【ワインショップ・ピコレ】 ワイン部★オッちゃんと嫁のつぶや記

奈良のワインショップ ピコレのオッちゃんと嫁のブログです。
ワインについて(時には他のことも・・)ボソボソつぶやいてます。

こんにちは。

奈良で小さなワインショップを営んでいる夫婦のブログです。
ワインショップの名前は「ピコレ 」。
ショップは2011年11月3日にオープンしました。

2人はワインが大好きで・・・好きすぎてショップを始めることになりました。
このブログで、いろいろワインについてつぶやきたいと思います。

当たり前だけど、本人が「美味しい!」と感じるワインを飲むことが一番。
ワインショップピコレを通じて少しでも多くの人が、ご自分の”美味しい1本”に出会えますように・・・。

★登場人物の紹介★
ワイン夫婦の”夫”の方・・・ピコレ仕入れ担当こと「ピコレのオッちゃん
バナナ夫婦の”婦”の方・・・ピコレの影の実権を握る「ピコレの


テーマ:
オッちゃんです。

今日は「オシェール」の
「リューディ・フローネンベルク 2011」
です。




来ました!

飲み頃突入です!!

開けたてはまだちょっとプチプチ感。
でも、時間と共にどんどん膨らんできます。

グラスに注いだら、ふんわりいい香り!

実はこのワイン、数年前試飲会で買おうかどうか
迷ったワイン。

最終的に「ぜひ買おう」と言ったのはお嫁。
尖って酸も立っていたんですが、香りはすごく良かった。

コサールを彷彿させるような・・・。

今回開けたらちょっとびっくり。

試飲会当時よりなぜか深く色濃くなってます。

艶のある、そんなに濁りのない赤黒のしっかりした色。

香りは抜栓直後は控えめですが、妖艶さが出てきてます。

酸も落ち着き、味わいにまとまり。

中粒から大粒の赤黒いチェリー。
桃や酸味の効いたアンズ。

ドライでジューシーな果実味。

スケール感も出ていて、ヴォーヌ・ロマネのような感も。

余韻も長く、厚みも感じ、エキスもなかなか出てきてます!

今めっちゃおススメです!!

オシェール / リューディ・フローネンベルク [2011]
Hausherr / Lieu-dit FRONENBERG 2011

産地:アルザス
品種:ピノ・ノワール
輸入元: W
価格(税込):4,510 円
栽培:テロワールを尊重したブドウ栽培をするために化学物質を一切使わず、
   手作業によるブドウ栽培をしている。
醸造:除梗を100%して、ステンレスタンクを使い、カーヴの自然な温度で
   約1ヶ月かけて、天然酵母による発酵。
   ステンレスタンクで10カ月の熟成が終わるまで はSO2を使わず、
   補糖や酵素をしない。熟成中に一度だけバトナージュを行う。
   ビン詰め時にSO2を少量添加。清澄やろ過を一切しない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。



ほんのりオレンジがかったロゼ。
濃すぎません。
アセロラやグロゼイユみたいな色合い。
濁りはほとんど無くクリアな色調。

ほんのり赤いフルーツ香。
華やかというより重心の低い香り。

酸の少ない大きいイチゴを連想させる、
丸く穏やかな赤い果実味。

味わいは軽やかすぎず酸も立たず、
甘すぎることなく鈍重でもなく、まろやかで
落ち着いていてボリュームもあり、
パッと見は単調に見えてじんわり旨い。

飲んで一呼吸おいてから、充実感が
ぶわ~んと増えていくような・・・。

抜栓後、時間が経つにつれて香り、味わい共に
存在感を増していきます。

温度高い目がオススメ!


ル・トン・ルトルヴェ / ロゼ  [2014]
Le Temps Retrouve / Rose 2014

産地:コリウール
品種:カリニャン、グルナッシュ
輸入元:二番通り酒店
価格(税込):3,500 円
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。



パスカル・シモニュッティの
「ル・プレ・ノワール 2010」。
今月初めに久しぶりに飲んだんですが、
いい感じになってきました!

