ピアノマンの逆襲~青柳ゲンダユウの音楽活動blog~

シンガーソングライター活動をしている青柳ゲンダユウのブログです。




テーマ:
ちょっと気が早いですが、今年のマイベストアルバム・オブ・ザ・イヤーは…

ヒトミトイさんの「city dive」ですね。
リリースは2012年なんですけど、すごくたくさんリピートしました。こんなこと本当に久しぶりでした。古き良きシティポップスを踏襲しつつも、今の時代も感じる名盤です。そして何よりヒトミトイさんの艶っぽさと言ったら…。

やっぱり諦めずに新しい音楽を探し続けるものですね。もちろん昔よりも感性は鈍っているし、感動できる音楽も格段に減ってきているんですが、今はYouTubeというツールがあるので知る機会は何倍にも増えたと思います。

ヒトミトイさんも新旧のシティポップスをYouTubeでサーフィンリスニングしてた時に出会ったアーティストです。

何が他の作品と違うかと言うと、やっぱり風景が浮かんでくる音楽だと言うことです。これってすごい大切で、20代中盤くらいまでは、聴くだけで別世界に行けるような、それこそ短編映画を観ているようなトリップ感を感じることができたのに、やっぱり30過ぎてから殆どなくなりました。だからトリップできる昔の曲ばかり聴くようになっちゃうんですよね。

サザンも90年代くらいまでの曲は、そんなトリップ感があったんですけどね…。キラーストリートくらいからやたらリアルな歌になってしまったように思います。でもそれがリリースされた時にはもう自分の感性も若くなかったこともあったかな。
でも、ヒトミトイさんのこのアルバムは、都会の夜景と、そのどこかでヒトミトイさんが存在しているような気分にさせてくれるんですよね。何かヒトミトイさんが夜の東京のどこかで待っているような…

これは、子供の頃に土曜の夜にワクワクしたあの感じ、ひょうきん族を見た後のようなフィーリング、大人はこれから楽しいんだろうな的な感覚に近いかも知れません。そして、寝る前に二階の窓から東京タワーとか新宿の高層ビルのイルミネーションを観て「あそこにはきっと楽しいことがあるんだ!早く大人になりたい!」と思った幼い頃のドキドキ感も蘇ったりします。

これからもそんな音楽に出会えたら幸せです。


アルバムの中でも人気があるであろう一曲。
最後のダンスが素敵。そして衣装…目のやり場に困る(笑)


こちらはアルバムのダイジェスト

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
初めてスタジオに小学生の娘を連れて行きました。ピアノもそれなりに弾けるし、楽器にも興味があるようなので、ドラムを叩かせてみたり、エレキギターやベースをアンプに繋いで出た音を聴かせてみたり、ちょっとした体験会のような感じにしてあげました。

そんな中、父も久しぶりにバンド魂がムクムクと⁉

ギター‼(撮影:娘)
ちなみに20年愛用の奥居香モデルギター‼
{513BC6FA-CBD5-4052-B4BE-9A810AFD92FC}

そしてドラム‼(撮影:娘)
一度だけドラムでライブも出たことあるんですよ(笑)学園祭の教室でやるようなライブですけどね。
{6CC2C1CC-ECE5-4721-8C27-88D195DF92A5}

ずっとソロだけど、やっぱりバンドが好きだなぁ~。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕がゲンダユウ活動とは別にやっている「三輪車ガーデン」というユニットはもう結成して10年になります。でもメンバーも本業が忙しく、不定期に活動しているため、オリジナル曲は10曲程度、ライブは数回しかやってません。最初は3人でしたが、ギタリストは事実上脱退状態になっているなど、色々ありました。

でも、このユニットのおかげで、ゲンダユウとして歌うことを想定していたら書けなかったような作品もたくさん書けたし、何より女性ボーカルに自分の曲を歌ってもらうと表現の幅も広がるわけで、そう言った意味ではとても感謝しています。

ここ数年はすっかり活動停止状態でしたが、年末来年辺りは少し再始動するかも知れません。
まだまだ予定は未定ですが、楽しくやりたいものです。

↓2012年のライブから「青空」という曲を。作詞はボーカルのマリ、曲はゲンダユウです。個人的にとても納得度の高い作品です。
カメラの不具合で最後までピントが合ってませんがご了承ください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログの更新頻度が落ちておりますが、元気に忙しく過ごしております。

