2009-06-29 23:10:17

卒業式

テーマ:大学生活

先週金曜日、卒業式があって、

無事に卒業証書をもらうことができました。


大連マイブーム・復活編!-卒業式

そして、学位証書も。


大連マイブーム・復活編!-証書

本当のことを言うと、

中国の大学、しかも国立じゃないし、

留学生だからと

簡単に考えて楽だと思っていた部分はありました。

あったけど、

中国語で論文を書いて、

しかも中国人学生に内容的には絶対負けたくないと思いつつ書いて、

さらに慣れない管理システムの中でここまでくるのは

思っていたよりずいぶん大変でした。

だから、感慨ひとしお。


3年は、長いようで短く、短いようで長かったけど、

こんな年齢になって大学院に行くことに賛成し支えてくれた夫、

3年間一緒に頑張ったクラスメートのDと金さん、

応援してくれたたくさんの友人たち、

本当に感謝してます。


これで、私の大学生活も終わり。

これからは別のことに励みます。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-04-11 13:12:52

出してきました~~

テーマ:大学生活

昨日、締切の4時半ギリギリに事務所に論文出してきました。


その前日は、夜の10時に先生からまたもや電話がかかってきて、

あれやこれやと修正の指示を出され、

結局ほぼ徹夜状態で朝一から学校に行き、

旅順の田舎だからコピーとか綴じたりするのも一苦労で、

事務所に出したときは、

喜びとかより、がっくり。

疲労困憊・・・の一言でした。


大連マイブーム・復活編!-スパークリングろうそく


で、夜、這うように家に帰ってきて

ラズベリーの入浴剤入れてお風呂に入り、

この間IKEAで買ってきたろうそくの灯りで、

ずーっと飲まずにあったスパークリングワイン開けました。


これからまだ審査とか発表会あるけど、

とりあえず一段落。

小説でも読んだりプール行ったりして、

2~3日のんびりします。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-04-05 16:16:32

さくらさくか?

テーマ:大学生活

あっ


というまに4月。

私の論文はまだ完成していません。

もう、ちょっとボロボロ・・・。


何回直しても直しても、

どうして毎回同じページにこんなに直しがあるのか。。。

そして、

「そんなでっかい直し、もっと早く言えー」

というような直しが、

先生は何回も見ているはずなのに

どうして提出直前の今になってあるのか、

先生はちゃんと読んでいないんじゃないか

という淡い、いや、相当濃い疑問を抱きながら

刻々迫る締切を

ただボー然と感じている有様です。


中国って、大変。


それでも春は来ます。

満開になる前に、もうひとがんばり!


大連マイブーム・復活編!-さくらさく

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-03-16 22:43:00

書いた。

テーマ:大学生活

終わった・・・

いいかどうか分からないけど、

指導教官に見せたら直されまくるだろうけど、

とりあえず論文、書き終わった・・・。

開放感というより、

燃え尽き症候群って、こんな感じか。。。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-02-25 15:29:34

孤独と奮闘中

テーマ:大学生活

毎日毎日資料と格闘中。

論文の締め切りがもうすぐ。

ああ、第一次の締め切りには絶対間に合わない。

先生に来週電話してお伺いをたてよう。


それにしても、孤独だ。

一日誰とも話さずにずーーーーっと

パソコンとお友達。

これが続いたら絶対鬱病というものになってしまうであろう。

でもやらないと。

うー。


あと10日間、

あと10日間でなんとかケリをつけてやる~!



