水曜連載「ピアノ教室のえらび方」カテゴリです。


教室選びについて、具体的ないろいろなお話が出てきましたが、今回は「費用」について、別の面からスポットを当ててみます。



お子さんのピアノ教室を探しているママさんがいらっしゃるとします。

お子さんは5歳の女の子、「リノちゃん」。ママさんを「リノちゃんママ」と名付けました。


リノちゃんママは、ピアノを習いたいリノちゃんのためにピアノ教室探しを始めました。

そこで「ぴん!」ときた教室がありました。仮にA教室とします。


A教室の条件は以下のとおり。

・家から車で5分、徒歩でも10分くらい。

・リノちゃんが通う予定の小学校のとなりの学区。

・先生は40代女性、中学生の娘さんと小3の息子さんのママ。音大ピアノ科卒。

大手音楽教室講師を10年ほど経験。結婚当時はご主人の仕事の都合で他県に暮らしていましたが、10年前に地元に戻ってきて教室を始めて8年ほど。


ママがA先生のことを知ったのは、たまたまインターネットで歯医者さんを調べていたときに、歯医者さんの近所のピアノ教室ブログとしてA先生のブログを読んだことがきっかけでした。


生徒さんが15名くらいいて、指導以外に大学の後輩の声楽の伴奏もしている先生。

忙しいのに毎日ブログを更新されていました。

レッスンのこと、行事のこと。生徒さんを思う気持ち。ママはA先生のファンになりました。

HPもしっかり作ってあり、実際にA先生とお話しても、イメージは全く同じでした。


A先生の体験レッスンを受けたリノちゃんも、楽しそうでした。



ところが・・・。


体験レッスンまで受けたのに、ママには迷いが出てきてしまいました。


ちょうど、A教室の体験を受ける頃に、リノちゃんのお友達のマユちゃんのママと話をしていて、B教室を紹介されたのです。


B教室の先生も、おそらくA先生と同世代。同じ音大卒です。

小4のお嬢さんがいて、マユちゃんのお姉さんのユキちゃんと同級生ですが、大変よくできるお嬢さんだとのことでした。

B先生は地元に長く住んでいる方で顔も広く、生徒さんが40人いて、アシスタントの先生と2人で教室をやっているという話でした。



マユちゃんママからあまりにも強く勧められたため、リノちゃんママはB先生の体験レッスンにリノちゃんを連れて出かけることになりました。


ピアノを習った経験がないママは、体験レッスンの違いはよくわかりませんでした。

わかったのは、A教室は毎年発表会があるが、B教室は2年に1回だということ。

B教室のほうが生徒数が多いということ。

そして、A教室のほうが1000円くらいお月謝が高めであるということでした。



さて、リノちゃんママはどんな選択をするのでしょうか?


今回の答え合わせは来週になります。お楽しみに。

AD