Vienna SuiteVienna Ensumble Pro4を使っているくせに
長らくアップデートしていなかったが、
(バグが出ないなら現状維持派です)
つい先日Vienna Suiteをアップデートして、
ViennaのHybrid Reverbを使うようになった。


使っているソフトを無意味にアップデートしたせいでおかしくなることもあるので、
仕事で使うものはリリースされて一発目のアップデートとかソフトとかはあまり気が向かない。


その後アップデートが出まくるのが世の常なので、
いつも少しお落ち着いた頃を見計らってからやっている。




vienna suiteに収録されているHybrid Reverb


Hybrid Reverbはその名の通り、ハイブリット(2つ以上の異なるものを合わせる)もので
1つのプラグイン内で同時にリバーブを2種類のリバーブを
コントロールできるようになっている。



リバーブを2つ3つと使い分けたり、足したりするのはミックスの常だが、
そういった手間をお手軽にこなしてくれるのでとても便利だ。


よくボーカルでタイムの短いリバーブとタイムの長いリバーブを混ぜて使うテクニックがあるが、
このプラグインであれば1つで簡単にボーカル専用のリバーブを作り出せる。



ボーカルトラックへのリバーブの掛け方の一例


よくあるやり方が、青いショートリバーブに1~2secくらいのプレートを使い、
赤いロングリバーブに2~4Secくらいのホールを使うやり方だが、
今までは実際にリバーブを2つ使ってやってきた。


別にボーカルじゃなくても、全体に掛けるトータルリバーブや
ギターやシンセにも使っても良いのだが、
特に重要なトラック(大体ボーカルかメインメロディー)に対して
こういう処理を行うことが多い。


このメリットは青の高密度・短時間のリバーブで輪郭や存在感を作り、
赤の中・長時間のリバーブで一般的な残響効果を出すことで、
それぞれの仕事を明確に縦分けて両者に十全な効果を出させることだ。
(演算の場合はディフュージョンを上げたりします)


具体的にはどんな風になるの?と思われた方は
最近作ったボーカロイドの曲があるので、
こちら(【IA】コトノハ(オリジナル)で聞いてチェックしてみて下さい。
(この曲のボーカルリバーブがショート&ロングです)



リバーブは掛ければ掛けるほど残響が増えていき、
奥まってしまったり、残響が多すぎて存在感が希薄になったりするが、
かと言ってリバーブ量を減らせばなかなかオケに馴染んでこない。


これを解決するための方法として高密度・短時間のショートリバーブで
そのトラックに纏わりつくような輪郭を作ってあげることで、
しっかりと馴染んでいるのに(特にプレートが合うことが多い)
時間が短いのでスナックのカラオケみたいなリバーブにはならないという
テクニックがよく使われる。




要するにショートリバーブの方は一般的なイメージの
リバーブの使い方ではなくて、
どちらというとショートディレイみたいな意味合いで使っている。


こういうことを一発で簡単にやってくれるのがHybrid Reverbなのだ。



ただショートとロングのリバーブ音を別々のAUXでディレイに送ったりはできないし、
プレートとホールを組み合わせることが出来ないのか?など
やや不便な部分もあったりする。


逆に非常に便利な面もありショートとロング(Hybrid ReverbではEalryとTailと表記)で
細かい音作りも出来るし、
ショートとロング別々でステレオイメージャーも付いている。


ショートとロング別々でかなりリバーブ音をコントロールできる。



ショートとロング別々でステレオイメージャーが付いている。


仮に自分で全部個別でプラグインを組んでいくなら
リバーブ2個+EQ2個+ステレオイメージャー2個を
Hybrid Reverb1つでやってくれるし、
残響の開始位置なども画面内で設定できるので
ProtoolsのAuto Time Adjusterを入れる手間もいらない。


パパッとリバーブ2個掛けの音を作れるし、
ショートとロングという使い方ではなく、
単純に2つの響きをブレンドしてトータルリバーブで使いたいときにも
Hybrid Reverbは大活躍なのでトータルで見たら非常に使えるプラグインだと思う。


