☆★☆ぴかれすくの部屋☆★☆

ご覧頂きありがとうございます!!


千林店・心斎橋店の、
うらないの城☆ぴかれすく☆
占い師たちのブログです(^^)



それぞれに、いろ~んな事を書いてますので、
message待ってま~す(^_^)

どうぞよろしくお願い致します☆


テーマ:

遅ればせながら、皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくおねがい致します。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

さて、今日は「まわりの人と比べたがる心理」についてご紹介いたします。

 

人は、無意識に立場の近い人と自分を比較しています。自分自身をより客観的に評価したり、まわりと比べて自分が変ではないことを確認して、安心したりするためです。

これを「社会的比較理論」と呼んでいます。なので、テレビに登場するようなモデルや趣味や社会的地位がまったく違う人など、自分とはあまりにも異なる立場やかけ離れた人と比べることはあまりありません。

この社会的比較には、実はどう比較するかによって、そのときのその人の心の状態が表れます。

比較には、2種類あり、自分より上の相手と比較する「上方比較」と、下の相手と比較する「下方比較」があります。

「あの人はすごいな。あんなふうになりたい」などと思うのは上方比較、「あの人よりはマシ」などと思うのは下方比較です。

向上心をもって自分を高めようと努力している人は上方比較をすることが多く、自信や向上心が低下している人は下方比較することが多いとされています。

 

前向きに生きるには、常に上方比較をするほうがよいように思えますが、そうとも限りません。あまりに上の立場の人と比較し続けると、自分との差を感じてつらくなってしまうこともあります。また、気持ちやプライドが傷ついているときは、自分より下の人を意識することで、気持ちが回復しやすいこともわかっています。

もし、落ち込んでいる人を励ましたいなら、相手と同じかそれ以上の不幸なエピソードを披露するのも手です。相手は自然と下方比較して、元気づけることにつながることも多いです。

たとえば、こういう事例があります。

インフルエンザにかかってなんとか5日で回復しましたが、「体力が落ちたな」と少し嘆いている70代の女性がいました。そんな女性に「若い主婦の方でインフルエンザから回復するのに1週間以上かかる場合も多いことを考えると、すごい回復力ですよ!」と声をかけてあげると、「そうなのかい?」と言いながら、その70代の女性は嬉しそうにしていました。

 

ただ、「比較も使いよう」で、特に子育てなどで子供に対しての発言でついうっかり言ってしまう言い方には要注意です。

たとえば、「〇〇ちゃんはできるのに!」と責め言葉として比較を使ってしまうと本来、子どもは“やりたがり屋”なのにも関わらず、自己肯定感が低くなってしまいます。

つまり、子どものやる気が育たなくなります。

なので、大人同士でも言えることですが、違うことが多い環境や条件を考慮に入れないで安易に責め言葉として比較を使わないほうがいいように思います。

 

一人で生きているように見える人でも、実際は何らかの社会集団に属して生活することから逃れられないので、比較はどうしてもつきまとってきます。

ただ、比較ということから生じる「ライバル」という関係は、ちょっと努力すれば追い越したりできるというお互い成長し合ういい刺激になる関係ともいえます。

なので、いかに比較を人間的成長と結びつけて考えることができるのかというのがポイントにはなるかと思います。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

それでは、ぴかれすくでお待ちしております。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

今日は今年の最終日である大晦日です。

大変お忙しい最中だと思いますが、皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今日は、「キャラを作って演じる人」について考えてみたいと思います。

 

気になる異性が「さっぱりした性格の女性っていいよね」や「やさしい男が好き」などと口にしたら、意識せずにはいられません。その言葉に合わせて、自分を「演じて」しまうこともあるかと思います。

 

相手の好みに合わせて魅力的な異性の前ではいつもと違う自分になったりして、自分の印象を変えることを「印象操作」といいます。

家族といる自分と、会社にいる自分が同じではないように、印象操作は、多かれ少なかれ誰もが行っていることです。

たとえば、気になる男性の前で、可愛らしく甘える女性は多くいます。

度が過ぎる「ぶりっ子」は敬遠されますが、男性はプライドをくすぐられるので、悪い気はもちろんしません。

また、心理学者プリナーらの実験によると、女性は、女性同士で食事をする場合と、魅力的な男性といっしょに食事をする場合とでは、後者のほうが食べる量が少なくなることがわかったそうです。

