ぱんだの写真旅行記

Welcome to my page!


テーマ:
☆バンコク旅行記☆

バンコクへの旅
空港からバンコク市内へ
バンコクセンターホテル
サイアムスクエア
ワットポー寺院
ワットポー寺院 その2
ワットポー 本堂周辺
ワットポーからワットアルンへ
ワットアルン
サイアムパラゴン
スーパーマーケット
夜の中華街を散策
その2
バムルンラード国際病院
タイスキ食べ比べ
バンコク夜の街
タイの風俗
パッポンナイトバザール
ジムトンプソン
タイ式マッサージ
エラワン祠
水上マーケット


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

NEW!!! 2014年タニヤ通りレポ更新しました!


まさか風俗の話なんてこのブログに書くとは思ってもいなかったのですが・・・


写真があるからにはご紹介しておかないと!←

$ぱんだの写真旅行記

この日の夜も現地にお住まいの方に、車で色々案内して頂いていたので

実際に風俗に行ったりなんてことはしてないのです!

(必死w)


すべて車から撮った写真


しかも幸い、窓がスモークフィルムだったので怪しまれずに撮ることができました



場所は私もよく分からないので省略(-ω-)

$ぱんだの写真旅行記

よく見ると、看板なんかに日本語がたくさん


$ぱんだの写真旅行記

というのも、日本人観光客のみ歓迎している風俗店の通りだから・・・

だとかw

「日本人男性客=金持ち」という認識なんでしょうか

女の人を買ってホテルに連れていく相場なんて私は全くわからないのですが

日本に比べると、かなりの低料金+若くてかわいい子がたくさん! という理由から

日本人男性客がわざわざタイまで足を運ぶのだそうです

$ぱんだの写真旅行記

普通に屋台も出てるし、なんら変わりない風景だなぁ~とこのときは思っていました。

「風俗は中州のキャバクラ嬢とかホストしか思い浮かばないし、そんな感じなのかなぁ~もしかしたら「あんみつ姫」っぽいのかなぁ!?」

(地元ネタすみませんw ※あんみつ姫→ おかまバー)


偶然にも車が混んでいたので、進度もゆっくり


$ぱんだの写真旅行記



ちょっとショックな光景でしたが、タイの風俗がどんな感じなのか

店に入らなくてもなんとなくわかったような気もしました

$ぱんだの写真旅行記

このお姉さん達、みんなスレンダーなんですよね

店の前にたまっているのも、日本人男性客にお買い上げされるのを待っているため


私と同じ年のこもいたんじゃないかなぁ~


$ぱんだの写真旅行記

そりゃあ、一般論からいくと

かわいい子からどんどん売れていくんだと思います



どうしても明日へ食いつなぐお金がない女性で、しかもいつまで待っても声をかけてくれる男性が現れない人

こんな女性はとある通りで、一晩立ち続けタイ人相手に交渉するのだそうです













とうです!?

日本じゃこんなのありえますか?










ま、風俗が良いとか悪いとかどうとかいう話ではなく

この女性たちは毎晩何を思ってこの仕事を続けているのだろう・・・とふと思いました




ここで働かなきゃいけない理由を背負って必死に生きている彼女たち


なんかある意味すごいなぁ~と感動




体を売るってやっぱり、女性が生きるための最終手段なんだとは思うのですが

それを「料金安いし女の子抱き放題!いえい!」みたいに日本からのこのことやってくる

日本人男性客もどうかと思ったけれども・・・



だって、日本人専用の風俗店通りなんですよ?w






ですがですが、いつの時代も風俗というのはあるわけで

わたしも「風俗反対!」とは全く思っているわけでもなく

要は、おこちゃまな私には刺激が大きかったというわけです(爆)






でも、こういう世界もあるんだなぁ~ととっても勉強になりました
PR
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード