ナイト九份

台北旅行記☆ ←台北市内の旅行記はこちらからです

千と千尋の神隠しのモデルとなった場所↓↓
★九イ分・十分旅行記★
端芳駅から十分へ
十分駅を降りると
十分大瀑布
天燈を飛ばそう
基隆客運で九份まで
ノスタルジックな街並み九份
ナイト九份

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:


台湾旅行記もそろそろ終盤。

今日はナイト九イ分を紹介します。

$ぱんだの写真旅行記


昼(夕方)の風景を見たあと、そこらへんのお店で

時間を潰し、夜になり提灯が灯るまで待っていました。

ガイドブックには、夜になると

帰りが大変だということも書いてあったのですが

まあどうにかなるだろうとのことで(笑)

ちょっと不安になりながらも、夜の九フンを満喫!

$ぱんだの写真旅行記


台湾の方も、夜の九フンはいいよ~という方が多く

実際観光客でも賑わっています。

特に夜になると、日本人の団体ツアー客がすごく多くなって

昼よりも多いんじゃないかっていうほど。

$ぱんだの写真旅行記

この↓写真は、前回紹介した「ゆばーばの家」の所で

もう一度撮ったもの。


$ぱんだの写真旅行記

明るいうちも素敵だけれど、夜もなかなか趣があって良かったです。

$ぱんだの写真旅行記

このおばちゃん、昼もずっと立ってお茶飲みませんかって

勧誘してたな;

$ぱんだの写真旅行記

ここの坂は有名なので・・・

$ぱんだの写真旅行記

人もこんな感じで多いです(^^)

$ぱんだの写真旅行記

で、夜まで何をして時間を潰してたかというと・・・

前にもちらっと出てきましたが、九フン名物の芋団子を食べていましたww

$ぱんだの写真旅行記

ぜんざいを想像してもらったらいいかもしれません。

あずきだけではなく、色んな豆が甘く煮詰めてあって

それに芋をベースとした団子が3種類ほど入っていました!

もう豆好き芋好きの私にはたまりませんね!ラブラブ!ドキドキ

$ぱんだの写真旅行記

あとは、こんなお店屋さんで台湾の古い物語に出てくるという

キャラクターをモチーフにした指人形を購入ヾ(@°▽°@)ノ

日本円で1000円くらいなので、ちょっとしたお土産にはなるかも?ww

母に、「なんでこんなもの買ってきたの」とか言われました(涙)

$ぱんだの写真旅行記

お店は7時になるとほとんどが閉まってしまうので

思ってたよりは早く閉店してしまう様子。


夜に来ていた日本人の観光客のほとんどの方が

ツアーバスで来ていたようなんですが

確かにそっちの方が楽だと思います><



私たちは、帰りも台北まで行くバスで帰ろうと思ったのですが

こんなに行列ができており、ひとつのバスに乗れるか非常に不安になりました。


案の定私の前までで、店員オーバーwwwww

もちろん後ろに並んでいる人もすごくいっぱいいるのですが

バスがなかなか来ないのでみんな不安そうでしたσ(^_^;)


$ぱんだの写真旅行記

乗り場は入口でも紹介したセブンイレブンの前の道

夜になると自然と人が行列をなしていると思います。

ここから乗らないと、下の乗り場だと乗れないことが十分考えられるので

行かれる方は気をつけてください><



そんなこんなで、やっとバスは来たのですが

どうもこのバスが台北に行くのかどうかよくわからず

乗ってからもみんなガヤガヤ(笑)


私は後ろに乗ってい女の人からも

たぶん「このバスは台北に行くの?」と中国語で聞かれたのですが

もちろんわからず(笑)

すると今度は英語で「あなたは台北に行くのよね?」

私「はい、たぶん行けると思います」

女の人「そう!ならいいわ!」

こんな会話をしていましたww


やっぱり外国でバスに乗るのはけっこう大変。

電車のように表示もないし、アナウンスも現地の言葉だけなので

不安もありましたが、そういう客がいっぱいいることを知るとなんか心強かったです(笑)

$ぱんだの写真旅行記

それでもなんとかなるもの!

そのバスは無事に台北に着きましたヽ(;´ω`)ノヨカッタ!

$ぱんだの写真旅行記

せっかく九フンに来たのなら

夜も見てみたいものですよね!

バスも逃してしまったら、タクシーもたくさんあったので

値段は上がると思いますが、帰れないということはないです^^

(TAXIは、日本より格安)


次回はまだ紹介していなかった写真を

ちょこちょこ載せて、台湾旅行記の最後を締めくくりたいと思います!^^






おまけ



$ぱんだの写真旅行記

ハイネケンのビール、初挑戦><

うーん・・・うん←
AD