多分ショート&ロングとか2個ブレンドとかステレオでタイミングをずらすとか
そういう使い方をする人があまりにも多いので
Viennaがそういった要望に応えるべくHybrid Reverbを開発したのだろう。



しかし、たくさんプラグインを持っていてそれらの特性や使い方に熟知しており、
それらを制限なく動かせるだけのCPUパワーとメモリもあり、
バスが複雑になっても大丈夫で、
こういった使い方に対してたくさんのノウハウを持っているのであれば
やっぱり昔みたいに自分で1つ1つやっていた方が良くなるとは思う。 


ただ全部が全部そこまで入れ込んで残響を作る必要があるわけではないし、
Hybrid Reverbなら細かい音作りが簡便だし、
セッション内のバスも簡略化できるし、挿すプラグインの数も減らせるし、
お手軽だし、アクセス速いし、メリットはたくさんある。
便利な世の中だなぁ。


Vienna Suiteは現状メインプラグインの1つだけれど、
リバーブだけでなくほかのプラグインも超優秀なのでおすすめです。


////////////////////////////////////////////////////////////

作曲・DTMの個人レッスンの生徒を募集しています。
このブログの書き主の自宅&skypeでマンツーマンレッスンをしています。
詳しくはこちらをどうぞ。

電子書籍ですがDTM関連の書籍も書いています。

【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。  
 


AD
最近お気に入りのイコライザーを紹介したい。
Softube社から出ているTonelux TILTというのが
とても使いやすくて気に入っている。


Softube Tonelux TILT

公式サイトはこちら。


実は2年くらい前から持っていたのだが、
インストールするとPCが立ち上がらなくなるなど、
わけのわからない不具合に悩まされてずっと使えなかった。
(これのせいで何回PCをリカバリーしたかわからない)


Softube本社に問い合わせてもわからず、
あるときBIOSいじっていて偶然答えにたどり着いたのだが、
原因は当時使っていたASUS P5Qという
マザーボードについているExpress Gateという起動時間短縮機能で、
これがI-Lokのドライバやソフトウェアと競合してOS起動の障害になっていたらしい。


これをBIOS上でOFFにすると使えるようになった。
こちらのブログでExpress Gateについて詳しく書かれています。


そんなこんなで高い金払ったのに使えない…という時期が一年半くらい続いたが、
今は問題なく使えているので最近は出番も多い。


Tonelux TILTの実機


HPFとLPFを除けば実質EQとして弄れるパラメーターは1つだけで
「TILT」のモードだけで音を作っていける。


TILTかLOUDを選択。

LOUDはEQカーブを山型・谷型にしてくれるがあまり出番がない。
もっぱら商品名になっているTILTをよく使う。





右に回すと高音強調、左に回すと低音強調と極めてシンプルな作りなのだが、
そこはさすがのSoftubeで、
音楽的に設計されておりギターやシンセ、ベースなどにインサートすると
「おぉ!これいいじゃん」という結果を出してくれる。


右にTILT。




左にTILT。 


たった1つのツマミを回すだけのイージーオペレーションで
使うのにセンスも何もないEQだ。



しかしその凄さはYoutubeのデモ動画を見ればわかる。
http://www.youtube.com/watch?v=cD_9eCF6pu4&feature=player_embedded  



6dBのツマミがあっても実際にはそういう動きはしていないが、
最初から非常に音楽的になるように設定されているので、
非常に使いやすい。


細かく音を作っていくのが目的ではなく、
DAWのコンソールに最初からついている2バンド、3バンドEQみたいな感覚で
フィルター入れたり、軽く音を作ったりする程度なのだが、
これでほとんどのトラックの大体の型が取れる。


