音楽のブログ


URS Saturation






URS Saturation導入を導入した。






つい先日PSPのPSP VintageWarmer2 を購入したばかりだが、


PROTOOLSをあんまり使わなくなったので、


高速マスタリングのためにVSTで動作するものを買い集め中。






MASSEYやMc DSPなどRTAS専用のプラグインは


当然PROTOOLSでしか使えないので、


わざわざPRPTOOLSを立ち上げるまでもないときには


シミュレーター系のプラグインが少なくて困っていた。






Analog CannelもTape headも使えないからだ。






そんなわけで今月(2010年8月)のURSのセールで


前々から欲しかったURSのサチュレーターを購入。








色々な所で見かけるので欲しいと思ってはいた。






真空管やテープ専用ではなくて、


色々なタイプのサチュレーションをシミュレートできる。










音楽のブログ





全部で10種類のシミュレートが可能で、


これがなかなかいい感じでサチュレートしてくれる。






以下シミュレート内容を整理。




ソース


http://www.tacsystem.com/products/urs/000488.php




Tube Mic Pre Motorcity


このアルゴリズムはモータウン全盛期、1960 年代の録音スタジオでポピュラーだったアメリカ製真空管マイクプリアンプの特性をデジタル再現します。ドライブ設定を上げると倍音と真空管ソフトクリップの効果がより大きくなります。







Tube Mic Pre German


このアルゴリズムはビートルズサウンドなど1960 年代初期のヨーロッパの録音スタジオでポピュラーだったドイツ製真空管マイクプリアンプの特性をデジタル再現します。このタイプの真空管プリアンプは独特の歪みと高音域のプレゼンスと特徴で高い評価を受けています。







Discrete Mic Pre British

こ のアルゴリズムは現在も人気の高い英国製コンソールの完全ディスクリートマイクプリアンプのサチュレーションをデジタル再現します。このビンテージ増幅回 路はコンソールのサミングバスにも使用されていました。倍音が追加されることによってロックやR&B などで求められるキレのある音が得られます。





JFet Mic Pre Modern

このアルゴリズムは真空管サチュレーションに最も似ているディスクリートデバイスと言われる、モダンなJFet マイクプリアンプをデジタル再現します。真空管回路に似ているものの、独特の倍音構成と音色を持っています。




Tube Mic Pre 1951


このアルゴリズムはアメリカ製真空管マイクプリアンプのサチュレーションをデジタル再現します。モデリングされたマイクプリアンプはプログラムイコライ ザーで有名なメーカーによって製造され、1950 年代から1960 年代にかけて特にポピュラーでした。オリジナルの真空管マイクプリアンプはその温かいサウンドを重宝されていました。




Tube Mic Pre Tape Deck

エルビス プレスリーが使用したような初期のアメリカ製モノラル アナログテープ録音機に備わっていた真空管マイクプリアンプをデジタル再現します。モデリングされたマイクプリアンプは1950 年代初頭から1960 年代にかけて特にポピュラーで、現在も根強い人気を保っています。今ではテープマシンのトランスポート部は取り壊され、真空管マイクプリの回路部のみを使 用しています。




Tape head 15ips

Tape head 30ips


典型的なテープマシンのテープヘッドサチュレーションをデジタル再現します。このタイプのノンリニアサチュレーションは特に高周波数のトランジェントに強く作用し、ドラムやパーカッションに良く利きます。






Transformer American


Transformer British


トランスコアサチュレーション


ハイエンドの録音コンソール、テープマシン、アウトボードなどに使用されているビンテージアメリカ製トランスのサチュレーションをデジタル再現します。 Transformer American アルゴリズムはトランジェントの抑制に用いてみると良いでしょう。カチカチしたベースやスネアドラムを修正するには最適なツールです。