「小食の女性のほうが好まれるだろう」という思いから、無意識に食欲がおさえられたのだと考えました。

もちろん、食欲がおさえられるのは、あくまでその異性が魅力的でかつ出会いの初期段階のことであり、同居して結婚生活が長くなっている夫婦間の場合は女性同士で食事をする場合とさほど変わらないか、気を遣わないでいい間柄なので、より食事量が多くなる傾向があります。

印象操作からは「異性に好かれるのはこんな人」「こんなキャラがウケそう」といった、ある種のステレオタイプが見て取れます。

ステレオタイプとは固定化したイメージ、つまり型にはまった行動や考え方のパターンのことです。たとえば、「男なら泣くな」や「女性はおしとやかに」などです。主に性別によるステレオタイプが挙げられます。

 

ただ、この印象操作に頼る人は、「素の自分」に対してかなりの自信の無さ、つまり、「素の自分」を相手に見せたら嫌われるのではないかという不安感がかなり強い人とも言えます。

そして若い男が「ワル」ぶる理由にも同じようなことが実は言えます。

世の中には自分を「ワル」に見せたがる若い男性がいますが、「立派な男」になれないという葛藤や自信の無さの表れである可能性が高いです。

男性は、やはり社会的責任などについて、周囲からプレッシャーがかかりやすいことが原因といえます。

 

印象操作自体は決して悪いものではなく、逆に必要なものなのですが、過度に頼りすぎるのは危険です。

お分かりかとは思いますが、第一印象が過度の印象操作で印象づいたものになってしまうと、交際に発展していって「素の自分」を見せる段階になってくると(見せ方によっても変わりますが)、第一印象とかなり違う落差を感じ、相手は違和感や嫌悪感を感じるようになります。

つまり、場合によっては、交際に発展していっても仲が良くなるどころか、だんだんと仲が悪くなってくるということです。

なので、過度の印象操作は避けるか、もしくは、付き合う段階になる前から「素の自分」を少しずつ見せる必要があるということです。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

ご覧の皆様、今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

それでは、良いお年をお迎えください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

もう早いもので、11月も終わりの時期となってきた今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は『恋する気持ちが湧かないこと』について考えてみたいと思います。

 

皆様もご存知かと思いますが、「好きな人ができない!」という悩みがありますよね。

これは、日常生活の中で「いい男」「いい女」を見慣れてしまっていることが原因かもしれません。

私たちは何かを判断するとき、たいてい周囲と比較します。恋をするときも「比較」することになりますが、情報過多な現代では、比較対象があまりにも多いのです。

代表的なのが、テレビや雑誌で見かける芸能人です。

あらゆるタイプの「いい男」「いい女」が用意されている状態の上、インターネットがあれば、好きな時に好きなだけ見ることさえできます。さらに、一般人の美男美女がクローズアップされることも多く、裾野は広がるばかりです。目が肥えた私たちは、身近な相手を必要以上に低く評価してしまいがちです。

また、好きな人ができない原因には、自己評価の高さが関係している場合もあります。

自己評価が低めだと、相対的に周囲への評価が高くなり、ほれっぽくなりがちですが、極端に自己評価が低い場合は、「どうせ自分なんて…」と恋愛から遠ざかりがちになります。

逆に、自己評価が高すぎると、周囲に対する望みも高くなり、簡単には人を好きになれなくなります。

そして、さらなる「好きな人ができない!」原因として、過去の恋愛を引きずっているというのも、もちろんあります。これは、引きずるというより過去の恋愛を過大評価しがちになっているとも言えます。比較論の一つにはなります。

 

