作曲しているときに、

ちょっとウインドチャイムをSEとして

「キラキラキラ~☆」みたいに使うときに、

サンプルプレイヤーが欲しくなった。



普段はSSWで作曲するのがメインなため、

ハード音源からSEを引っ張ってきたり、

いちいちWAVEデータそのものを読み込んで

タイミング合わせて配置するのも面倒なので、

簡易的なサンプラーが欲しかったのだが、

いいのを見つけた。



LINPLUG RMⅢ

(フリーではないです。)


音楽のブログ


SSW8.0VSを買ったときにおまけで付いてきた

ドラムサンプラーだが、

任意のWAVEファイルを読み込めるので

やりたいことをやるにはこれで十分だ。



フリーもかなり探したが、

やはり良質なものは見つからず、

いくつか使ってみたが、

どうにも使い勝手悪かったり、

使い方そのものが分かりにくかったりして困っていた。



REASONをMIDI YORKを使ってSSW上で使うことも可能だが、

面倒くさいし、

サンプルプレイヤーを探しているのも

いちいち録音してないでバウンスがしたかったからだ。



フリーのサンプルプレイヤーとして

NIのKONTAKT3.5のフリー版があるのだが、

こちらは付属の音源は永久に使えるのだが、

純粋なサンプルプレイヤーとして使用するには

30分の制限がある。



使い勝手は非常に素晴らしいのだが、

7万円前後と非常に高価で、

たかだか1つ2つのSEをバウンスしたいがために

買うのは非常にためらわれる。



音楽のブログ



買ったら買ったで役に立つのだろうが・・・・・・。




RMⅢはKONTAKT3.5のような柔軟な編集機能はないが、

サンプルプレイヤーとしての機能は十分に持っているのでこれで十分だ。





いずれはKONTAKT3も購入を検討しているが、

多分、色々な音源が付いてきて7万円なんだろうなぁ・・・・




どんなのがあるのかもうちょっと調べてみたいが、

とりあえず、SEをバウンスする問題は解決した。




良かった良かった。


AD

クリスハインベースをインストール終了。

なんだかよくわからないが、

展示品で型落ちみたいのを2万円くらい安く買えた。

4万円ほどで購入。



しかし!

おまけで付いてきたAMPEG(アンプリチューブ2のベース版)を

インストールしたらなんかおかしくなった!




IKキーがささってるのに、

ライセンスも入っているのに、

なんか入っていないことにされ、

結局オーサライズしなおした。





なんか本当に、

IKキーといビエナキーとか面倒くさいなぁ・・・・・・。




ちゃんとお金出してソフトを購入してるのに、

面倒な目にあってばかり。



それにしてもAMPEGが欲しくなった。

調べてみるとアンプリチューブと同じ値段が!!

高ぇ・・・・。



うーん。

ほかにも必要なものがたくさんあるし、

迷ってしまうなぁ・・・・・。





AD

viennaのsolo stringsがインストール完了した。



Amplitube2のドングルを既に持っていたので

もしかして、Viennaキーって買わなくても良かったのか?

と思いつつオーサライズ完了。




とりあえず無事に出来てよかった。

色々苦労したからなぁ。




ライセンスコントロールソフトのバージョンが古く、

それをインストールイしたせいでSoundforgeが動かなくなり、

ドングルにライセンスをDLしようとしたら

パソコンがおかしくなり再起動したら

いきなりエクスプローラーが強制終了し、

デスクトップ上からすべてのアイコンが消え何も出来なくなった。



復元ポイントも使えないので、

しかたなくF8キーで戻り、

なんとか復元して、本当に苦労した。




なんでソフト音源ひとつでこんな苦労しなければならないんだ。




おまけにviennaもケチだなぁと思った。


6万も出して買ったのに、

実はそれで使える音はLV1までで

もう7万出さないとLV2は使えないよという気前の悪さ!




しかもLV2がないとヴァイオリンの音など

実用に向かない音ばかりで、

結構厳しくもあった。




この辺りは人それぞれだが、少なくとも私はそう感じた。





もちろん質はいいが、

ギガスタジオでいつも使っているもののほうが良かったりする。


まぁ色々な奏法が使えるのはいいのだが、

ちょっとボッタクリ感があるのが私の印象だ。





悪くはない、むしろ良い音源だが、

それは値段のことを考えない場合であり、

導入に必要な額面を考えると真ん中よりの下の評価だ。




せっかく買ったので使いはするが・・・・・。





AD

VIENNAのソロストリングスを購入。



早速インストールを試みるものの、

最初にインストールしなければならない

「SyncrosoftLicenseControl」

がいきなりインストールできずに、

あえなく終了。



「Could not initailize installation.File size expected 11989940,size returned 228919.」

こんなエラーが出た。



色々試したが、結局駄目だった。

ネット上でもインストール出来ない不具合が多数出ており、

なんだか面倒くさいソフトだなぁ・・・・・。



結局テクニカルサポートへメールした。

今は返信待ちだ。



不正使用を防ぐためにさらにヴィエナキーなるドングルが一個必要になり、

ちゃんと正規品を買う人間が苦労するようになっている。



とにかく使用できるようになるまでの道が非常に険しく時間も掛かる。

インストールしたらすぐ使えるのが理想なのだが、

今回のようにプロテクトの弊害でインストールに不具合が起こったり、

オーサライズに非常に時間が掛かったりととても面倒だ。




ちゃんと使えるようになるだろうか。

最終的にはviennaをある程度は揃えたいのだが、

なんだか面倒くさい会社だ。