CREAM OF THE CROPS!! SHAMS

                   SHAMSの紹介が主です。
            是非お付き合いアレ!





NEW !
テーマ:
どうも!
スペシャルズ、行きたかったなぁ〜...。
SHAMS(シャムズ)です。
そんな思いでの一コマを。

{1CB30BA6-B085-48A8-8626-3C3A1162668B}

新作の帽子を被りたそがれております。
柄が途切れないのが、
この一枚天井の強みです。
{DFFCEEBE-9EBF-49AA-B178-55F87944D1AA}

ダーツによる、立ち上がり(?)
も美しいですね。
{BA70A113-0F39-4933-99E3-AEAF889F0B75}
全身姿です。
どことなく、イギリス青春映画の雰囲気を
感じてもらえたら、嬉しいです。
{5AC8D941-6F3F-4DA5-A342-A5734EC803C6}
鮮やか緑色の靴下が効いてマス。
{8C2B2C40-F6B9-4BC2-A1A7-92160A158748}

スーツだけでは無く、
こう云うスタイルにも、
SHAMSのpancake capは
見事にハマりますよ!
と、の着用例でした。
御注文お問い合わせは
shamsoftokyo@gmail.com
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうも!

線路内に立ち入り、駆け抜けていく容疑者…。
何故かドラマチック―、だがしかし!チカンを認めている行動ですね…。
卑劣な行為はダメ!絶対!
SHAMS(シャムズ)です。
昨年の11月頃にご紹介した、ソリッド・ブラックタイ↓。
ご紹介冒頭の、ヴィンテージのナロウタイへのオマージュ…。
実際に古物を見ないと説得力もイマひとつかと思いまして、
少しでもご参考に成れば幸いですので、
手持ちの古物はだいぶ減ってしまいましたが、今回はそこからアメ物を抜粋してお届け―。
確か、DACRONなる生地を使用していたタイです。
フレッド・ペリーを思わせる刺繍が決定打でした。
アールデコな意匠に魅かれて―。
このテは、よく赤富士などでよく見かけたのでは!?
クールな印象です。
こいつシルクです。
控えめなユリの刺繍からSKAが聴こえてきそうでしょ!?
これもシルクでした。
角角なっている織りの稲妻パターンが40'sの残り香を感じます。
確かこれもシルクだった気がします。
今になって気がついたのですが、全部表しか撮っておらず
裏のタグ等をすっかり撮り忘れました…。
なのでの確か―です。
TIKIの文化なども感じさせながら、アメリカのTVドラマ「奥様は魔女」の
ダーリンが締めていそうな雰囲気のタイです。
この刺繍を見た時、何故かハクション大魔王を感じました。
そして、このタイの雰囲気や質感に近いモノを感じた生地を発見したからこその
ソリッド・ブラックタイであります。
どこか近いモノを感じませんか?
並べてみました。
ヴィンテージ・タイの全体の雰囲気と、発見した生地のにシンパシーを感じ
制作に至った訳であります。
タイトに織られ、重みのあるシルク地にキュートな色合いの耳。
個人的には堪りません。
そして、芯地を一切使用せずに生地を幾重にも折り重ねて仕上げる
完全手作業
の、ファイヴホールド・タイへと昇華させました。
脱構築の理念を感じていただければと思います。
最後は自作紹介みたいになってアレですが…

・5fold tie "SOLID BLACK"

silk:100%

price:\10,000-(+tax)

御註文お問い合わせは

shamsoftokyo@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!

随分と日が伸びましたね。
SHAMS(シャムズ)です。
前回に引き続きの、ご新規お取扱店様のご紹介です。
に、銀座デビユウ~で御座います…!
場所は銀座一丁目に忽然と現れたかのごとくそびえ立つ、
アズノウアズな奥野ビル…。
その215号室に,そこは御座います。
UNION WORKS
The Upper Gallery
日本靴修理業界のドン、中川ヒロヤス氏主宰のユニオンワークス。
その物販専門のお店でのお取り扱いです!
重厚な扉からチラリと見える素敵な店内。
ぐぐっと中へ…。
入り口右手のショウケースに陳列されております。
中川氏の貴重な私物と共に―。
SHAMSのオリジナル・ピン全型とタイスライダーをお取り扱いです。
銀座奥の方でお待ちしております!
御註文お問い合わせは
shamsoftokyo@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!

