最近改訂させて頂いたDTMマスタリングのやり方にトゥルー・ピーク・リミッターのことを少し書いたのですが、ブログでもうちょっと考察してみたいと思います。

 

 

昨今はトゥルー・ピークに対応したリミッターは珍しくなくなりましたが、トゥルー・ピークとはデジタルデータのサンプル間を繋ぐ時に現れるデジタルデータの振幅よりも大きなピークのことです。

 

 

インターサンプルピークとも呼ばれますが、デジタルデータはいわずもがない方眼紙の目のようにアナログ音声をビットレートとサンプリングレートの数値に従って保存しています。ご存じの方も多いと思いますが、簡単におさらいしてみましょう。

 

 

02

波形を極限まで拡大

 

 

波形編集ソフトで波形を最大まで拡大すると上の画像のように1サンプル単位まで拡大することが出来ます(出来ないソフトもあります)。

 

例えばCD音質の44.1kHz/16bitなら一秒間に44,100回画像のようにポイントを取って保存していることになり、1秒間に何回サンプリング(標本化)するか?を決める単位をサンプリングレートと呼びます。

 

上の波形データは44.1kHzのものですので、横軸方向の点一つ一つが44,100分の1秒になり、この点が44,100個横に並ぶと一秒分のデータということになります。

 

次に音の大きさをどれだけ詳細に(何段階で)保存できるかはビットレートという単位で決まります。16bitなら2の16乗で65,536段階となります。上の画像では縦方向の細かさが見られませんが、16bitのデータなので縦軸には65,536段階の区切りがあることになります。

 

 

方眼紙の目の細かさと同じで細かいほど実際の音声を正確に保存することができ、数値が小さいと、イメージとしてはドット絵のようになって荒い低音質な音になっていきます。

ここまではデジタル音声の基礎知識で、ここからがトゥルー・ピークの話になります。

 

 

 

truepeak

 

この記事の最初の画像は点と点の間が繋がっていますが、あれはあくまでデジタルデータの点同士を疑似的に繋いでいるだけであって、実際のアナログ化された時の波形ではないはずです。

 

 

実際のデジタルデータは上の画像の左側の青い点のように保存されており、44.1kHz/16bitなら横軸の目盛り一つが44,100分の1秒であり、縦軸の目盛りは65,536段あるわけですが、我々がこのデジタルデータを音として聴くためにはスピーカーやヘッドホンからアナログの空気振動に変換する必要があります。

 

 

変換される際は右側の画像のように点と点を繋ぐわけですが、0dBを越えてクリップと書いてある部分のようにデジタルデータの青い点そのものは0dBを越えていなくても、実際に再生される際はには右側の緑の線のようになって再生されるのでクリップしてしまう場合があるわけです。

 

 

03

アナログデータはこのように波の状態になっています。

 

 

デジタルデータ上ではクリッピングしていないため、データをどれだけつぶさに見ても発見することは出来ず、アナログに変換されて初めて起こることですので、私もデジタルデータ上ではDAWのフェーダーにクリップランプが付かないのに、なぜかスピーカーで聴くと「ブチ」っと音割れしてしまった経験があります。

 

 

このようにアナログ変換された時に生じるピークをトゥルー・ピークというわけですが、このトゥルー・ピークをリミッッティングしてくれるのがトゥルー・ピーク・リミッターなわけです。

 

05

Nugen Audio ISL 2 True Peak Limiter

 

04

Flux:: Elixir

 

05

Waves WLM Plus Loudness Meter

 

06

Sonnox Oxford Oxford Limiter V2

 

 

Nugen Audio ISL 2 True Peak LimiterFlux:: ElixirWaves WLM Plus Loudness MeterSonnox Oxford Oxford Limiter V2などほかにもトゥルー・ピーク・リミッターが今はたくさんあり珍しくない状態です。

 

私が使っているのはOxford LimiterとElixirがメインでWAVESのWLM Plus Loudness Meterは一応トゥルー・ピーク・リミッターが付いていると言えば付いているのですが、このプラグインはあくまでメーターリングソフトでリミッターはおまけくらいに考えています。

 

 

この記事を書くに差し当ってElixirの最新版のインストールをしようとしたら、旧バージョンのアンインストールが上手くいかず、新しいバージョンも入れられず、使えなくなってしまったのでメーカーに問い合わせ中ですが、とりあえず残りのOxford LimiterとWLMでちょっと比較画像を作ってみました。