-6dB/octのフィルターもついているので、

結構切れていい感じ)
ミックスの全トラックにインサートしてもいいくらいだ。

TILTのHPFとLPF


WAVESのOneKnob Seriesのように
最近はこういうイージーオペレーションのプラグインやソフトが
増えてきた気がする。


WAVES OneKnob Series 


メリットの1つはミックスや作曲するときにスピードが上がること。
最初から特定の目的のみに絞って作られているので、
目的の音に素早くたどり着くことが出来る。


もう1つはDTMでお手軽に音楽を楽しみたい、
でも音楽の専門知識や技術はあまりない、
あるいは自分の得意分野ではない、
(ピアノは得意だけど、ギターが苦手など)
という方向けにそれをカバーするようなソフトだ。



TOONTRACK社のEZ MIXやドラムシリーズや最近出たミックスやキーボードシリーズ、
あるいはMusic Lab社のギター音源は
基本的にミックスの知識がないとか、
ギターやキーボードが弾けなくても
それなりのものが簡単に作れてしまう。



他人が作ったデータをただ呼んでくるだけなので、
誰でも簡単にそれなりの結果が出せてしまう。
作曲・編曲などの応用力はつかないかもしれないが簡便であり、
業務レベルで使うことを考えても速度は上がる。
(実際に仕事では使わないが…)


お金と音楽(DTM)を楽しみたいという気持ちがあるけれど
専門知識や技術がない…という方にとっても喜ばしいことだと思う。


少なくとも音楽を楽しむための入口には素晴らしいと言える。


こうして音楽をする人間が増えれば人材は豊富になり、
全体のレベルが高くなる。


10人の中から一人選ぶより、100万人の中から一人選ぶほうが
選択肢も広く、レベルが高い人間を現れるかもしれない。


時代の流れなのだろうし、
既に技術を持っている方とそうでない方、
双方にメリットがある話なのでこれからもメーカーさんには頑張ってほしい。






AD

最近はパソコンのスペックが高くなって多くのことができるようになり、
パソコンなしで音楽を作るという行為が難しくなってきている。


今でこそDTM音源はソフト音源全盛の時代でハード音源は下火になっているけれど、
昔は音源は外部音源だったし、
録音もパソコンではなテープMTRやハードディスクレコーダーでやっていた。


私が生まれて初めて使ったパソコンは大学時代にWIN95で、
CPUはPentium II (233MHz)だったと記憶している。

懐かしのWIN95



現在から考えると比べるべくもない性能だけれど、
当時はこれで頑張っていた。



最初のうちは出来合いのパソコン(完成されたもの)を購入していたが、
そのうち自作するようになり、初めて自分で作ったパソコンのCPUは
Pentium4の3GHzだった気がする。
(メモリは256MBだったと思う…)


初めて自作したパソコンのCPU
Pentium4 3GHz(戦闘能力640)


こちらのサイトのベンチマークを参照させて頂いたのだが、
ベンチマーク 数値で戦闘能力640
ラディッツと初めて戦ったときの悟空やピッコロよりちょっと強いくらいの戦闘能力だ。



OSは最初WIN98SEで途中で入れ替えてWIN2000にしたと思う。


これでReason2や3やSynfulなどのソフト音源黎明期の音源を
頑張って動かしていた。
(現行はReason6)


Propellerhead Reason3 


これより前に使っていたパソコンのベンチマークは
調べたのだが古すぎて見つけることが出来なかった。



2000年頃はまだ全然ソフト音源もプラグインも充実してなくて、
メーカー側も手探りの時代だったし、
当時はソフト音源の評判もあまりよろしくなくて、
音源=ハード音源という時代だった。


SC系だと88VL、88pro、8820、8850、
MU系だと100や、500、2000、
ラック式だとJVやXV音源が花形で
JV2080やXV5080はプロユースで学生で持っている人は
私の周りには誰もいなかったと記憶している。



やがてマルチコアなるものが登場し、
Core2 Duo E8500というCPUに手を出した。


2回目に自作したパソコンのCPU
Core2 Duo E8500(3.17GHz)(戦闘能力3201) 



