たくさんのプラグインを仕事で、趣味で使いながら作曲やミキシングをしているが、
最近は製作を補助するツールに目が向いていて
Flux:のアナライザーが欲しいなどと思っている。


Flux:のPure Analyzer Essential
http://www.minet.jp/flux/pure-analyzer-system#1


アナライザーもいくつか持っているけれど、
このアナライザーが欲しくなった理由は色が綺麗だから。


こんな綺麗なGUIがPCの画面に表示されていたらやる気が出そうだ。



もちろん色が綺麗なだけではなくて、
このPure AnalyzerはIRCAM TOOLSのシリーズなので、
その性能は世界最高クラスというお墨付きだ。


IRCAMとはフランス国立音響音楽研究所のことで、
クラシックの現代音楽をやっている方の間では結構有名。
http://ja.wikipedia.org/wiki/IRCAM



ジャチャント・シェルシからの流れを汲む現代フランスの作曲家、
例えばジェラール・グリゼーとかトリスタン・ミライユとか
いわゆるのスペクトル楽派の作曲家たちは
IRCAMを大いに利用しているし、
世界で最も信頼できる音響研究所の1つなので
そのプラグインとなれば当然使ってもみたくなる。


ジェラール・グリゼー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%BC%E3%83%BC


トリスタン・ミライユ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A6


スペクトル楽派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E6%A5%BD%E6%B4%BE


私の作曲の先生がスペクトル楽派の流れを汲む方で、
私もちょっとかじったりしているがIRCAM TOOLSは値段も半端じゃなくって、
ちょっとしり込みしてしまうような価格設定になっている。



でも頑張ってアナライザーの1つくらいIRCAMのものを使ってみたい。


もう1つアナライザーで考慮にいれているのが
最近リリースされたBx_meterだ。


brainworks bx_meter

brainworksの全部入りを夏ごろ買ったのだが、
WAVESのMercuryと違って新しいものが出たら、
それはそれで個別に購入しないといけないのでまだ買っていない。



おなじみのMS処理を念頭においたアナライザーだが、
デモムービーを見る限りIRCAMのほうにもその機能はあるようだし、
何よりGUIがちょっと地味。


買うならIRCAMかなぁと思っている。


////////////////////////////////////////////////////////////

現在Normadの全部入りのセール中です。

Normad全部入りセール
http://www.dontcrack.com/news/2011/11/nomad-factory-magnetic-ii-winter-promotion/
2011年12月末まで
(199$、アップグレードからなら99$)

////////////////////////////////////////////////////////////

ミキシングとマスタリングの本を書きました。

電子書籍ですが宜しければどうぞ。

DTMマスタリングのやり方


DTMミキシングのやり方。





AD