ムジカノーヴァ9月号を読んでいました。



今月の特集は、


「脳科学・発達心理学・医学専門家からのアドヴァイス」、です。


ムジカノーヴァ2014年9月号/音楽之友社
¥905Amazon.co.jp


その中の、脳科学の古谷晋一先生の記事には、


聴覚の臨界期についても書かれていて、



7歳頃までの訓練が特に重要で、


その後12歳頃までの「感受期」にも、


聴覚に関する脳機能を、発達させやすのだそうです。



それから、


この時期に、楽器のレッスンを受けた期間に比例して、


幼少期から青年期にかけての、


IQや、学校の成績が良くなることも、


知られているのだそうです。



さらに、


幼少期からピアノを始めると、


言語に潜む様々な情報を、


正しく読み取る能力が、向上するそうなのです。



そして、


幼少期の音楽訓練によって発達した脳機能は、


途中で訓練をやめても、大人になっても保持されるそうです。



また、


やめた年齢が遅いほど、


大人になってからの脳機能が高いことも、明らかになっそうです。





「うわっ!」、と思いますね。



ピアノのレッスンが、


ピアノだけでなく、脳の発達も促しているのなら、



今、レッスンに来ている子どもたちが、


より長くピアノとかかわれるように、と考えて指導することは、


ピアノの先生の、大きな仕事の一つなのですね。






ホームページはこちらです。

http://www.furutsukapiano.com/


お電話でのお問い合わせは、こちらへどうぞ。

080-9981-5301



ぽちっと応援していただけたら、すごく嬉しいです。


にほんブログ村

AD

コメント(2)