オープンマイクにも参加したいお店もまだまだたくさんあるのですが、仕事と重なったり、飲みのお付き合いと重なったりして次の見通しが立っておりません。これからもしばらくは、仕事以外の時間で研修関係の勉強や、学生さながらの論文くらいの長さのレポート作成が待ち受けていたりと音楽に費やせるパワーが限られている状況でもあります。

でも、僕らのような音楽活動はあくまでも生活の主軸をキチンとした上でやるものなので、安定的な活動ができなくて当然なのです。

そう言った多忙な中でも、新しい音楽に触れて自分の中にある水を循環していかなければいけないのですが、ちょっとサボり気味。音楽は聴いてますが、馴染みのあるものばかり。これではいかん!と思うわけです。タワレコでの情報収集も週一でやるはずが、行けてないし…。

それ以前に時間の流れが早過ぎるって感じます。
オープンマイクは月1、ブッキングライブは3ヶ月に1度、作品の録音は月に1作品という目標値も掲げていますが、作品録音は全然できてないですね。

でもこんな感じでこれからも進んで行くのでしょう。今年はオープンマイク参加という新しい世界に踏み込んで、色んな体験や出会いが得られたことはとても大きかったので良しとします。

来年からは、やるべき活動をもともとスケジュール帳に組み込んでおいた方が良いかも知れません。

↓久しぶりにお茶の水へ。今も楽器の聖地であることに安堵感。
{1BFBE873-652C-44BD-9718-9C3406D7A97D}




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事が遅くなったので、少しウォーキングでもして帰るか…と思ってたどり着いた恵比寿。

ガーデンプレイスは既にイルミネーションが光ってました。カップルばっかり~(笑)
{91D9C4A9-129B-4092-A79D-6CAEB4C8ECE1}

バカラのシャンデリアも。相変わらずスゴいデカイ。
{75B166DB-8EF9-4F77-A9C7-CB3769BF50B1}

そして併設のタワーにのぼる。38階のトップオブエビスと言う飲食店街。叙々苑とか東天紅とかお高めのお店ばかり。

でもここにはスカイラウンジといって、東京が一望できるスペースがあることに今回気付きました。
{7E7FF721-0A17-4A30-826D-9E35EF23BDE7}

無料でこんな景色が観られるとはお得な気分。

でも何だかちょっと寂しさも感じちゃうんですよね。何だろう、昔から恵比寿ってあんまりテンションが上がらない街なんですよね。嫌な思い出がない代わりに、印象的な思い出もないからかな?

このたまに訪れる虚無感みたいなものって、きっと生きている限りうまく扱っていかなくてはならないんでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大学の音楽サークル時代の後輩である大迫杏子氏がCDを出しました。彼女は我々の仲間の中で唯一、キーボーディストとしてプロのミュージシャンになった人物。ちょっと前だと西野カナのツアーとかにも参加してたかな。その他にも色んな仕事をしていて、楽器メーカー主催のキーボード教室の講師やったり、教則本を出したことを知った時にはたまげました。杏子ちゃん、やるじゃん‼って。ウィキペディアにも載ってるもんね。

昔から、自分からアピールするタイプではないものの、サラッと難しいことやってる感じのキーボーディストで、こりゃ敵わないな~とは思っていたものの、まさかこんな強い意志と行動力を持った女の子だとは思ってませんでした。おっとりとしたイメージでしたが、静かなる野望があったんでしょうね。

で、CDです。osako kyoko「♯0」
全6曲彼女によるインストです。

{7060D2F4-56B4-466F-964B-2795A207C777}

こちらが裏ジャケ。ミュージシャンぽいねぇ~。でもそれ以前にいい女感を醸し出して…これも戦略か!?(笑)
{41C6A0D4-6E80-4F55-A016-BF5136CC2DA8}

拝聴してみると、当たり前ですが、完全にプロの音とクオリティ。普通にNHKスペシャルとかでも流れてそうな感じ。あのきったない校舎で、学園祭の時にたくさんのビールケースを逆さにしてステージを組んで、ひどい演奏していたサークル仲間の中にいた杏子ちゃんはもう居ないんだな~もう音楽的に遠いところにいるな~と思ってしまいましたが、とっても嬉しくなりました。

