ピアノマンの逆襲~青柳ゲンダユウの音楽活動blog~

シンガーソングライター活動をしている青柳ゲンダユウのブログです。




テーマ:
今に始まったことではないのですが、日常生活で音楽に費やせる時間は本当に限られています。

昨年の夏に書いた16曲も、今年の1月のライブで何曲か披露できましたが、結局発表できないまま1年が経ってしまいました。

なぜ発表できないかと言うと、きちんとアレンジして録音してミックスダウンしてお聴かせできる状態に仕上げたいという意図があるからなんです。

しかし、アレンジを考えて納得できるものまで行き着くには膨大な時間が掛かるもので、それが楽しさでもあったりするのですが、最近発表こんなことしてるうちに書いた曲の殆どをアウトプットすることなく人生終わってしまうのではないか⁉と思うようになりました。本気で。

だから、もう少し柔軟に考えて、書いた曲をギターやピアノのアコースティックなシンプルな編成で演奏して録音、YouTubeなどで発表するのも良いのかなと考えています。
メロディと詞はわりとすぐにできるタイプなので、それであれば書いた曲も埋もれなくて済むかなと。

元々はバンドキッズだったこともあり、どうしてもガッツリした楽器編成の曲が好きなのですが、そこまでアレンジや録音を追求するのは老後の楽しみにでもしておきましょうかね(苦笑)

デモテープを作る感覚でまずはやってみようかな…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
盛り上がってますね。リオオリンピック。
が、ワタクシは全くと言っていいほど興味が持てないのです…。自分でも不思議なくらい…。
なぜならば…運動が超苦手なのです。それ以前に好きじゃないのです。

子供の頃、水泳や剣道も何年間かやってましたが、全くモノにならず、小学生の時も球技で「ヘイ!ヘイ!パス!」と叫んでもパスは来ず、一番覚えているのは、休み時間の手打ち野球で、キャプテン的役割の子がトリトリジャスと言ってジャンケンでチームメイトを選んで行く中で最後に自分が残ったにも関わらず「要らね…」と言われるくらいの戦力評価(笑)でも、あんまり傷つくことはありませんでしたね。図工や音楽に自信があったので。

でも、いわゆる体育の授業はずっとホントに苦痛でした。汗をかくことにどんなメリットがあるのか⁉なんて思ってました。でも一番の理由は、全く活躍できなかった、人並み以下だったからなんですね。やっぱり向き不向きと興味のあるなしかなぁ(笑)

思えば大学の一般教養の体育。テニスを選択したのは良いけど、ウマイ女の子がたくさんいて打ち合いの練習の時なんてトホホでした。打ち損なって自分の頭にラケットを当ててケガしたこともあったっけ(苦笑)このラケットがギターだったら‼と何度思ったことか….‼まぁ、懐かしい思い出ですけどね。

とは言いつつ、リオオリンピックも常識程度には知っておこうかと。卓球の水谷君にもちょっと似てると言われるゲンダユウですから(昔は波田陽区に似てるとたくさん言われた。でも波田陽区よりは良いけどとも言われた…微妙)

さて、先日久しぶりにCDを借りて来ました。
YUKIちゃんは小2の娘が聴きたいと。JUDY&MARYを自分たちが高校とか大学の頃に聴いてたことを考えると、娘が聴くなんてすごいなぁと感無量です。

あとは桑田さんの「ヨシ子さん」。
これサザンも含めた最近の作品の中で一番好き。何か昔のサザンのテイストを感じるのは私だけ?
やっぱり桑田さんは落ち着いた人生応援歌や憂いの歌やメッセージソングよりも、こういうライトな、でも濃い歌の方が似合う気がします。

{8B299607-EA55-4B65-8727-F1D7ECBF42D3}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
地域の仕事で夏祭りの屋台の手伝いをしました。
夏‼って感じですよね。

我が子も友達と遊びに来てましたが、楽しそうでした。こういった夏の記憶や思い出が心の原風景になって、大人になった後でも彼らを支えるものになればいいなと心から思います。

