
    このタイプライターでは、カーボン紙なる
    ものを挟んでタイプすれば、なんと一度
    に、6枚分も作成できるのです。
常子) お~! じゃあ、これを使えば、
    あっという間に清書ができる訳ですね。
東堂) はい、夢を見るのはここまで。
常子) えっ?
東堂) 和文タイプライターは、アルファベットの
    鍵盤を両手で打つだけの英文タイプライ
    ターとは、全く違います。右手は本体のレ
    バーを、左手は文字盤のハンドルを、そ
    れぞれ操作して打ちたい文字を探す。見
    つけたら、右手のレバーを下げて文字を
    打つ。ここには平仮名、片仮名、常用漢
    字など、2273文字あります。
常子) 2273文字?
東堂) タイピストは時間が勝負ですから、どこ
    にどの文字があるのか、きちんと把握し
    ていなければなりません。つまり、この
    文字の並びを、全て暗記して頂きます。
常子) 暗記?
東堂) いちいち驚いている時間はありません。
    即刻覚えましょう。
常子) はい!
東堂) ではまず、平仮名から。
    「さくらがさいた」。
常子) さ、さ、さ…。さ、さ、さ、さ…。
    ありました!
東堂) 報告はいいから…。


鞠子を大学に入れるため、
思いがけずタイピストという職に
飛びついた常子。
その試練の日々が始まりました。

**********

タイピストの話になって、ようやくちょっと、ドラマ
っぽく見えてきた(…っていうのも変な話だけど)。
和文タイプライター、めっちゃ大変そう。でもその
分、給料も高くなるわけだよね~。ここにきてよう
やく、真面目にコツコツやる気になったヒロイン。
いい方向に修正されていってほしいと、願うのみ。


「とと姉ちゃん」を楽しくご覧になっている皆様
は、この先は、華麗にスルーでお願いします。

最後はよかったものの、今日も朝から酷かった。
破裂が収まったところで、1人笑いだすヒロイン。
いや、そこ笑うとこじゃないから。そこ、よそ様の
家だから! よそ様にものすご~く迷惑かけてる
から。まずは謝罪でしょ。土下座して謝らないと。
その上で、笑っていいのは森田屋さんたちだけ。
失敗して迷惑かけた側がへらへら笑ってちゃダ
メでしょう~。どうしていつも悠然として笑ってい
られるのか…。キャラ設定、間違ってるでしょ!

滝子もまずは森田屋に謝罪して、娘一家を家に
連れ帰らないと! よそ様に迷惑かけっぱなしっ
てのはいかがなものか。200年の老舗が泣くよ。

腹巻きバカで、宗吉をからかう常子の態度にも、
違和感しか感じないし…。そういう事がいちいち
気になって、どうしても入り込めない。とっとと青
柳に帰れよ、ってところに行き着いてしまうから。

本当に、最初の1週間はなんだったのか…。夢
か幻か。あの1週間があるから、子供の頃の三
姉妹の姿を見ているから、夢が捨てきれずに視
聴者は苦しみ混乱してしまう。詐欺だよ、ホント。
あのままの三姉妹が大きくなっていたら…パラ
レルワールドの「とと姉ちゃん」を見てみたい~。
それが無理でも、今から鞠子をヒロインにしてく
れれば心穏やかに見ていられる気がするのに。


「とと姉ちゃん」関連ブログはこちらから↓
「とと姉ちゃん」関連ブログリスト

●「とと姉ちゃん」HP


ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪


にほんブログ村


とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)/NHK出版
¥1,188
Amazon.co.jp
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)/暮しの手帖社
¥972
Amazon.co.jp
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)/暮しの手帖社
¥972
Amazon.co.jp
AD
いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。