以下は以前のコメントです↓

赤色系だけど、黒色系を連想させる
ジューシーな果実味。
最初赤色だけど、後黒色に移行する感じ。
そしてその黒色系果実の苦味が後を引きます。
苦味はあるんですが、置くと取れてきます。
余韻は長く(めっちゃ長い)、柔らかなコクと旨味。
ビオのワインによく見られる現象ですが、
飲み始め(ボトル上部)と飲み終わり(底)の
味わいの振れ幅が大きいワインです。
底に向かうにつれてどんどんどんどん
旨味を増やして体に「ぶわわ~ん」と
癒しエキスを与えてくれます。


上記の後口に続く苦味がちょっと目立っていて
ネックだったんですが、「味わいのアクセント」
と言っていいレベルまで落ち着いてきました。

今ならオススメ×2です!


パスカル・シモニュッティ / ル・プレ・ノワール (オレンジラベル) [2010]
Pascal Simonutti / Le Pre Noir (Etiquette Orange) [2010]

産地:ロワール
品種:ピノ・ドニス
土壌:二酸化ケイ素と火打石が混ざる土壌。
栽培:ビオロジックに一部ビオディナミを取り入れている
収穫:選果しながら手摘み
醸造:房丸ごと醗酵。天然酵母。亜硫酸はビン詰め前まで使わない。
    ビン詰め時でも必要が無ければ添加しないことも。
熟成:3年樽にて熟成。期間はワインの状態によるが10ヵ月くらい。
輸入元: エスポア
価格(税込):3,870 円

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。

今日は、ジュリアン・ペイラスの軽やかなキュヴェ
「グルマンディーズ 2014」
です。



濁りのない透明感のある液体。

赤が主体で、薄っすらムラサキが入った色調。
黒もちょっと見てとれるぐらいに。

紫がかった赤い花、赤シソ、梅。

素直でピュアなチェリー系の果実味。

爽やかな酸。

果実とエキスの程よい感じ。

まろやかな口当たりの印象なんですが、
まだごく細かなプチプチも舌に。

ほんのり乳酸のニュアンス。
まだ長くはないけど、控えめな旨味の余韻。

口に含んだ瞬間は軽快・グビグビ・スイスイ系ですが、
中盤~後半にかけて満足感が増していきます。

薄旨~軽やかな果実味系。

これからの季節、花見によく合いそうなワイン。

オッちゃんオススメです!!


ジュリアン・ペイラス / グルマンディーズ [2014]
JULIEN PEYRAS / Gourmandise [2014]

産地:ラングドック
品種:
輸入元:二番通り酒店
価格:2,740 円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。

今日は
「ル・トン・ルトルヴェ」
の「コート・デュ・ルーション 2013」
です。



いや~、しかしほんとにうまくまとめてきます。

開けたてすぐは、敏感な人が感じるぐらいの
ごく僅かな還元。

味わいには全く問題にならないかと。

少し黒鉛や、ブラックベリーなどの果実の香り。

いい感じの湿っぽさ、深くてしっとりとした
味わいを連想させる香り。

濃い黒が主体で、紫が少し入った色調。

時間が経つと色々なアロマがじわじわ出てきます。

黒色系を主体に、赤色や紫色系の果実感が少し。

艶のある、豊かで品の良い果実味に、酸、ミネラル、
なめらかなタンニンがバランス良くまとまっています。

飲み込んだ後に残る旨味・・・。

しっかりのっぺりと舌に残り、余韻が続きます。

美味しい・・・。

ちょっとボルドーチックな造りで、低重心の印象を
持ちつつピュアで軽やか。

飲み飽きない。

ほんとに味わいのバランスがいいです。

いつもながら(^_^)の、ルトゥルヴェ。

オッちゃんオススメです!!!

