「すみません、実は…あまり集客できる自信がないんです。

でも、うちの地域に来て話をしてもらいたいんですが」

 

と、最近、打診をいただきました。

 

そんなとき、私は「3人でも集まれば行きます」と答えるようにしています。

 

結果、「1人」だとしても、かまいません。

たった1人に、伝える。

「たった1人」から、はじめようというのが、私の活動の原点でもあるのです。

 

「たった1人に伝える」

この思いは、ある、私の失敗がもとになっています。

 

 

劇団を運営して7年ぐらいたったころ、

毎回500人ほど集客をしていました。

 

次の中期的な目標は1000人でした。

 

家族の事は、ほぼ放置。土日はほぼ練習。

平日昼間と深夜は営業と作業。

家に帰らず、娘の運動会にも、練習で行きませんでした。

 

ある日のこと。

 

夢を見たのです。

 

お客さんが1000人入っていた夢です。

「次は1000人」「次は1000人…」と、念じているうちに、夢にまで見たのです。

 

夢の中の私は、

劇場の裏で、トランシーバー片手に、慌ただしく段取りをとっていました。

演出は上手くいっているか?次の役者への指示はどうするか?

受付でトラブルがあったらしい。すぐそちらにも行かないと。

 

気付くと、舞台が終わったらしく、舞台挨拶のために、舞台に出る事にしました。

舞台に出て、話そうと思って観客席を見ました。

 

 

1000人埋まった観客席。

 

その観客をみると…

 

観客、全員の、顔が、なかったのです。

 

 

はっと驚いて、役者たちの顔を見ると…

役者たちも、顔が、なかったのです。

裏のスタッフ。受付のスタッフ。全員の顔が、なかったのです。

 

 

はっと目がさめました。涙が出ていました。

 

 

1000人集客する。

 

ここにとらわれているうちに、1人、1人を全くみていないのだと、気付きました。

 

そして、大切なものを失っていくような、気がしたのです。

 

「演劇には世界を変える力がある」と信じ、

言葉では1人1人を大切にすると言っておきながら、

出来ていない事がたくさんありました。

 

自分を大切にせず、家族を大切にしていませんでした。

きっと同じように、多くの事を大切にしてこなかったのだと思います。

 

私は劇団を運営していたとき、たくさんのものを失ってきたと思っています。

 

 

断薬して体質改善して、

食や自分の体験について、伝えようと思ったとき…

 

「たった1人に伝えよう」

 

という思いから、はじめる事にしました。

 

行きつけのお店。

友人たちに。

小さなコミュニティで。

近所で。

家族に向けて。

 

小さな小さな会から、1人1人に出会う気持ちで、はじめていきました。

それが2012年の事でした。

 

 

今では、3人より多くの方が来てくださる事もありますが、

「たった1人に伝える」という思いは変わりません。

 

 

100人に伝えたとき…

80人は無関心だったかもしれない。

19人は「そんな事言うな!」「やめなさい」と言うかもしれない。

でも、たった1人。たった1人に伝わったとき。

世界は変わるかもしれない。

 

 

そんな思いで、1人、1人と、出会っていこうと思います。

 

ブログも、電子書籍も、そんな思いで書く事にしています。

 

 

たった1人の、きみに伝わったとき。

世界は変わるかもしれない。

 

祈るように、活動を続けています。

 

 

★講演情報★

2018年1月14日は、愛知講演です。詳細はコチラ↓

https://www.facebook.com/events/2090822524472562/

2018年3月16日小倉謙&伏見美穂 福岡講演会 決定!!詳細は後日…

 

※各地で講演会を主催してくれる方募集しています。

 

「心の病と発達障害」が電子書籍になりました♪

日本一悪名高い内海聡医師の解説つき!

http://www.amazon.co.jp/dp/B078M6X1JF

(amazon製品ページにとびます)

AD

様々な精神薬を10年飲んで断薬しました。

そんな私が電子書籍を出版してみました。の続きです。 その一はこちら

 

参考にしたサイトは、ここ!

kindle本の出し方!サルでも分かる電子書籍を出版する方法↓

http://kindle-publish-approach.com/archives/340

 

実際は、挿絵があったり、ちょっと違うプロセスでやりました。

 

(1)もくじを書く

「メモ帳」に目次を書きました。おおまかな構成をざっくり決めます。

 

(2)文章を書く
「メモ帳」に文章を書きました。

文字数10000ぐらいが平均らしいですが、私は30000字ぐらいでした。

 

(3)文章に見出しタグをつける

「タグ」というものをつける必要があるらしいので、(2)で作成した文章に、以下のタグをつけました。

 

・見出しには、# ## ###  など、シャープをいろいろつける。

・改ページには、 ===  と、つける。

・画像リンクの購入には、![精神科に行くまでの話](01.jpg) など、ファイル名を指定をする。
・リンクには、[https://ameblo.jp/picece/](https://ameblo.jp/picece/) と、リンク先を指定する。

 

この4つのタグだけなので、特に専用ソフトは必要なかったです。

こんな感じ↓

 

 時は、一度、1975年に遡る。
 順を追って、この物語を綴っていくことにしよう。
===
## 1章「精神科に行くまでの話」1975年~2000年 ##
![精神科に行くまでの話](01.jpg)
===
### 片付けられない子ども  ###

 

 

(4)挿絵をJPGファイルで準備する。

4枚、JPGファイルを絵描きに準備してもらいました。01 02 03 など、ファイル名をつけます。

 