ともあれ、恋愛は自然発生するばかりではありません。

自分自身を恋愛モードにしていくことも大切です。

恋愛モードにする方法を以下にいくつか紹介します。

①身につけているものを変えてみる。

やはりファッションは第一印象の要(かなめ)です。服装やメイクを変えることが、恋のキッカケになることもあります。自分では、なかなか変えられない場合は、次の方法などもあります。オシャレと思う友人やお店の人に聞いてみる。憧れの芸能人のファッションの色合いなどを参考にするなどです。

②異性と会う機会を増やす。

異性もいるサークル活動に参加する、飲み会に参加するなど、異性と共有する時間を持つことは、やはり女心を呼び覚まし、恋愛モードになる第一歩となります。

③人のよいところを見つける。

どんな相手でも、会った瞬間によいところをひとつは見つけるようにすると、ポジティブな感情が生まれやすいです。

たとえば、「声が綺麗だな」などです。さらにできるなら、会った瞬間によいところを3つ見つけてられるようになってみましょう。そして機会を見計らって、タイミングよく、ほめるようにするといいでしょう。ポイントとして、他の人に、あまり言われていないところや本人が気づいていないところがいいです。ちなみに、これを癖づけていくと、人とのコミュニケーション力も上がるので一石二鳥でもあります。

④「OKな人」を見つける。

好みを再確認して、敷居を低くする努力も必要かと思います。電車や人ごみの中で「デートしてもいいかな」と思える人を最低ひとりは見つける努力をしてみましょう。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

そして、なにより、わたくし諒のところに来ていただければ、あなた様のさらなる具体的な恋人像を浮き彫りにしたり、恋人に関してのお悩みのご相談に親身に乗らせていただきます。

 

それでは、ぴかれすくへのご来店をお待ちしております。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

先週に引き続き、今週も台風が日本に上陸する今日このごろですが、いかがおすごしでしょうか。

 

 

さて、今日は「ひとり言」についてご紹介したいと思います。

 

皆様もご存知かとは思いますが、テレビを観ながら画面中の人物にツッコミを入れたり、職場で仕事の段取りなどをブツブツ口に出したり、「ひとり言」が多い人がいます。

こうしたひとり言は、頭の中で考えていることが言葉として表に出たものです。

ひとり言には、実はストレスを解消したり、考えを整理したりする効果があるとも言われており、特に悪いものではありません。

とはいえ、状況によっては周囲が迷惑することもあるでしょう。特に、電車内や学校や職場など集団で過ごす場でひとり言が多い人が近くにいては、気になってしかたがありません。

状況によって迷惑となる「ひとり言」の対策としては、ひとり言を「とりあえず、その場ではやめてもらう」ことを積み重ねるのがオススメです。

たとえば、ひとり言に対して「返答してしまう」などです。

ひとり言を聞いた周囲の人が「呼んだ?」などと反応することで、相手は「ひとり言が多いと迷惑をかける」という意識を持ち始めるでしょう。それを繰り返すうちに、自然とひとり言が減ってくるかもしれません。

ただ、ひとり言が多い人の特徴として主に3つあります。

1つ目は人と話す機会が少ない、2つ目は感受性や想像力が高い、3つ目はストレスをかなり抱え込んでいるという3つです。

特に3つ目のストレスを抱え込んでいる場合、強いショックを受けたときなど、言葉にすることで再認識し、精神的に落ち着こうとしています。発散できていない慢性的なストレスを抱えていることが多いです。

そして、問題解決をしようとするときにも「ひとり言」を言います。

たとえば、メガネを探す時に「メガネは確かここに置いて…そのあと寝室に行って…」などとつぶやいたりします。

考えをまとめてつぶやくことで、考えが整理され、不安感や不快感が和らぎ、心理的なバランスが回復します。

それから、小さな子供は、遊びながらひとり言をブツブツ言うことがよくあります。

これは、発達段階のひとつで、言葉を使った思考を身に付けるプロセスだと考えられています。

 

一方、青年や大人の方で周囲とまったく関係なく、まるで誰かと会話をしているような奇妙なひとり言は、「統合失調症」の可能性があります。幻聴や妄想などの症状があり、本人としては幻聴と対話しているつもりですが、周囲にはひとり言を言っているように見えます。

