1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007年10月28日

谷田部海軍航空隊〔二代〕 1

テーマ:海軍航空隊[実用機]
【改編】
昭和19年12月5日 

飛行練習生教程を神町海軍航空隊に移転、以後は艦戦搭乗員の実用機教育を行う。


【司令】

梅谷 薫   大佐  (海兵46期)

【副長】

【飛行長】
鈴木 實   少佐  (海兵60期) 戦闘機

【飛行隊長】

日高盛康  少佐  (海兵66期)         

【飛行分隊長】
林     大尉
城ノ下盛二 大尉  (海兵70期) 戦闘機

石坂光雄  大尉  (海兵71期) 戦闘機 20年3月~4月 戦四〇三へ転勤 
新井     大尉  (海兵71期)      

竹下藤次郎 大尉  (操練4期)          
森田平太郎 大尉  (操練12期)         
佐藤孝之助 大尉  (海兵72期)         
立川鶴雄  大尉  (海兵72期)             ~20年2月16日 関東上空にて戦死
村田善則  大尉  (海兵72期)

【分隊士】
松浦 登   中尉  (予備11期)         
日高初男  少尉  (操練24期) 戦闘機 19年後半? ~敗戦
橋本勝弘  中尉  (操練25期)

篠原良慧  飛曹長 (乙飛7期)              ~20年2月25日 関東上空にて戦死


【先任搭乗員】

亀井定男  上飛曹 (丙飛7期)              ~20年2月17日 関東上空にて戦死
原   上飛曹                 
中谷芳市  上飛曹 (丙飛2期)  戦闘機


石塚 茂   上飛曹 (甲飛7期)  戦闘機
三浦修之  上飛曹 (甲飛7期)       
梅田 董   上飛曹 (乙飛16期)             ~20年3月14日 千葉
大石春美  上飛曹 (乙飛16期)        
小高登貫  一飛曹 (丙飛10期)      19年12月中旬~20年2月末 三四三空/戦四〇七へ転勤

北村清明  飛長  (特乙1期)


【定数】

艦上戦闘機180機

【主要装備機】
九三式中間練習機、零式練習戦闘機、零式艦上戦闘機、局地戦闘機「雷電」、「紫電」

昭和19年12月中旬(12?日)

小高登貫一飛曹(丙飛10期)が、フィリピンの第二〇一海軍航空隊/戦闘第三〇六飛行隊より着任。


昭和20年1月8日

「谷田部」
【殉職者】

多田利公  少尉  (予備14期)


昭和20年1月31日
甲飛12期/飛練37期の戦闘機操縦の延長教育が終了。

昭和20年2月2日

「霞ヶ浦」
【殉職者】

石川方久  中尉  (海兵72期)


昭和20年2月6日

「茨城県」
【殉職者】

小辻文雄  中尉  (海兵73期)


昭和20年2月10日

「関東地区B‐29昼間邀撃戦」
0900 横須賀鎮守府は中管区に警戒配備を発令。
1315 八丈島の陸軍電波警戒機乙が、北上する大型機編隊を探知。
横須賀鎮守府は警戒配備発令。
1330 横須賀鎮守府は警戒警報発令。
1342 横須賀鎮守府は空襲警報発令。
B-29群は伊豆諸島の東側を北上、鹿島灘方面上空より侵入。
1500~1540 B-29群は太田製作所一帯に投弾、 180度旋回、水戸地区上空から太平洋に離脱した。
〔二五二空の零戦が茂原基地を発進、邀撃に参加〕
[陸軍の第十飛行師団/飛行第七十戦隊の二式戦「鍾馗」、第一練成飛行隊、飛行第五十一戦隊、五十二戦隊の四式戦「疾風」が邀撃]
{米第21爆撃兵団/第73、第313爆撃航空団のサイパン出撃B‐29:118機、第一目標(中島・太田製作所)に84機が投弾、最終順位目標と臨機目標に16機が投弾、18機が引返す}
【編成】

不明

【谷田部空戦果】

撃墜:B29爆撃機1機
[陸軍戦果]

第十飛行師団/撃墜:9機
高射砲隊/撃墜:3機
《米軍記録》

損失:12機(被撃墜1〈戦闘機〉、不時着水7、行方不明1、空中衝突2、離陸事故1)
損傷:29機
撃墜:21機 不確実撃墜15機 撃破25機
【谷田部空被害】

不明
【三〇二空被害】

損傷:彗星1機(被弾中破) 雷電1機(被弾小破)
【地上被害】

中島飛行機・太田製作所の施設37棟のうち11棟が破壊されたが、爆撃精度は低かった。
[陸軍被害]