本家サイトでも特定モデルを名指しでシミュレートしていると書いてはいない。


Mc DSPのAnalog Channelは名指しでTASCAMなどをシミュレートしていたが、


URSはそういうのがないのが残念。






ただ見た目で明らかに○○だろうというはいいのだが、


このサチュレーションに関してはちょっとわかりずらい。








個人的にはどこの馬の骨かもわからないプラグインよりも


FairchildとかPultecとかちゃんとシミュレートの元がわかったほうが、


作曲のモチベーションが上がるのだが。








そういう意味ではMc DSPは良かったし、


WAVE ARTのTUBE SATURATORは気に入っている。








音楽のブログ




音楽のブログ






調べて実機にたどり着けるとやる気が出るしね。






個人的にわけのわからないまま使うのはあまり好きではないので、


半分趣味で色々と調べたりしてみた。






以下、実機特定は完全に勘です。


1960 年代の録音スタジオでポピュラーだった


アメリカ製真空管マイクプリアンプなんて言われてもわからんし、


なんとなくこれかな~?レベルでお願いします。






違うじゃないか!などのクレームは一切受け付けませんし、


責任も一切持ちません。


気になる方はURS本社にご自分で問い合わせて下さい。








Tube Mic Pre Motorcity


音楽のブログ


アメリカ製で60年代ってことはALTEC 1567Aあたりか?


http://junctionmusic.net/modules/myalbum/photo.php?lid=13




音楽のブログ


特性としては見事に奇数倍音が強調されている。


クラリネットは偶数次倍音が殆ど得られず、音波の波形は矩形波っぽくなるが、


クラっぽい感じだ。








Tube Mic Pre German


音楽のブログ


EMI/ABBEY ROADスタジオのチャンドラーのGERMANIUMか?


http://www.2ndstaff.com/products/chandler/germanium-pre-1.html






音楽のブログ


4倍音あたりまでの強調が顕著。


それ以降は緩くなる。






Discrete Mic Pre British


ディスクリートでプリアンプ( 英国製)となるとNEVEやSSLか?






音楽のブログ


NEVE 1073? 1081?


http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/pr_rec-file/004neve-england.html








音楽のブログ



API 512あたりかほかもAPI製品かも?


http://www.mixwave.co.jp/audio/api_512c.html






音楽のブログ


5倍音あたりまでの強調が顕著。




JFet Mic Pre Modern







音楽のブログ


とりあえずMillenniaあたりのどれかが怪しいよね。ヒントが少なすぎてわからん。


http://www.mil-media.com/index.html


音楽のブログ




3・4倍音あたりの強調が目立つ。


2倍音がめっきり少ない。


数少ない偶数系?




Tube Mic Pre 1951



音楽のブログ



LUX SQ38FD?


http://www5b.biglobe.ne.jp/~keina/Audio/SQ-38FD/LUX_SQ-38FD.htm




1951年というのが大きなヒントなのだろうが、


ちょっと古すぎてわからん。




まだロックが生まれてもいない時代のだから、


ちょっとわかんないな。






ジャズ方面から調べればわかるかもしれない。




音楽のブログ


特性としては極めて豊かな倍音強調を行ってくれる。


やや奇数倍音が強調されやすい傾向にある。












Tube Mic Pre Tape Deck



音楽のブログ



アメリカ製で真空管プリ付きのアナログテープレコーダーとなると


アンペックスAG440あたり?


http://www.geocities.jp/dave_group_japan/zatupa3.html






音楽のブログ


3倍音までが顕著。それ以上は緩やか。







Tape head 15ips

Tape head 30ips

これは実機特定無理。ヒント少なすぎ。


普通にスチューダーとかタスカムとかその辺の製品かも?






音楽のブログ




音楽のブログ



基本的に奇数倍音強調特性。


7倍音の強調に差異が見られる。


30ipsの方が(7倍音の強調)。










Transformer American


Transformer British




音楽のブログ


LA-610?(アメリカ製)








音楽のブログ


Great River / MP-2NV?


多分NEVE系だと思うがヒント少なすぎて絞り込めない。






音楽のブログ


音楽のブログ



奇数倍音のみが強調される。


偶数倍音は全く現れないデジタルならではの特性。








シミュレート数が多いのと、


倍音特性がわかるのがこの製品の良いところか。




特に1951の真空管の倍音の豊かさはグラフを見てのとおり


かなりのものがある。






音も素晴らしいし、


Mc DSPみたいに○○のシミュレートです。と書いてくれれば


もっと売れると思うのにな。








たくさんあっても結局使うのは限られてくるのだが、


暫くこれも使い倒してみよう。






WAVE ARTのTUBE SATURATORよりも軽いので


バンバン各トラックにインサートできる。





AD

liquid mixの3.0がアップデートされた。


GUIは大きく変わったけれど、

エミュレーションなどが増えたわけではない。




音楽のブログ

3.0のGUI


今回のアップデート内容は以下のとおり。


Liquid Mix 3.0

Fixed:
-Audio Units now validate successfully on Snow Leopard
-Fixed issue where upon session reload, a plug-in’s output level could be incorrect if the Sidechain feature was in use.
-Bundled snapshots which have been altered by the user now reload correctly
-Maximum track count no longer reached prematurely in Logic
-Prevented possible settings loss when switching Logic sessions
-Removed invalid website links in windows shortcut menu
-Updated GUI
-Integrated VST 2.4 plug-ins into main installer

