子供たちにせがまれて 近所のお散歩に行きました

本日の散歩ルートは Bコース♪


桜の季節はすでに去ってしまいましたが 三妙院で八重桜が咲いてました(*^-^*)

  

八重桜は見ごたえありますね

なんであんなに重そうにしながら花をさかすのかなぁ


糸トンボ

こうきっつあんに捕えられた糸トンボ

糸トンボってこの時期でしたっけ??


写真撮って~というので一枚パチリ

「用は済んだ」といって逃がしてました。

ブログネタご協力ありがとーございま~す(*´∀`人)



テクテク歩くと 骨董品を展示してるおうちがあります

人の家なのでじろじろ見てると怪しい人になります

とりあえず 1枚だけ写しました♪


カッパ~

どこで買ったのだろう?

不気味なようでちょっと欲しい1品です(笑)




さらに歩くと

伊多太大社旧跡

伊多太大社旧跡とかいてます
この両脇は 空き地となってますが 入れないようになってます




いついっても なぜか門が閉まってる蓮華寺の門が開いてましたヽ(*'0'*)ツ


観光シーズンになると「蓮華寺はどこですか?」とよく聞かれます。

何かで有名らしいです←調べる気なし(-∀-)


入っても何も言われないと思うけど やはり敷居が高くって 入り口でこそっと1枚とって逃げました(*´∀`人)

なにも悪いことしてないけれど 入りにくい~あせる

看板に 「修学旅行は中学生から」と書いてあります

小学生はだめみたい(^_^;)


蓮花寺

なんかきれいやなぁ

秋は色づいてもっときれいなんかな?




ここから徒歩2分ほどで崇道神社に到着

 


参道はかなり長い(;゜;∀;゜;)



小野毛人さんのお墓があります 

これは標識でお墓ではありませんよ~

この後ろにある山の上です


あまりの急斜面なので いままで一度も登ったことありませんが 今回は 意を決して登りました


ウヒャ━━━Σ(゚Д゚ノ)ノ━━━!!!!!

道中 ヘビに会い(ヘビは道を譲ってくれました)

毒はないやんな???

狭い山道の端っこをソロリソロり。。。。

こっち見ないでね~(><)


こうきっつあんだけ平気でした

よりによって 捕まえようとしてたので慌てて止めました(;´Д`A ```




山つつじも側でジックリみれますよ(* ̄∀ ̄*)


息も切れ切れ 目的地はまだかいな~とへたりかけた時



小野毛人さんのお墓?いや、古墳跡やったかな?がありました



後ろを振り向くと



はるかかなたに家々が広がる景色が一望できました



下山するときは 急斜面を登ってきたので かなりスリリング

さっきのヘビもまだいるし(;゜;∀;゜;)  狭い山道の端っこをとおり 滑り落ちないように降りました



神社の方からみた参道


やはり 長い道のりです(^_^;)


双樹


双樹

2本の木がくっついて生えてます

縁起がいいらしいので パチリと1枚♪



たいした距離ではないけれど さすがに疲れ果てましたぁ(´Д`) =3 ハゥー

でもこうきっつあんもありんこも まだまだ元気

子供の体力がうらやまし~









                                         トラバは 承認後公開 となってます
                                           コメントなしで記事に無関係なTBは 

                                            公開される前に
                                         スパム通報して削除です

AD

朝 雨が降ってると思ってたら 雪でした。


一面うっすら雪景色です


大文字山も冬は白く染まります(*^-^*)


岩倉地区では5センチも雪がつもったそうです

ぴあのんちは2センチくらい?


叡電も今朝はダイヤが遅れ ちょっと大変でした                                                                                        


                                                                      













AD

「ゆりかもめ」といいましても お台場を走ってる電車ではありません(*^-^*)





昨日河原町に行きました
用事を済ませ四条大橋を渡ろうとしたら ゆりかもめの大群がきてました。
おばちゃんが餌をやってるようです
このゆりかもめはけっこう人に懐いてて?かなりそばまでやってきます

毎年この時期になると見る風景
冬の到来を感じました(*^-^*)

人ごみの中で写真を撮るのは こっぱずかしかったです(*´∀`人)


ゆりかもめ<百合鴎>
チドリ目カモメ科の海鳥。全長約40センチメートルでくちばしと脚が赤い。体は全白で翼上面は青灰色、頭部が夏羽では黒色、冬羽では白くなる。ユーラシア中北部で繁殖。日本には冬鳥として各地に渡来して海岸に群れ集まり、時には河口にも来る。東京都の鳥。



