最近はWAVESのSSLがお気に入りで、
ミキシングでよく使っている。

SSLを1つインサートすれば、ほかにプラグインを挿さなくても
結構なんとかなるので、
ミキシングを勉強している方にはお勧めだ。


色々なチャンネル・ストリップが出ているけれど、
どうせなら架空のものよりも、
実在する機種でやったほうが、
たとえ「ごっこ」でも結構楽しいものだ。


SSLは内部ルーティングのやり方が
複数あるので、まずはルーティングの方法を紹介したい。


これがわかっていないとまともに使えないのだ。



まずSSLには大きくわけて3つのセクションがある。


1.ダイナミクスセクション

水色の四角内がダイナミクスセクション

ダイナミクスセクションにはコンプレッサーのほかに、
ゲートとエキスパンダーが付いている。

コンプの出来は素晴らしく、深めに突っ込んでも簡単には割れたりしないし、
コンプ単体で見てもかなり個人的には気に入っている。

ただ現代のプラグインコンプのように詳細な追い込みができず、
どうしても大雑把な使い方になってします。


2.フィルターセクション

水色の四角内がダイナミクスセクション 

フィルターにはHPFとLPFの2種類かがある。
カットカーブの鋭さは変えられないが、
カット周波数はかなり自由度が高い。


3.イコライザーセクション

水色の四角内がイコライザーセクション  


イコライザーでは4ポイントの周波数を設定できる。
両端はシェルビングかベルか決めれるし、
Q幅も決めれるのでかなり自由度は高い。


個人的にはLFセクションのシェルビングと
HPFを組み合わせて低音を作っていくのが好きだ。


ほかにもアナログスイッチなどがあるが、ここでは省略する。


次に下の画像の緑のボタンで 
上記の3つのセクションをどういう順番で通すのかを決めることが出来る。



黄緑のボタンを押すと内部ルーティングが変わる。
主に使うボタンは以下の種類だ。

スプリット(SPLIT)のボタン。


チャンネル・アウト(CH OUT)ダイナミック・サイドチェイン(DYN S-C)


組み合わせによってかなり効果が違うし、
これがわからないと使いこなせないので注意が必要だ。


1・デフォルトの状態

まずデフォルトの何もボタンを押していない状態だと
ダイナミクスセクション (コンプなど)→イコライザー→フィルタ-の
順番で信号が流れる。

デフォルトの状態


コンプでまず潰して、それからイコライザーで整えて、最後にフィルターなので、
コンプ前に低音を少しカットするなどの用途には向かない。
個人的にはあまりデフォルトのままでは使わない。