The following DAW/Platform combinations are not supported by Liquid Mix.
-64bit Sonar (no change)
-IMPORTANT: Users of Pro Tools on Mac should not download this release and instead continue using version 2.3.16.


http://www.focusrite.com/support/liquid/liquid_mix



個人的には結構いい外部DSPだと思うのだが、

いかんせん日本ではまるで人気がない。



アップデートをしているところを見ると、

海外ではそこそこ売れているようだが、

日本ではほとんどディスコンみたいな感じになってしまっている。



ヴィンテージ系の機材が好きだが、

UADは高すぎるという人にとっては

ほとんど神のような機材だと思うのだが、

学習段階にある人間にいきなりそれを求めるのは難しい。

例えばPultecなどはゲインとアッテネーションを両方6dBしたら

一体どうのようなEQカーブになっているのかは

画面を見たほうがわかりやすいし、

私は見るまでわからなかった。

APIやLA-2Aの挙動を視覚的に見れるというのは

実機のGUIがないというデメリットを大きく上回るものだ。

Fairchild670などヴィンテージ機材の名前を

言われて実機が心に浮かぶのであれば、

問題なく使いこなせると思う。



なによりコスパが非常に高いので、

そのあたりもお勧めだ。

AD

PSP VintageWarmer2を導入した。



音楽のブログ

PSP VintageWarmer2




存在自体はずっと昔から知っていたし、

葛巻善郎大先生を始め、

非常に多くの方が使っているソフトだ。



そんなわけで私はプロユースのプラグインだと思っているが、

今まで手を出してこなかった。



理由は価格面でやや高いことや(今はそうも思わないが)、

アナログサチュレーション効果を出すのには、

MASSEYのTAPE HEADを好んで使ってきたから。



最近は海外で直接買うことによって、

日本のピン跳ね業者分の代金が浮くので、

少し楽になった。



私としては製作者に正当な報酬が入るのであれば

それでいいと思っている。




音楽のブログ
MASSEY TAPE HEAD



アナログテープによるスタジオレコーディングを私は行ったことはないが、

そのサウンドだけはビートルズを始め、

多くの過去の名盤によって聞くことが出来る。



デジタルの良い所は音が綺麗なことだが、

綺麗過ぎることがミックスやマスターで逆にマイナスになったりするので、

適度に汚すことが重要になってくる。



そのときの選択肢として、もしシミュレーター系を用いるのであれば

アナログテープか真空管のどちらかになる。



最近は毎日何曲も書き、

その上ミックスもマスタリングも全部やるので

時簡短縮のためにVIENNA ENSEMBLE PROを用いて

PROTOOLSを立ち上げないことが多い。



なのでRTAS専用のプラグインが使えないのが結構痛いのだ。



具体的によく用いるRTASプラグインは、

MASSEYのTAPE HEADのほかに、

Mc DSPのAC1とAC2。




音楽のブログ

Mc DSP AC2




Mc DSPはPRO TOOLS専用なので、

いちいちPROTOLSを立ち上げないといけない。



なので手持ちの機材で、

アナログテープシミュレーターを使うのが、

面倒になってしまった。




Vienna Ensemble Proを用いれば、

最終的な出来がPROTOOLSを立ち上げたときと、

そうでないときとほとんど変わらないレベルに出来るので、

スピード重視の時はとても便利だ。



そんなわけで最近のマスタリングでは

シミュレーター系では真空管ばかり使ってきた。



音楽のブログ

WAVE ART TUBE SUTURATOR



私は半導体に対してなんら偏見はなく、

むしろ素晴らしい技術だと思っている。



音にも個性があり使い勝手としては十分に有用性がある。



最近の若い世代には真空管を好む方が多いが、

ある意味、メディアに踊らされている部分もあるではないだろうか。



なぜ真空管が良いのか?

音が良いから?

では半導体は音が悪いのか?




