今日はシティーから南東に1時間ほど歩いた先にあるサウスヤラの方まで行ってきた。

{F3150CA5-D1D3-48BC-B630-DDB290425A15}

サウスヤラはチャーチストリートがメイン通りで、この通りを南に進んで行くとセントキルダ方面に行けるし、北に行くとギリシャ料理店が多いスワンストリートの辺りや、さらにチャーチ通りを北に進むとアパレル店が多いリッチモンドへ行くことができる。

まぁそれはさておき、僕は一際大きなジャムファクトリーという建物を見つけた。

{FDE979A0-FD58-46F2-B76D-004AA3F5BBDD}

ここはかつてジャム工場だった建物をそのまま商業施設に転用した場所なのだ。

{E111A454-0893-4CFF-9BFA-4C19A7046795}

中に入ると天井には大きく目立つ星のマーク。

{00D85D85-9830-451C-B53A-DECE18E68DC3}

とても綺麗。

でも映画館とか服屋とか、これといって興味のない店ばかりなので僕は外に出て歩く。

そして今日の目的地、プラーンマーケットにたどり着いた。

クイーンビクトリアマーケットと並んで、安い食材が手に入れることができるという噂を聞きつけて、是非いってみようじゃないかということでわざわざ1時間かけて来たのである。

{B3D31DE0-0C95-4B52-A987-4D34644BFCEA}

活気に満ちているマーケット。

{A11FB2DA-F769-4602-ACCC-2EF3B75FB909}

クイーンビクトリアマーケットよりは規模が小さいけど安さは同程度。

{304D57E6-71D3-48CA-B3EB-2A8EC7A0606E}

肉や魚の店も勿論ある。

{0B600C37-EE5A-44A6-813C-16EA6CD1F226}

桃とプラムの詰め合わせが1ドルという破格の値段で売っていたのでそれを買って食べた。

{315AE179-13EC-43AB-BF58-B2649EDE5097}

雑貨屋も多くあり興味をそそる。

{30CD1CBC-89D3-442B-A174-56493AA30934}

お土産に1ドルスクラッチを買って帰った。

当たるといいな1万ドル。
AD
今日はアンザックデー。

アンザックデーとは、第一次世界大戦で勇敢に戦ったオーストラリアの兵士たちの追悼を行う日である。

当時は日本軍がオーストラリアに侵攻していて、多くのオーストラリア人が犠牲になったよう。

だから未だにオーストラリアの内陸部や東部の一部の人達は日本人を嫌っているみたいで、卵を投げつけられたりするらしい。

まぁ基本的には親切な人たちばかりなので当然いままで僕はそんな危害を受けたことはない。

でも今日はアンザックデー。

別に僕が複雑な気持ちになる必要はないとは思うんだけど、だからといってでかい態度をとるのは論外。

日本人である僕は今日は大人しく過ごすことに決めた。

というか今日は雨だったので外出するのも億劫だ。



{A65762FF-A7F5-47C7-892E-15C4760340C9}

ちなみにこれがシドニーのアンザック記念碑。

{D1EA9A93-4457-4FDB-8A3F-41669C247410}

はるか遠いシドニーでの日々が懐かしい。
AD
今日は日曜日で天気もいいのでちょっと遠出をしようとセントキルダという場所まで行った。

僕が暮らしているドックランズから歩いて1時間くらいで海岸に到着。

{86DD9F04-668A-4BE8-B221-0D6768F5948B}

そこからずっと海岸沿いを歩き続け、さらに1時間ほどでセントキルダに到着。

{E08F923E-CF6A-47A2-80B4-EE3B4BBB53F9}

こいつはクック船長の銅像。

セントキルダでは毎週日曜日にマーケットが開かれているようで、通りには人で賑わっていた。

{1439DCE1-078B-419D-A364-93B99B7D7DEB}

オーストラリアってあらゆるところでマーケットが開かれているなと改めて感じた。

{70A01320-3913-4C92-8444-FE05673B03D2}

日本ではあまり見かけない、活き活きとしたマーケットの活気がある。

ここでは手作りのものを売っている店が多かった。

