大網白里市の不動産店

『株式会社ぴえて』は大網白里市で不動産・建築業を営んでおります。
和やかで気軽に相談していただけるようなお店づくりを心掛けております。
経験豊富な女性スタッフが、細かく物件の説明をおこないます。
最先端の情報をご提供できるよう努めております。

NEW !
テーマ:

こんにちはウインク

スタッフのJulietです音譜

 

弊社、初めての戸建新築完成見学会を7月29日、30日と二日間に

渡り開催致します。➡ 詳細はこちら

最近では珍しいエンジュの飾り柱や紫檀の隅柱、そして杉丸柱。

木に囲まれてとてもゆったりできます。

是非、お越しください。お待ちしています(=⌒▽⌒=)

 

タイトルのジャンセンは私の大好きなJean Jansem(1920 3/9 - 2013 8/27)フランスで活動したアルメニア人の画家です。

アルメニア人大虐殺シリーズで功績が認められましたが、ジャンセンで代表的なのはやっぱりバレリーナや少女を描いたリトグラフかもしれません。私は花や静物を描いたものが特に好きです。

 

ジャンセンはバレリーナを描く時、プリマではなくまだ駆け出しの筋肉もついていない少女のバレリーナを好んで描いたそうです。まだ自信なげな華奢なバレリーナは、憂いを含みつつ真に秘めた強さも感じられます。後ろ姿が多いので表情はわからないのにそれが伝わるのは不思議です。

 

初めてジャンセンのリトグラフを見たのは高校生の頃、家の近くのレストランのオーナーがジャンセン好きで店内に6枚くらい展示して

ありました。

その中の「ひなげし」のリトグラフがとても気に入っていつもその前に座って食事をしていました。

 

それから20年後、偶然これもまた家の近くのギャラリーで違う構図の「ひなげしとレモン」を見つけ思わず買ってしまいました。

まさか絵を買うとは思っても見なかったのですがこれほど長い間好んでいる絵なら毎日眺めていたいと思いました。

その頃微々たるバイト料の中から少しずつ返していたので結果的にはずいぶん高い買い物になってしまいましたが、毎日この絵を眺めながらゆっくりコーヒーを飲む時間を買った!と思ったらとても満足な気持ちになりました。

それからまた20年経ち今でもその気持ちは変わらず、あの時思い切って手に入れてよかったなあと思っています。

あれから「椅子に向かう少女」「ひまわり」を手に入れることができましたが、これもたまたま気に入った絵が偶然子ども達のそれぞれ生まれ年のものでした。

おまけにジャンセンの命日は私の誕生日なんて…

 

絵は何気なく飾ってあっても子ども達の目に入っているようです。それに気がついたのは小学生だった子ども達が空港の待合室に飾ってあったジャンセンのリトグラフを見て「これ家にあるのと似てる」と言ったのです。

その絵はほぼ黒一色のデッサンだけの景色だったのですがジャンセンの筆のタッチに気がついたとは‼️と私の方が驚いてしまいました。

ジャンセンの卓越したデッサンのラインは素晴らしいです。

 

銀座6丁目ソニー通り沿いにジャンセンギャラリーがあります。

毎年発行されるカレンダー(1000円)やポストカードはそのままフレームに入れて飾れます。

1993年に安曇野にはジャンセン美術館ができました。

 

ではまた、、see  you恋の矢

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。