ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

ピアノにとって大切なこと、それはメーカーを問わず性能を最大限に引き出す精密な調整です。調律はあくまでひとつの作業工程、輸入したペトロフGPを「楽器」に仕上げる様子を公開します。

 

まず鍵盤アクションと棚板に浮きがないよう

ベッティングスクリューを慎重に調整。

 

88本あるバランスキーピンの前後位置を

定規をあてながら一律に揃えます。

 

今度は定規で鍵盤の高さをチェック、

凹凸をチョークでメモ。

 

アクション、鍵盤を外し176本のキーピンを

クリーニング。鍵盤動作を滑らかにします。

 

メモを頼りにパンチング紙を抜き差し、

鍵盤高さの凸凹をあわせて整えます。

 

フロントピンの角度を細かく修正。

 

キーホールを掃除、新品のため木屑が...。

 

鍵盤の遊びを1鍵ずつ地道に調整。

抵抗感を減らして快適な弾き心地に...

 

アクションに鍵盤の力を伝えるキャプスタン

スクリュー、きれいに磨く(左)と弾き心地も

スムーズになります。

 

鍵盤、アクションを戻し鍵盤高さを確認、

タッチの「礎」になるので厳しくチェック!

 

続けてハンマーと弦の合わせ作業

 

のり紙を貼ったり、ときに火で炙りながら

ハンマーの動きと角度を整えます。

 

弦合わせ完了、間隔が綺麗に揃いました。

 

ハンマーのポジションが決まったら

それを受けるアクションの調整です。

 

こちらも紙を貼りながら合わせます。

 

小ジャック、キャプスタンも理想的な位置に

おさまるように調整しました。

 

バックチェックの角度を調整。

 

バックチェックとハンマーの嚙み合わせを

調整していきます。

 

ジャックが擦れるローラースキンには

テフロンを塗り込んで上質なタッチに。

 

ローラーとジャックのポジション調整

前後位置を精密に整えていきます。

 

続けてジャックの高さ、ローラーを受ける

レバーより0.2mmほど低くなるよう調整。

 

アクションをおさめてハンマー接近調整、

繊細なpppが鳴らせるように...

 

ハンマードロップ調整、トリルや連打が

入りやすいように。

 

白鍵のアフタータッチを基準にハンマーの

高さ、弦とハンマーの距離を整えます。

 

見た目にも整然としたアクションと鍵盤

 

まだまだ作業は続きます...

 

過去のプレップアップ記事もどうぞ!

http://pianoprep.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305311220-1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pianoprepさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。