ル・トン・ルトルヴェ / コート・デュ・ルーション [2013]
Le Temps Retrouve / Cote du Roussillon [2013]

産地:コリウール
品種:色々
輸入元:二番通り酒店
価格:3,420 円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。

今日はロンコ・セヴェロ の
「スキオペッティーノ (ディ・プレポット) 2011」
です。




初めてロンコの赤を仕入れました。

注ぐと、縁が紫がかったしっかりした濃い色調。

香りはまだ青い感じがして、バラつき気味。
ですが・・・味わいは以外に現時点でもなかなか
こなれた印象。

濃い目なんですが、スーッと体に馴染む、
非常にナチュラルな果実味。

しっかりしてるのに柔らかい。

プルーンなんかの果実感。

ちょっとライチ?のようなニュアンスも。
黒いライチのような・・・。

まだ伸びは少な目ですが、旨味もしっかり詰まっています。

嫌じゃない、ほのかの苦味が後を引く独特なアフター。

タンニンは細かく丸く、微粒子のサラサラパウダー。

やわらかいミネラル。

大きなスケールもあるのに、親しみやすさも。

まだまだ本領発揮は先でしょうが、今でも充分美味しく
飲めますよ。

今なら食中酒にオススメです!


ロンコ・セヴェロ / スキオペッティーノ (ディ・プレポット) [2011]
Ronco Severo / Schiopettino (di Prepotto) 2011
産地:フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

品種:スキオペッティーノ・ディ・プレポット
輸入元:ヴィネッコ
価格:4,600 円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。

今日はお久しぶりのジェローム・ジュレ、
「ラヴリ 2012」
です。



もはやある境地に達した感のある
「Java」や「En Avant Doute」などと違って、
ちょっと苦戦してた感のあるキュヴェ「ラヴリ」。

カベルネを使ってるからか、なかなかほぐれてこず
ややヴェジタルが強い印象がありました。
「イビ」もそういうとこありましたね。

昨年試飲したラヴリも、柔らかい味わいやエキスの片鱗が
感じられるものの、青い茎のような風味が結構強くて。

先日、再試飲。

ブラインドで出されたんですが、まずは
「お、いいね!まだ発展途上だけど良い!」
でした。

飲みながら連想してたのは、豊かでしっかりした若い
ボジョレやロワールのピノ。
・・・ローヌのカベルネでした(^_^;)。

しかし、昨年よりもかなり良くなってきました!

香った瞬間、フッと青い茎のニュアンスは
まだ残っていますが、気になるほどじゃなくなってきました。

控えめながら、花やイチゴなどの華やかな香り。

赤が多めで紫と黒がバランス良く入った果実感。

ややふくよか目の、ジューシーでやわらかな果実味。

酸もミネラルもほどけてバランス良く配置。

エキスも出てきて、余韻も伸びてきました。

じんわりと美味しいです。

まだポテンシャルを考えると単調かもしれませんが、
充分美味しく飲める状態になりました。

今なら、抜栓後数日してから飲んで欲しいです。

やっぱり仕上げてきます、ジェローム・ジュレ(^_^)。

オススメですよ!


ジェローム・ジュレ (旧 ドメーヌ・レ・クラパス) / VdF ラヴリ [2012]
Jerome Jouret (Les Clapas) / VDF L'abri [2012]

産地:ローヌ
品種:カベルネソーヴィニヨン
輸入元: 野村ユニソン
価格(税込) :  3,380 円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。

今日はフェウード・ドゥーニの
「ルジニョーロ ロザート 2013」
です。



誤解を生むかもしれませんが、ちょっとブルゴーニュや
しっかりしたボジョレを連想させます。

開けたては少し還元気味で
ややくぐもった感。

色はルビーに少しムラサキ。
ちょっと透明で黒いめのバラのような色??

香りはちょっとキャンディっぽさと赤い花。

酒質もやや硬質的で後口の伸びも少ない。

開けて一杯目は、正直ドゥーニの滋味深さを
想像していたので
「う~ん・・・」
って思っちゃいました(>_<)。

翌日。

まだ硬めながらもどんどんほぐれてきます。

3~4日経つとさらにいい!

赤い花のような香りはそのままで、人工的な
キャンディっぽさが薄れてきます。
アセロラっぽさも。

赤色系にちょっと黒や紫を足したような果実味。

ロゼにしてはしっかりミネラル。
これがほぐれてくるともっと染みわたるでしょう。

しかし、香りよりも味わいが数段上の面白いワイン・・・。

舌に触れた瞬間はクリアで硬めの印象で、
喉に流れ込むにつれてふんわり感じる旨味。

ミネラリーでドライだけど、硬いんだけど
「硬っ!!」
とは思わずにっこりできる美味しさ。

飲み込んだ後、あごや喉あたりで(?)旨さを感じる
不思議なワイン。

まだちょっと早いかもしれませんが、
オススメですよ!!


