OSDN

 PictMasterOA は事実上日本国内で唯一、直交表を用いた組み合わせ生成をサポートしているフリーでオープンソースなツールです。約300種類の直交表テンプレートを内蔵し、モデルに最適なテンプレートを決定してテストケースを生成します。またMicrosoftのフリーソフトであるPICTと大阪大学の土屋教授が開発したフリーソフトであるCIT-BACHをPairwise法(All-Pairs法)の組み合わせ生成エンジンとして使用しています。さらに独自の機能追加を行なったExcelベースのフリーソフトです。
 無償でPictMasterOAを公開する理由は、業務で実用的に使用できる組み合わせテストツールが入手できない現状を打破し、誰もが自由に使用できるツールを提供することによって、ソフトウェアテスト技術者の技術向上の一助になればとの思いからです。

 PictMasterOAとCIT-BACH
は以下のサイトからダウンロードできます。
https://osdn.jp/projects/pictmasteroa/
 PICTは以下のURLからダウンロードできます。
http://download.microsoft.com/download/f/5/5/f55484df-8494-48fa-8dbd-8c6f76cc014b/pict33.msi
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月24日

テストの観点表を用いてテストの観点レビューを行う

テーマ:テスト設計

テスト設計ではテスト項目を決定し、テスト項目ごとにテスト対象とする要因(パラメータ)とそれらがとりうる値を洗い出し、それをもとにテストケースを作成します。要因と値はテストの観点分析で決定します。

 

テストの観点分析は次の手順で行ないます。

 

①.機能仕様書をもとにそこに書かれていることに対応するテスト項目を決定する。
②.決定したテスト項目で必要な要因と値を洗い出す。
③.決定した要因と値をテストの観点表に記入する。
④.機能仕様書に書かれていることについて原則としてすべてをテスト項目とするまで①~③を繰り返す。
⑤.作成したテストの観点表をテストチーム内でレビューする。
⑥.開発チームとテストチームでテストの観点表をレビューする。

 

上の④で機能仕様書に書かれていることのすべてとありますが、もちろん書かれていないことについても検討を行ない、必要があればテスト項目にします。

 

上の⑥で開発チームを含めてレビューを行うのは、テストに開発チームの知見を反映させるためです。このことにより、テストはグレーボックステストとなります。

 

テストの観点表にはそこに記述されているテスト項目に対応する機能仕様書の記述を明記します。これはそのテスト項目が何を対象としてテストするかを明記するためです。またテスト対象の要因(パラメータ)と値および確認内容を記述します。

 

テストの観点表の例を次に示します。

 

 

記述はExcelに行ないます。各列の幅は25、表示のズームは80%です。この例では、仕様 リレー制御(センサー検知連動機能) 1. と2. がテスト対象の機能仕様書の記述です。テスト項目によっては機能仕様書の記述が表形式の場合もありますが、その場合は当該の表の画像を張り付けるようにします。監視状態、リレー使用種別、リレーのメーク時間が要因であり、それぞれの下に記述されているのが要因の取りうる値です。

 

値に色がついているのは同じ色の組み合わせのみ可能であること、つまり制約があることを意味しています。このテストの観点表では複雑な制約は表現できませんが、組み合わせに制約があることは表現できます。

 

次にテストの観点表の他の例を示します。

 

 

このようなテストの観点表を作成することにより、テスト仕様書を作成する前にテストの要因と値にテスト漏れがないかをレビューによってチェックすることができます。また開発チームと共同でレビューすることによって、システム構成上必要な組み合わせが漏れていないか、その逆にテストする必要のない組み合わせがあるかをチェックできます。

 

テストの観点レビューが完了したら、テストの観点表をもとにテスト設計書の作成を行なうことになります。
 

AD
 |  リブログ(0)
2016年12月20日

PictMasterOA v1.1.3 をリリースしました

テーマ:リリース情報

PictMasterOA v1.1.3 をリリースしました。

 