しかし、3つのセクションのどれか1つにしか用がない場合はこれでOK。
コンプだけ、イコライザーしか使わない場合はこれにしている。


2.チャンネル・アウトのみON

チャンネル・アウトのみランプが付いていると、
コンプレッサーが一番最後になる。

イコライザー→フィルター→ダイナミクスセクションという順番だ。


チャンネル・アウトのみ ON

イコライザーを使わずに、フィルターで少しHPFやLPFを通してから
コンプを使いたいときにはこの設定を使う。


この状態でイコライザーで細かくいじっても
次にコンプに入るので、
せっかく設定したイコライジングが崩れてしまうので注意が必要。



3.スプリットのみON

スプリットのみONの場合は
フィルター→ダイナミクスセクション →イコライザーの順番になる。


まずフィルターで整えてからコンプレッサーで潰すなどして、
最後にイコライザーで調整するというタイプで、
個人的にはこの設定を良く使う。


4.スプリット+チャンネル・アウト



スプリット+チャンネル・アウトの場合は、
フィルター→イコライザー→ダイナミクスセクションの順番になる。

個人的にはこれはあまり使わない設定だが、
イコライザーで弄ったあとにコンプを通したい場合はこの設定している。


そのままコンプで潰すにはあまりにも駄目というトラックが
フィルターで対応できない場合はこの設定になる。


とりあえずこの4つだが、
ミキシングするときにコンプとイコライザーどちらが先かは大問題なので、
しっかり使い分けていく必要がある。


さらにSSLはイコライザーの信号を使ってサイドチェインも可能だが、
それはまた別の記事にしたい。



とりあえず全部のトラックにSSLを挿すのだが、
SSLだけではで対応できない場合もあるので、
そういう場合は個別に好きなプラグインを挿すようにしている。


どうしてもSSL以外のコンプを使いたい場合もあるし、
空間系や音程系のエフェクトは当然ないので、
別途インサートすれば良い。


SSLの実機は使ったことがないのだが、
アナログサチュレートの効果やコンプの色がとても気に入っている。


WAVESのSSLの再現性は非常に高い評価を受けているいるけれど、
似ているかどうかはともかく、
使えるかどうかなら、とても使えると思う。



但しイコライジングカーブを視覚的に見たりは出来ないので、
初心者の方にはお勧めできないかもしれない。


耳だけでやるのも楽しいが、
目でどの周波数が膨らんでいるのか?足りないのか?を見ることは
決して悪いことはないし、勉強にもなるので、
自信がないならミキシング・マスタリングで大いに眼を使うべきだと思う。


いつも同じやり方ばかりしていると
ミキシングも飽きてくるので、
色々とやり方を変えるようにしているのだが
たくさんの発見があって結構楽しい。


新しいコンプやEQをとにかく使いまくって、
その特性や振る舞いを実践の中で使うのはとても勉強になるので、
勉強中の方はどんどん試して欲しい。
(私もまだまだ勉強中だが)


そうすることでミキシングのノウハウは増えていくし、
新しいサウンドの発見にも繫がっていく。

////////////////////////////////////////////////////////////

初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。


DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。

AD

つい先日Nomad FactoryのIntegral Studio Packという、
詰め合わせパックを購入したので、
今日はその中のBlue Tubes Bundle V3のダイナミクス系プラグインに関して検証してみたい。


人によって評価・評判が分かれるメーカーで
販売価格はほとんど投売りみたいな価格になってしまっているが、
個人的にはそんなに悪くないと思っていた。


実際に仕事でそんなに使い込んだわけではないが、
色々な楽器で使ってみたり、
例によって倍音スペクトラムを検証してみた。

1つずつ所感を書いてみたい。

・BT BRICKWALL BW2S 

BT BRICKWALL BW2S

BT BRICKWALL BW2Sの倍音スペクトラム


ドラムに通すとかなり音が立つなぁ~と思ったが、
倍音スペクトラムを見てもかなり倍音が出ている。


基本的には奇数倍音が多いが、
非整数倍の倍音もたくさん出ていて、
いい感じにサチュレートが掛かる。


レシオとアタックタイムの設定が出来ないが、
結構深く突っ込んでもそんなに不自然にならないので、
普通に使えるコンプだと感じている。


リリースタイムを150msくらいにして、
ゲインリダクションが7~8dBくらいでドラムで使うと気持ちい良い感じになる。

なかなか良いコンプで、今回の中では一番気に入っている。


・BT COMPRESSOR CP2S

BT COMPRESSOR CP2S


BT COMPRESSOR CP2Sの倍音スペクトラム


アタック、リリース、レシオ、スレッショルドのコンプの基本4パラメーターを
すべて設定できる機種なので、
色々な楽器に合わせて設定を変えられる。
使い勝手はとても良い。


倍音増幅はスペクトラムを見てわかる通り、
ほぼないと言って良いが、
逆にこういう立たないコンプが欲しいときもあるので
これはこれで重宝する。


むしろ使い勝手の良さを売りにしているコンプだろう。


・BT COMPRESSOR FA770

BT COMPRESSOR FA770

BT COMPRESSOR FA770の倍音スペクトラム


名前とGUIから見てわかる通り、
Fairchild670をモデルにしているが、
他社のFairchild670をモデルリングにしたプラグインに比べて
倍音増幅は少なめ。

あまり音は立たない。


奇数のみで7倍音までがちょろっと出ている程度なので、
実機の真空管を再現しているとはちょっと言いがたいが、
結構深めに突っ込んでも低音がベチャっとなりにくい所は気に入っている。


普段はWAVESのPuigchildを使っているのだが、
TIME CONSTANTのパラメーターを弄ったときの振る舞いはとても良く似ていると感じた。


音の立たないPuigchild といった感じだ。
倍音増幅は別としてコンプのヴィンテージ的な掛かり方が好きなら
全然使えるコンプレッサーだと思う。



BT LIMITER LM2S 



BT LIMITER LM2S

BT LIMITER LM2Sの倍音スペクトラム

名前からしてLA-2Aっぽいが、
音はあんまりLA-2Aっぽくないなぁと思った。


もしかしたら名前が似ているだけでLA-2Aとは無関係なのかもしれない。
アタックもリリースも設定できるし、
グラフィックEQついてるし。



グラフィックEQ はプリとポストが選べて、
100Hz、300Hz、1kHz、3kHz、10kHzとミックスで弄りたいとこを上手く抑えているので、
あまり細かく弄るのではなく、
ざっくり行っていいんじゃないの的なトラックなら重宝しそうだ。