こういう風に自分のやりたいことやって楽しくお金を稼いで生きていければ幸せなんだろうなと思う。

{9468BBB4-385F-4280-B67D-0DF3CC05EBAF}

そんなことを考えながら出店が並ぶ通りを歩き続け、抜けた先に一際目立つ建物があった。

{E3A45F13-E010-461D-B91F-7730D898C555}

どことなく見覚えのあるこの建物は、シドニーにもあったルナパークだ。

なんと、メルボルンにもルナパークは存在していたのだった。

{D3EC69D8-4C50-45D3-AE20-F1F23D8F75FB}

しかも門構えはシドニーのよりも大きくて立派だ。

シドニーと同じく入場料は無料なので僕は中に入った。

{A081BB74-C470-423A-9503-84EB6F4BF4FC}

{59DFBB7E-5864-490A-BD35-A5A901096547}

{99BF5669-24EF-495D-B4DC-EB03858FFF2E}

{FFC40FEF-E33A-4BCC-BC8D-540CF7D349DB}

{B94DB91E-42C5-4656-8307-4D9F9375711E}

{0CBAE728-867D-43C2-AB48-9E254CFF1F53}

{B32E9271-270D-4ADC-BCBF-5C94AB3443C1}

{2141791A-05C7-4E33-B090-DED469CF5A36}

{0DBB614C-E4A8-4CC4-8167-BD22572942A3}

{BA425DDB-BD5E-4886-8D1E-9A276638EC56}

園内はシドニーの方が広くて色々あったかなと思ったが、それでも楽しそうな場所だった。

ルナパークを出てからビーチの方へ行くと、一際長い橋が見えた。

{5CB1450E-6A55-4635-B9BF-A6CACA932E98}

沢山の人が渡っているので気になった僕も橋を渡る。

{82CD22E8-F42D-4B72-9511-3AE87224AAD5}

ずっと歩いていると奥に建物が見えてきた。

どうやらカフェのようだけど、その裏にもさらに道が続いていた。

{7B387AA8-7595-4ED7-9EC0-B12FCBA1F10B}

ここはどういう場所だろうと思っていたら、日本語のレリーフを発見。

{441EA110-D316-4BB6-B023-5C5FCA378AA7}

ペンギンなどの野生動物を保護している場所のようだ。

ということはペンギンが見られるのかなと探してみる。

{0081ED5A-9ADA-4CD8-89FF-DD3F4193F265}

{4B985347-371C-415F-B7B7-7857A6622D2F}

{118DAC35-502A-429D-A4ED-D2D232F156CE}

いた。

岩場の陰に隠れていた。

ペンギンが驚くといけないから近くの人達はみんな物音を立てないように気をつけていた。

{5791A63F-AF71-4164-932B-4722058F01E7}

ここにも一匹。

フラッシュを焚かないように静かに写真をパシャリ。

ペンギンの写真を撮って満足した僕は引き返す。

{C45F0EE8-D6EC-4472-8207-7D4AFD9B54B0}

{CCA33611-FD6D-407D-B353-3542B972F0F0}

{537FB720-011A-4FD1-BB10-343C9DE9DA49}

{FAE3BC4D-7D34-4734-A057-524BBA41B48C}

{8B701DDF-3407-4319-A8C8-841A7654B39A}

帰りも2時間以上かかって歩いて帰った。

オーストラリアにきて足腰はかなり鍛えられたんじゃないかと思う。
AD
今日はシティーから約一時間北に歩いたところにある動物園に行ってきた。

その名もメルボルン動物園。

オーストラリアで一番最初にできた由緒ある動物園だ。

普通はトラムに乗って行くのだけど、無料ゾーンを超えたところにあるので節約のため歩いて行った。

ほぼまっすぐ北に一本道をいいだけなので、それほど迷うことなく到着。

{EEA935FF-76B4-40DE-93D6-60DF28C4F463}

{CFBA798F-F88B-436B-88D6-76D90E69FD2C}

入場料は大人1人32.5ドル。

