2006-01-28 23:35:47

春節快楽

テーマ:そのた

今日は春節(旧正月)のおおみそかである。

大連は、大変正月らしい雰囲気である。

私の住む開発区の店はほぼ開いていない。

開いていたとしても、お客がいない。

信じられないくらい閑散としている。

(生鮮食品があんまりないから?)

普段のように開いていて、お客もいるのは

マクドナルドとケンタッキーぐらいである。


そして、この花火と爆竹。

毎年のことではあるが、うるさい。

中国の正月らしいが、うるさい。

空襲がきたんじゃないかと思うくらいである。

朝の6時ごろから始まって、夜中になってもずーっとである。

それどころか、この時間になって、調子がでてきているようだ。

うちは1階で、しかも窓の前が絶好の爆竹場所になっているらしい。

お願い、勘弁して・・・と頼みたいくらいになっている。


あしたからしばらく九州に行く。

朝6時の出発。

こんな中で寝れるのか・・・。

夫はこんな中でも熟睡(爆睡)。

どこでも寝れるのが彼の特技。

こういうところは尊敬する。


祝春節快楽。


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-01-27 19:02:54

オーブンの交換

テーマ:かいもの

なにも、こんな中国の年の瀬にわざわざ・・・

とも思ったが、オーブンを買った。

「大連 気まぐれDIARY」 marorottiさんの影響が大きい。

そして、彼女の3台目 と同じく、みごとにはずれのオーブンだった。

時間がたっても全然焼けない。

「どあ~・・・・私のところにも来たか・・・」、そう思った。


これは早急に交換しなくてはならない。

「電気がついているのに温度が低くて焼けない」

marorottiさんは、これを説明するのに食パンを持参して、

不良品と展示品で焼いて証明した。

なるほど、いい方法である。

私は、さらに上をいこう!と、180度、200度、250度で

試した食パン(もちろん全然焼けていない)を作った。

もちろん、店内で焼く用の食パンも用意した。


パン


そして、いざマイカル開発区店3階へ!

私「これ、不良品だから換えて。」

店員「え、昨日買ったのに、もう壊れたの?」

私「壊れたんじゃない。もともと不良品だったんだ。」

そして、すでに焼いてあったパン(↑写真)を見せる。

店員「・・・・機械が壊れてるんじゃなくて、あなたの思い通りに

なってないだけじゃない・・・?」

私「そうじゃない。全然焼けない不良品だ。

新しいのもってこい。それでこのパンを焼いてみせる。」

13分後、新しいのがやってきた。

それで店内で焼いてみせようと持ってきた食パンを焼き、

みごと交換OK。

marorottiさまさまである。


それにしても、この騒動で出てきた店員は5~6人。

その中の4~5人は珍しそうに見ているだけ。

クレームをつけに来た客を質量でねじふせようというのか。

確かに、圧倒され、負けそうになる。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-24 17:52:57

春節準備

テーマ:そのた

快到春節了。

もうすぐ春節がくる、という意味である。

この時期、町は一面の紅色になる。


春節


紅色と金色の春節飾りは、一見、

日本人からすると、あまりに派手すぎるように見える。

でも、想像していただきたい。

中国東北の冬の夜は、ひんやりと暗い。

いつもは夜10時をすぎればひっそりと、物音もなくなる。

こんな中で、紅色のちょうちんが揺れたら。

爆竹が鳴ったら。

今でこそ、都市は明るくなったが、

今でも田舎では、このぐらいの派手さがないと、

なんとも物足りないだろう。


こういう諸々がだんだん美しく見えてきたら、

中国通になってきた、

または、

中国的美的感覚に汚染されてきている、

ということである。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-19 02:21:54

羨望

テーマ:そのた

私のまわりには、中国を楽しんでいる人が多い。

先日、室内マーケット(中国語の所謂“商場”)の

ツアーに連れて行ってもらったが、

その連れて行ってくれた友達の、

知っていること知っていること。すごいものである。

昔ながらの室内マーケットは、雑然としていて、

同じようなものがいろんな店で売られている。

そんな玉石混合(「石」の方が多そうだが)、

大量の混沌とした雑貨や食料品の中から、

彼女はぴかぴかの「玉」を探しあてるのである。

中国不自由なんのその。

それを楽しんでいる。

そう。

本当に、生活自体を楽しむのが上手なのだ。

正直、うらやましく思った。


私はどうだろう?と考えた。

確かに私は言葉はできる。

が、彼女のようには、

積極的に中国に入りこんでいない。

故意に距離をあけているというか。

どうしてだろう?