倍音スペクトラムを見ての通り、
音の立ち方はFA770よりもヌルいので
そんなに音は立たないが、
レシオ以外のすべてのパラメーターが設定できることや
簡易的なイコライザーが付いている点踏まえれば
十二分にミックスで使える戦力になる。



音が立つコンプが欲しければ
今回の中ならBT BRICKWALL BW2Sを使えばいいし、
Blue Tubes Bundle のコンプって結構いいなと思った。


ディエッサー(BT DEESSER DS-2S)と
エキスパンダー(BT EXPANDERGATE GX622)は除外。



Integral Studio Pack を99$という破格の値段で買ってしまったのだが、
ほかにもまだまだプラグインはたくさんあるし、
超お買い得だったと思う。



ミキシングにおけるイコライザーやコンプレッサー、
リバーブやディレイの使い方がちゃんとわかっている人なら
これで十分仕事ができるのではないかと思う。


普段はWAVESのMERCURYで仕事をしているが、
Integral Studio Pack の色々なプラグインが使いこなせない人は
プラグインの使い方をわかっていないという意味で
WAVESのMERCURY を買っても同じく使いこなせないかもしれない。


Nomad Factoryの全プラグインを深く検証したわけではないが、
実際に軽く使ってみて、
後発のものは良いプラグインが揃っているという印象を受けた。


ミキシングにおいてイコライザーやコンプを上手に使いこなせる人は、
例えフリーソフトでもそこそこ勝負できるミックスが作れるが、
価格の安さを考えるとちゃんと道具の使い方さえわかっていれば、
こんなにお買い得な買い物はないと思う。


WAVESのMERCURYが
えない貧乏時代に、
Nomad Factory のIntegral S
tudio Pack と出会っていたら、
触ったことのないパラメーターがなくなるくらい
きっと有難く使い込んだろう。


もし今ミキシングやマスタリングを勉強なさっていて、
プラグインを安く買いたいという方がいたら、
教材代としては優秀な上に、安すぎると言って良いと思う。


さすがにクオリティーという点では、
もっと良いプラグインはいっぱいあるけれど、
私はやろうと思えばこれで十分に仕事ができる。


セールを上手く見つけて買えばこんなに良い買い物はない。

機会があればNomad Factoryのイコライザーの検証などもしてみたいと思う。


////////////////////////////////////////////////////////////

初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。


DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。

AD

ミキシングするときに全トラックに何らかのコンソールの
シミュレーターをいつも挿すのだが、
やはりSSLが一番良いなぁと思うようになった。






何を以って「アナログっぽい」と指すのかは人それぞれだし、
音楽は嗜好の問題なので、
結局は自分が良いと思えばなんでもOKなのだが、
WAVESのSSLシミュレーターは空気感やほど良いノイズ、
そして僅かに付加される倍音の具合がとても気に入っている。


どのくらい倍音が付加されるのかというとほんの僅かなのだが、
これくらいが丁度良いのかもしれない。

元の1kHzのスペクトラム


SSL G CHANNELを通したスペクトラム


上の画像を見てわかるとおり、
オクターブ上の2倍音が少し、オクターブ+完全5度が原音の1/5程度加わる。
あまりサチュレートしすぎても困るので、
このくらいが個人的にはとても気に入っている。

DTMで作っている冷たい感じがほとんど消えるので
コンソールのシミュレーターを持っていない方にはお勧めだ。



SLATE DIGITAL VCC

VCCもお気に入りだし、VCCの中にSSLのシミュレートがあるのだが、
WAVESのSSLコンソールのシミュレートはEQやコンプが付いているので、
最近は積極的にSSL内のEQやコンプを使うようにしている。



WAVESのSSLは比較的重いのだが、
コンプもEQもフィルターもかなり融通がきくので
最近はSSLでミキシングするのがマイブーム。


もちろんマスタートラックのバスコンプにも
SSLのバスコンプを使っている。

////////////////////////////////////////////////////////////

初心者の方用の作曲本と
ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。


DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。


【パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本】 

販売ページへのリンクです。

AD

「DTMマスタリングのやり方」「DTMミキシングのやり方」の
誤字・脱字を行ったものをDLsite様にアップロードさせて頂きました。
(2012年1月13日時点)