 

 

001

オリジナルの矩形波

 

まずオリジナルの矩形波です。綺麗な直線を描いています。これにのOxford LimiterとWLMのトゥルー・ピーク・リミッターを使ってみます。

 

WLM Plus Loudness Meter

001

WLM Plus Loudness Meter 拡大

 

 

0001

WLM Plus Loudness Meter

 

 

WLMはかなり波形の形が変わって「かまぼこ」みたいな形になっています。実際の音楽の波形は言うまでもなくこんな単純ではありませんが、原音をどれだけ歪めてしまうのか?という参考にはなります。

 

 

音質的にはWLMは専用のリミッターではありませんので、最終的に使おうという気持ちにはなりません。あくまでメーターリングソフトの付加機能という感じであり、音の質感もあまり好きにはなれません。

 

 

オリジナルの矩形波に比べて波形(音)がかなり変わってしまっている点がポイントです。

 

Oxford Limiter V2

001

Oxford Limiter V2 拡大

 

 

001

Oxford Limiter V2

 

Oxford LimiterとWLMを比べると明らかにOxford Limiterの方が波形(音)の変化が少ないのがわかります。多少「かまぼこ」っぽくなっていますが、WLMに比べると変化量が少ないのが見てわかります。音質的にはOxford Limiterが好みです。

 

 

0001 使用するかどうかは選択できます。

 

 

トゥルー・ピーク・リミッター機能が付いているのはOxford Limiterの「V2」からですが、使い方云々というよりは完全にプラグインの性能依存の問題なので色々試して自分が良いと思ったものを選ぶ感じになります。

 

 

トゥルー・ピーク問題はこれで一応の解決なのですが、そもそも極限まで音圧を稼ぐ事で発生する問題ですので、トゥルー・ピークが発生すること見越して、ほんの少しだけ(0.5dB程度)予め音量を下げておくという方法を個人的には取っています。

 

 

MP3などの圧縮フォーマット変換時の問題

MP3やOGGなどに変換する際の波形の乱れから音量が僅かに大きくなってしまう問題もトゥルー・ピーク・リミッターを使えばある程度までは押さえ込めるようです。

 

 

01

オリジナルの矩形波(-2.5dB)

 

 

オリジナルの矩形波はピークが-2.5dBです。これを320kbpsと192kbpsのMP3フォーマットに変換してみます。

 

 

01

MP3 320kbps 少し崩れる

 

 

320kbpsでは多少波形が崩れてます。-2.5dBを少しだけオーバーしている(画像の右下が顕著)のがわかりますが、これくらいな大丈夫と思えます。

 

 

 

01

MP3 128kbps かなり崩れる

 

 

128kbpsだとかなり波形は乱れ、0dBに届きそうなくらい音が大きくなってしまいます。

 

もし元々のマスタリング済みの波形が0dBまで大きくなっていた場合に、MP3にエンコードしたらどうなるかは説明するまでもないですが、トゥルー・ピーク・リミッターを使えば、bpsが低くてもそれなりに押さえ込めます。

 

 

どれだけ波形が乱れるかはエンコーダーの性能やフォーマットやbpsに依存するので、一切の例外なくどんな劣悪なbpsでも大丈夫かどうかは今のところ明言は出来ませんが、bpsが低いほど波形の乱れが大きくなり、私が実験する限りでは、トゥルー・ピークを0dBにした場合、無劣化のWAVEの状態では大丈夫ですが、128kbpsや96kbpsなどの低音質にエンコードするとピークメーターはクリップしなくてもトゥルー・ピークは0dBを越えてしまいます。

 

 

 

01

トゥルー・ピークを0dBにして128kbpsのMP3にエンコードした場合

 

 

色々実験してみて確実に言えることは0dBまで音圧を上げる場合、トゥルー・ピークリミッターを入れたほうがMP3変換時のクリップを避けるには有益であるということです。

 

 

こういうことがあるので0dBまで挙げずに多少天井にスペースを作っておくことを私個人としては推奨したいです。

 

もちろんエンコーダーの性能もあるでしょうし、MP3よりもOGGの方が波形の乱れは少なく高音質です。bpsによる劣化具合も関係するので一概には言えませんし、トゥルー・ピークもDAコンバーターの性能に依存する部分があると思いますが、そもそもMP3化された後のことをどれだけ私たちが考える必要があるかも疑問だったりします。