統合失調症は幻覚(特に幻聴)や妄想などの症状が出る精神疾患です。100人に1人弱の割合でかかるという決して頻度の低くない病気です。本人に病気の自覚がないことが多いため、発見が遅れることもあります。勧めにくいとは思いますが、ちょっとおかしいと気づかれた周囲の方が、まずは敷居の低いクリニックなどの医療機関への受診をストレスを抱えていそうな理由で奇妙なひとり言をいうご本人にすすめたほうがいいと思います。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

 

それでは、ぴかれすくでお会いしましょう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

早いもので、もう9月も終わりの週となってしまった今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は「見捨てられ不安」について考えてみたいと思います。

 

 

みなさまの身近な方に感情の起伏が激しい方はいらっしゃいますでしょうか。

たとえば、カップルのデートの最中に彼氏が彼女の質問に対して、何か考え事をしていてうっかり返事をしなかったとします。その時、ニコニコしていた彼女の表情は急変し、彼氏に「なんで返事してくれないの??」と怒鳴りだし、急に激怒しだします。そして、「それって、ずっと一緒にいたくないってことなの? 私のことなんて、もうイヤになったんでしょ!」と彼女は彼氏に言い放ち、腕を組んでいた彼氏から離れて、まだデートの途中なのに、そのまま帰っていってしまいました。

 

一見すると、ちょっとしたカップルの痴話(ちわ)喧嘩なので、大したことではないと思うかもしれません。

しかし、もし、この先、こういうことが頻繁に続いたら、このカップルはどうなっていくと思いますか。

勝手に大げさに怒り出す彼女に対して、彼氏はその理由が分からず、彼氏の方も、そんな彼女に付き合いきれず、結局、このカップルは別れてしまうのではないでしょうか。

 

上記のように物事を大げさにとらえがちで思考が両極端、つまり、物事のとらえ方や考え方、行動パターンに柔軟性がなく、極端な偏りがあり、周囲との関わりがうまくいかなくなる状態を「パーソナリティ障害」と言います

 

パーソナリティ障害の症状は自己愛(ナルシシズム)性など多岐にわたりますが、代表的なのは、気分の移り変わりが激しく、衝動的な行動が見られる「境界性パーソナリティ障害」です。20代に実は多く、患者の8割が女性と言われています。

 

その特徴には、主に2つあります。

1つ目は常に「白か黒か」「好きか嫌いか」といった両極端な思考があります

たとえば、100%の幸せを感じる出来事の後に、30%の不幸を感じる出来事が起きただけで「100%の不幸」「もう、おしまいだ!」などと思ってしまいます。「ほどほどの状態」がなく、プラス気分とマイナス気分を行ったり来たりして躁(そう)うつ状態を思わせるほどの気分の波が激しく不安定です。

2つ目は「見捨てられ不安」があります

たとえば、信頼している相手がたまたま、そっけない態度をとったりすれば、「もう見捨てられるのかもしれない」と勝手に思い込み、極度の不安を抱えます。この不安を「見捨てられ不安」と呼び、この不安をとても強く感じると、「見捨てられない」ために暴言や暴力に及んだり、衝動的な過食やひどい時にはリストカットなどの自傷行為で相手の気を引こうとしたりすることもあります。

 

ただし、境界性パーソナリティ障害は、年齢とともに落ち着いてくることも少なくありません。本人も周囲の方々も「一生ものの問題」だと抱え込みすぎず、深刻な場合は心療クリニックや医療機関に相談してみるといいかと思います。

 

それから、精神の病気かどうかの分かりやすい判断基準を述べておきます。

メンタルの症状の多くに言えることですが、病気かどうか、受診すべきかどうかの一番の判断基準は、「自分や周囲が非常に困っているか」「社会生活に支障が出ているか」です。状況に応じて本人が意図的に行っている場合や本人が気づいて修正出来る場合、本人が冗談で行う場合など誰も困っていないない、すぐに困らなくなる場合は、特に、受診の必要はありません。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

それでは、ぴかれすくでお待ちしております。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

早いもので、もう8月も終わりの時期を迎え、いろいろと忙しくなる今日このごろですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今日は『劣等感の裏返し』について考えてみようと思います。