未帰還:7機


昭和20年2月16日

「関東地区艦載機邀撃戦」
零戦延べ63機で邀撃、会敵延べ機数F6F戦闘機26機。
【編成】

不明
     立川鶴雄大尉    谷田部空   未帰還 戦死
     村田善則大尉    谷田部空   未帰還 戦死
     松浦 登中尉     谷田部空   未帰還 戦死
【谷田部空戦果】

撃墜:1機(不確実)
撃破:1機
【谷田部空被害】

未帰還:零戦3機
搭乗員戦死:3名
【戦死者】

立川鶴雄  大尉  (海兵72期) *関東 
村田善則  大尉  (海兵72期) *本州東方 
松浦 登   中尉  (予備11期) *茨城 


昭和20年2月17日

「関東地区艦載機邀撃戦」
零戦延べ27機で邀撃、F6F戦闘機9機と交戦。
第?次邀撃の為、零戦4機で発進。
筑波山方面より侵入してきたF6F戦闘機4機を高度1,000メートルに発見。
【編成】

零戦4機
第 次邀撃隊 第一小隊 一番機 石坂光雄大尉
                 二番機 篠原良慧飛曹長  *撃墜:F6F戦闘機1機?
                 三番機 亀井定男上飛曹  自爆
                 四番機 小高登貫一飛曹  *撃墜:F6F戦闘機2機?
【谷田部空戦果】

命中弾2機[うち撃墜ほぼ確実1機] (筆者注:撃墜:F6F戦闘機3機説もあり)
【谷田部空被害】

損失:零戦2機
搭乗員戦死:?名
【戦死者】

亀井定男  上飛曹 (丙飛7期)


昭和20年2月中旬

「紫電」11型の装備が開始された。
現存写真により確認された機番号

 紫電11型甲 ヤ-1151 

          ヤ-1156
 紫電11型乙 ヤ-1163


昭和20年2月25日

「関東地区艦載機邀撃戦」
午前 十一連空は零戦42機[筑波空:14機、谷田部空:28機]を、横須賀、霞ヶ浦上空に配置し、艦載機560 5機を邀撃。
【その他、横須賀空:零戦8機、「紫電」3機、三〇二空:「雷電」15機、零戦9機が邀撃】
また、地上おいても被害が出た[詳細不明]
【編成】

零戦28機
【谷田部空戦果】

不明
【谷田部空被害】

不明
【戦死者】

篠原良慧  飛曹長 (乙飛7期)
北村清明  飛長  (特乙1期)


昭和20年2月末

小高登貫一飛曹(丙飛10期)が、第三四三海軍航空隊/戦闘第四〇七飛行隊に転任。

昭和20年3月1日付

第十航空艦隊(第八基地航空部隊)が編成され、これに戦闘機の実用機練習航空隊の筑波空、谷田部空、大村空、元山空が編入される。


昭和20年3月14日

「千葉」 [筆者注:調査未完、詳細不明]
【 ? 】

梅田 董   上飛曹 (乙飛16期)


昭和20年3月20日付

十航艦は第三航空艦隊(第七基地航空部隊)の指揮下に入る。


昭和20年3月22日

「関東」 [筆者注:調査未完、詳細不明]
【 ? 】

溝渕玲一  中尉  (海兵73期)


昭和20年3月26日

「天一号作戦」が発動され、第七(第三航空艦隊)、第八(第十航空艦隊)基地航空部隊に九州方面進出が下令された。

『直掩隊』
 大都留 建 大尉  (海兵71期)
 奥原新次郎 中尉  (海兵72期)
 萩原 勝   中尉  (予備13前期)
 前田 忍   中尉  (予備13前期)
 松下昌雄  中尉  (予備13前期)
 露木達夫  中尉  (予備13前期) 二〇三空/戦三〇三へ転属 5月18日戦死 *鹿児島 
 古河敬生       (予備13期)
 大石春美  上飛曹 (乙飛16期)
 福本     二飛曹