以前、あんなに中国が好きだったのに。

平気で露天で豚肉や野菜を買っていたのに。

そして、それが楽しかったのに。


驚きもなく、発見もなく、

楽しみも上手に見つけられないようにしてしまったのは、

きっと、自分の狭い心なんだなあ、と

ちょっと反省した。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-17 00:08:20

好物

テーマ:たべもの

私の好物に「春餅」というものがある。

中華風クレープである。

小麦を薄く延ばしたクレープに、いろんな「菜(ツァイ)」、

つまり料理をのせて、巻いて食べる。

私の中で「菜(ツァイ)」の代表は「京醤肉絲」。

千切りの葱の上に、細く切った豚肉をちょっと甘い味噌で

炒めてのせたものだ。

THE・中華だが、なかなかおいしい。

これをクレープにのせ、くるくる巻いて、口に入れる。

クレープのモチっとした食感と、

京醤肉絲のちょっと濃い目の味がベストマッチである。


春餅


もうひとつ、中華料理で巻いてあるものがある。

おなじみ「春巻」だ。

どちらも“春”の字がついている。

この“春”の字、“巻く”という意味かな?と思っていたが、

辞書で調べるとそうではなく、

立春の頃によく作って食べたから、そういうのだと書いてあった。

料理の名前ひとつにも、奥が深いものである。



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-12 17:40:11

チョコレート

テーマ:たべもの

私は無類のチョコレート好きである。

甘いものは大体好きだが、どれかを選べと言われたら、

断然チョコレートである。

「チャーリーとチョコレート工場」という映画があったが、

あの世界に入れるものなら入りたいくらいである。

薄い板状のチョコレートは、

よく冷やしてカリカリ食べるのがおいしい、とか、

オレンジピールの入っているのはこの紅茶によくあう、とか、

考えるともう、買わずにはいられない。

麻薬のようなものである。


ガトーショコラ


今日は、ガトーショコラの作り方を習ってきた。

どっしりと重いガトーショコラで、そのへんのものとは、

一味もふた味も違う。

こんなものの作り方を知ってしまい、

自分で作れるようになったら、

体重が危険なことになる(今でもレッドゾーンだが)。

しかし、こういう危機や罪悪感を感じながら食べるのが、

またいいのだ。

チョコレート万歳である。




いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2006-01-06 00:13:28

大奥

テーマ:そのた

「大奥」を見た。

春日局が出てくる1章から、3章まで、全部だ。

去年はこの第3章「華の乱」がブレイクしたようである。

単純に、おもしろいドラマだった。

なんといっても、人の欲が浮き彫りになっているところがよい。

表向き、みな涼しい顔をして暮らしているが、

裏では大小いろんな陰謀や画策があって、跳梁跋扈の世界である。

この世を凝縮したのが“大奥”。

そういう感じである。


今に100%満足している人間はいない。

何かを手に入れたら、また次を。

普通の顔をしながら、いつもいつも、ないものねだりなのである。

人の幸せをうらやみ、自分も、と思う。


私は、そういう心は皆にあると思う。

なくなったら、山の頂上の寺に住む仏門の人だ。

あるからこそ、おもしろく、死ぬまで生きる力になる。


蛇足だが、第3章の終わりの歌、

「東京事変・修羅場」なかなか私好みでよい。



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-06 00:06:29

MISSHA

テーマ:かいもの

市内のニューマートの1階に先日できた化粧品屋。

韓国から来た「MISSHA」。


missha


日本の雑誌で以前見たことがあったので、買ってみた。

メイク落とし85元。

バラ水20%入り。

バラ水ってなんだろう?という話だが。

使い勝手はなかなかよい。

基礎化粧品意外にも、ほぼ、ここで揃う。


輸入品は高すぎる。

中国製品ではちょっと信じられない。

そうお考えの方々、

使ってみるとよいかもしれない。

なんといっても美しさへの執着があれほど強い、

韓国の女性達が使っている化粧品である。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-03 19:28:47

あけましておめでとうございます。

テーマ:おでかけ

自分の家以外のところに泊まる、というのは、

楽しいものである。

壁にヒビが入ってきた、とか、掃除をしないと・・・とか、

そんなことを考えなくてもいいのである。

非日常を簡単に味わえる場所だ。


ケンピンスキ


今回の年越しは大連に新しくオープンしたばかりの

ケンピンスキーホテルに泊まってみた。

北京の同ホテルには何度か泊まったことがあり、

良い印象だったので、大連もそうだろうと嬉々として行った。

どちらかといえばモダンなつくりである。

サービスもなかなか悪くない。

ブレックファストも私好みだ。

他のホテルに比べて宿泊の欧米人の数がとても多いように感じる。

ますます非日常度UPである。


しかし、5つ星はまだあげられない。

できたばかり、という弱み。

設備にちょっと難があったり、まだ皆がオタオタしてる感じがした。

すべてがまだしっくりしていない、というか。


基本的には好きなホテルである。

愛情をこめて、応援したいものだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも読んでいただいている皆様。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。