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-09-17 21:35:47

修論構想発表会

テーマ:大学生活

おわった・・・・。

修論構想発表会。


先生もしてるが学生もしているので、

そして微妙に最終学年の3年生になってしまったので

修士論文の構想発表会なるものがあったのである。


今回ばっかりは寝る間も惜しんで勉強した。

甲斐あって、出来はまあまあ。

というか、ここだけのハナシ、結構よくできていたかな。

自分としては。


本番はこれから。

本論を書いて、練り直して・・・と作業は尽きないけど、

なんか、

大きい山をひとつ越えられた。


なにより、クラスメートのDと励ましあえなかったら

できなかったかもしれないな。


あー、今日は、寝る。

好きなDVD見ながら、寝てやるぞ~






いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-07-11 12:13:48

文学のレポート

テーマ:大学生活

今日の朝、クラスメートの金さんからメールが来た。

「王先生の文学のレポート書いた?」

ああ、書いていないの、金さん。

私、文学的な思考回路が全くないんです・・・。


本たち


もう何日も同じ本に向かっているのに、何にも湧いてこない。

抽象的すぎて、文学なんて論じられないー。

誰かに書いてほしい(泣)


でも、そういえば、先日学校で

「僕の代わりに試験受けてくれる人募集。

3000元出します。」

っていう広告が貼ってあったな。

すぐ引っぺがされてたけど。


替え玉なんて!

うまくいくわけないし、

替え玉を使おうという姿勢に腹が立つ!と思ったけど、

こうなってくると気持ちは分からなくはない。

わからなくはないけど、

そこでグッと踏みとどまって頑張らないとでしょう、


・・・ということで、

私も訳のわかんないレポートに戻ります。








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-12-07 19:20:45

ちょっと腹が立った話。

テーマ:大学生活

今日、中国語の先生に

「・・・日本人のあなたたち(私とクラスメートD)と話すと、

一言二言短い話ではわからないけど、

長く話せば話すほど、距離感を感じる。」

と言われた。

そして、もう一人のクラスメート韓国人のKさんは話し方も親しく、

上手に中国社会に入り込み、なじんでいると。

どうも私たち日本人の話は婉曲で、

直球どまんなかの中国人には親密さにかけるということらしい。


そりゃあね。

日本人と中国人は肌の色こそ似ているけど、似て非なる人間同士。

思考回路から見えている世界まで全く違う(と、私は思う)。

相手に負担をかけない、迷惑をかけない、日本ではそれが美徳だけど、

中国では正反対、負担や迷惑をかけてこそ親密。


もちろん国が違うんだから、思考回路は違って当たり前。

距離感があってあたりまえ、あったっていいじゃないか、と私は思う。

そしてそれをお互いに容認しあわなければならないと思う。

特に言語に従事している人間は。

でも、中国人にしたら「郷に入れば郷に従え」。

長い歴史の中でさまざまなものを飲み込み、

同化してきた漢族主力の中国。

漢族のしきたりに合わせられないと、

とたんに「親密じゃない日本人」なんだろうなあ。


それにしても、

そういう「距離感がある」みたいなことを、

先生が教えている生徒に言うかね?

(しかも、私たちにしては結構慕っていたつもりだったのに。)

思っても言わないでしょ、普通。

私たちだって言いたいことは山ほどあるけど、言わないんだから。


・・・と思うのが、日本人の常識から離れられない私の狭さ?

まあ、よくわからないんだけど、ちょっと腹がたったので。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-11-16 18:09:56

おそろい

テーマ:大学生活

大学構内を歩く仲良し二人組み。


なかよし


ズボンがおそろいである。

(結構奇抜なデザイン。)

特に若い女子の間では、仲良しだとおそろい率が高い。

おそろいの服で手をつないだりして、

仲がいいんだよ~、と精一杯アピールするのである。

そういうところあっさりしている日本人には、いまいち濃いんだけれども。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-10-20 19:26:55

おかげできれいになりました

テーマ:大学生活

4月のはじめ、激烈な砂埃に吹かれて呆然とした、

大連外国語大学旅順新キャンパス。


正門


なんとなんと。

あれから半年で、こんなになってしまいましたとさ。


10月学校門


同じ場所に見えますか?

私の卒業と同時くらいにできるかと本気で思っていたけど、

ものすごい速さでもうすぐ完成。

このくらいの状態になってから引っ越せばよかったのに~とも思うけど、

まあ、それはそれ。中国だし。

今になっては、大学の建設途中の工事現場などと

普通では見れないものを見れたからいいかな、と思ったり。


やっぱ、人間、環境が大切。

きれいな場所にいると、ちょっと余裕がでてくるもんね。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。