2010年06月23日

沖縄の学徒隊について

テーマ:筆者独白

5年前に掲載した文章ですが、記事の中に埋もれさせたくないので、今日また再録します。

6月23日の持つ意味を考えながら読んでいただきたいと祈念しております。




沖縄の学徒隊について


「鉄血勤皇隊」

「ひめゆり隊」

「白梅隊」

「名護蘭隊」

「積徳隊」

「瑞泉隊」

「でいご隊」

 

以上は、沖縄の学徒隊です。

 

今日の沖縄「慰霊の日」に当り、何か書こうと思いましたが、とても書けませんでした。

普段、軍人の戦史についてブログに書いておりますが、先の大戦より軍人より民間人の死者の方が多くなりました。つまり、軍民関係なく戦争に巻き込まれるようになったのです。その象徴が沖縄戦でした。

なかでも、学業半ばで戦闘員となった予備学生が多数投入された神風特別攻撃「菊水作戦」と、沖縄の学徒隊による戦闘は、共に未来ある前途有為の若者を多数失ってしまった、日本にとって取り返しのつかない損失であったと筆者は考えます。

 

以下、前の沖縄県知事の大田昌秀氏が書いた本です。

太田氏は沖縄師範学校本科2年生のとき、「鉄血勤皇隊」に編入されました。

すべて引用になりますが、このブログを訪れてくれた人たちと、「沖縄戦とはなにか」、また戦争とはなにか、そして、失ったもの、得たもの、守らなければならないものを考えていきたいと思います。 



引用:大田昌秀「沖縄戦とはなにか」久米書房

 

 1944年12月、沖縄第三二守備軍司令部は、県当局と県内の中等学校の生徒たちを戦力化することについて協議した。米軍の沖縄上陸に備えて、防衛力を増強するために県下の全中等学校の職員と生徒を軍人、軍属として動員する計画をたてたのである。
 沖縄には私立の学校や実業学校を含め男子の中等学校が11校あった。沖縄師範学校男子部、県立第1中学校、同第2中学校、同第3中学校、同工業学校、同水産学校、同農林学校、同八重山中学校、同宮古中学校、私立開南中学校および那覇私立商業学校である。これらの諸学校生徒たちは、時局が戦時体制へ移行するにともない軍に動員され、飛行場建設や地下壕陣地の構築作業等に従事していた。

 

 1945年3月、米軍の沖縄上陸が必至の状況になると、守備軍の命令により「鉄血勤皇隊」の名で、今度は戦闘隊員として徴用された。「鉄血勤皇隊」とは、県下の師範学校や男子中学生の生徒たちによって組織された学徒隊の総称で、別名健児隊ともいわれた。最年少は現在の中学生の2年生から、最年長が師範本科3年、つまり現在の大学2年生にあたる。すなわち96%が未成年で、これは女子学徒陣(ひめゆり部隊など)も同様である。
 ちなみに守備軍に動員された日時や動員数は、それぞれの学校によって異なっていた。たとえば宮古中学校は動員されずにすんだし、県立八重山中学校のようにわずか20人だけの動員の学校もあった。

 動員された生徒たちは守備軍配下部隊に配属され、戦場へ出た。あらゆる戦闘任務を兵隊同様に果たした。銃の操作を知らない下級生までが、速成で戦車攻撃の方法を仕込まれて第一線に投入されたのである。
 従軍した男子学徒兵1,780人のうち、半数の890人が戦死した。中でも県立工業学校の場合、動員された生徒94人中、85人が死んだ。第2中学校では143人中127人が死んだ。
 戦線には、本部に16名、野戦築城隊243名、切込み隊57名、千早隊(情報宣伝)22名、特編隊48名である。野戦築城隊が多くが下級生であった。この築城隊のうち20数人は、首里に危機がせまると、急造の爆雷をかかえて戦車に体当たりするなどしてほとんど全滅した。千早隊や切込み隊は司令部と行動を共にした。戦後、生き残った生徒たちにより、戦死した学友を悼み、各学校ごとに「健児之塔」が建立された。

 

 女子学徒隊については、ひめゆり部隊が有名だが、これは沖縄師範学校女子部、県立第1高等女学校の生徒による部隊で、動員数合計297名のうち、戦死者は210名であった。
 女子学徒はこの他、白梅隊(県立第2高等女学校)67名中36人死亡、名護蘭隊(県立第3高等女学校)10名中1名死亡、積徳隊(私立積徳高等女学校)55名中28名死亡、瑞泉隊(県立首里高等女学校)83名中50名死亡、でいご隊(私立昭和高等女学校)80名中31名死亡した。鉄血勤皇隊含む男女合計では、2,440名動員されて1,298名が死亡した。戦死者の中には、自決したものもいる。

 

 映画でも紹介されているが、女子部隊は傷病兵の看護や壕掘り作業が中心である。5月の沖縄は暑く、すぐウジがわく。負傷兵のうみとウジにまみれた包帯の交換、汚物の処理、食事の準備、食料調達、死体埋葬などを行った。前線の野戦病院であるため、戦況により移動しなければならず、移動途中で死亡したり、また捕虜になることを恐れて自決した。第三外科壕では、脱出直前にガス弾による攻撃をうけ、40人の職員や生徒が死亡した。この第三外科壕跡に、ひめゆりの塔が建立されたのである。

 

 ちなみに沖縄上陸軍の兵力は、のべ54万8千人。当時の沖縄の総人口は45万人。
守備隊は10万人。また地元徴用した学徒含む隊員が約1万人。総勢11万人の数でその4倍強の米軍45万人と戦ったのである。兵器の数などは比較にもならない。
死亡者数は、日本側256,656人。うち正規軍は65,908人。沖縄県出身者死亡数総計178,228名。島内人口の約40%の殺戮は、数こそ少ないとはいえアウシュビッツの悲劇とならぶジェノサイド(皆殺し)作戦と呼ぶべきであろう。なお米軍の死亡者数は、12,520人だった。


【一部抜粋して引用】

太田昌秀 「沖縄戦とはなにか」 久米書房(1985年) 



ちなみに、沖縄戦とは、昭和20年4月1日の米軍の伊江島上陸に始まり、沖縄本島における日本軍の組織的軍事活動が終わった6月23日までの84日間を言います。

この間、両軍併せて269,176人が死亡しました。
あの狭い沖縄で、一日平均3,200人が死に、それ以上が傷ついていきました。

そして、60年以上たった今も、まだ米軍基地という名の占領は続いているのです。


あなたはたとえそれが正義であっても、戦争をしますか?




初出   2005/06/23

第2稿  2010/06/23  一部加筆


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

pico3298さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■pico→只野空曹さま

お久しぶりです。また、お寄りいただきありがとうございます。
私としては19年2月のトラック島空襲で七回コールド負けだと思うのですが・・・
「あ」号以降は戦(いくさ)になってませんからね。

1 ■沖縄戦が9回裏,なんとか8/15で終戦

本土上陸作戦にならなくてよかった.
 沖縄の人には申し訳ないが....
 大和の出撃という作戦ではなく,1944年中に戦争を終わらせなければならなかったのだ.
 日米戦争を始めた戦争指導者は,本土をB29に蹂躙された責任もあるのだが....
 戦後生まれの責任としては,すべて気がつかないうちに21世紀まできてしまったことだ.

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。