RMC Music School

練馬区関町北、新宿区中落合のレッスン室で幼児から大人まで本格的で楽しいレッスン、生徒募集しております。

当音楽教室では、現在4歳のお子さんから大人の生徒さんが在籍されています。
小さい方にはまず楽しんでいただくことを、小学生低学年からは、なるべくレパートリーになるような曲とともに、テクニックや基礎の練習もしっかりとして頂きます。
また、自分の表現の一つとしてピアノ演奏をして頂くことを目標にしており、人前で弾く機会を非常に重要と考えています。自分の演奏経験、海外での生活経験を生かし、練習方法、演奏方法の伝授、また国際的に通用するような人を育てたいと思っておりますので、ご興味ある方は、一度体験レッスンをお申し込み下さい。Contact
武蔵関教室、中落合教室共に、響きの考えられた防音室でのレッスンです。

テーマ:
今年は桜開花が早く、瞬く間に春爛漫は過ぎ青葉の季節がやってくると思っていたら
九州での地震。
始まりのシーズンのはずなのに.... 心が痛みます。
地震大国に住んでいる身としては明日は我が身。
今はできる支援を考えながら、自分たちも備えられることは備えておかなくてはと思いますね...
一日も早く、落ち着きますように祈るばかりです。

さて、ブログ更新をサボっておりましたあいだ、
私事ですが
2月に娘を出産しました。
先日復帰後1回目のレッスンでしたが
お休みさせていただいた3ヶ月間、
代講の先生と頑張って下さり、帰ってくるのを快く待って下さった生徒さん皆様に、
本当に有難く感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、また皆様と音楽できますのを励みに
育児も仕事もペースを見ながら頑張っていければと思っております。

子供が産まれて、周りに助けてもらうことが増え、
甘えるのは程々にしないとと思うのですが
そのように感じられるのも子供が産まれたからこそで
有難い....と感じるとともに、私も何か貢献出来る事はしなくてはと思いを新たにしています。

また今後ともよろしくお願い致します。
{B9DF1E26-6661-4DFA-971A-B0EC944B4187}







AD
いいね!(2)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、桑原志織さんのニューイヤーコンサートに行くことが出来ました。

{342D7CF1-252D-4B3C-8CB7-2431988D79ED:01}


渡米前まで彼女のソルフェージュクラスを見ており、帰国した頃には
もうすっかりと日本の音楽界若手のホープに成長されていたのでした。
東京音楽コンクール、日本音楽コンクールという2大コンクールで両方受賞され、今は芸大の二年生に在籍されながら、すでに海外でも演奏活動を始められています。
きちんと演奏会に伺う機会がなかなかなかったので、今回このタイミングでお知らせを頂き伺えることをとても楽しみにしていました。
曲目は、モーツァルト ピアノコンチェルト第24番。
モーツァルトを若くして演奏するということはある意味非常に難しい事だと思います。
楽譜をそのまま弾くことは難しい事ではないのですが、だからこそ、「ありのまま」が表れる部分もありますし、モーツァルトという人の天才であるが故の作れない何か、
というものを表現するには演奏する方も熟成が必要なように思うのです。
まだまだ若い志織ちゃんはどのように演奏されるのかなと楽しみにしていました。
終わってみると、なんと上品な大人っぽい演奏だったことか...いい意味で私の想像する20歳の演奏とは全く違い、目をみはりました。素晴らしかった...
演奏が終わった後にはニューイヤーコンサートならでは、指揮者の飯森先生とのトークも少しありましたが、その際の受け答えも上品で立派で、思わず、飯森先生が「え?!まだ大学二年生なの?!大学院二年生じゃなくて?!」と聞き返してしまうほど。
私も自分の20歳の頃と思い返しても(私と比べてもしょうがないのですが!)こんなに洗練されていなかったなぁ... と、ただただ感心しきりでした。
そしてふと今の若い世代の人の事を思い浮かべていると
今年新成人の方々やその周りの世代で既に世界でも活躍している人がどれだけ多い事か。
たまたま先日の題名のない音楽会は「20歳の音楽会」と題し、それぞれの作曲家の20歳の曲を20歳の演奏家達が演奏するという企画でしたがそこにも出演されていた
ピアニストでは今年のショパンコンクールファイナリストの小林愛美さん、
優勝者のチョソンジンさんも確か、21歳。チョソンジンさんは先日N響アワーでインタビューを見ましたが、非常に謙虚な方なようにお見受けしました。
スポーツで言うと、フィギュアスケート羽生選手21歳、野球の大谷翔平選手21歳 この2人も、一体どうしてそうなるのかな?と言いたくなるくらいの落ち着きを持っていますよね。
....
自分の頃の20歳を思い浮かべると、もちろん秀でた人はたくさんいたけれど
その分人間的にはまだまだ脆かったりして、その時には、残念ながらその幼い部分がどうしてもクローズアップされることが多かった気がします。
今はその頃に比べてインターネットの普及も影響あると思いますが、情報量の多さからもっともっと総合的にバランスを取ることが可能になり、若い人の成熟を早めていることを実感しました。
何が違うと思うかと簡単に言えば、若干20歳で実力が十分に備わっているだけでなく、
周りに目を向ける余裕があることです。人間力の違いとでも言えるでしょうか... 自分のことで常に精一杯で周りが見えないのは若い人の特権のように考えられがちですが、今やそんなことを言っている時代ではないのだと感じます。 
自分のすべき事はしながら、きちんと周りに感謝の気持ちを伝えることのできる、そんな人材がこんなにも育っていることに、周りの大人の素晴らしさに目を向けたくなります。 