前バージョンからの変更点は次の通りです。

 

【バグ修正】

・生成方式が直交表で制約がある場合、実行環境によっては「原型シートがありません」というエラーとなる問題を修正した。

 

PictMasterOA v1.1.3は次のサイトからダウンロードすることができます。

 

https://osdn.jp/projects/pictmasteroa/

AD
 |  リブログ(0)
2016年10月13日

PictMasterOA v1.1.2 をリリースしました

テーマ:リリース情報

PictMasterOA v1.1.2 をリリースしました。

 

前バージョンからの変更点は次の通りです。

 

【バグ修正】

・分析ボタンで「パラメータ間のカバレッジ表示」を実行したとき、生成結果が「自動整形」などで先頭列に「No.」がある場合、最後のパラメータを含むカバレッジが表示されない問題を修正した。

 

PictMasterOA v1.1.2は次のサイトからダウンロードすることができます。

 

https://osdn.jp/projects/pictmasteroa/

AD
 |  リブログ(0)
2016年10月03日

Pairwise法よりも少ない!? 直交表方式でのテストケース数を大きく削減する「サイズ優先」

テーマ:PictMasterOA

Pairwise法と比較した場合の直交表方式の欠点として、生成されるテストケース数がPairwise法よりも多くなりがちだというものがあります。このことについては「Pairwise法と直交表のテストケース数と3因子間網羅率を比較する」で確認しています。

 

直交表方式でテストケース数が多くなる要因として、テストケース数が2のべき乗で増加するという性質が挙げられます。この問題に対してPictMasterOAでは2水準系直交表に加えて混合水準系直交表もサポートしています。これにより、テストケース数が2のべき乗で増加するという従来の欠点を取り除くことができました。また生成方式で「サイズ優先」を設け、2水準系直交表と混合水準系直交表でのテストケース数を比較してどちらか少ないほうを生成結果として残せるようにしています。

 

この「サイズ優先」を指定した場合と「2水準系」のみを指定した場合でのテストケース数を比較してみました。

 

まずパラメータ数を8に固定して水準数を変化させた場合のテストケース数です。パラメータ数を8としたのは比較的平均的なパラメータ数だと考えたためです。

 

 

サイズ優先と2水準系との違いを見てみると、水準数が8を超えると2水準系ではテストケース数がそれまでの64から256と4倍に跳ね上がっていることが目につきます。同じ8水準でサイズ優先の場合は64から81への増加にとどまっています。水準数が14になるまでサイズ優先のほうがかなり少ないテストケース数となっています。2水準系のテストケース数で2のべき乗となっていない値があるのはダミー水準によって発生した重複するテストケースが削除されたためです。

 

この結果の水準数が6以上ではサイズ優先でのテストケース数がPairwise法の場合よりも少ない結果となっています。2水準系の直交表ではPairwize法よりもテストケース数が少なくなる場合はありますが、あくまでもモデルが直交表とぴたりと一致したときの例外的なものであり、ここでの結果のように連続して少なくなることはありません。

 

つぎに水準数を6に固定してパラメータ数を変化させた場合のテストケース数です。水準数を6としたのは7や5では混合水準系でぴたりと一致する直交表があること、また8や4では2水準系で同様にぴたりと一致する直交表があることからそのどれにも当てはまらない6としました。混合水準系には6水準の直交表もありますが、パラメータ数が少なかったり、サイズが大きくて今回の条件には一致しません。

 

 

結果を見るとそれほど大きな違いありませんが、混合水準系が一貫して2水準系よりもテストケース数が少ない結果となっています。2水準系が倍々に増加しているのに対して混合水準系では増加が緩やかです。Pairwize法と比較すると、パラメータ数が9以内まではサイズ優先でのテストケース数がほぼ同程度となっています。

 