戦闘能力は3201で、
ナッパの戦闘能力が4000、それにボコボコにされていたピッコロや
ナッパに一矢報いた悟飯あたりがこれくらいだと思う。


OSはXpになり、CPUがデュアルコアになったことで
Pentium4時代よりも遥かにたくさんのソフト音源が快適に動くようになった。


けれど当時出始めたAmplitube2などの処理が重めのソフトや
Omnisphereなどの激重音源は
立ち上がるし、使うことも出来たけれど、
とても気持ちよく使えるという感じではなかった。



3回目はCPUだけ換装
Core 2 Quad Q9650 (3GHz)戦闘能力6154)   


長らくE8500にお世話になっていたが、
2000年代終盤に近づくと
Omnisphereを初めとしてソフト音源やプラグインも大量のCPUパワーが
必要とされるようになりE8500に限界を感じるようになってきた。


しかしパソコンを新規で組むだけのお金がなかったため、
CPUだけを同じチップセットで使えるものに換装した。


Core 2 Quad Q9650はP45のチップセットで乗せることが可能な最上位のCPUだが、
換装しようと思った時代は既に時代遅れだったので、
中古で安く買うことができた。


戦闘能力は6154と界王さまのところで10倍重力で
修行しているときの悟空くらいだろうか。


この時既にVST規格にもマルチコア対応のものがたくさん出ていて、
同じクロック数でもコア数が多いほうが
ソフト音源には有利なのだと痛感した。


単純なクロック数だとE8500は3.17GHZ、
Q9650は3GHzなのでQ9650のほうが弱いのだが、
コア数が倍なのでベンチマークの数値はほぼ2倍になっている。


つい数日前までXPでQ9650を使っていた。


そして先日WIN7に移行した(というか今も作業中)のだが、
Q9650に関してはCPUパワーはやや足りないかくらいだったが、
問題はむしろメモリで、ソフト音源の大容量化に
完全に付いていけなくなりつつあった。



32bitXPのメモリは3.2GBの壁があるため、
CPUパワーだけが増えてもソフト音源のメモリ使用量に
ずっと悩まされていた。


この問題を解決するためにWIN7が出た少し後に
64bitのPCを自作して、
大容量ソフト音源は64bitPCでメインのDAWと軽い音源は32bitPCでという風に
2台を並列で連結することで使ってきたが、
いよいよWIN7の64bitに完全移行することにしたのが数日前。


4回目に自作したパソコンのCPU
Core i7_930 (2.8GHz)、(戦闘能力7874)  



Core i7が出たばかりのころに組んだPCだが、
930は戦闘能力7874と初めて地球に来たベジータと悟空が戦ったときに
ちょっと劣るくらい。


ベジータ「戦闘力、8000以上だ…!」
ナッパ 「8000以上!?そりゃ何かの間違いだ。故障だぜ!」



界王拳(クロックアップ)を使えば戦闘能力8000以上も可能だが、
やはりノーマルで8000越えしたい。



新しく狙っているCPU。
Core i7 990X Extreme Edition、
(戦闘能力14249)   



そこで以前と同じく現在使っているソケット(LGA1366)に
付けれるCPUの最高位であるCore i7 990X Extreme Editionを
買おうかどうか迷っている。


アマゾンとかだと10万円を少し切るくらいの値段なのだが…。


戦闘能力は14000越えだが地球に初めてきた時のベジータに及ばない。
ベジータ地球来訪時は戦闘能力18000。



これ以上になるとマザーボードごと交換となるので
ちょっと面倒くさいし、
現行のCore i7-3960X Extreme Editionでも戦闘能力18998と
初期のベジータをちょっと越えるくらいなので、
マザーボードはこのままでいきたいと思う。