 

 

作品の形態をMP3が最終形態なのか、CDが最終形態なのか、それとも動画の各種フォーマットやOGGが最終形態なのかはケースバイケースなので、私たちが作品を作るときに192kbpsのMP3に変換したときに音割れしないようにしようと考えて、作業する必要はあるのかどうかは難しい部分です。

聴いてくれる方がもっと低いbpsで変換することがあるかもしれませんし、何処を下限と考えるかは人それぞれ違うと思います。

 

そもそも音楽のダイナミクス表現を潰して、極限まで音圧を稼ぐせいでこんな問題が発生するわけで、私個人としてはいわゆる音圧戦争的なものには反対であり、多少こういったことを考えつつも音が大きければ良いという風には考えずにトゥルー・ピークやMP3エンコードを常識的な範囲で見越して作業しています。

 

 

もちろん音が大きいほど良いという風に考える方もいらっしゃり、人それぞれですが、何処を上限にし、何処を下限にするかを考えるのはなかなか難しい問題です。

 

 

ちょっと天井を空けておくだけで問題の大部分は解決するので、個人的にはそのほうが良いのかなと、やはり思ったりもします。

 

最後までお読み頂き有り難う御座いました。

 

 



作曲・DTMの個人レッスンの生徒を募集しています。 
 

このブログの書き主の自宅&skypeでマンツーマンレッスンをしています。 (専門学校での講師経験があります) 詳しくはこちらをどうぞ。    
電子書籍ですが作曲・DTM関連の書籍も書いています。  

 

 作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(作曲の基礎理論を専門学校レベルで学べる本です)

パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本

(初心者向けの作曲導入本です)



DTMマスタリングのやり方

(マスタリングのやり方を基礎から解説した本です)

    
DTMミキシングのやり方
(ミキシングのやり方を基礎から解説した本です)

 

AD
Slate Digitalの FG-Xを導入した。

最近はFlux::のElixerもそうだが、
新しい技術を用いたダイナミクス系プラグインが色々出ているので、
私も嬉しい。


Slate Digital FG-X

http://www.miyaji.co.jp/MID/product/slatedigital/fgx.php 


結構重いプラグインなのでマスタリング専用で使っているが、
ダンス系・テクノ系・ハウス系・トランス系などのデジタル系のサウンドで使うことが多い。


なかなか重みと迫力のあるサウンドにしてくれるのだが、
ジャズやポップス系でもかなり綺麗に音圧を稼いでくれる。


Flux::のElixer のように多段リダクションというわけではないが、
相当緻密な作りになっているので
プロみたいなマスタリングにならないと悩んでいる方は
壁を打ち破る足掛かりになるかもしれない。


興味深いのがDYNAMIC PERCEPTIONというパラメーターで
曲中のダイナミクスを復活させてくれる機能がある。

DYNAMIC PERCEPTION 


ダンス系やロック系の楽曲の場合はミキシングの段階で全トラックにコンプやリミッターを
強めに掛けておかないとマスタリングで音圧を得られないので、
当然そのようにするのだが、
やり過ぎると平坦すぎるミックスになってしまう。


別にそれが絶対に悪いとは言えないが、
マスタリング時にダイナミクスをある程度復活させたいと思ったときに
使えるパラメーターなのでなかなか重宝すると思う。


TRANSIENT SECTION

マスタリング時にトランジェントを使うテクニックはSPLのトランジェントなどでやったりするが、
FG-X内にトランジェントが付いているので、
ミックスにパンチが足りない時や余韻を微調整したいときに使える。



DYNAMIC PERCEPTION にしろ、TRANSIENT SECTIONにしろ、
あるいはFG-X以外のプラグインにある色々な機能にしろ、
「一応2MIXの段階で一応望む音になっているのだから、
マスタリングでそこまで弄りたくない」
と思っていたが、
最近はマスタリングはマスタリングならでの創作の範疇として、
色々とやってみるのも良いと思うようになった。


自分で作曲→ミキシング→マスタリングするのであれば
マスタリングでトランジェントを弄ったり、ダイナミクスを弄ったりするくらいなら
ミキシングの時点でそうしなくて良い様にすることも出来るが、
マスタリングでやるからこそ出せる味もある。


2MIXとして書き出されてしまった以上、
個別の編集は出来なくなるのだが、
そのまとまった状態で行うからこそ出せる味というものに
最近は少しずつ関心を持つようになった。


他人の曲をマスタリングするなら
DYNAMIC PERCEPTION や
TRANSIENT SECTION などの
マスタリングにおいてやや特殊に分類される機能は
絶対にあった方が良いだろう。


技術が進歩すれば製作のやり方も変わってくる。

昔ながらの使い慣れたものも素晴らしいが、
新しい技術もまた素晴らしいので、
現在勉強をなさっている若い方には
積極的に最新の技術を取り入れるように頑張って欲しい。
////////////////////////////////////////////////////////////

初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。


DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。

AD
最近は忙しく、作曲のお仕事もたくさん頂いていたので、
なかなか更新できなかった。


やっと落ち着いたので、
また新規で導入したプラグインを紹介したい。



Flux::  Elixir

http://www.minet.jp/flux/elixir 


IRCAM TOOLSで実力を大いに発揮してくれたFlux::だが
Elixer(エリクサー)という新作リミッターが出ている。



マスタリング専用のリミッターとして私は使っているけれど、
久々に科学技術の進歩の凄さを感じさせられた。


何がすごいって かなり強めにリミッティングしても
全然潰した感じがしないところ。

初めて使ったときに思わず「おぉ~!」と声に出してしまった。


普段は仕事でマスタリングするときにほとんどの場合WAVESのL3LLを使っているが、
このElixerは強めに音圧を出そうとスレッショルドを下げても、
潰れてしまった感じがせずに、
綺麗なまま音量を上げることが出来る。


これには驚いた。

その仕組みは「Stages」と呼ばれる段階的なリミッティング機能で、
最大で5段階に分けてソースを圧縮する技術にあるそうだ。


要するにマルチバンドリミッターのように、
周波数の最低音から最高音までの周波数を横に分割して圧縮するのではなく、
シングルバンドではあるが、
音量の最低音から最大音までを縦に分割して圧縮している。



通常のリミッター(一段階で圧縮する

通常のリミッターは音量の大小を問わず上の図の赤線のように
スレッショルドを決めてそれを超えた音に対して圧縮を掛ける。

この方法は音量の大きい部分と小さい部分に対して全く同じ処理を行う。



Flux::  Elixir のリミッター(最大五段階で圧縮する)

これに対してElixir は上の図にように音量別にリミッターを掛けるので、
音が大きい部分には大きい部分にとって最適な圧縮を、
音が小さい部分には小さい部分にとって最適な圧縮をという風に
それぞれ最適な圧縮をしてくれるので、
従来のような潰した感じをあまり出さずにリミッティングすることが出来るようだ。



実際に使っている感想としては
かなり深めに突っ込んでもあまり潰した感じが出ないので、
今までの感覚で使っているとついついやり過ぎてしまう。


リミッターを使って潰した感じも私は個性だと思っているので、
あまりにも自然すぎて慣れるまでは大変そうだ。


クラシックやジャズなど繊細な楽器の表現が求められるマスタリングには最適だと思う。


////////////////////////////////////////////////////////////

初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。


DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。


AD


リミッターは積極的な音作りに使われることはなく、
どちらかというとクリップを起こさないための保護や
純粋な音圧稼ぎとして使われることが多い。



例えばより迫力のあるトラックを得たいときに
リミッターを使うことはミキシング中によくあるけれど、
意外とリミッターの機種によって全然キャラクターが違うことは
あまり知られていないような気がする。



ミキシングで音圧を出したいトラックやマスターバスに挿したり、
マスタリングで積極的な音圧稼ぎにリミッターを使う方は多いと思うが、
もしまだやったことがなければリミッターごとに全然音が違うから試してみて欲しい。



素材は何でも構わないが、
手持ちのリミッターを色々掛けて
その振る舞いの違いを感じ取る実験をしてみると良い。



私の場合はやってみるまでどのリミッターでもそれほど違いはないような気がしていたが、
やってみてビックリ!
「全然音が違うじゃん!」と思ったことがある。



例えばダンス系やロック系などのように大きな音圧がトレードマークになっているジャンルで
キックやベースの音圧、あるいは曲全体の音圧を思うように稼げずに悩んでいる方は
片っ端から同じ素材に手持ちのリミッターを掛けてその違いを研究してみると良い。