フェウード・ドゥーニ / ルジニョーロ ロザート [2013]
Feudo d'Ugni / Lusignolo Rosato Montepulciano

産地:アブルッツォ
品種:モンテプルチャーノ100%
輸入元:ヴィネッコ
価格:3,380 円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。

今日は「ピュズラ=ボノーム」の
「VdF ヴェルシュニー・ルージュ 2013」
の1月14日に書いた下の記事に追記です!



ボトルの真ん中下部分から底にかけて、
ウマウマになってきてます!

濁りもでてきて旨味もアップ。

前半部分からはかなり違うエキスの濃度。

下の方はもうすでにオススメ×2です!!


(以下が1月14日のブログ記事)


オッちゃんです。

今日は「ピュズラ=ボノーム」の
「ヴェルシュニー・ルージュ 2013」 です。  

オッちゃんが持っているピュズラのシュヴェルニーの
イメージよりもややしっかり目の赤黒い色調。
開けたては還元香が少し。
でも、その奥に 「そろそろ飲んでもいいよ」 という
華やかな香りがほのかに。
去年の試飲(2015年夏)ではトゲトゲした酸や
粗さが目立った味わいでしたが、今回は
香りからすでに違います。
グラスを回すと、やさしい梅や赤い果実の香り。
酸のピッと効いた小粒のチェリーの果実味。
チクチクっとした口当たりでまだまだ
まとまってない感じはありますが、 細いながらも
後に向けて引く余韻が・・・。
数日経つと、黒い果実のニュアンスが増えて、
たっぷりとした赤黒果実の印象に。
後半の伸びはそう変わりませんが、
中域がより豊かになってきます。
薄旨系ながら果実味のふくらみもあるし、
エキスも出てきてます。
どんどんピノっぽくなる感じも。
う~ん、美味しくなってきました!
試飲初日は
「そろそろ案内してもいいかな・・・」
なんて印象でしたが、3~4日後には
「もういいでしょう!」
に変わりました。
ほんとの飲み頃までは後1年くらいかかるでしょうが、
もう飲み頃に入ったと言っていいと思います。
オッちゃんオススメ!!
ピュズラ=ボノーム / VdF ヴェルシュニー・ルージュ [2013] 
Puzelat=Bonhomme / VdF Vercheny Rouge [2013]

産地:ロワール
品種:ガメイ70%、ピノノワール30%
栽培:ビオロジック
樹齢:35年平均
土壌:砂混じりの粘土質
収穫:手摘み
醗酵:自然酵母で13日間
熟成:ファイバータンクで8ヶ月
輸入元: ヴァンクール
価格:3,070 円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オッちゃんです。

今日は久しぶりに入荷の
「ファットリア・コロンチーノ」が造る
「ヴェルディッキオ ガイオスピーノ 2013」
です。



予想してたよりも色は明るめ。
やや薄めのゴールドにレモンイエローを足した感じ。

粘度はこれまた予想よりもサラリと。

樽はそんなに感じずほんのりと。

まだ少し青めの柑橘の香り。
レモンやグレープフルーツ。

ロワールの少し豊かめのソーヴィニョンが頭によぎります。

中程度の果実味と、少しアクセントにピッと立つ酸が
舌の上でチリッと。

苦味はそんなに無く、まろやかなミネラル。

果実の厚みを感じた後、すぐにさわやかな酸が追っかけてきて、
それから間を置いてかすかな旨味の余韻が出てきます。

時間が経つと、酸はおだやかなレモンのような酸から
ミカンのニュアンスも出てきます。

果実もまろやかに膨らんできて、程良いボリュームも感じます。

バランス良く万人受け。

単体でも食中酒でもいいと思いますよ!!

ファットリア・コロンチーノ / ヴェルディッキオ ガイオスピーノ [2013]
Fattoria Coroncino / Verdicchio Gaiospino 2013

産地:マルケ
栽培:ビオ(有機栽培)
輸入元: ヴィネッコ
価格:4,500 円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。