1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-03-17 14:00:00

札幌で食べたかったアレコレ。

テーマ:SAPPORO

通院、各種手続き、片付けなくちゃいけない仕事などなどの合間を縫って、

“北海道やり残しプラン”、まだまだ続いています。


札幌エリアでやり残したことといえば、友達と会うこと、そして“食”(笑)。





食。それは、カニ!!


さすがに道東まで足を延ばすのは不可能なので、

札幌中央卸売市場の『根室かに市場』

にて活毛ガニ(1kg超)をGET! ¥5,000で、石狩名物の鮭昆布?をサービスしてくれました。やす!!


ちなみに毛ガニは逃げないよう甲羅を下にして塩茹でするんですが、

このコはイキが良すぎて輪ゴムを切り、さらには鍋から逃亡を図ったほどのつわもの!

必至に脚を鍋に押し込み、蓋で押さえつけて事なきを得ましたが…

沸騰するお湯から身を乗り出す様子には驚きました(笑)。


そんなこんなで、お決まりの(笑)北海道の幸ディナー。


・毛がに

・鮭昆布

・ごはん

・味噌汁

・佐藤水産の珍味2種(鮭ルイベ、いかの塩辛)

・ジャガバター(塩辛をのせて)

・切干大根の煮物

・トマトサラダ

『』+純米吟醸 柴田

なみすけのブログ


その他、

『magari』、『モリエール』、『kao』、『鮨 葵本店』etc.

別れを惜しみながら、札幌の美食を堪能しています。


あと10日、しっかり食べて遊ばないと!!(笑)



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-03-16 15:00:00

憧れのミシェル・ブラス

テーマ:北海道の観光、アウトドア

いよいよ東京転勤がカウントダウンとなった私たち。



悔いが残らないよう、

北海道で一度やってみたかったこと、行ってみたかった場所、食べてみたかったものetc.…

もちろん、冬季なので登山や釣りなどできないことも多いのですが、

それでも可能な限りチャレンジしてみることにしました。え、貯金?そんなの知らなーい!(笑)



その①

ザ・ウィンザーホテル洞爺『ミシェル・ブラス』でディナー



昨年「北海道ミシュランガイド」にて三つ星を獲得、全国的に名の知れたレストラン。


たぶん、私たち夫婦の人生で1、2を争うセレブディナー(笑)。


東京から夫婦で洞爺湖へ行くとなると、食事代のほかに交通費も宿泊代もバカになりませんが

(ハワイの豪華ホテルツアーに余裕で行けちゃう・・・)、札幌からならさくっと行けます。


ちなみに、ザ・ウィンザーホテル洞爺は国際サミットが開催されたことで知られていますが、

開催に向けてゴージャスに改装したスイートルーム以外は、

バブル期のホテルらしく、低天井でいわゆる昔風のつくり。

当時らしく、ゴルフの会員権目的で建てられたのだとか。


国際サミット開催の地という格式のあるリゾートホテルの割に、

ハイランクの部屋以外は比較的リーズナブルに宿泊できるのはそのためです。


私たちはウィンザーホテルの宿泊に対して思い入れはなかったので、日帰りを選択。

浮いた宿泊費のぶん、〝北海道やり残しプラン”に資金を回すことにしたのです。



18:00の予約に、1時間ほど早くついてしまった。
なみすけのブログ

逆サイド。
なみすけのブログ

舞浜のリゾートホテルと同年代のつくり?

なんというか、内装をみていてそんな感じがしました。


いまは雪で真っ白ですが(笑)、

夏場は洞爺湖が一望できて、さぞかし感動的な眺望なんでしょうね。

(洞爺湖を見下ろせる、山の上に立つホテルなんです)



ちなみに外観はこんな感じ。

なみすけのブログ
自家用車で来た&宿泊者ではない私たちは、

駐車場から500mくらい?傾斜のある雪道を歩きました。
ドレスコードで”スマートカジュアル”を指定されたため、パンプスをはいていった私は雪まみれに…。



ちょうど夕日が落ちる時刻でした。
なみすけのブログ
なんて幻想的なんでしょう。



ディナーは、ひとことでいうと、感動。



洞爺湖を望む窓際のテーブルには、

『ラロス』の窯で焼いた、『ミシェル・ブラス』オリジナルレシピのパンがセット。


カトラリーには、

ライオール地方では1本のナイフを一生使い続ける、という伝承があことから、

食事中はナイフは交換せずに使い続けてほしい、といった内容のメモが添えられています。

(フランス語で、解説あり)