本当に耳で聞いて判断できるならそれで良いが、

なんとなく真空管てカッコいいからなんて方もいると思う。




趣味や遊びならそれはそれで全然OKなのだが、

真空管の構造、そしてその効果、なぜ倍音が付加されるのか、

そして付加されることによってどういう結果になるのか、

その辺も真に作曲を志すなら突っ込んでも良いと思う。



ただ楽しいで終わりなら必要ないことだが、

レーサーになりたいなら、

どうして車が動くのかくらいは知っていても損はない。



そのそもヴィンテージと呼ばれるあらゆる機材に真空管タイプが多いのは

その時代には、それしかなかったからだ。



半導体が発明され、実用化されるに至るまではそれ以外の選択肢がなかった。

だから当時の無名な、あるいは有名なアーティストはみなそれを使うしかなかった。



だからもし当時、既に半導体という選択肢があったなら、

それを選んだアーティストもいたと思われる。



しかしそういうわけにはいかないので、

現代に生きる我々は往年のサウンドを求めるときに「真空管」を求めるのだが、

半導体にも良いところはたくさんあるということを忘れてはならないと思う。




一切の例外なく「どんな時でも真空管」という選択肢は

おそらく間違っている。


ヴィンテージは素晴らしいが、

現代科学の最先端が適している場合もある。



どの道具がどういう効果を持っていて、

自分はどのような音に対するイメージがあるのかを考え、

そして道具を選ぶべきなのだ。




カッターのほうが便利なときもあれば、

ハサミのほうが便利のときもあるように。



ただ真空管の歪みは往年のサウンドを得るのに適しているので、

私も多用する。




今ちょうど大量にジャズとロックを作曲しているので、

マスタリングで真空管ばかりでは飽きてきたのが、

今回のVintage Warmer導入の理由だ。



作曲の様式もそうだが、

機材的なものでも当時の音を再現したいと思っている。



音楽のブログ

3極真空管 12AX7


ちびちび音色を積み重ねてマスタリングするのが好きなので、

色々なプラグインを加算的に使っていく。



そして実在しない機材よりも、

実機が存在するプラグインを使うのが好きなので、

マスタリングではいわゆるヴィンテージ系のモデリングをよく用いる。




音楽のブログ
HLS CHANNEL




音楽のブログ
PULTEC




音楽のブログ
FAIRCHILD 670


PULTECやFAIRCHILDは大好きだし、

LA-2AやAPIも好んでよく使う。


最近購入したHLS CHANNELやPIEコンプも気に入っている。



色々と購入して、実際に使ってみて、仕事の中で覚えてことは、

ある程度良いプラグインを使わないと良い音は得られないが、

結局、使うのは人間なので、

マスタリングやミキシングの本質とも言える周波数や倍音、楽器やアレンジのことを

深く理解していないと高いレベルには達することが出来ないということだ。




金さえ出せば800馬力のチューンドカーは手に入るが、

それとFIA GT選手権で優勝できるかは別問題だ。



結局運転するのは人間なのだから、

人間が高い運転技術を持っていなければならない。



自分がポルシェ911を800馬力にチューニングした車で

相手がノーマルのカローラだったら、

運転技術はそこそこでも勝負には勝てるだろう。



車のスペックが違いすぎる。


しかし相手もフルチューンのポルシェやGTRで、

ドライバーがアイルトン・セナレベルの天才だったら?