色々遅くてすいません。
SHAMS(シャムズ)です。
新規お取り扱い店様のご紹介です。
東横線高架下近くの目黒川沿いに佇む白い小屋…。
中目黒に居を構え、先月の17日に10周年を迎えられた
Vase(ベイス)さん
では中へ
圧巻の品揃え
ちらりと見えますね
デカダンス
棚の目立つ所に―
イカシタ小物軍。
Vaseさんのブログでとてもカッコよくご紹介してくれておりますので、
そちらも是非お読みください!
の時季もすぐそこまで来ている…そんなナカメでお待ちしてます。
御註文お問い合わせは
shamsoftokyo@gmail.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!

トレイン・スポッティング2、4月に公開ですね。
SHAMS(シャムズ)です。
ニュウコンセプトぶちまけといて、新作は無いんカぁ~イっ!
ッと云う事で―
今季(?)のパンケーキ・キャップの真打登場です。
更新が遅くて月をまたいでしまいました…。
今回からクドク行こうかと思っております。
では早速―。
この角度から見ると、ツバの形状も一筋縄ではいかないのがお分かりかと―。
有無を言わせない可愛さのでオマス。
とても上質な毛100%です。
綾織で軽い質感ですので、春先から大活躍をお約束。
夏以外被っていただけます。
モッツァレラに、トマトの・バジルのときて、さて黄色は…?
もしくは、ラスタをも感じさせる―そんなニクメナイ生地です。
往時のジャン=ポール・ベルモンドが被っていそうな、そんな雰囲気。
現在多く存在する、上にふくらみ/ボリュームを持たせた帽子とは明らかに違う ふくらみ。
ではなくに突き出たそのふくらみからの名称―
パンケーキ・キャップ
隠し切れない個性のBACK STYLE &柄合わせ。
そして、腰帯すら無く―
八つダーツのみで形成した一枚天井
(以外かも知れませんが)お相撲の街で、
50年以上のキャリアを誇るビスポーク・テーラー(主がカッター)の方が仰っておりました。
 ―ダーツは偉大な発明―だと。
でも、ダーツなるものが無ければジャケットが開発されていなかった…!
イカシたジャケットの、体に沿う美しい曲線もダーツあってこその賜物…成る程デス。
―確かに、オートクチュールの世界も一枚の布にダーツを駆使して、
その世界観を表現しているのを多々見受けられます。
ダーツ恐るべし。
上記画像の帽子の天板の中心に点を置き、ダーツに向かって線を引けば…、
そう!八枚はぎのキャスケットの誕生です。
そこにはきっと、文明開化の音が聴こえてくるのでしょう。色々な物を引っさげて―。
っての
~の拡大。
そこ腰帯が在るかのごとく、頭にピッタリフィットしながら頭頂部へと美しく描かれる
山なりの線
巧みアイロンワークと、繊細な針仕事によるダーツの縫い消しが成せる
手の痕跡…。
因みに、縫い消しとは、最後の2,3針を布の端ギリギリで縫う事です。
そうする事によって、ダーツの先端がとがったり変に目立たず自然美しい形に成ります。
綺麗なふくらみを形成したのち、スッぅとダーツが消えていく…。
―ホンのチョットしたな趣き…?
一枚の布に様々な表情を与える古典技法に、
当時の物やあまた在る現行の帽子のつばとは一線を画するカッティング・エッジなつば。
そして、
いつか見たことがある生地の裏地…
シャツおそろでオマス。
脱帽ですね…!
・pancake cap "Homme de Rio"
wool:100%
size:58cm/M, 60cm/L
price:\18,000-(+tax)
御註文お問い合わせは
shamsoftokyo@gmail.com
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。