以上から、PictMasterOAの「サイズ優先」の生成方式を使用すると、今回の条件ではこれまでの「直交表はPairwise法よりもテストケース数が多い」という定説を覆す結果が得られたということができるでしょう。
 

 |  リブログ(0)
2016年09月26日

旧バージョンのPictMasterOAをワンタッチで最新バージョンにアップデートする

テーマ:PictMasterOA

これまでのPictMasterを含むPictMasterOAでは、バグ修正や機能追加などでバージョンアップした場合、それまでの旧バージョンを新バージョンにアップデートすることは困難でした。まだモデルが記入されていない場合はファイルを入れ替えるだけで済みますが、パラメータや制約などが記入された後でのバージョンアップはワークシート記入内容のコピー&ペーストが必要となり、煩雑な作業が必要でした。

 

v1.1のPictMasterOAからはこうした煩雑な作業が不要となり、ワンタッチでバージョンアップが行える自動更新機能が備わっています。今回はこの自動更新機能の使い方を説明します。

 

自動更新機能では、PictMasterOAがオープンされると現在のバージョンと最新版のバージョンの比較が行われ、不一致の場合、現バージョンの標準モジュールとフォームが新バージョンの内容で置き換えられます。

 

バージョンの識別はファイルの右クリックでプロパティを表示させて詳細タブのバージョン番号で表示される内容に対して行われます。今回の説明では次に示す2つのバージョンのPictMasterOAを用いることにします。


   

現バージョンのバージョン番号

 

 

 

新バージョンのバージョン番号

 

 

自動更新機能を有効にさせるためには設定が必要です。現バージョンのExcelで開発」メニューから次の設定を行なっておく必要があります。この設定が行われていないとVBAのエラーになります。

 

 「開発」メニュー → マクロのセキュリティ → マクロの設定 → 「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」にチェックを入れる

 

 「開発」メニューを表示させる操作はExcelのバージョンによって異なり次の通りです。
 
Excel2007
 (1)    左上の「Officeボタン」をクリック
 (2)    メニューから「Excelのオプション」を選択
 (3)    「基本設定」項目で[開発]タブをリボンに表示するにチェックを入れる
Excel2010以降
 (1) 「ファイル」タブから「オプション」を選択
 (2) 「リボンのユーザ設定」で右の「開発」にチェックを入れる

 

新バージョン側のPictMasterOAをサーバ上またはネットワークドライブ上の任意の場所に置きます。自動更新を行なわせたい現バージョン側のPictMasterOAで環境設定の「参照ファイル」欄に次の例のように新バージョンの置いてある場所をファイル名も含めてあらかじめ設定しておきます。

 

 

この状態で現バージョン側のPictMasterOAをオープンすると、新バージョンとのバージョン番号の比較が行われ、不一致の場合に次に示すようにアップデートを行なうかどうか問い合わせるフォームが表示されます。

 

 

ここで「はい」を選択すると自動更新が行われ、2秒ほど経過した後で次に示すアップデートが完了した旨のメッセージが表示されます。

 

 

自動更新機能で更新されるのは標準モジュールとフォームです。ワークシートやワークブックに記述されたコードは自動更新の対象外です。バージョンの比較は同じか異なるかを判定しているだけで、どちらが新しいかまでは判定していません。

 

現バージョンが参照する場所には常に最新版が置かれている必要があります。万が一、間違って古いバージョンに更新が行われてしまってもあわてる必要はありません。現バージョンが参照する場所に最新バージョンを置いて、再度自動更新を行えばOKです。

 

何らかの理由で長期的に自動更新を行ないたくない場合は、「確認しない」のチェックボックスにチェックを入れることで、ファイルオープン時の更新問い合わせをスキップさせることができます。Excelのセキュリティの設定を変更することに不安を覚える場合は、「確認しない」のチェックボックスにチェックを入れてセキュリティ設定を初期値に戻し、バージョンアップが必要になった時だけ、設定を変えればよいでしょう。
 

 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。