新しい発見があるかもしれない。


スレッショルドを下げていくと機種ごとにキャラクターが変わるので、
なかなか市販品みたいな感じの音にならないと思うなら、
この研究は大いに役に立つかもしれない。


同じ素材に同じ値でプラグインを掛けても、
低音から先に歪んでいくものや
全体的に綺麗にまとまるものなど色々なタイプがある。



そもそも自分が使っているプラグインの動作や質感の研究は
行って当然の作業でもある。

WAVES L1
結構すぐに割れる。掛かり方が荒っぽいが、
その歪んだサウンドが逆にカッコ良いのでロック系では重宝するかも?




WAVES  L2
L1よりもナチュラルで綺麗に潰れる感じ。
個人的にはデジタル過ぎず、アナログ過ぎずというイメージ。




WAVES  L3
全然割れないし、非常に綺麗に潰れる感じ。
良くも悪くも非常に透明感がある。
透明感がありすぎてデジタルな冷たい感じがする。


Mc DSP ML4000
決して性能は低くないし、良いリミッターなのだが、
アウトシーリングで設定した値を超えてしまい
簡単にクリッピングしてしまう。


音的にはかなり綺麗に潰せるが
個人的には微妙な感じ。


PSP MasterComp(リミッターモード)

リミッターモードで使ってみた場合、
透明感もあるし、低音が強い素材に掛けてもほとんど崩れない。




CLA-2A(リミッターモード)
思い切り、CLA-2Aのサウンドになる。
原音を残したい時には向かず、積極的に音を作っていくときに使える。



Brain Works bx XL
MS処理専用のリミッター。
M成分とS成分を個別にリミッティングできる。
さらにM成分をローとハイに分けて(周波数可変)合計3つのリミッター機能が付いている。



WAVES L3-LL
現在の私のマスタリング時の相棒。
L3がさらに進化したものだが、
L3のレイテンシー問題が解決しているだけかと思ったら、
全然潰し方も違って、非常に気に入っている。


長い間L3を愛用してきたけれどL3よりも
スッキリしてスマートで、マスタリングには非常に向いていると感じている。


L3よりもさらに割れないので、
常識的なリミッターの使い方で音割れすることはなく、
潰し方、信頼度ともに合わせてマスタリングで愛用している。


いつも最後の調整で使っている。


コンプレッサーやリミッターの特性として
「音色形成(倍音増幅)」「潰れ方」の2つのポイントがある。


コンプレッサーは通すことによって派生する倍音増幅が重要になるが、
(もちろん潰し方も大切だけれど)
リミッターはコンプレッサーのように激しい倍音増幅はないので、
(というか基本的にリミッターにほとんど倍音増幅はない)
その「潰し方」こそがリミッターの味になる。




そもそもどのリミッターも同じなら、
こんなにたくさんのリミッターが色々なメーカーからリリースされるはずはないし、
それぞれに味があって面白い。


是非色々と研究してみて欲しい。


////////////////////////////////////////////////////////////

初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。


DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。


音楽のブログ


WAVESのL1に比べると透明感があると言われているが、

音圧を稼ぐという目的で使用するならLシリーズの方が優れていると感じる。



むしろML4000は音色形成に使用することが多い。

ピークリミッティングという点もやはりLシリーズに劣る。


LE版では制限つきのシングルリミッターのみだが、

通常版は制限が消え、ML4000のマルチバンドリミッター版も使用できるようになる。



音楽のブログ

マルチバンドリミッターはほかのプラグインに比べるとやや数が少なめなので

貴重なプラグインだが、個人的にはML4000のマルチバンド版は非常に気に入っている。


Lシリーズとの比較しても面白い。





音楽のブログ


ピークリミットを先読みするWAVES L1リミッター。

L2やL3、そしてL3LLなどの登場によりその存在は霞んでしまうものの、

まだまだ現役で全然使えるリミッター。


WAVESの堅実さが現れているリミッターだと感じる。

掛かり方は個性があるので一概に良し悪しを付けることは出来ないが、

非常に高性能であらゆる場面で多用できるリミッターである。


「絶対にアウトシーリングを超えない」というのが魅力のひとつでもある。