 

皆様もお見かけしたことがあるかもしれませんが、レストランなどで、店員さんに偉そうに横柄な態度をとる人がいます。ささいなことでクレームをつけるなど、自分のほうが強い立場にあると感じる場面で、やけに強く出る人です。

 

このような態度をとることを『劣等感の裏返し』と呼び、その裏側には、実は非常に強い劣等感が隠れているものです。高圧的な態度を取るのは、「自分のほうが上」であることを確認したり、いっしょにいる人に自分のチカラをアピールしたりするためです。または日頃、職場などで劣等感に苛(さいな)まれている立場で過ごしているストレスを発散させたい気持ちや、まったく別件の物事において、うまく物事が運ばないことが多いために溜め込まれたストレスを発散させたい気持ちもあるのでしょう。

ただ、自分が人より劣っているように感じる、主観的な感情である劣等感自体は少なからず誰でも持っているものです。そして、劣等感は必ずしも悪いものではなく、前向きに努力し頑張るためのエネルギー源にもなります。要は劣等感をどういう行動のエネルギー源に変換し、どうコントロールするかがポイントになります。

 

人は「自分は正しい、相手は悪い」という単純な思考で怒りを覚えます。ささいなことでいちいち腹を立てる人は、周囲に対する期待が非常に大きく、物事を自分の思い通りにしたいという気持ちが強いと考えられます。「注文した料理はすぐに運ばれて当然」「自分に敬意を払って欲しい」などの気持ちが非常に強くあるからこそ、それが満たされないときに怒りに変わるのです。

キレやすい人は、「キレることが相手に効いている」と感じると、さらに調子にのりかねません。相手の怒りを真正面から受け止め、逆上して下手に反論したりするよりも、できるだけ冷静にかまえ、「すみません」とまず声をかけたあと、「そうですね」や「お怒りのようですね」など相手を客観視させるような言葉がけや「どうしたのですか」と逆質問したりなどの会話を続けるほうがいいでしょう。

 

そして、身体機能面からいうと「キレやすい」のはホルモンバランスが崩れている場合にも起きやすいです。「キレやすさ」改善のためには「女性ホルモン」を増やすといいとも言われています。ちなみに、男性の体内にも女性ホルモンは存在します。逆に女性の体にも男性ホルモンはあります。ただ共に絶対量はもちろん少ないです。

たとえば、恋人と腕を組むなどのスキンシップをしたり、マッサージを自分でするのではなく、誰かにしてもらったりすると女性ホルモンが高まります。他には女性ホルモンに似た働きをする、大豆イソフラボンを含む食べ物をできれば毎日食べることです。代表的なものは大豆製品である納豆や豆腐などです。

 

ちなみに、アカの他人には本性が出やすいです。

心理学者デビッド・ギブンズは、「関係のない人にどう振舞うかでその人の本質がわかる」と述べています。たとえば、結婚後にパートナーがどう変化するかは、アカの他人にどう接しているかによって見えてくるかもしれません。

いくつかの行動のチェックポイントの事例を以下に挙げておきます。

①店員さんへの対応→この対応に関しては上記で述べています。

②旅先での行動→恋人と旅行へ行った際、ベッドが乱れたまま帰る人や、あなたがベッドの乱れを直しているのに手伝わない人は、結婚後に家事を手伝わなかったりするかもしれません。

③人ごみの中でのふるまい→混雑した街の中で、我先にと周囲の人を押しのけたり、平気で人にぶつかったりする人は、いざというときに自己中になる恐れもあります。

④立場が格下への人間への接し方→たとえば職場の同僚が、上司には媚びへつらうのに、部下には横柄な態度をとっているなら要注意です。その人が出世したら、自分に対して威張ってくる可能性は大きいと言えます。

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

 

それでは、ぴかれすくでお待ちしております。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

梅雨も明け、夏真っ盛りとなり、もう7月も今日で終わりとなってしまう今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか。日中は、かなり暑い日々が続くので熱中症などにはご注意下さい。

 

 