そして、どの曲もピアノを基本にした曲ですが、タイトルと曲のイメージが非常にマッチしていて、その表現力やアレンジ力もさすがだな~と思うし、コード進行も複雑じゃないのに単調にならない技術にも脱帽です。そして、絵画を鑑賞しているような、彼女の心の中にある大切な風景を覗き見させてもらっちゃっているような美しく緩急に富んだ楽曲が並んでいます。とても素敵です。
個人的には「halation」という曲が好きかな。ピアノのアルペジオと軽快なリズムが心踊ります。

僕がやってるような歌作りの世界は、プロでもアマでも、言いたいことややりたいことは、歌詞があったりモデル曲があったり、比較的見えやすいと思うんですが、こういったインストの世界ってどんな考えや感性を元にしているんでしょうね?とても興味があります。今度本人にも聴いてみようかと思います。

ちなみに、ご興味のある方。購入もできますが、こちらから試聴できます

とても良い作品を聴かせていただきました。
これからも彼女の活躍が楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人間って良くも悪くも「自意識」に影響されて生きていると思うんですが、それが強すぎたり間違った持ち方をすると、自尊心を満たすことへの渇望感から、自分にも他人にも負の影響を及ぼすように思います。いわゆる「自分病」ってやつですね。

でも、そんな自意識をふっと忘れさせてくれるもののひとつに音楽があると思います。自分が心から好きな曲を聴いて「あぁ…やっぱりこの曲いいわ~」ってなっている時って、いわゆるエゴイズムから解放されている状態、言い換えれば「我を忘れている状態」であるように思います。

昔、MY LITTLE LOVERの「evergreen」というアルバムを聴いていた時、自分がこの音楽に許されているという不思議な感覚を感じたんですよね。それは別にakkoでもなく小林武史に、というわけでもなく、ただひたすらマイラバの音楽が自分を受け入れてくれているような感じがしたんですよ。音楽と一緒に自分も溶けてしまうような。

やっぱり音楽って人を素直にさせる力もあるんでしょうね。うまく言えないですけど。

これからもそんな自意識を取っ払うような音楽に出会いたいですし、自分の作品でそんな曲が書けたら言うことなしですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日の夜は鎌倉のカフェGru(グルー)さんのオープンマイクに初めて参加させていただきました。

ここは小町通りから入ってすぐにある野菜を中心としたカフェレストランで、土日はライブもやっているお店なんです。先日の戸塚LOPOで知り合ったライブブッキングの方と主催者であるアーティストさんと面識をいただいたことで、お邪魔してみました。

ひとり2曲披露するというオープンマイク。14組の方がいらしてましたが、皆さんすごく個性的で興味深く拝聴しました。参加者の年齢層が結構高く、同じ歳くらいの方やもっと上の方もいたのですごく嬉しくなりましたね。一方で24歳組も3組もいました。それぞれにそれぞれの想いが反映されている歌が聴けるので、本当にオープンマイクっていいな~って改めて思いましたよ。勇気を出してこの世界に踏み出してみて良かったです。

で、わたくしゲンダユウはスーツ姿で登場。
鎌倉にちなんだオリジナル曲である2008年に書いた「鎌倉へ行こう~会社を辞めたなら~」と、1997年に書いた「おだやかな午後」を歌いました。二曲目は21歳の時の作品。久しぶりに歌えて良かったです。まさか40歳で歌うとは!改めて過去の作品は宝物だなって思いました。

{8F747BF8-F421-4776-9FA5-078D28084AFD}

お店の中はこんな感じ。すごく素敵な空間でウイスキーもグイグイ進んでしまいました。何人か知ってるアーティストさんも参加していて、再開できるのもオープンマイクの良いところ。
{4B95769C-15BE-451F-80DD-26E01D60B321}

いや~いい時間でした。何度か複数のお店で参加して思うのは得るものが多いということ。
出会いもそうだし、リーズナブルだし、自分のスキル維持にも繋がるし、通常のライブではやらないような昔の曲をやるきっかけにもなるし、良いことづくしです。

自分には音楽があって本当に良かった、そしてひとりでできるスタイルで本当に良かったと改めて感謝した夜でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
20年くらい前に、数え切れないくらい通った街が東急田園都市線沿線にあります。勘の良い方はどう言うことか何となくわかるだろうけど(笑)
一時期は毎日のように渋谷行きの終電に乗って、渋谷から山手線に乗り換えて東京の実家に帰ってました。深夜ののぼりの田園都市線はすいてたので、よくシートに座りながら色んな音楽聴きながら帰っていました。

