またまた間隔が空いてしまったが、順を追って消化していきます。

まずは8月3日の石鯛釣り…!
ウネリがあって渡船は不可、入間の堤防にK宮さん、イカ釣りの兄弟子I上氏、菅原くんと4人で突撃。
{AB1B4380-281A-415E-B19D-29A64BC86432}
先端でK宮さんと2人で石鯛竿を並べる…
{9A4006D5-A74E-4D01-A998-F87BC5C68676}
朝のうちは少し潮も動いていてエサ取りも活発に穂先を揺らすんだけども…日が高くなるにつれダメダメな感じ。
{623F4D64-5C93-41DE-84D7-0478A9125EF3}
試しに買ってみたアトミックスライダー20号を巻いてみたが…ずいぶん伸びる。そして、数投目に根掛かりを切ると、無傷のど真ん中からバツン!と飛んだ…ガーン
ままま、まぁこんなこともあるさ!!まだまだ検証が必要…大丈夫かいなこれ

そよ風が吹いて心地よい入間の堤防、うねりはデッカく、テトラの向こうに大しぶきがあがる。
{839E9718-EC81-4668-A142-FF38BBA74D85}
ドッシャァァァン!!
そんな中、海水浴場から3人の親子がテトラまで泳いでいて、地元のオジイ達が大騒ぎ。テトラに吸い込まれて死にたいんか?

イカ釣りの兄弟子も、日が高くなってからはサッパリ…子イカ情報を得てエギを投げていた菅原くんも、サッパリ。
{874AB580-B088-4054-AE06-2ED756C47212}
まだまだど素人ゆえ、堤防フィッシングはかなりお気に入りの模様。


朝方のチャンスを逃してからは、海中に無数に浮遊するちぎれた海草が、道糸に引っかかりまくって毎回毎回大変なことになる。
{03720456-3EDD-49CA-A4E8-32E923D36D2A}
道糸に引っかかった海草はどんどん溜まっていく…

浮遊する海草に混じって、朝からずーーっとウミガメが周りをウロウロウロウロ…
{C646BBF1-A8F1-4A89-ADC7-013F077496AA}
んぱっ!と顔を出すのはいいが、道糸引っ掛けんでくれよな…
{48106318-3914-4284-AA19-0C834BE9D3AB}
と思っていたら、おいらの竿が海面目掛けてンギュギュギュギュ〜〜!!!!
なな、なんか変な入り方したぞ!
竿を持つとムチャクチャ重たい…

うげーこれウミガメっしょ!!
くそ重たくてなかなか上がってこないし、ちょっと浮かせたら

ギューッ!ギュンギュンギュン!!!

とはんぱねートルクで潜りやがる…

腰ダメで引っ張りっこするが、情けないことに3回くらいノサれてドラグがジュッ!ジュッ!
引きは味わえた?が、腰が…腰がおかしくなるわっ!
菅原くん、「水族館みたい!」ってさっきからコイツずっとあんたの目の前泳いでましたやん。

どうやらコイツの左手に道糸が引っ掛かったらしく、ハリは掛かってなかった。よかった…
K宮さんが道糸をたぐったところ、あっさり?道糸が切れてほどけたようなのでひと安心。

その後も同じウミガメはずーーっと堤防の周りをウロウロ…頼むからもう引っ掛かってくれるなよ(>人<;)

天気は素晴らしく良いし、遠投の練習もできるのだけど、毎投毎投、道糸に海草が尋常じゃなく引っかかるので、回収がしんどい。
{86598878-AACE-41DE-8647-DA6C08F789F9}

{ABCB2A7B-0D5A-4E95-8FF2-9C5627D8DAFA}

{8931D43E-33FA-4E74-911C-FB53F3551B84}
投げるのは楽しいけど回収がほんと苦痛w
帰る頃にはテンコ盛りになりましたとさ…
{12B81B71-28A9-46A8-B3FA-55DD49C4F36C}

イカ釣りの兄弟子もなーんも当たらんとおかんむり。
菅原くんにアミコマセを撒いて、ミーのゴハンになる小サバイワシ狙いのサビキ釣りをさせると、アミコマセに群がるのは大量のコイツ↓
{DCD5B334-71AB-4254-8C9F-51E2C3D43DD8}
サンバソウの大運動会!可愛いね(´ω`)
こんな大きさでも、クチバシはそれなりに硬い。
3キロ越えたら遊んでくれよな!


とまぁ、ひたすら海草をサルベージして、ミー爆笑のエサになる小サバもイワシも釣れず、コマセに群がる幼稚園児の石鯛を観察して、南礁に帰還したところ、

『なにィ?!小サバもイワシもいない?じゃあ、』
『日没まで子浦に行ってこい!』

とのことで、急遽アミコマセ一角とのべ竿3本を持たされて、兄弟子、菅原くんと子浦の堤防へ…
釣りから帰ってきたのに『また釣りに行ってこい!』と、追い立てられるのはなかなかできない体験ですなw
{A4B5A3F9-9754-4C25-BCF4-F0E234CA300F}
残念ながら小サバもイワシもおらず、小アジの入れ食い…僕が1匹だけ小サバを釣ったのみ

夏休み前哨戦はこんな感じで終了。

盆休みは、横根で石鯛釣りしたいねぇ〜〜!13日から出撃だ!初日は横根の裏だな!一緒に行こうぜ!
と小田原の竜司くんと話していたのだが。



夏休み開始初日、まだ僕は仕事中の11日。

K田さんから無言で写真だけが1枚、テロン♪と送られてきた。
{02DCEF53-46A9-4243-AA2D-A3C2AE7808DE}
うわー!!釣ってるし〜〜(>人<;)!!
しかもこの足元の岩質、絶対横根の裏だwww

裏1…だなたぶん。船着きちょい上の岩質がこんな感じだったような…?
{ABBEB400-B5B7-4C57-B51A-345F55E49B21}
やっぱり裏1だった…

くぅぅぅぅ…さすがK田さん!おめでとうございます!
この写真だけで裏1ってわかったキチガイは僕だけだった模様。僕は横根裏1の船着きちょい上かと思ったのだけど、実際には裏1の馬の背方面だったらしい。惜しいw
岩質の高さは同じラインだったので、見立ては間違ってなかった。よくよく考えたら、裏1船着き上ならもうちょっと岩が磨り減ってるよな…。
下田沖磯に限り、岩質見ただけでだいたいどこかはわかりますよそりゃ。

何はともあれ、K田さん、夏休み初日から4.2kgの立派な石鯛。羨ましい…!

先に釣られちゃったので、二番煎じの汚名は免れないが…盆休みは横根行くぞ〜〜っ!てことで前哨戦の部、終了。
AD