さて、今日は「知性的な人」について述べてみたいと思います。

 

この世の中には、「知性的な人と理屈っぽい人」の二つに大別される言い方がありますが、この二つの言い方の違いとは何なのでしょうか。

 

心理学では、「知性的」であることの重要な要素として、「メタ認知ができること」が挙げられています。「メタ認知」とは、簡単に言うと自分を客観視することです。

たとえば、まわりは面白がってもいないのにダジャレを連発する人、一方的に自分の主張だけを繰り返す人などは、自分がどんな状態にあるかを把握できていない人は、メタ認知ができていない人、つまり理屈っぽい人です。

 

メタ認知のひとつの形に「セルフツッコミ」があります。

たとえば、セールストークで、「この商品は素晴らしいんです。なんて突然言われても困りますよね。これから具体的に説明させてください」などと客観的な一言を挟むことを言います。一歩引いて自分にツッコミを入れることで、ただ主張を繰り返すよりも相手を引き込むチカラが増し、知性的な印象になります。

一方、難しい言葉を使ったり、長々と論理を展開したりする人は、いくら知識があっても好印象につながりにくいものです。周囲が煙たがっているのに気づかないとしたら、メタ認知ができていないということにもなります。メタ認知が出来ていない人は「知性化」の心理状態になっているか、理解が足りていないため分かりやすい言葉に言い換えられない状態、もしくは両方の状態になっている傾向があります。

「知性化」の心理とは、自分の欲求や感情にストレートに向き合わず、難しい言葉や一般論に逃げている心理のことを言います。

 

心理テクニックの1つとして、「ツッコミとダメ押しで主張する」というものがあります。

意見や気持ちを伝えるときは、「主張→セルフツッコミ(客観的な視点)→主張のダメ押し」の流れが効果的ということです。

たとえば、「僕と付き合ってください!って、出会って1ヶ月で言うのは早いかもしれないけど、でも本気なんです!」という具合です。

特に相手の反応がイマイチのときは、一歩引くことで相手を安心させることもできます。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

 

それでは、ぴかれすくでお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

とうとう7月に突入し、七夕などイベント事が多くなってくる時期ですが、みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今日は「寝相から考える深層心理」ということで、そのときの寝相からその寝相をとる人のその時の心理状況を考えてみたいと思います。

 

 

寝相にも、その人のそのときの深層心理が表れると主張したのが、アメリカの精神分析医サミエル・ダンケルです。

体内の血液循環をとどこおらせない関係でも人は一晩で体を数回動かすと言われていますが、それは脳の疲労回復を目的とした深い眠りであるノンレム睡眠時に起こります。

つまり、脳の働きとは無関係に表れる寝相だからこそ、より潜在的な意識が明らかになるというわけです。

寝相には、あなたの基本的性格や現状、抱えている悩みが表れています。

 

パターンとしては10パターンあります。

 

1つ目は半胎児型です。横向きで、膝を少し曲げて寝る寝相です。

バランスのとれた安定した人柄で、人に安心感を与えような人です。常識的な協調性に富みます。基本的に悩みは少ない状況の寝相です。ただ、人のよさだけが取り柄になってしまったり、優柔不断な面が強くなりすぎると悩んでしまうこともあります。

 

2つ目は胎児型です。横向きで、丸まって寝る寝相です。

他人に対する警戒心が強く、自分のカラに閉じこもりがちな半面、依存心も強いタイプの人です。自意識過剰な面も強く、人付き合いのあつれきに悩んでいるときに出やすい寝相です。

 

3つ目は王者型です。仰向けに寝る寝相です。

親の期待を一身に受けて育ったタイプです。安定した人柄で、自信があり、オープンで柔軟な性格です。この寝相をしているときも基本的に悩みは少ない状況です。ただ、他人の細かな感情を理解するのが苦手で、それが原因で人間関係に悩むこともあります。

 

4つ目はうつ伏せ型です。うつ伏せで寝る寝相です。

ベッドを独占するように母親にしがみつこうとする形です。自己中心的で、几帳面な性格です。この寝相の方はかなり自己中心的で他人のミスが許せず、それが欲求不満になっている現状のようです。