クロックアップも作曲の仕事で使うとなると、
あまり知識もないので出来れば避けたい。



それにしてもソフト音源が出たばかりの当初のPentium4のベンチマークで
640のパソコンと次に買おうと考えているCore i7 990Xの14000以上を考えると
単純に20倍以上の差があるわけで、
昔のCPUを20個以上並べたときと同じ仕事を
1つのCPUでできるようになったのだからすごいなぁと思う。


1回買い換えたら3年~5年は使いたいので、
色々考えたいところだ。



AD
64bitPCで32bitのプラグインやソフト音源などのVSTを
無理やり64bit化して使うことが出来るjbridge.。


このソフトが上手く動かなく非常に困っていたが
誰かの助けになるかもしれないので、
ここに私が経験したトラブルとその解決方法を記載しておきます。
(現在は2012年9月)


///////////////////////  

環境は以下のとおりです。
OS : WIN7 64bit
jbridgeのバージョン : jBridgev1.5
DAW(というかVSTホスト) : Vienna Ensumble Pro 4
使い方 32bit ⇒ 64bit



無事に変換できたプラグイン&ソフト音源は以下のもの。
WAVES Mercury V8全部
braiworx bx_meterより前にリリースされたものすべて(bx_digitalやbx_dyn_EQなど)
spl Vitalizer&Transient Designer
Sonalksis SV315とSV517
ik CSR全部とSample moog&tron&tank、Soniksynth2、Amplitube2、Ampeg
Forcusrite Liquid mix3.0
ABBEY ROAD RS127とRS135のみ駄目(変換は出来たがインサートすると音が出ない)
残りのTG12413、RS124などはは全部OK。


A/A/S全部
Musiclab Real LPC&STRAT&GUITAR2L
TONE2 Gladiator 2
EDIROL HYPER CANVAS


注意
WAVES、Sonalkis、Braiworx、splは正式に64bit対応しています。
安定した動作を求めるなら正式に64bitに対応しているものをお勧めします。
(有償・無償はご自身で調べてください)

/////////////////////// 


基本的な使い方を紹介しているサイトは既にたくさんあるので、
「jbridge」「使い方」などの用語で検索を掛けてみて下さい。


私が遭遇したトラブルは手順通りの使い方をしているにも関わらず、
jbridgeがちゃんと64bit化したVSTを書き出してくれなかったり、
書き出してくれてもDAW側でちゃんと読まないなどの不具合に悩まされていました。


この問題を解決する方法として、
jbridge前のVSTフォルダがある階層と
jbridge後のVSTフォルダを書き出す階層を色々と変えてみることです。


例えば変換したいと思っている元のVSTプラグインが入っているフォルダが
以下の位置だったとします。

C:\Program Files (x86)\Steinberg\VSTPlugIns

元のVSTの「.dll」が入っている場所を変更することで
上手くいくことがあります。

Cドライブ直下においてみたり、
マイドキュメントに入れてみたり色々変えてみます。


私の場合は試行錯誤の上にデクストップに「jbridge」という
フォルダを作り、そこに元のdllをすべて入れてから
変換することで上手くいきました。


Cドライブ直下やドキュメントでは上手くいきませんでした。
(上手く行くものと行かないものが出る)


jbridgeの変換後のファイルを書き出す場所も変えてみると良いかもしれません。


またこれをやると上手くいかない可能性が高くなるというのが
(jBridge変換後にも英語で注意書きが出てきますが)
元のVSTと変換後のVSTを同時にDAWに読み込まないようにしましょう。
変換前のデータはDAWに読まないほうが良いです。


またデスクトップなど場所を変えてもも駄目だった場合に
フォルダに日本語を使っていたらすべて半角英数にすると良いと思います。
私の場合はフォルダの名前をすべて半角英数の小文字にして、
頭に「0」を付けたら変換できるようになりました。

