あっきーさんの「大人だからあえて言ってみた」

30代独身貴族のあっきー(元ぴえぐら)さん。
気になっていることを
前向きに自由に書いてます。
余計なことも言ったりしてますが、そこはやっぱり
「大人だからあえて」ってことで。


テーマ:

みなさん。ちゃーお。

 

サッカー界隈でちょっとあの議員先生のツイートが話題になっていますね。

 

別に火をつけたいわけではないので書きませんが、要約すると

・親善試合、選手は遊びでやっているの?

っていうツイート。

 

まぁ決勝点の取られ方、試合後の一部選手の(悔しがらず笑顔だった)様子からそういった発言になったのかもしれません。

 

まぁ褒められた発言ではないですが、逆に『公人という立場でなければ』そこまで叩かれる発言なのかな?と思います。

 

少なくとも勝ち方が気に入らないからコールをしないというサポーターがどうこういうのは違うと思うんですが違うのかな?

 

栃木のような下部リーグの試合後でも「やる気がないなら辞めちまえ」といか言う人いますよ。そっちの方が不愉快ですわ。選手が親善試合ならともかくリーグ戦でやる気がないわけないでしょうに。

 

あの議員さんの発言に対しサッカーファンは激おこ(古い言い回し)なんですが、私は寧ろ海外チームとの親善試合に勝った時に出るサッカーファン(欧州厨)の「相手は本気じゃなかったんだよ」のほうがよっぽど失礼だと思うんですけどね。(奈良出身タレントA氏が近い発言してますよね。)

 

日本での試合は金目当てだとか、確かにそうなのかもしれないけど試合の相手に対し遊びだろ?っていうのはどうにも違和感があるんですよね。

 

今回の騒動はノンスタ井上さんの「おはよう」に対する「目覚めるな!」というフォロワーの返しみたいなものかなって。ただ井上さんとあの議員先生の違いはそれを笑いに変えるか、さらなる炎上につなげるかの違いかなって。

 

公人がやってはいけないという前提はありますが、ツイッター見ているとこの人の意見そこまで突出して酷いなとは思えないんですよね。本気で勝って欲しいと思って、本気で勝てると思ったから出たツイートなのかもしれませんよ?(キャラクター的にそうじゃないと思いますが)あくまで個人的な感想ですが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「サッカーのこと」 の記事

テーマ:

みなさん。ちゃーお。

 

サッカーJ3リーグ。栃木SCは昨日の長野戦で前半戦を終えました。

戦績は7勝6分3敗。4位。1位の秋田までは勝ち点差10。2位の富山までは勝ち点差5となっています。

 

ここからは完全に個人的な意見です。

 

・ネガティブな意見多過ぎませんか?

チームはG大阪U23・富山・長野で3連勝し、5連勝で締め上位を狙いたいとしていました。

確かにその目算通りに行けば結果論ですが秋田までの勝ち点差3の2位で折り返すところでした。

 

でもね。プロのリーグなんだからうまくいかない事だってある。

 

そんな綺麗事聞きたくない。事実勝てないとスポンサーが離れるじゃないか!だから栃木は絶対に勝たないと行けないんだよ!J2に戻らないと行けないんだよ!とにかく勝たないとチームがなくなってしまうんだよ!

 

そんな意見があることも知っている。

 

なーんでそんな意見が出てくるのかな?と思うのですが、よーく思い出すとそんなことを言っている人昔いたような気がします。

 

水沼前社長。

 

あの人は強い栃木が見たいんだ!という意味かはわかりませんが、とにかく上に。少なくとも昨年は赤字でもいいから強い栃木を作りJ2に戻るんだという意思を見せていました。とにかく勝たないといけないんだという勝利至上主義。

そうすることで離れようとしているスポンサーをつなぎとめることに必死に働いていた水沼前社長。

 

聞こえはいいんですが、勝つだけのチームはチームととしての積み上げが無いんですよいね。それこそサッカー文化とか。最初にあげたように勝負なんて絶対はないし、戦力的に圧倒はしていないですし、少なくとも今年の栃木のメンバーでこの選手やばいぞ!と感じさせる選手(名前だけで客が呼べる選手)は失礼を承知ではっきり言っていないと思っています。

 

いやいや、だから綺麗事はいい、来年もJ3だったらスポンサーが離れてしまい戦力が落ちてしまうじゃないか!そういった現実を見ろよ!いつまでも仲良しクラブじゃいられないんだよ!