(5)表紙をJPGファイルで準備する


「色んな機能はいらん!写真と文字だけサクっと編集できるソフトが欲しい!」と、

探してみて、GINPという作成ソフト(無料)をダウンロードして、それを使って表紙を作りました。

 

「cover.jpg」の名前で保存です

 

(6)でんでんコンバータでePUPファイルを作る

 

「(3)で作ったタグ付き文章(txtファイル)」

「(4)で作った画像ファイル」×4つ。

「(5)で作ったcover.jpg」

 

これを、でんでんコンバータというサイトに、アップロードします。

目次は「見出しタグ」をもとに、勝手に作ってくれます。

 

(7)mobiファイルを作る

 

kindle previewerというものをダウンロード(無料)して、

「本を開いてクリックする」をクリックして、mobiファイルを作る。

かんたん!

 

(8)振り込み用の銀行口座を作ってきて、amazonに登録する。

 

地方の銀行とゆうちょの取り扱いがなかったので、口座を作ってきました。

登録はネットを参考に、さくさくしました。

↓kindle本の出し方!サルでも分かる電子書籍を出版する方法

http://kindle-publish-approach.com/archives/340

 

 

終わりです!!!

 

素人の私にも電子書籍が出せました!!

 

 

やってみて…

 

面倒な部分もありましたが、

そこそこ楽しかったです♪

 

 

次も出すか…?

 

現時点で、本として書きたい事は全部書いたんで、分かりません。

 

いまは、この本を、たくさんの人に届けたい、という気持ちです。

 

 

とりあえず…終わったーーーー!!

 

 

という事で、記録でした。

 

 

★講演情報★

2018年1月14日は、愛知講演です。詳細はコチラ↓

https://www.facebook.com/events/2090822524472562/

2018年3月16日小倉謙&伏見美穂 福岡講演会 決定!!詳細は後日…

 

※各地で講演会を主催してくれる方募集しています。

 

「心の病と発達障害」が電子書籍になりました♪

日本一悪名高い内海聡医師の解説つき!

http://www.amazon.co.jp/dp/B078M6X1JF

(amazon製品ページにとびます)

AD

子どもの頃から、落ち着きがなかったりボーっとしていたりして。授業をまともに受けた事もない。

大人になって、様々な精神薬を飲んで動けなくなり、断薬して、今ではすっかり元気になりました。

「治らない」と言われていた症状も、日々日々、改善していき、

人の可能性を追求する毎日です。

 

そんな私が、本を出版してみようと思いました。

画像:Pixabay

 

やってみようと思ったのが、2017年7月のこと…それから、半年ぐらいかかりました。

 

まわりには商業出版の著者もちょくちょくいて、

出版してみたら?という提案は、以前からあったのですが、逃げ続けていました。

 

「なんか、大変そう」

 

って思ったのですね。

 

そんな、消極的な自分でも、出来るんじゃないかって思えたのが…「電子書籍」でした。

 

調べてみると、電子書籍には、デメリットがあるようでした。

例えば、

「売れない著者というイメージがつき、商業出版が難しくなる可能性がある」

「電子書籍の文章を、商業出版に掲載することは出来ない場合が多い」

「買う人の手続きが面倒で、売れない」

「売れない」

 

というもの、のよう、です。

 

商業出版を今後考えている人は、やめた方が良いかもしれないですね。

 

 

メリットは「資金ゼロで、一人で、出来る」という事のようでした。

 

資金ゼロ!これは素晴らしい。

 

商業出版、と言われると、

ハードルが高くて私は面倒になってしまうのですが、

資金ゼロで一人で出来ると言われると、やってみよーかなって思えるのでした。

 

そこで電子書籍の、出し方、という事になるのですが…。

amazonで出したかったので、kindle本にしました。

 

amazonでkindle本にするには、

手続きがイロイロ必要らしく、

 

「素人がやるのは難しい」「専門家に任せた方がいい」と、いう説もありましたが、

せっかくの「資金ゼロ」というメリットが、なくなると思ったので、

 

自分で調べながら、出来るんじゃないかと、軽い気持ちで出してみることにしました。

 

ド素人の私が出せるなら、人にも、電子書籍出版をすすめられるな、とも思ったのです。

 

参考にしたサイトは、ここ!何度も読みながらやりました。

kindle本の出し方!サルでも分かる電子書籍を出版する方法↓

http://kindle-publish-approach.com/archives/340

オススメです!

 

 

「文章がメインだけど、挿絵が4枚」

「縦書きでも横書きでもどっちでもいい」

「前半は物語形式、後半はノウハウ形式」

という構想だけ何となくあって、作成スタートすることにしました。

 

(なんと、つづく…らしい)

 

ブログ初のシリーズ物記事が電子書籍ネタ…誰得か分からないけど、

いろいろ面白かったんで、記録残しておくことにします(ー_ー)!!

 

★講演情報★

2018年1月14日は、愛知講演です。詳細はコチラ↓

https://www.facebook.com/events/2090822524472562/

2018年3月16日小倉謙&伏見美穂 福岡講演会 決定!!詳細は後日…

 

※各地で講演会を主催してくれる方募集しています。

 

「心の病と発達障害」が電子書籍になりました♪

日本一悪名高い内海聡医師の解説つき!

http://www.amazon.co.jp/dp/B078M6X1JF

(amazon製品ページにとびます)

AD