2006-05-18 17:59:06

Uさんのカット

テーマ:そのた

友人のUさんが髪を切った。

肩下まであった長い髪をバッサリ。

思いきったね、とビックリすると、

「子育てが一段落したら切ろうと思っていたの」。


cut

              カットby「KILALA」


もちろん、彼女はお母さんだ。

でも、お母さんのUさんと、女性のUさんと、

多分、だんだん比重が変わってくるのだろう。

私は彼女の比重が「女性」に傾く瞬間に立ち会ったのかもしれない。

とてもとても素敵で、笑顔も晴々、軽々。

こちらも嬉しくなる。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-05-13 17:40:32

大連の雑貨探し

テーマ:かいもの

雑貨を仕入れに行った。

キッチュな感じでまとめてみた。


金魚のコップ4つ    35元

    焼酎飲む用 

ホーロー皿4枚     8元

    パスタとかアイスとか材料とかなんでも

    難あり処分品で激安

ホーロー食事セット  8元    

    手つきカップ1、皿2

    アウトドア好き友人へおみやげ予定

ワインオープナー   48元

    最近お気に入りのデザートワインを開ける用

スプーン2本      10元

    口に運ぶところのラインがお気に入り

フォーク2本       12元

    軽くて飛んでいきそうな中国のフォークの中で、

    重量があってデザインもよし、大健闘。


合計          121元(1800円くらい)


zakka


「暮らしのPC工房IN大連」 mikihirommさんのご紹介で

「大連 気まぐれDIARY」 marorottiさんに連れて行ってもらったのだ。

金魚コップは大菜市。

そのほかは大菜市裏の卸売市場。

なかなか知らないと行けない場所である。


いろいろ知ってる方々がいると、

大連生活もなんとも楽しくなるものだなあ。

感謝、感謝。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-05-12 16:48:44

上海底力

テーマ:pigrets2@上海

蘇州から大連へ帰る前、上海へ寄った。

蘇州には高い建物がなかった。

細い川沿いに白い壁、黒い屋根瓦の家々が並んでいたが、

上海は全くちがう。

ドカッとビルディング。

昔っからのビルディングが空に向かって立つ。


上海まちなみ.


こういう町並みを歩き、ビルとビルの間の細道をこっそり見たり、

やっぱり上海はドキドキする。

なにか、いつもと違うことが起きるんじゃないか、

何かが始まるんじゃないか、

そんな風に感じる。


煎餅おやじ


小さめの肉まんを油で焼く「生煎」。

かぶりつくと、ジューシーな肉汁がブワっと出る。

地元民は朝ごはんや昼ごはんに弁当箱いっぱい買っていく。

ガンガン食べて、ガンガン動く。

これが上海を支える底力。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-05-10 15:46:09

蘇州のコンビニ

テーマ:pigrets2@蘇州

蘇州にはコンビニが豊富だ。

上海にはファミリーマートやローソンが多いが、

蘇州には地元系が多いようだ。

ホテルの近くのコンビニに入った。


・・・おっと。


びっくり。


蘇州コンビニ


これなら、無印良品と間違っちゃうよ・・・ねえ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-09 00:54:13

蘇州のお茶

テーマ:pigrets2@蘇州

「獅子林」という大変美しい庭に行った。

緑がこぼれるような庭だ。

疲れたので、その中の喫茶店に入った。

庭を眺めながら一服。


獅子林お茶


ピンクのポットには熱々のお湯。

カップに茶葉を入れてもらい、あとは飲み放題。

杭州は「龍井茶」が有名だが、蘇州は「碧螺春(ビールオチュン)」。

若い芽で作る緑茶で、ほんのりとした香りと味。

大変上品なお茶である。


獅子林お茶を飲む人たち


喫茶店の中はこんな。

蘇州の古い建物にはステンドグラスが使われているのが多い。

贅沢で、風情があっていい。

暑い中、熱いお茶を飲む。

不思議と、汗がひっこんでいくのである。



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-05-08 16:35:37

蘇州の美味

テーマ:pigrets2@蘇州

太湖三白。

白蝦(小さい手長えび)、白魚(白身の魚)、銀魚(しらうおの仲間)。

今回は白魚の料理↓。

湖の魚だから、臭いかと思ったが、全然。

淡白な魚の味に塩味がきいて、大変おいしい。


王四酒家白魚


土家族餅(トゥージアズービン)↓。

餅といっても、日本で言うお餅ではない。

小麦粉を薄く延ばして焼いたもの。

クレープやピザのようなものの総称。

土家族餅はたぶん中国全土で売ってるけど、

蘇州では大人気。

土家族という少数民族が本家のピザ。

肉とちょっとピリッと辛いソースがのっている。

どこにでも店があって、みんな歩きながら食べていた。

ちなみにひとつ2元(30円くらい)。


土家族ピザ


枇杷。

蘇州の道には天秤棒をかついで、たくさんの果物売りがいる。

このおじさんから買ってみた。


怡園裏道果物売り


わたしのことを中国人と信じて疑わず、

一緒にいた夫のことは、中国語を話すのに

「この人は中国語がわかるのか?」と何度も聞いてくる。

何で私は外国人に見てもらえないのだろう?

今が盛りの枇杷。

当たりは甘く、ジューシーで、はずれは硬くて酸っぱい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-07 19:17:53

蘇州の風景

テーマ:pigrets2@蘇州

蘇州は水の街だ。

おばさんの船頭が小さい船をこぎながら歌う歌は、蘇州の言葉。

全然わからないが、水の揺れと妙にマッチしている。


パンメン小川


蘇州人は風景を変えない。

新しいものも古く作る。

自分達の「江南風景」を誇りに思っているのだろう。


古い民家


近年、だいぶ水が汚染されているんじゃないだろうか。

生活排水や工業排水で。

もったいないな、とは思うが、私には何もできない。

蘇州の人たちがなんとか頑張ってくれるのを待つのみ。

無力であり、ただ口だけで

「もっときれいになったらいいのにね~」

などと無責任に言っているのが、観光者というものだ。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-07 13:36:17

蘇州の香り

テーマ:pigrets2@蘇州

蘇州に行った。

町の真ん中、広場酒店というホテルに泊まった。

ここは、古い。

外から見ると、趣があっていい。

部屋の中は、板張りのギシギシ音のする床。

床に敷かれた分厚い絨毯。

古い木造の調度。

エアコンもはいらないのだ。25度もあるというのに。

「暑い」と言うと、「窓を開けろ」と言う。

窓を開けた。

ふと、何かの香りがした。


広場酒店床


黄昏時、外に出た。

大連と全然違う空気、暑さがまとわりついてくるようだ。

また、あの香りがした。

甘い花の香り。

街路樹を見上げてみると、白い花をつけている。

ギンモクセイ?なんだろう。

そんなような香り。

蘇州は、どこへ行ってもこの香りがした。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。