ゲストユーザー様 ご購入後7日間まで

登録ユーザー様 ご購入後無期限 


となっておりますが、
ゲストユーザーにてご購入後7日間過ぎてから、再ダウンロードをご希望される
お客様につきましては、ゲストユーザーから登録ユーザーへの
登録移行をしていただければ、過去半年までのご購入履歴に
つきましては、登録ユーザー様同様の再ダウンロードが可能です。


なおその際はご登録ユーザー様より、DLsiteサポートへ
購入履歴移行希望の旨をお知らせいただければ幸いです。

DLsiteサポート support@dlsite.com

また、よろしければ下記ページもご参考いただければ幸いです。
http://www.dlsite.com/home/faq/user#u_q6



ゲストユーザーでご購入下さいまして、
半年以上経過してしまっているお客様は
DTMマスタリングのやり方本文の最終ページにあるメールアドレスに
メールして下されば再ダウンロードのURLをご連絡差し上げます。


その際お手数ですが、正規ご購入ユーザーさまの確認のため
131ページに書いてある【あとがき】の全文章を
メールにコピーして頂ければ幸いです。


あとがき
いかがでしたでしょうか?
本書に …  …  …

で始まる文章です。 


メールの件名を
「DTMマスタリングのやり方再ダウンロードに関して」
「DTMミキシングのやり方
再ダウンロードに関して 」
にして頂ければ幸いです。


【あとがき】の全文のコピーがメールにない場合は大変恐れ入りますが、
再ダウンロードのURLをお送りできませんのでお願い致します。

今後とも宜しくお願い致します。



DTMで作曲をなさっている方向けに
作曲の本を書いています。


内容は初心者の方向けで、
和音やカデンツなど基礎の基礎からなので、
極限まで作曲を簡単に説明することをコンセプトに書かせて頂いてます。


もうじき完成で、先日書いたDTMマスタリングのやり方も
最新のマスタリングテクニックなどを加筆・修正中です。
(既にDLsite様などで購入頂いた方は無料で再ダウンロード出来ます)


出来上がったらまたブログに書きますが、
あと1~2月後くらいを予定しています。


それが終わったら今度は中級者~上級者向けの
本格的な作曲技法の本を書きたいと考えています。


現在進行中の内容の目次です。


目次________________

第一章 DTMの準備を整える編
01 音楽を作るのは簡単になった?
02 DTM環境を整えよう!
Ⅰ.パソコン
Ⅱ.OSは?
Ⅲ.DAWソフト
Ⅳ.DTM音源
Ⅴ.MIDIキーボード
Ⅵ.モニター環境
Ⅶ.オーディオインターフェイス
Ⅷ.その他
Ⅷ.まとめと接続図
03 MIDIってなに?
04 先生を探す

第二章 最短で作曲出来るようになるぜ!編
音名と音部記号
変化記号(臨時記号)
音符と休符
拍子
タイ
和音(3和音)
Ⅰ.長3和音
Ⅱ.短3和音
Ⅲ.増3和音
Ⅳ.減3和音
メジャーとマイナーの音階(スケール)
ダイアトニックコード(3和音)
和音(4和音)