  その他、調査未完、詳細不明

  合計100名
『昭和隊』
 鈴木典信  中尉  (海兵73期)  4/14突入 第一昭和隊
 丸茂高男  中尉  (海兵73期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 大木 正   中尉  (予備13前期) 4/14突入 第一昭和隊
 安則盛三  中尉  (予備13前期) 5/11突入 第七昭和隊 機番ヤ-101
 中村晴雄  少尉  (予備13後期) 4/14突入 第一昭和隊
 清水則定  少尉  (予備13後期) 4/14突入 第一昭和隊
 石嶋健三  少尉  (予備13後期) 4/14    第一昭和隊 出撃後、発動機不調で喜界島に不時着、機体大破・戦死 
 草村昌直  少尉  (予備13後期) 4/16突入 第二昭和隊
 有村泰岳  少尉  (予備13後期) 4/16突入 第四昭和隊
 西田 肇   少尉  (予備13後期) 4/16    第三昭和隊 発進寸前、着陸してきた飛行機に追突され、機体大破・戦死 
 貞方弘義  少尉  (予備13後期) 4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 相馬泰三  少尉  (予備13後期) 4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 北原篤幸  少尉  (予備13後期) 4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 木部崎登  少尉  (予備13後期) 4/29突入 第五昭和隊
 高橋三郎  少尉  (予備13後期) 5/11突入 第七昭和隊
 佐々木八郎 少尉  (予備14期)  4/14突入 第一昭和隊
 小野寺朝男 少尉  (予備14期)  4/14突入 第一昭和隊
 松村米蔵  少尉  (予備14期)  4/14突入 第一昭和隊
 平林勇作  少尉  (予備14期)  4/14突入 第一昭和隊
 柏倉繁次郎 少尉  (予備14期)  4/14突入 第一昭和隊
 篠崎俊二  少尉  (予備14期)  4/14    第一昭和隊 離陸時に搭載爆弾が落下、飛行場で被爆・戦死 
 神原正信  少尉  (予備14期)  4/16突入 第二昭和隊
 矢島哲夫  少尉  (予備14期)  4/16突入 第二昭和隊 機番ヤ-460
 中村栄三  少尉  (予備14期)  4/16突入 第三昭和隊
 笹本洵平  少尉  (予備14期)  4/16突入 第三昭和隊
 佐藤光男  少尉  (予備14期)  4/16突入 第四昭和隊 機番ヤ-140
 市島保男  少尉  (予備14期)  4/29突入 第五昭和隊 機番ヤ-406
 小泉宏三  少尉  (予備14期)  4/29突入 第五昭和隊 機番ヤ-480
 外山雄三  少尉  (予備14期)  4/29突入 第五昭和隊 機番ヤ-470
 安田弘道  少尉  (予備14期)  4/29突入 第五昭和隊
 根本 宏   少尉  (予備14期)  5/11突入 第六昭和隊 機番ヤ-135
 小川 清   少尉  (予備14期)  5/11突入 第七昭和隊 機番ヤ-33
 篠原惟則  少尉  (予備14期)  5/11突入 第七昭和隊
 茂木 忠   少尉  (予備14期)  5/11突入 第七昭和隊
 金子照夫  少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 6/22突入 第一神雷爆戦隊
 石塚隆三  少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 6/22突入 第一神雷爆戦隊
 佐藤孝一  少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 天野 徹   少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 市瀬英雄  少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 牛山総一郎 少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 内藤祐次  少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 渡辺賢一  少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 佐藤徳二  少尉  (予備14期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 炭広秀雄  二飛曹 (乙飛18期)  4/14突入 第一昭和隊
 高野道彦  二飛曹 (乙飛18期)  4/16突入 第三昭和隊
 吉永光雄  二飛曹 (乙飛18期)  4/29突入 第五昭和隊
 薮田 博   二飛曹 (乙飛18期)  4/29突入 第五昭和隊
 川端三千夫 二飛曹 (乙飛18期)  4/29突入 第五昭和隊
 星野義一  二飛曹 (乙飛18期)  5/11突入 第六昭和隊
 皿海彰二  二飛曹 (乙飛18期)  5/11突入 第七昭和隊
 岩田 学   二飛曹 (乙飛18期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 松岡武重  二飛曹 (乙飛18期)  4/26    七二一空/戦三〇六へ 生存
 横山 俊   二飛曹 (乙飛18期)  4/16突入 第二昭和隊     
  合計53名


    

以下、2に続く。



【参考文献】

テーマ一覧「主要参考文献・資料」を参照下さい。


筆者注:調査未完につき、今後大幅に加筆・改訂を予定しております。

初稿  2007-10-28




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。