こんにちは。お久しぶりです。更新したこと誰か気づいてくれるかな?



最近またイタリアに行ってまして、返りにトラブッたので、みなさんの参考になればとご報告。



今回は、エアーフランス飛行機で、パリ経由イタリア。

帰りはイギリスに寄ったので、ロンドン→パリ→名古屋でした。


ヒースローのエアフラカウンターで、チェックイン。←ここが鬼門だった↓↓


お姉さんがチャッチャッチャーと

「はい、これがパリまでのチケット。こっちが名古屋までのチケット。スーツケースはこっちで乗せかえるから、自分でする必要ないからねー」

と言われて、時間まで紅茶コーヒーを飲んで時間を潰し、搭乗ゲートに入るところで、なぜか私のチケットははじかれる。


「君ーこの便もう出ちゃったよ」

「は?」

「君の便は11時だよ」

「は?私、13時の便を予約したんですけど。ほら、このeチケット見てよ」

「本当だ。Strange~」

「で?」

「大丈夫!13時の便に乗れるから」

「・・・」

「Don't worry!!」

「私が心配なのはスーツケースなんだけどー」

「ちゃんと僕が連絡しておくから大丈夫!」


で、大丈夫じゃなかったってワケ↓↓


名古屋に着いてすぐ(ロータリーにスーツケースが流れる前に)、係りの人が私の名前を呼んでいるのに気づいた。


「はい。私ですが」

「Pinoさまのスーツケースが飛行機に乗っていなかったことが事前に判明しておりまして。手続きのために、一緒に来ていただけますか?」

「…はい(やっぱりーぃむかっ)」

「フランス国内のモンテペリエという空港に届いているようで、そちらからパリに送りかえし、明日の同じ時間の便に乗せるという連絡がありました」

「モンテペリエ…?」

「はい。届き次第ご自宅まで配送させていただきますので、なにとぞご了承ください」


ここで、スーツケースの形、色、メーカー、スーツケースの中身を伝え、鍵を預ける。


はじめは2日で届くようなことを言っていたけど、一向に航空会社から良い連絡はいただけない。

と言うか、2日で届くと言っていたものが「本日の便に乗っておりませんでした」の連絡を受けてから不安で不安で寝ても覚めてもスーツケースのことしか考えられない…ガクリ


きちんと探してくれているかの確認のためにも、

「スーツケースが今日もなかったという連絡でもいいので、とにかく毎日報告してください」

と言っているのに、何度連絡がなく自分から電話したことか…。


挙句の果てには

「モンテペリエで見つかったスーツケースも、Pinoさまのではなかったかもしれません」

と言われたムカムカ あり得んっ!!どういう管理をしてんだ??


「フランスにいるフランス人の知り合いにシャルルドゴールに電話してもらおうかと思っているんですけど」

「それはすごくいいと思います。スーツケースの管理番号を伝えていただければ探せるので」

って、私から提案したけど、なんじゃソリャ?!って思うのは私だけ?探せるんじゃんっ!


しかし、不幸中の幸いにも、そんな電話でのやりとりをした翌日、スーツケースが名古屋に届いたと連絡が…クラッカーその時、友達と伊勢丹で昼間っからシャンパンシャンパン飲んでた私は、(大人だけど)ジャンプして喜びましたよアップ



教訓:


渡されたチケットの搭乗時刻、搭乗便を必ず確認しよう


パリ経由はなるだけ避けよう

→エアーフランスはやばいらしい


スーツケースに、自分の目印となるものを装飾しよう ※ただし目立ちすぎると盗難の怖れアリ

→シャルルドゴールには、行方不明のスーツケースがものすごい数あるらしい。自分のスーツケースの外観をなるだけ詳しく伝えるのがベスト。


スーツケースの中に、自分の名前、住所を明記しておくか、パスポートのコピーを入れておこう

→持ち主のわからないスーツケースはオークションにかけられるらしい


可能な限り頑張って、機内持ち込みにしよう


やっぱり保険に入っておこう

→化粧品等なくて困るものを、名古屋についてすぐに購入。保険でカバーされる(はず。現在査定中…)。

 ただし、旅行中ではなく、帰り(日本に着いてから)のロストバゲージと言うことで、自宅にあると判断されるものには支払われないので、注意が必要。


9日ぶり・・・ロンドンから言うと10日ぶり!にスーツケースと再会を果たしたときは本当に本当に嬉しかった。

でも!


スーツケースの中身がきちんと揃っているか確認しよう

→中身だけ抜き取られることもあるので、きちんと確認しましょう。

 スーツケースの重量でも証明できますが、スーツケースを閉じる前に、デジカメで中身を撮っておくのも安全策みたいです。


総合して・・・

航空会社の人は当てにならない!

→お詫びの書状もなけりゃ、電話もない。

 本当に助けていただいのは、ルナソル(私の愛用化粧品)のBAさん。事情を説明すると、数日分の一通りのサンプル(たくさん!)をいただきました。「足りなかったらまた来てくだだいね」とまで言ってくださって、本当にありがたい。ますますルナソルファンになったわ口紅


AD

コメント(4)