食事はコースもしくはアラカルト?で選べるようになっていました。


私たちは最初で最後かもしれないので、奮発したコースに(笑)。



…これは、背伸びして食べに来た甲斐がありました。

言葉でも写真でもなく、実際に提供されたての皿を舌で味わう感動があります。


大満足だった3時間。この時間だけは、私たち”なんちゃってセレブ”気分でした(笑)。



二つ目のデザートのタイミングで、ソムリエ?に何かの記念日なのか尋ねられたので、

「東京転勤が決まったので、フェアウェルディナーだったんです」と伝えると…


記念写真&シェフ直筆(!)のメッセージカードが!



※名前部分はボールペンでかくしています。
なみすけのブログ
Bon Voyage


裏面には、偉人の言葉を引用した、シェフの矜持が書かれていました(これも油性ペンでの直筆)



さらに!

帰り際には、こんなうれしいお土産まで♡
なみすけのブログ

至れり尽くせり。至福のひとときでした。


ちなみに、こちらはワイン風ソフトドリンク(ワイン用品種を使用したぶどうジュース等)の用意はなく、

代わりにソムリエがブレンドしたというお茶ベースの香り豊かなドリンクがそろっています。

(味は限りなく薄め、ほのかな香りを楽しむもの)。

どれもワインにマッチする食事なので、アルコールOKの方はぜひとも合わせてみてください♪



******************************



おまけ。


せっかく洞爺まで行くなら…ということで、リピートしたかったお店にも立ち寄りました。



HORIDAY MARKET TOYA
なみすけのブログ
日本雑貨の魅力を発掘できる、洞爺では珍しいほっこり系おしゃれ雑貨店(公式HP→

ポストカードとスタンプを購入。

札幌でも売っているものだったんだけど、ここで買えば少しでも洞爺の活気につながるかな?と。

“応援消費”ですね。



glass cafe gla_gla
なみすけのブログ
ワイングラスやガラスボウルなどを愛用している我が家。

夫が「前に店頭で見かけたごついロックグラスがほしい」ということで、

店頭に並ぶユニークなグラスを手に取りながら厳選し、2つ購入。


北海道を代表するガラス作家・高臣さん

(北海道だと、最近はサッポロビールのCMに登場されています)の

個性的でのびやか、そして気さくな彼の性格がギュッと詰まった、ほかでは見つからない形状のグラスです。

だって、うちにお迎えしたロックグラスは、ひとつ約655gもあるんですもの(笑)。

ドリンクを入れたら軽く筋トレ状態です。

でも、ドリンクを注いだ様子がたとえようもなく美しいんですよね。



来店時、映画『しあわせのパン』を観て西日本から訪れたという、黒髪マッシュボブのお嬢さんがいました。(g映画の中にla_glaさんの工房、グラスなどの作品が多数登場しているんです)


公開から1年経っても、映画効果は続いているのですね。うれしいことです。

洞爺の魅力、もっといえば北海道の自然の魅力を、多くの人に知ってらえたらいいなぁ。

















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-03-15 14:00:00

WHite dayの記録

テーマ:たべもの


バレンタインデーに『パティスリーシイヤ』のケーキ&チョコレートを贈ったお返しに、

Y先生が贈ってくれたのは…

なみすけのブログ
『』SAISON DE SETSUKO』のチョコレート。

ちょ、ちょっと!! 梅や桜に交じって。ことり、ことりがいますよー!!(大興奮)




奥様のツボを熟知したプレゼント、ありがとう♪

さっそく、ウグイスの乗ったチョコをいただきました。

コーヒーは、大好きな徳光珈琲のホワイトデーブレンドをチョイス。
なみすけのブログ



さらに…!今年は義父からもキュートなサプライズが♡
なみすけのブログ
ピンクのハート型ミニバルーン、もらったの初めてです!!女子っぽい!!!! 

テンションあがります♪

sake bon bonは、酒好きなのを知ってのチョイスでしょうか。

仕事の合間においしくいただいています♪




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。