ネットで音源のことを調べているとXV-5080やJV-2080を仕事で使っている、
という方をよく見かける。




Roland JV-2080


実際たくさんいらっしゃるのだろうし、
かくいう私もXV-5080やJV-2080を未だに使っている。


なんでこんなソフト音源全盛の時代に
古臭いハード音源の出番があるのかというと
ソフト音源では代替えのきかない音色がたくさんあるからなのだが、
XV音源の総決算とも言えるすごい音源がいつの間にか出ていた。



Roland INTEGRA-7

INTEGRA-7はXV-5080と
エクスパンション・ボードの全12タイトルが全部セットになっているもので
おまけにSuper NATURALというアコースティックな音をモデリングする機能や
サラウンド機能も付いている。
(詳しい機能は公式サイトでどうぞ)


欲しい~と思って値段を見たら大体16万円くらいする。
高い…。


既にXV-5080本体とエキスパンションボードを4枚持っている私にとっては
音色的な意味での拡張はエキスパンションボード8枚分。


あとはUSB接続やオーディオデータのやり取りをINTEGRA-7とPCで出来るということと、
エフェクトの制限が緩和されるということ、
そして未知数なSuper NATURALという機能くらいだろうか。
(Super NATURALはちょっと使ってみたいかも)


買ったら買ったでほかにも色々とメリットもあるのだろうが、
普段使っているSinger Song Writerのトーンマップが存在しないので、
DAWから音色を選択するのは非常に面倒そうだ。
(トーンマップを自作するという手もあるけれど)


トーンマップの問題が解決したら買っても良いかもしれないと思っているが、
なかなか勇気のいる価格帯だと思う。



でもハード音源のほうが使いやすかったり、
ソフト音源では代替えがきかない音色があったりするので、
やっぱり欲しいなぁ~。


Rolandがなぜここまでハード音源に拘るのかはわからないし、
ハード音源も素敵だと思うけれど、
JVやXVのソフト音源版を出して欲しい。


出したら絶対に売れると思うのだが…。



音色や奏法のリアルさではソフト音源のほうが優れているものがたくさんあるけれど、
ハード音源にはハード音源の良さがたくさんあるので、
未だに多数の愛好者がいて、
おそらくプロの作曲家さんたちには使っている人がたくさんいると思う。


ソフト音源だけでも十分かもしれないけれど、
ソフト音源だけの制作において
音色の選択に限界を感じている方にはハード音源はお勧めかもしれない。




////////////////////////////////////////////////////////////


初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。

DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。  
AD
KOMPLETE 9 ULTIMATEが月末に出るのだが、
どうしようか迷っている。




現状はKOMPLETE 8 ULTIMATEを使っており、
HDDを174GB使っているのだが、
KOMPLETE9 ULTIMATEは370GBもHDDを消費する。


ギリギリ増設なしでもいけそうだが、
370GBはちょっと大きいなぁ……。


アップデート価格は8 ULTIMATE→9 ULTIMATEで39800円。


ちょっと高いような気もするが、
丁度HeavyocityDAMAGEEVOLVEが欲しかったので
これを単体で買うなら9 ULTIMATEにアップデートしたほうがお得だ。

DAMAGE


新作のシンセとしてはMONARKという製品が追加されている。

音はMOOGなどのヴィンテージ系をモダンに仕上げた感じのお洒落な感じだった。


含まれている製品一覧はこちらで確認出来ます。

ほかにもリバーブプラグインやドラムなど
8 ULTIMATEからの追加ソフトがいくつかあるが、
39800円と言われると少し迷ってしまう価格だ。


これからDTMをスタートする方が9 ULTIMATEを買えば
一通りのものが全部入っているのでお勧めではあるけれど、
既にたくさんのソフト音源やプラグインを持っている
世間様の8 ULTIMATEユーザーはどうなんだろう?


HeavyocityDAMAGEEVOLVEに興味がないユーザーであれば、
あまり魅力的に感じない内容のような気もするが、
単純にHD容量が2倍になっているので、実際に使ってみないとわからない魅力があるんだろうか?


もう少し考えてみよう。




////////////////////////////////////////////////////////////


初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。

DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。  
AD
VIENNA SYMPHONIC LIBRARYのVIENNA RECORDERSを導入した。


仕事でリコーダーのみを使ったBGMのお仕事を頂いたのだが、
「あれ?もしかしてリコーダーの本格音源って持っていないのでは?」
と気づき急遽購入。



リコーダーはほかの木管楽器同様に種類が豊富です。


リコーダーは私の中ではどちらかというと日陰者で
今までそれほど突っ込んで作曲で使ってこなかった。


バロック時代において花形楽器だったリコーダーは
テレマン、ヘンデル、ヴィヴァルディーなどが優れた作品を残しているし、
バッハのブランデンブルグ協奏曲にも登場するので、
コンサートで見かけることもある。


しかし古典派以降はすっかり廃れて、
誰もが知っている楽器であるにも拘わらず、
ヴァイオリンやピアノやギターなどに比べると
作曲の世界ではどちらかというとマイナーが楽器になってしまった。


ソフト音源の世界でもギターやドラムなどには専用音源が多数あるのに
リコーダー専用音源はほとんどない。



VIENNA RECORDERS

VIENNA RECORDERSはつい最近リリースされたばかりの
リコーダー専用のソフト音源だが、
探してみたところほかに本格的なリコーダーのVSTは見つけることが出来なかったので、
VIENNAなら間違いないと思い、値段的な意味で少し迷ったものの思い切って購入。


リコーダーの音色自体は手持ちのハード音源にも入っているし、
総合音源系のソフト音源にも収録されている。


最近買ったERA MEDIEVAL LEGENDSには
ちゃんとソプラノ、アルト、テノール、バスの分類があって、
これでもいいかな…?と思ったのだが、
最も低いグレートバスリコーダーがないこと、
音色の方向性がERAの特徴にあるように古楽器系であること、
加えて奏法や音色のサンプリングの丁寧さに不満があって、
結局はVIENNAに。



ERA MEDIEVAL LEGENDS


VIENNA RECORDERSにはなぜかバスリコーダーがないのだが、
グレートバスで代用出来るし、
結構気に入ってVIENNA RECORDERSを使っている。


かわいい感じの曲調ではBGMで出番があるし、
今後も活躍しそうな音源だ。



////////////////////////////////////////////////////////////


初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。

DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。  

AD