そんな中、こんな記事↓も発見。 
実は私の身近にも、同じく東大→Yale と通っている、(そういえば、彼女も現在21歳でした!)スーパー女子大生がいますが、ぜひご興味あれば読んでみて下さい。
私も、若い人たちを応援するのはもちろんのこと、
さらに、そのような人達に何か伝えられるような大人になれるだろうかと思うと、
こちらも身も心も引き締まる...とのんびりな自分に喝だなと思わされた1月でした。
指揮者の飯森先生が志織さんに仰った、
「私はね、お客様にも応援して下さいとはあえて言いません。応援したくなるような演奏家にあなたは絶対なると思うし、なって下さいね!」という言葉に深くうなづきました。

東大からハーバードへ渡った18歳の本音 
AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F3FAF715-8CD5-45B1-9CF3-92AF82A253E0:01}

例年になく暖かい年始ですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
短いお正月にちょっと物足りなさも感じますよね~

今年の年越しは、N響第九、その後のクラシックハイライト、東急ジルベスターコンサートなどなど、知人がテレビに出ている事が多く、家にいながら楽しみました。

新年1回目のブログは
この一年が皆様にとって幸せな一年になりますように&生徒さんのますますのご成長をお祈りして、
きっと幸せな気持ちになれる動画から始めたいと思います。
演奏者は、マルタアルゲリッチとエフゲニーキーシン。 アルゲリッチは、私の一番好きなピアニストです。ときどき映る指さばきもよく見てくださいね。

この一年もどうぞよろしくお願い致します

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も年の瀬。
私も、今年はとにかくここまで来られてホッとしています。
しかし昨年に引き続きクリスマスに体調を崩すパターンで、最後にご迷惑をおかけした生徒さん、本当に申し訳ありません。
....というわけで、個人的にはクリスマスも何もあったものではなかったのですが
年末のお楽しみは、
小田和正さんプレゼンツ クリスマスの約束と
フィギュアスケート大会。

フィギュアでは、曲と指導者の方が気になりました。
出番前、どの選手も先生から何かを言われて行ってらっしゃいと背中を押されてリンク中央へ向かいます。何を言われているのかな...
舞台袖から、舞台へ送り出すピアノ指導者とおそらく同じ気持ちでしょう。
今回活躍された選手の多くの指導をされている濱田美栄先生のインタビューも見つけました。
勉強になり、非常に共感しました。

曲目は見ていると
チャイコフスキーのバレエ曲から、また
ピアノコンチェルトは真央ちゃんイメージの強いラフマニノフも結構使ってる方がいましたね。
ピアノ曲だと、リストやショパン。
歌つきが可になった今年はオペラから、
プッチーニ 蝶々夫人、トゥーランドット
ヴェルディ 椿姫 などなど
素晴らしい音楽のオンパレードです。
(たまにありえないカットをされますが近年マシにはなって来たような...)
どうしてもまず音楽を聴いてしまう身から言わせてもらうと、同じように滑っていても
音楽に乗って滑ってる人とそうでない人が確実にいて、せっかくのこの素晴らしい音楽の力を借りられてないな、もったいないなと感じる選手もちらほら。
そこまで感じられる余裕があるというのが、王者たる所以かもしれません。
羽生くんはその点別格で、
先ほど見ていた伴奏が生演奏で行われるエキシビジョンでもただ一人、「今日はテンポもいつもと違い、演奏してくださった方の想いのこもった曲にのせて滑った」というような事を言っていて、ああやっぱりよく聴いてるんだなあ..... 違うなあと思いました。

何にせよ、皆さん見ていて素晴らしく清々しく、
そして若い方たちが明らかに昔に比べて、恐れを抱かずに伸び伸びとした表現をするようになってきているのは、おそらく教育のいい変化だろうと感じます。

{7A463066-1F0E-49CD-800C-E6D2EC242B32:01}



{92595C13-B0E7-4EBC-8D8E-D3B6E236ADFE:01}


.........私は一体なんの総括をしたかったのか?!という感じになってしまいましたが笑

今年も音楽とともに、皆様とともに一年間過ごして来られたことにただただ感謝の思いです。
心より、有難うございます。
来年もまた、幸せ溢れる一年となりますように。
どうぞよいお年をお迎えください。

私事ですが喪中ですのでこちらからの新年のご挨拶は失礼させて頂きます。頂くのは大歓迎です。(笑)

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日か昨日かその辺りがベートーベンのお誕生日だったそうです。
生徒さん皆様お気づきだったかわかりませんが
今年のレッスン室のカレンダーは、毎日作曲家の誕生日が書かれていました。

{219DAB9C-C337-4897-B25C-BECD72F60926:01}

そしてそんな記念日に、Googleが
ベートーベンクイズ を作ったようです。
このベートーベンがなんだか愛らしくて、今日一日中見るたびにほっこりしていました。

先日久々にベートーベンのピアノコンチェルトと第九を生で聴く機会があり、秋には、ベートーベンのソナタを時代ごとに違う演奏家が弾き分けるというコンサートにも行ってきたこともあり
なんだかまた再びベートーベン熱が高まりそうです。
なんとも生真面目で、不器用なイメージのベートーベン.... でも、彼にしか出来ない確固たる音楽がそこにあり、いつ聞いても素晴らしいなと思わされ、様々なことを考えさせられる....
それは主にこの世の中の矛盾であったり、困難であったり、そしてその先にはかならず希望の光が見える....
彼の音楽には、そういうものがすべて詰まっている気がします。なぜか頑張らなきゃと思わされるのです。それは彼自身が、おそらく不屈の魂で生きていたからなのだと思います。
必死に遺してくれた音楽を今こうして聴くことができる、演奏することができることにただただ感謝です。

Happy Birthday Beethoven!!!!!!


いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。