まだ良心的な価格で安心して中に。

{1D6B813E-8996-4498-9BC1-C4985DFC2052}

やはりオーストラリア。

とにかく広大。

{9709F42A-E52B-44CE-A294-0EDC76295E34}

ダイナミック。

{6AD62880-B87C-4E4A-835F-D43C70AAC321}

で、動物も間近に見ることができる。

{B36A2F48-8D0E-4D57-8D54-F96898AA8858}

触れることはできないが、間近まで寄って行っても大人しく眠そうにしている。

{51FE3339-A6AA-45CF-BBA3-156F558EC78A}

一緒に記念写真を撮ったが、ふてぶてしいやつだ。

{1B6315A6-3B32-4C39-A5CC-655EA9D71CF0}

オーストラリアだから勿論コアラもいる。

ブリスベンのローンパインコアラサンクチュアリーに比べるとコアラに関しては劣るが、他の動物が充実しているメルボルン動物園。

{23C62B0F-B2AD-4574-BB21-A29947B502DA}

ミーアキャットもいるよ。

{97B87480-8F76-4E24-B2EB-C78AB53B2876}

トラも。

{CDAE600C-929F-43B4-AC3D-A3B55EC9517C}

像も。

{4E868E21-496B-472A-B07C-2F56C5FE2C1C}

ペリカンも。

{3F96BC31-CE2D-491E-9FBF-35DCB0D576F7}

森の賢人も。

{1533DBF6-9D9E-4650-98FD-539190678F98}

ウォンバットは寝ていた。

{DF7F8E4D-A6D8-410E-B52F-D30B2E69C30F}

親子で寝ていた。

{187345AC-7BCC-4F99-9DBE-5BD13C74D932}

{2EDA795C-3EC9-4D2F-8F83-B79DD1155C23}

{FD40C575-38E8-4BB2-B462-40B176F38B9C}

蝶々が集まる小屋では、多数の蝶々が舞う美しい中で触れ合うことができる。

{67BB8E15-BFD3-4EF8-BED4-AB0B35894DF5}

様々な種類の蝶がそこら中を飛び回る。

{39A84C09-BECD-4C32-BD98-1AD4E3A3CCBE}

入園者の体に蝶がまとわりついてくる。

ちょっと湿度が高いけど興奮。

閉園間際、もう一度一通り動物達を眺めに回っていると先程は寝ていたウォンバットが起きていた。

{C3C7F53C-7F22-4E51-9B87-FE91849610BF}

可愛いウォンバットが動いてる姿を見るのは初めて。ラッキー。

そして閉園。

9時半ぐらいから5時まで、気付けば一日中いた。

ボリューミーでちょっと疲れるかもしれないけれどメルボルン動物園はオススメ観光スポットだ。

{586E03F1-F317-4955-AB27-9696B84E60BB}
どうやら今日はイースターの日らしい。

イースターというのは日本では馴染みがないけれど、卵にカラフルな模様を描いたり卵を探したりとか、なんかよく分からないけどそんな祭りなのだ。

いろんな店で卵型のチョコレートが売られていた。

あとコールスやALDIなどスーパーの店員がウサギの耳を頭につけてたり。

そんな祭りのようだ。

今日はサウスメルボルンマーケットという場所へ行ってみた。

{A2A249FE-CC96-416B-85AD-0CD830A4E32B}

{2950997A-0572-440D-92AF-E018D2233379}

気になる看板を見つけた。

{8A1224BA-52FF-4944-907C-8DE08E076E07}

5/6にバーベキュー大会が開かれるらしい。

無料みたいだから是非行ってみたい。

今日はイースターということで、せっかくだからイースターエッグチョコレートを購入。

{EFCE7D5A-7C4E-46FA-8862-A8C41BB3AE03}

1ドルだよ。

帰って食べてみた。

{2ED1313E-37E2-47AC-8957-3247B3F91C88}

チョコエッグの巨大版みたいな感じ。

美味しかった。

日本でもイースターが普及するといいね。