最近、久しぶりにその街の方に行く用があったので、懐かしくて訪れてみたら、やっぱり忘れていた当時の思い出がグワ~っと蘇って来たんですね。駅前のお店や公園、街の雰囲気など。蘇ってみると昨日のような錯覚にもなるし、一方で全部夢だったのではないかと思う感覚もあったり。
でも確実に青春の一頁だなぁとしみじみ感じました。その思い出にまつわる曲も当時色々書いたなぁとか。全部悲しい歌ですが(苦笑)

今、振り返っても後悔することは全くないし、戻りたいとも思わないけれど、自分がもう少し大人だったら、あの限られた時間をもっと輝かせることができたのではないか?という思いは正直あります。でもそれもその時の自分だったんだと思います。同時に、その経験や思い出が今に生きていることもすごく感じるんですよね。

何を言っているのか分かりませんよね?でもいいんです(良くないか…!?)

当時の自分と今の自分では見た目はもちろん、考え方も違うだろうし、根本的な性格は変わらなくても、経験による変化はあるだろうし、今はやっぱり考えなくちゃいけないことが何倍にも増えたし、色んな現実的な役割を背負っているなぁと思いました。あぁ、もうあの頃の僕らはどこにもいないんだ…と。

その街を歩きながら、当時感じていたゆっくりとした時間の流れが再現されたような気がしました。日だまりの暖かさも。
そしてそんな経験ができたことに心から感謝の気持ちがわいて来ました。そしてたくさんのごめんなさいも。

また新しい曲が書けそうです。

{CE0B9AE8-8A07-43AD-A81B-E56112B22B80}



iPhoneから送信
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今まで生きて来て、色んな乗り越えなくては行けない壁がありましたが、結局支えになったのは悔しさから来る闘争心だったように思います。見た目やイメージからは想像できないでしょうが、実はかなりの負けず嫌いです。ちょっとでも喧嘩売られたら、心の中で「てめぇ、絶体見返してやる!」と叫んで、それをエネルギーに凄まじく頑張るというパターンが多かったし、実際に結果を出して見返せたこともたびたびあった気がします。

でも、最近はあまりこう言うことも少なくなって来ました。仕事も成果を出すことよりも、仕事を進めて行くための周囲との人間関係の調整の方がよっぽど大変で頑張る部分が変わって来てるし、音楽だって若い頃みたいに「みなライバル!」みたいな感覚も皆無です。だって自分よりはるかに若い子も多いですからね。張り合いようもないし、むしろ応援側です。

それはそれで穏やかに過ごせるので良いのですが、何か自分の中で活気が出ないと言うか、張り合いがないと言うか…元気が出ないんですよ(苦笑)

もちろん闘争心にも副作用もあって、基本的に人との比較によって生まれる感情なので、ヒートアップして自分をコントロールできないくらい怒りが収まらない時があったり、人と無用な喧嘩をしてしまうリスクもあるし、逆にパワーが不足している時はすごく落ち込んじゃったりもするんです。
人の評価から得られる自尊心を求めること自体ハッキリ言ってナンセンスだし、僕の上司のちょっと笑える名言「舐めたい奴は舐めたいだけ舐めればいい」もひとつの考え方だと思います。時に相手にしないことも大切ですからね。

なので、ちょうど良いバランスで自分を燃やし続けて行くことが重要なんだと思います。
やっぱり燃えてないとつまんないしね。そんな自分が楽しくないと!

ちなみに、闘争心はテストステロンという男性ホルモンが影響しているらしく、うつの人とかはこのホルモンが不足していることも多いらしいですね。僕も今までの人生でメンタルが病みそうな環境に置かれたことも何度かありますが、傷付きながらも折れずにいられたのはやっぱりこの闘争心や負けず嫌い根性があったからだとつくづく思います。倒れる寸前のところでも「こんなことで折れたくねぇ、ちくしょう!」という思いだけは消えなかったということでしょう。技術的には何の身にもならなかったけど、幼少期の剣道から学んだ立ち向かう精神は役に立っているかも知れないな…とも今は思えます。

人間誰しも弱気になることもありますが、やっぱり強気だからこそ得られることもたくさんあるし、弱気な自分に気付いたら、この闘争心をうまく活用して乗り越えて行こうと思います。


iPhoneから送信
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。