ダイアトニックコード(4和音)
音楽の世界の文法「カデンツ」
文法追加ルール
和音を並べる時のアドバイス①(和音の明暗)
和音を並べる時のアドバイス②(音が増えても)
和音を並べる時のアドバイス③(具体的な配置)
和音を並べる時のアドバイス④(低音の限界・ローインターバルリミット)
和音を並べる時のアドバイス⑤(和音連結)
MIDIについて学ぶ(その1)
Ⅰ.ノートごとのパラメーター 
Ⅱ.MIDIコントロールチェンジ(MIDI CC)
Ⅲ.それ以外のよく用いられるMIDI効果
22ドラムがあると一気に曲らしくなる
MIDIについて学ぶ(その2)
Ⅰ.ドラム・パーカッション・ピアノ・マレットなどはベロシティーが超重要。
Ⅱ.エクスプレッションでちゃんと表情をつける
Ⅲ.GTでノリを作り出す。
Ⅵ.本当に演奏できるか考えてみる。
Ⅴ.プロのMIDIデータを分析する。
ドラムがあると一気に曲らしくなる
Ⅰ.…その前に、昨今のドラム音源について。
Ⅱ.ドラムの基本について学ぶ①
Ⅲ.ドラムの基本について学ぶ②
色々なドラムパターン
Ⅰ.4ビート、8ビート、16ビート
Ⅱ.スネアの頭打ち
Ⅲ.ダブルタイム(倍テン)とハーフタイム(半テン)
Ⅳ.バスドラム(キック)の四分打ち
Ⅴ.ゴーストノート
ドラムの様々なパターンまとめ表
色々なドラムセット
ベースについて学ぶ(基本編)
Ⅰ.…その前に、昨今のベース音源について。
Ⅱ.ベースの基本的な仕事は?
Ⅲ.ベースで使える楽器(音色)は?
Ⅳ.ベースの音域、入力する範囲は?
ベースについて学ぶ(応用編)
Ⅰ.次の根音に対してすぐ上の音か、すぐ下の音から入る。
Ⅱ.根音以外に第5音、第3音、第7音も使用できる。
Ⅲ.色々メロディック&リズミックなベース。
Ⅳ.ランニングベース
Ⅴ.ウォーキングベース
Ⅶ.白玉系の音符を使ったゆったり系ベース
ベースを動かすときの注意点
アルペジオってなに?
Ⅰ.アルペジオの形は自由です。
Ⅱ.アルペジオは使用する型を揃えるようにする。
ここまでの復習(アルペジオまで編)
メロディーの作り方(基本は簡単ですよ編①)
メロディーの作り方(基本は簡単ですよ編②)
Ⅰ.経過音(通り道の音)
Ⅱ.刺繍音(揺れる音)
Ⅲ.先取音(先に鳴る音)
メロディーの作り方(悪い例)
曲の構成(フォーム)を学ぼう
Ⅰ.8小節を1つの単位と考える。
Ⅱ.タイプの違う8小節を2つ作成して並べる。
Ⅲ.2つの8小節「Aブロック」と「Bブロック」は違うタイプのものが良い。
作曲できたぞ!(今時の作曲家の話)

第三章 もっと作曲の色々な技を知りたい編
メロディーの作り方(基本は簡単ですよ編③)
Ⅰ.倚音(通り道の音)*ヨと表記。
Ⅱ.逸音(離れていく音)*ハと表記。
Ⅲ.掛留音(まだ鳴っている音)
メロディー作りのさらなるレベルアップ
Ⅰ.どの音がテンションでどの音がアボイドなの?
Ⅱ.テンションとアボイドの違いはどうやって生まれるの?
Ⅲ.メロディーで使う時の具体的なアドバイス①~テンションとアボイドの汎用的な使用例
Ⅳ.メロディーで使う時の具体的なアドバイス②~非和声音としてのテンションとアボイド
Ⅴ.メロディーで使う時の具体的なアドバイス③~テンションはあくまで非和声音
メロディーの作り方(歌ものと器楽の違い)
分数の和音を使う
和音の中にテンションを入れる。
和音のリズム化
Ⅰ.4分打ち
Ⅱ.付点音符を用いた例
Ⅲ.休符を用いた例
Ⅳ.フレーズの区切りは少しパターンを変える。
Ⅴ.白玉系の音符を使った息の長いパターン。
Ⅵ.和音をリズムの変化に合わせてダルマ落としを行い和音の上下を入れ替える。
Ⅶ.テンションを含めた和音のリズム化
カウンターメロディーを作ってみよう!
作曲で使える和音を増やす(その1)ハーモニックマイナー系
Ⅰ.Eまたはその4和音であるE7が使える。
Ⅱ.AmM7が使える。
作曲で使える和音を増やす(その2)サブドミナントマイナー系

Ⅰ.サブドミナントマイナーの和音が使える
Ⅱ.明るい文法でのFm(FmM7)とDm-5(Dm7-5)は柔らかい感じになる。
明るい文法でのA♭(A♭M7)とB♭(B♭M7)は盛り上がる感じになる。
作曲で使える和音を増やす(その3)ドミナント系
Ⅰ.ディミニッシュの和音が使える
Ⅱ.D(D7)の和音が使える。
作曲で使える和音を増やす(その4)sus4系
Ⅰ.「sus4」の和音の見つけ方
Ⅱ.「7sus4」の和音の見つけ方
Ⅲ.メジャーの文法の時のsus4、または7sus4の使い方。
Ⅳ.マイナーの文法の時のsus4、または7sus4の使い方。
Ⅴ.典型的な使い方(sus4は解決する)。
Ⅵ.最近のsus4の使い方(解決しないsus4)。
Ⅶ.メロディーでのsus4の使い方。
作曲で使える和音を増やす(補足)
使える和音「総まとめ表」
メロディーで使える音一覧表「最終版」
4つめの文法?
保続低音(ペダルポイント)
ハモリパートの作り方
Ⅰ.固定された3度のハモリ。
Ⅱ.和音に合わせた3度のハモリ。
Ⅲ.固定された6度のハモリ。
Ⅳ.和音に合わせた6度のハモリ。
Ⅴ.これをハモリでやってはいけない。
ギターについてについて学ぶ(基本編)
Ⅰ.ギターってどんな種類があるの?
Ⅱ.…その前に、昨今のギター音源について。
Ⅲ.ギターの音域、入力する範囲は?