宝ヶ池通りの並木道

11月24日撮影

今日行ったら ほとんど散ってました
こういうところにも冬の訪れを感じます。


AD

風致地区

神社の池の鯉に朝の残りパンをやりに行きました
ついでにカメラを持って紅葉チェ~ック☆彡



先週の色付き とあまり変わらない模様(^_^;)

池には水車小屋があります




合鴨のカップル発見
くつろいでる最中なのでそぉっとね(*^-^*)




池のわき道をテクテク2分ほど歩くと



ぴあのの家から見える三妙院 があります




階段上がる途中で


両脇で迎えてくれます。ちょっとこわいww


ここらへんは風致地区です


環境保全のためにさまざまな規制があって家を建てるのもうるさい場所です
3階建てはだめとか 瓦の屋根じゃなきゃだめとか 庭のスペースはこれだけ ベランダの幅はこのくらいまで等々うるさいったらありゃしない┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

観光にはいいけれど住むのはちょっぴり窮屈です(^_^;)




出町柳から叡電に乗って貴船に行きませんか?
このシーズン 紅葉が見ごろです


画像がないのでパンフレットです(笑)

日没から21時頃までは 市原駅から二ノ瀬駅間において電車の電気が消されます。
暗くなった車内の車窓からはライトアップされた「もみじのとんねる」が幻想的に広がります  




おすすめ電車は パノラマ形式の「きらら」


天井近くまでの大きな窓と片側の座席は窓側を向いていて そこから見える紅葉はとてもきれいです。


貴船もみじ灯篭   こちらはおすすめです とてもきれいですよ(*^-^*)11月5日~23日まで



くわしくはこちら叡電ホームページ

近所の神社が色づき始めました

来週あたりがみごろかな?




子供を守る神様として祭られてるこの神社、実はビミョウな観光スポットで遠路はるばる足を運ばれる方も多々いらっしゃいます。
近くには 小野妹子のお墓もあります
今のシーズンですと 七五三参りのかわいい子供達の姿が見られますよ~(*^-^*)

この神社には「こま犬」はいません


こまはと???
かわいいというか なんとも不思議です(^_^;)


この神社は知る人ぞ知る紅葉の穴場です
だからあえて名前は伏せときま~す(*^.^*)エヘッ
今日は 祇園祭の宵々山
昨日の宵々々山から 夕方は歩行者天国となってます。

昨日 用事があったので 河原町のほうに行きました
昼間なので まだ交通規制もなく 人もそんなに出てなかったのですが 浴衣姿の女性がちらほら。
電車のホームのBGMも「こんちきちん」と祇園囃子がなってますますお祭りムードです。



ぴあのも 京都に住んで2年目の夏に宵山に行きました。
だって お祭りですよー
楽しそうなんですもの♪

嫌がる彼氏を説得していざ出発
河原町は通り一面 人、人、人
歩くペースはカタツムリ並み。

しかも梅雨明けるか否かの京都の夜は蒸し暑い
いつまで歩いても 目的の鉾にたどり着きません
ジュースが飲みたくても 四方八方 人だらけ
もうバテバテです

あきらめて帰ろうとしても 地下鉄までたどり着くこともできません
とぼとぼと自宅まで3駅ぶん歩いて帰ったぴあのでした。


後にも先にも 祇園祭の宵山に行ったのはこれっきり(;^_^A
TVで見てるほうが なんぼいいか学んだぴあのでした。(笑)


京都新聞さんから お借りしました。



歩行者天国が始まり、山鉾見物の人波で埋まった四条通(14日午後7時半、京都市下京区四条通新町東入ル)

宵々々山でこんなんですよー
当日はどんな人ごみになるか。。。想像できますぅ?

あ。。。いけないいけない
決して けなしてるわけではありませんのよ
京都三大祭の一つ 祇園祭は壮大で優美です
山鉾巡行中 何度も方向転換する辻回しは かなり見ごたえがあります。
ちょっと 人ごみを辛抱していただいて ぜひ一度祇園祭におこしやす~
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

今日は葵祭り。五穀豊穣を祈願する祭りです
平安貴族の衣装をまとい 500名以上の大行列で 京都御所から下賀茂神社、上賀茂神社へとゆったりと優雅に向かいます。


牛車



葵祭りの主役「斎王代」です


「斎王代」は未婚の女性から選ばれます。
選ばれたら しんどそうだけどうれしいかも?

機会があればぜひ見ていただきたい京都の祭りですね。