Boz Digital LabsのT-Boneを
随分前に購入しました。

Boz Digital Labs【T-Bone】


ティルトタイプのEQで、
なるべく音を崩さずに簡単にハイもしくはローを
バランス良く調整出来ます。


ティルトEQとは簡単にいうと遊具のシーソーみたいなもので
片方が上がると片方が下がってバランスを取る動きを自動で行うタイプの
イコライザーです。




動画の中ではオケにティルトEQを掛けていますが、
通常のティルトEQのみならず、
レゾナンス機能+HPF&LPF+アナログシミュレーター+ABスイッチ(設定保存)
パラレルイコライザー+MS処理(但し使えるのはMかSどちらかのみ)という
機能を持っており、
イージーアクセスでさっと使えるのが気に入っています。


パラレルEQでEQ音と原音のバランスを取れる


MS処理可能(但しMのみ、Sのみの片方)


真空管シミュレーター

大きな特徴としてはMS処理(ティルトでMSはあまりやりませんが)や
パラレルイコライザー機能でしょうか。
(原音とEQ音のバランスを取れます)


softube Tonelux TILT

ティルトEQと言えばsoftubeのTonelux TILTも持っていますが、
こちらはなんだかあんまり使う気になれず、
これを使うくらいな普通のEQを使うよ…という感じだったのですが、
T-Boneの方は割と出番が多いです。


スペクトラムをグラフィックで見られる点が大きいのかもしれませんが、
ソフト音源で作曲していく最中に
簡易的な音作りとしてとりあえず挿しておくEQとしては非常に便利です。



パラレルEQもなるべく音を崩さずに、
とりあえず作曲・編曲しやすい音にするのには有効で、
最終的に追い込むためのEQではなく、
あくまで作曲時の音作りに使う大雑把な音色調整のためという感じです。


しかしながら実際の作業ではすべてのトラックに
緻密なイコライジングが求められるわけではなく、
T-Boneで作った音でそのままOKという場合もあるので、
ティルトタイプを今まで使い込んで来なかったこともあり、
選択肢の一つとして購入してみました。



ミックスにあまり時間を掛けたくない、
でも手軽に良い結果が欲しいというときの
選択肢の一つとしてはありだと思います。



昨今はWAVESのSIGNATUREシリーズやTOONTRACKのEZ MIX2を始め
お手軽ミックスツールが増えてきましたが、
将来エンジニアになりたいならば、
こういったものに頼るべきではないと思いますが、
本業は作曲や編曲で将来エンジニアを目指しているわけではない
作曲家志望の方や作家志望の方はどんどん使って行けばいいのでは?と思います。


もちろんこういうものに100%頼ればすべて上手くいく、
というほど甘いものではなく、
現実問題として色々な基礎的・応用的なテクニックを知らないと
ミックスは上手くならないのが現実だとは思いますが、
ある程度のレベルに達している方が「楽を出来る」というのは
ガチンコのエンジニアを目指しているわけではないけれど、
自分の作った曲は自分でミックスしなければいけないという方にとっては
便利なツールになり得ます。


ティルトEQはパライコでちょこちょこ弄るのとは
また違った音になりますし、
ミックスにおいてティルトで超大雑把にイコライジングすると
どういう結果をもたらすのか?
そのメリットとデメリットを感じさせてくれるイコライザーです。


最後までお読み頂き有り難う御座いました。


////////////////////////////////////////////////////////////


作曲・DTMの個人レッスンの生徒を募集しています。
このブログの書き主の自宅&skypeでマンツーマンレッスンをしています。
(専門学校での講師経験があります)
詳しくはこちらをどうぞ。


電子書籍ですが作曲・DTM関連の書籍も書いています。
宜しければどうぞ。

DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方

 

作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(作曲の基礎理論を専門学校レベルで学べる本です)




パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本

(初心者向けの作曲導入本です)









AD