ギターについてについて学ぶ(応用編)
Ⅰ.ギター独自のボイシング(和音の配置)を知る。
Ⅱ.ギターって大変そうと感じたあなたへ。
Ⅲ.ストロークによる演奏(エレキ・アコギ共通)
Ⅳ.アルペジオによる演奏(エレキ・アコギ共通)
Ⅴ.テンション音の変化があるギター伴奏(エレキ・アコギ共通)
Ⅵ.ミュート奏法(主にエレキギター)
Ⅶ.その他のギター奏法(エレキ・アコギ共通)

第四章 実際に曲を作りますよ編
第四章を始める前に…
いよいよちゃんとした曲に挑戦!
作曲が出来るようになったら、さらに先へ
Ⅰ.色々なジャンルに取り組むその前に…
Ⅱ.ダンス系・テクノ系の楽曲を作りたい方へ。
Ⅲ.バンド曲(ポップス系・ロック系)が作りたい方へ
Ⅳ.ロック系の楽曲を作りたい方へ。
Ⅴ.ジャズ(ジャズ以前)の楽曲を作りたい方へ。
Ⅵ.クラシックの楽曲を作りたい方へ。
Ⅶ.エスニック(民族音楽)の楽曲を作りたい方へ。
Ⅷ.ゲーム・アニメ・テレビドラマ・映画などのメディアのサウンドクリエイターになりたいのでオールジャンル作れるようになりたい方へ。
Ⅸ.趣味でやっているだけなので、特に難しく考えていない。


第五章
メロディーに和音を付けるには?
メロディーが上手く作れない人へのアドバイス
Ⅰ.休符をちゃんと使っていますか?
Ⅱ.呼吸・対比を明確にする。
Ⅲ.ヒット曲や好きな曲を研究する。
Ⅳ.和音の音やテンションやトユサマヨハを復習する
精神と時に部屋で修行しよう!
ボーカル曲を作るときの注意点
DTM機材について知りたい!
Ⅰ.音源(ハード)
Ⅱ.音源(ソフト)
Ⅱ-1.総合音源系
Ⅱ-2鍵盤系、クロマティック・パーカッション系
Ⅱ-3ギター系
Ⅱ-4ベース系
Ⅱ-5ドラム系&パーカッション系
Ⅱ-6シンセサイザー系
Ⅱ-7オーケストラ系
Ⅱ-8エスニック系
Ⅱ-9その他の特殊なもの
Ⅱ-10おまけ(フリーソフト)
DTM機材を安く買うには
あとがき

etc…まだまだ未完成ですので
内容は変更される場合があります。






謹賀新年

テーマ:
いよいよ辰年。


今年も作曲し、作曲し、作曲する。
ここ10年くらいひたすら作曲を続ける毎日だが、
今年もより一層の進歩向上を目指して頑張りたいと思う。


作曲は楽しい。
いつの間にか音楽を生業にして食べていけるようになったけれど、
仕事を大変だと思うことはあっても、
作曲を楽しくないと思ったことは一度も無い。


まだまだ全然自分の成長に満足していない。
じきに新しい段階に突入するのだろうが、
それも楽しみで仕方が無い。


今年も自分の進歩向上と、
出来うるならば自分と縁があり、
音楽の道を志す方へささやかながらも力になりたい。


まだまだ何も終わってはいない。
今はただひたすら突き進むべし。


足を引っ張られることもあるだろうし、
逆に足を引っ張ることがあるかもしれない。


今はまずこれ以上は自分の力で一歩も進むことが出来ないという段階まで
ひたすらに突き進みたい。


その段階に達したら、そのときはそのときでさらなる努力を以って乗り越えれば良い。


毎日が楽しいのでとても嬉しい。
というわけで今日もひたすらに作曲をし、本を書き、勉強しよう。