 

そういった意見もわかります。でもそのために橋本現社長が勝ち負け以外での価値向上のため動いているんだと私は考えます。勝負は水物。でもチームに価値を見出せれば出資してくれる人たちはいる。明確な理念を持ちそれにむけて進んでいなければ、逆に言えば勝つことでしか価値がないというのであればそんなチームは砂上の楼閣でありあっという間に瓦礫してしまう。

 

だってみんな勝とうとしてるんだから。

 

栃木県にあるチームだから応援する。それでもいいと思います。第一段階としては。でも最終的には栃木SCだから応援するにならないと駄目だし、そのためには長期間かけないと駄目だと思っています。

 

そんなもん理想じゃ!現実を見ろよ!というのもわかります。でもサポーターが理想を掲げないで誰が夢を見るんですか?

 

ただそれが原因でチームが崩壊危機になったらそこは社長の責任です。経営がうまくいっていないということになります。そういった土壌に理想を掲げるのは時期尚早だったという結論で、事実集客面では苦戦をしてるのは明らかです。勝ち負けに依存する経営はギャンブルチックではありますがスポンサーを集めるには一番やりやすいですから。そこに頼らない(別に負けてもいいと言っているわけではなく勝ち負けに依存しないという意味でね)というのは理想論で茨の道というのは明らかです。それを承知でその道を進むと決めたんだから、あとはそれの後押しをしないとですね。

 

最後に地方のクラブは最終的には雰囲気が仲良しクラブじゃないと駄目だと個人的には思いますよ。(選手云々は別です)

サポーターである老若男女が隔週で非日常を味わえる。そういったクラブが結果的に長続きすると思いますよ。あのクラブがまさにそうなんですがね。(個人的にはあのクラブは苦手なんですがw)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん。ちゃーお。

 

昨日の試合は本当に残念でした。

自分のツイートでも書きましたがまさに

まぁこれがサッカーなんでしょうね。

監督の言う通りこの試合での順位がリーグ最終順位ではありません。

決して内容のないゲームではなかったです。

富山・窪田選手の退場前までも栃木はほぼ富山を塞いでいたのは間違いないこと。

対戦相手となった山形選手は「収穫はあった」と言っていますが本心なんでしょうか?

もちろん最後追いついたと言う意味では収穫かもしれませんが戦術的には完全に栃木に塞がれていましたから。

 

戦術が減った富山に対して、戦術の幅が広がった栃木。

そういった意味で意思の疎通は富山の方が取れていたのかもしれませんね。

高速カウンターを取るのか、セーフティにことを運ぶのか。

正解なんてないんで何とも言えませんが次につないでいただきたいです。

私は応援を続けますよ!

 

で本題なんですがツイッターとかブログとか余計なことを言い続けている私ですが本当に勘違いしがちです。

 

現代病というわけではないのかもしれませんがこう好きなことを言っている。ごく少数かもしれないけど同意をいただけたりすると、さも同じことを思っている人がたくさんいると勘違いしてしまいがちです。

 

やふぅ知恵袋ではないですが、特殊な癖についての相談に対してレスがついていたりするとあたかもそれが常識なのかもという錯覚しがちです。変な例えですが学級会レベルでは1人でも、全県レベルでは3人くらいは同じ癖もいるし、全国レベルでは100人くらいはいるかもしれない。

その100人は珍しく一致する癖に対する質問なので優しく接する。でもその癖ではない人がその癖に関するやりとりをみると、あたかもこの癖が一般的なのかと錯覚しがちになる。

 

やっぱり常に多様性の意識と白黒意識ではないグレーゾーンもあるということを意識しないとダメですね。試合後のツイートを見るとちょっと熱くなり過ぎていてかなり反省です。

 

もちろん私は評論家ではないし大多数の代弁者でもないのです。その意識は忘れずにこれからも細々つぶやいて行きます。(こういう場がないと栃木SCの話をするところがないんですよ)

 

まぁTwitterにそこまで求めるものなのか?というのはまた別な観点になりますが。

まぁ嫌ならフォロー外してくれればいいと思います。でもブロックされるとちょっと悲しいです。

 

最後につい先ほど栃木SCからビッグニュースが飛び込んできましたね。

これ地味に問い合わせ多かったみたいですね。

栃木県にあるコンビニの半数はセブン−イレブンらしいですし。そこで発券手数料無しで購入できるというのは大きな利点かと思います。やっぱり手数料あるとちょっとハードル上がりますからね。

 

関係ないですが十数年前社会人一年目の私が派遣されたのは栃木県内のセブンでした。そのころはまだATMとかなかったですからね(一部店舗にはありましたが)そんなアラフォー男子のつぶやきw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。