車だけ速くても、勝てるのは自分よりも性能の劣っている相手だけで、

相手も同じ機材なら、結局は人間力の勝負になる。



私は音楽の世界しか知らないが、

多分どの世界でもプロとはそういうものだ。




長い目で商業の世界でプロとしてやっていくには

高い技術とそれを裏付ける知識、

そして何よりもそれらを生み出す知性が必要だ。




鉛筆一本とっても、

それがないと仕事が出来ないが、

ロイヤル・ターレンスのファン・ゴッホ(1本200円くらいする鉛筆)じゃないと

デッサンが出来ないではなく、

100円ショップの12本で100円の鉛筆でもデッサンできないといけない。




高い画材のほうが書きやすいし、綺麗かもしれないが、

デッサンするのは人間だ。

画家がデッサン力を持っていなければ話にならない。




私の経験上、プロは良い作品のために誰よりも仕事で使う道具に拘る。

音楽に限らず、今まで出会ったその道のプロはみなそうだった。

私もそうだ。




しかしその本質を理解しているので、

それが得られない状況でもアマ以上のパフォーマンスが出せる。




10万円のEQでも、フリーソフトのEQでもEQはEQだ。



周波数や倍音、楽器やアレンジを深く理解していれば、

どちらを使用しても同じような結果は出せる。



ただ高価な道具、使い慣れた道具のほうが、

良い結果を出せるので、それが使える状況であればそれを使う。

それだけのことだ。




100万円の包丁も100円ショップの包丁も包丁なのだ。

それを使う料理人が真の料理人であれば、

彼はその状況をなんとでもするだろう。




弘法、筆を選ばずというが、

実際の彼は中国から高級毛筆を取り寄せたり、

筆には非常に拘っていた。




より良い「書」のために道具に拘るのは当然だ。

それはあらゆる時代のあらゆる達人、プロに共通する。




しかし彼はどのような筆であっても、

美しい「書」を体現できた。



それは彼が「書」の本質を理解していたからだと思われる。



結局、音楽家にとって最も大切なことの1つは、

どれだけ音楽や音のことを理解しているか?だと思う。



音楽とは何か?

それを問い続けること。




高度なレベルでの深い理解を持つことが、

真の芸術に触れる条件の1つだ。



それだけでは足りないが、それがなければならない。

自分は頭が悪いからと、理論は苦手だからとか、

そんな台詞は単なる言い訳や逃げに過ぎない。




自分の進む道から逃げたらそこで終わりだ。




多くの人間がそのように考え、創作を行えば芸術のレベルは

現在よりももっと高みを目指せるようになるだろう。



私はいつもそうなって欲しいと思っている。




AD

仕事の関係で作曲機材を丸ごと移動させざるを得ない状況があるのだが、

大荷物になるので少しでも移動させる機材の量を減らしたいときに、

大きなMIDIキーボードを移動させないで、

現地にあるものを借りることがあった。




私が普段使っているのはトライトンの76鍵盤モデルだが、

C1~E1がなく、ソフト音源のキースイッチが

C1から始まるものでは面倒な思いをしていた。




いちいちトランスポーズするか、

あるいはノートを入力するかで対応してきたが、

88鍵盤モデルの電子ピアノを借りて使っていたら、

トランスポーズする必要もなくてとても楽だった。




さすがにグランドピアノやアップライトピアノのタッチを

MIDIキーボードに求めるわけにはいかないが、

そこそこ良い電子ピアノなら、

MIDIキーボードよりも良いタッチが得られる。





ヴェロシティーの入り方などが廉価なMIDIキーボードと違って、

即興演奏や作曲にも良い影響が出ているので、

これからは電子ピアノをMIDIキーボードにしようと思うのだが、

ベンダーやデータエントリーがないのが不便。





ベンダーやデータエントリーがある小さいサイズのMIDIキーボードを

THRU端子にさして直列繋ぎで使おうとしたのだが、

私の電子ピアノにはついてないし、

どうも多くの電子ピアノにはMIDI INとMIDI OUTしかついていないようだ。




THRUがあれば電子ピアノの88鍵盤とタッチが使え、

なおかつベンダーやデータエントリーも使えるのだが、

ないものは仕方ない。


ただし、10万円を超えるようなMIDI キーボードであれば可能ではある。



そこでMIDI マージボックスを探してみた。


2つのMIDI データを一つに纏める機器なのだが、

これがほとんど売っていない。



全くないわけではないが、

値段も1万円近くするものが多い。


音楽のブログ

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=485%5E9900-52537-00%5E%5E





電子ピアノはとても便利なので、

近々MIDIマージボックスを導入してみようと思う。



PSP AudioからPSP85が発売された。



音楽のブログ
PSP85


64bit環境で動くので、

WIN7の64bitにしたけど、

64bit環境で使えるディレイがないという方にお勧め。



PROTOOLS LEにしろ、

WAVESにしろIKにしろ、

まだまだDAWの世界は64bitになっているとは言い難い。



PROTOOLSは2010年の7月にHDのみ64bit正式サポートだが、

LEのほうはまだもう少し先になりそうだ。



それにDAWだけが64bitになっても仕方ないので、

まだまだ過渡期と言える。



そんな中でもPSPは使えるプラグインでありながら、

64biフルサポートなのでお勧めのプラグインメーカー。