例えば以下のようにします。

「Braiworx」⇒「0braiworx」
「WAVES」⇒「0waves」
「ソナルクシス」⇒「0sonalksis」


偶然フォルダの頭に「0」を付けたら変換できるようになったので、
「waves」だと駄目なのに、「0waves」だと出来るのはバグかもしれません。


注意
「.dll」ファイルの名前を変えては駄目です。
フォルダを自分で作ってその中に入れて下さい。
数が多い人はメーカーごとにフォルダを作ると良いでしょう。


私の場合は元の「.dll」ファイルの場所を変えることと、
フォルダを半角英数+頭に「0」を付けることで
無事にすべてのファイルをjbridgeで変換することに成功しました。



ABBEY ROADのRS127とRS135のみ
変換は出来たがインサートすると音が出ないという症状ですが、
元々無理やりやっているようなことなので、
十分すぎる結果だと思います。


しかしながらあくまで正式な動作を保障するものではないので、
動くけれどDAWが落ちやすくなったりするなど
予期せぬ不具合がでる場合もあるようです。


メーカーが正式に64bitに対応しているならば
有償であってもアップグレードしたほうが賢いかもしれません。


一時的な繋ぎとしてjBridgeを利用したり、
ディスコンになっているものやメーカーの都合、
あるいはフリーソフトなど未来永劫64bit化しなさそうなプラグインを
jbridgeで64bitで使えたらラッキーくらいなつもりでいたほうが良さそうです。


私の場合も実際に使っていく中でどんな不具合が出てくるかはまだ未検証ですが、
無事に変換し音を出すところまでは出来たので、
今後また何かあればここに書き記したいと思います。





現在WIN XP32bitPCからWIN7 64bitPCに
DTM環境を移行する作業をしているのだが、
64bit用のインストーラーを集めるために
色々なメーカーのサイトを回っていたらいくつか面白いものを発見した。


まずMASSEY TAPE HEADのVST版が
まだベータ版だけれど出ていた。

MASSEY TAPE HEAD

MASSEY公式サイトはこちら


Protools専用のプラグインとしては
非常に高い評価を得ているプラグインなので
愛用してらっしゃる方も多いと思うのだが、
正式にリリースされればProtoolsをユーザー以外にも
人気が出そうなプラグインだ。


一昔前の今ほどパソコンの性能が高くなった時代には
簡単に、綺麗に、CPU負荷も低く歪ませることが出来るプラグインだったので
個人的には非常に重宝していたし、今でも出番はしょっちゅうある。


MASSEY TAPEHEADの倍音増加スペクトラム


倍音スペクトラムを分析すると

奇数系の倍音が出ていることと
低域・中域においては非整数倍が発生していないこと、
10kHzを超えた辺りから空気感が加わることなど
値段の安さやCPU負荷の軽さのわりには稀有な性能を持っている。


近日中にVST版が出たら買ってみようかと思っている。


またCT4の後続でCT5というのが出ていた。

MASSEY CT5



CT5は新規で購入すると$75だけれど、
CT4を既に持っているユーザーは$3でアップグレードできる。


これって多分中身は同じでGUIが違うだけだよね?
CT4がシックな感じのデザインだったの対して
なかなか近未来的なデザインだ。


CT4そのものの性能はふんわり掛かる不思議なコンプレッサーで
ほかに代用できるコンプもなく、独自の質感を持っているので
今でも良く使う。


MASSEY CT4の倍音スペクトラム

どちらかというと奇数系だが、
9倍音あたりまでそこそこ偶数倍音も出ていて
高域に空気感も加わる控えめな感じのコンプレッサーだ。


潰した感じがあまりしないのに、
ふんわりちゃんと潰れている珍しい機種で、
不思議系というか上品系というか代りになるようなコンプが見当たらない。
(ハードウェアっぽい掛かり方かも)

Protoolsオンリーとはいえ
$75分の働きは十分すぎるくらいにしてくれた。


MASSEYはワンマンカンパニー(一人でやっているプラグイン開発会社)なので
寄付の意味も込めて購入したいと思っている。



MASSEYは非常に優秀なプラグインなので
今後も新しいプラグインの開発に期待したい。