 

5つ目はひざがお山型です。膝を立てて寝る寝相です。

神経質で、短気です。細かなこともきちんと覚えている特性を持ちますが、それがアダになり、根に持ったり、気にし続けるちょっとやっかいな傾向になっている状況です。

 

6つ目は冬ごもり型です。布団に潜り込んで寝る寝相です。

さまざまな角度から物事を考えるタイプで、深い洞察力に優れています。非常にささいなことに悩むところがあり、沈みがちになる傾向になっている状況です。

 

7つ目は安らぎ型です。胸の上に手をおいて寝る寝相です。

なにかから体を守ろうとしていて、実はかなり悩みを持っています。突然、不安になったり緊張の糸が切れてしまいがちです。他に肉体的な不満や悩みを持っていることもあります。

 

8つ目は抱きつき型です。布団や枕を足に挟んで寝る寝相です。

理想が高く、それがなかなか実現しない状況のときにとってしまう寝相です。そのため慢性的な欲求不満に陥っていることが多いです。理想と現実のギャップに非常に悩んでいる人です。性的な欲求不満もかなりあります。

 

9つ目はスフィンクス型です。ひざまずいて腰を持ち上げて寝る寝相です。

ひざまずいて、腰を浮かして頭の額を地面につけてお祈りをするようなポーズをとる寝相です。眠りの浅い人や不眠気味の人に多いです。子供によく見られる型で、「早く楽しく遊べる昼の世界に戻りたい」と望んでる寝相です。

 

10つ目は鎖につながれた囚人型です。横向きで足は伸ばし気味で、手首を重ね、足首のくるぶしもわざわざ組むように重ねて寝る寝相です。

仕事や人間関係がうまくいっていないなどの不安の表れです。足首のくるぶしを重ねるのは、その苦しみが大きいことを表している状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

それでは、ピカレスクでお待ちしております。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

 

もう5月も終わりとなり、初夏の陽気となってきた今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今日は、『ケータイ・ラバーズ』に関してご紹介します。

 

出会い系サイトに代表されるパソコンや携帯電話からのインターネット上での出会いが近年多くなっていますが、それに応じて、「メル友」より親密性は高いけれども携帯電話やパソコンのメールのやり取りだけの付き合いで、本当に会うわけではない擬似恋愛という形も増えています。

直接会話を交わすこともなければ、ましてや本当の恋人同士のように身を寄せ合うこともありません。そんな人々を『ケータイ・ラバーズ』と呼んだりします。

 

そんな恋愛のどこが楽しいのかと疑問に思う方も多いと思いますが、「ケータイの中で育つ恋をいつもバッグやポケットに忍ばせて歩くのが楽しい」という感覚になるようです。

そして、彼らは、「関係がうざくなったら、ケータイのメモリとともに捨ててしまう」のです。

かつてペット育成ゲームが大ヒットしました。このゲームでは、ペットが思い通りに育たなければ、簡単にリセットができました。要は、この簡単リセット化が、人間同士での恋愛関係においても行われているのです。

 

携帯電話やメールで培われる人間関係は「コミュニケーションをとることの心理的コストが低い」ため、容易に恋愛関係に発展させることができます。

通常、コツコツと築いていくべき関係が、メールを使えば急速に両者の親密度は増すといってもいいでしょう。その特性は、こうした希薄な擬似恋愛関係をつくることも可能となります。しかしその反面、どちらかの一方的な気まぐれで簡単に解消することもできるのです。

このような社会属性を知らぬままに成立してしまう親密な人間関係を電子友情と呼んだりします。

 

ただ、この『ケータイ・ラバーズ』の危険性はここまで読まれた方はお気づきかと思います。

この危険性により、時にはネットストーカーそして殺人事件に発展するケースも出てきます。

この危険性とは具体的に言うと、「自閉性の妄想性認知」を生み出しやすいということです。

 

