あっきーさんの「大人だからあえて言ってみた」

30代独身貴族のあっきー(元ぴえぐら)さん。
気になっていることを
前向きに自由に書いてます。
余計なことも言ったりしてますが、そこはやっぱり
「大人だからあえて」ってことで。


テーマ:

J開幕しました。

残念ながら栃木SCは2戦連続のドローと苦しんでいます。

やりたいことはわかるけど、どうにもタレント不足に感じます。

2シャドーの2枚目は誰がいいかは考え直してもいいかもしれませんね。

 

そんなこんなでちょっと気になったこと。

Bリーグってサラリーキャップ制ないんですね!?

前身のbjリーグでは確かあったと思うんですがBリーグになってNBLの方式を採用しているんですね。

個人的にはこのやり方ってどうでしょうって思っています。

 

サッカーや野球のようなロースコアスポーツではないバスケットボールは戦力差がそのまま順位に繋がってきます。もちろん規模の拡大にはビッククラブを作りそこが底辺を引き上げるという戦略なんでしょうが、貧富の差が激しいBリーグにおいて下位の方のチームのモチベーションというかなんていうかどっちが勝つかわからない!というドキドキが少ないんですよね。

 

アメリカのスポーツは基本的に戦力の均等を図る施策が取られています。

ドラフト制やサラリーキャップ制。ヨーロッパが発祥のサッカーでさえ条件付きサラリーキャップが導入されています。その結果どこが勝つかわからないという全てのチームに希望がある仕組みになっています。(アメリカのサッカーは2名までサラリーキャップ外の選手を獲得できるという形になっています)

 

BリーグはB2リーグまでで36チームという非常に多いチームでスタートしました。Jリーグだって10チームスタートだったことを考えるとその数は異常でしかもこれまでサラリーキャップで守られて、お世辞でも財政基盤が磐石とは言えないbjリーグ出身が半分以上を占める状態でした。

 

bjリーグはもともと実力派NBL2部と同等とみられていました。事実今シーズンもそのような状況であると思われます。

 

では選手獲得が自由競争となった2部となったチームで地方のチームはどうなるか。

 

その結果は鹿児島レブナイズの財政危機が一つの答えとして出てきていると思います。

 

もちろんこれが全てだとは思いません。ただ日本のスポーツってヨーロッパにくらべてB2(サッカーだとJ2)でわるいんですか?という風潮がない気がします。ライセンスが取れなかったチームの選手なんかは目標を失ったとか言いますが、実際はこのチームで活躍して個人昇格すればいいだけ。なんていうか全部が全部トップリーグにという考えは危険だと思っています。

 

まぁそこまでいかなくても「地元にプロバスケチームがある」「隔週だけど非日常が楽しめる」「試合には負けたけどアイツの動きは良かったな、アイツはもしかすると来年上に行って活躍するかもしれないな」そんな楽しみ方がまだ日本人はできないんだなぁって。それこそ巨人が勝てば飯がうまい(マズい)みたいな。

 

なんだか色々書いていて散らばっちゃいましたが勝ちだけにこだわると色々無理がたたります。ただ昇降格があるルールで、財政基盤が不安定なところも含めての自由競争というのはまだBリーグには早かったのかと思います。

 

考えすぎなのかもしれませんが今のBリーグは一部の選民を選んでいるように思えるんです。B1東地区の首位を走るブレックスのブースターも試合に入るのに「負けるかもしれないから頑張れ!」というのが伝わってくるのはA東京ぐらいで他の対戦は「取りこぼすな」というスタンスの人がいますからね。これって正常なのかしら?

B1東地区の下位3チームが来年どうなるか。ファンは食いついていけるのか?負けるから行きたくないよ〜と思われたらそこは黄色信号かと。(一部はB2なんでしょうが)

 

今のやり方をするんであれば実力、財政に自信のある10チームくらいの1リーグで戦いその下にB2とかそういうのにした方がいいと思うんだけどなぁ〜

 

守備外ではありましたがちょっと気になったから書いてみました。

 

何をもって平等とするか。お金があるんだから強くする資本主義的平等か、スポーツとして戦力均等を図る平等か。難しいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あっきーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。