例えば、あなたがもし、最近、急接近した異性からハートマークのついたメールをもらったりしたら、何を想像しますか。

「自分に気があるかも知れない」と思って嬉しくなるかもしれません。それとも「単なる挨拶代わり」と思うときには気にもとめないでしょう。

つまり、ハートマークを送った相手は大した意味もなく使っているのに、送られた相手は「恋人にしたいくらい好きなんだ!」と本気で思ったりすることもあるのです。

 

実際に会って、お互いの顔を見ながらの会話なら、しぐさや表情などの非言語コミュニケーションが言外の意味を補ってくれます。「好き」という言葉のもつ意味が、その人の真意か、ただの気まぐれなのかは、相手の顔や雰囲気を見ながら聞けば、判断がつきやすくなります。

ところが、メール交換だけの場合、限られた文章量なので、必然的に表現が曖昧になってしまいます。そこでは「こうあって欲しい」という願望が、曖昧な部分を自分の都合のいいように解釈させてしまうのです。それが「自閉性の妄想性認知」と呼ばれるものです。

そして、出会い系サイトなどの匿名性の高いやり取りの場合は、その危険性はより高まります。

何気ない一言を「侮辱された、笑われた」と誤解する(悪意への帰属錯誤)、返事を書くのが遅れると「レスがないのは失礼だ」と激怒し(相互作用の偏った区切り)、ネットストーカーになる、ひいては事件沙汰を引き起こす例も出てきました。

 

ハートマーク1つとっても感じ方は人それぞれです。仕事などでの業務上のメールのやり取りでも送る際に何度も見直したりして大変、気を遣うのに、匿名性の高い出会い系サイトやお友達とのLINEでのやり取りなどでも尚更、同じことが言えます。

日頃から実際に顔をあわせることが多い相手とのメールのやり取りでは笑い話ですむことが多いと思いますが、メールやネットでの顔の見えないコミュニケーションは誤解が生じやすいことをくれぐれも肝に銘じる必要があります。

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

それでは、ピカレスクでお待ちしております。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま、お疲れ様です。

 

カウンセラー鑑定士の諒です。

 

もう明日から5月に突入し、もうすでにゴールデンウィークに入られている方もおられるとは思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今日は、「テクノストレス」についてご紹介します。

 

テクノストレスとはストレスによってコンピューターなどとの関係が崩れた時に生じる病気の総称です。そして問題となるテクノストレスで発生する症状の1つに人との会話が無価値に見えてしまうことがあります。

 

数年前に開催された全米心理学会では、インターネット利用者の1割近くがネット依存症に陥っているという報告がありました。アメリカの心理学者クレイグ・ブロードは主にコンピュータ関連の仕事に従事している人々にテクノストレスが見られると警鐘を鳴らしています。

 

テクノストレスとは、どんなものでしょうか。それには主に2つあります。

1つ目はわかりにくい取扱説明書を見て恐怖に取りつかれたり、ひそかにコンピューター教室に通うパソコン恐怖症です。これは中高年の管理職に多い傾向です。

2つ目はコンピューター過剰適応型=依存症(テクノセンタートタイプ)があります。

1日中パソコンの画面に向かっていますと、通常は漠然とした無気力感と消耗感を感じ、ストレスを発散したくなりますが、コンピューターの二進法的な発想に同化しすぎると、その状況に不自然に適応してしまうのです。対人関係が苦手な社員が陥りやすい症状です。あなたの周りにも「パソコンおたく」などと呼ばれている同僚や知人が一人くらいいるのではないでしょうか。

コンピューターの返答は正確、迅速、的確ですが、そうしたコミュニケーションに慣れてしまうと、同僚や夫婦、あるいは子供たちなどとの会話がひどく冗長で、とりとめがなく、無価値なものと思うようになってしまいます。それが原因で職場や家庭の人間関係が崩壊したというケースも数多く報告されています。

確かに日々交わされる何気ない会話は一見ムダが多いように見えますが、そこにはとても大事な感情の交流があります。こうしたやり取りをし合えることこそが人間であることの証明です。

 

あなたは最近、同僚や家族との会話が煩わしくなったり、人間関係に興味がなくなったりはしていませんか。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

それでは、ピカレスクでお待ちしております。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)