しかし…お祭り屋台も、買うのと売るのでは全然見える世界も違うものですね。始める前はほぼ初対面の近所の人達と連携しなきゃいけないので正直憂鬱だったのですが、始まって何となく各人の役割分担ができて来ると楽しくなってきました(笑)

コンビニのアルバイトで培ったレジ的オペレーションは16年経った今でも身体に染み付いているものだなぁとも思いました。

{2E39CA9B-1694-4F65-9EE5-26F656ED2F82}


やってみて改めて思ったのは、「楽しむ側」より「楽しませる側」や「屋台側」の方が性に合ってるということ。ライブもそうだし、仕事も家庭もあらゆる分野でそうですね。楽しむ側になってしまうとどうしたら良いか分からない(苦笑)そんなタイプです。

そして最後に夏祭りあるある含めた気付いたこと。
○大山のぶ代さんが歌う「♪はぁ~」で始まるドラえもん音頭は新声優で10年経っても不変(全国的にそうなのだろうか……?)
○(たぶん)警察が作った振り込め詐欺防止の盆踊りの歌で踊ることがトレンド
○中学生くらいになると、ちょっと意識しながらも交流してる男子と女子のグループがいて、その様子がもどかしい
○盆踊りの浴衣おばちゃん集団は、マイペースに淡々と仕事的に踊っているが、他は恥ずかしそうに踊っている
○男子たちはなぜか暗闇で鬼ごっこをする
○市議会議員や地元の国会議員が来るが反応はいまいち。マイクを通じた挨拶も誰も聞いていない…
○屋台側は釣り銭確保に翻弄する(笑)
○屋台側にもビールや焼き鳥がわずかに振る舞われ、それが何とも言えずありがたい
○祭り会場に入ってくる軽トラックは誘導を付けるべきだ
○子供たちが友達と行動するようになると、寂しいが成長を感じる
○祭りあとはやはり独特な寂寥感あり。途中で帰っても、だんだんと遠くなる祭りの喧騒に独特な切なさがある
○ドラマに出てくるような青春の恋の思い出なんて皆無である(苦笑)

{17EAE5CB-EAEB-48F8-BEBA-C43DA68FCA1C}

子供たちに、盆踊りは亡くなった方の供養の一環であると教えたら、娘が「それなら踊った方が良かった!」と言ってました。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
久し振りに地元の銭湯に行きました。
好きなんですよね、あの雰囲気。昭和って感じで癒されます。来ている地元のおっちゃん、おじいちゃんも味があるし、何だか自分が小学生に戻った気分になれて癒されます。

思えば、小学生の頃。家の立て替えで、2DKのマンションに家族6人で住んでいた頃、よく銭湯に親父と通っていた思い出があります。そんな記憶も銭湯好きに影響しているのかも知れません。

最近ではスーパー銭湯なんてのもあるけど、やっぱり地域の銭湯ですな。変な話、いつ閉店するかもわからないご時世なので、行けるうちに行っておこうかと…

今回は閉店ギリギリに行ったので、ほぼ貸し切り状態で、色々と観察できました。
下駄箱、ロッカー、アナログの体重計、椅子、洗面器(ここはケロリンではない)、アナログ時計、10円玉を入れるドライヤー、ブクブク付きの湯船、必要以上に熱いお湯、番台前のコーヒー牛乳…
どれをとっても趣深い…

注)人がいない時に撮っています
{EE135F15-2E8B-459B-A4D9-636FD6705F18}

そして、みんなで見るちっこいテレビ。リオやってました。新聞や内輪もあり。そしてマッサージ機。鉄板ですね。

{CECF7BA6-51DD-4A7E-A903-D8FAC5279A56}

しかし、ここの一番の謎は壁画。
富士山は手前に小さく描かれており、メインは何と裸婦‼

注)人がいない時に撮っています
{CB53AA81-4C4A-482F-8D54-3448E12986BE}

しかも三体も描かれている…
こんなんで心惑わされる殿方はいないだろうが、なかなかの謎である(笑)

いずれにしても銭湯は私のパワースポットです。

追伸
ただし、水虫には十分注意しましょう。
帰ったら足を洗うことをオススメします。マットに潜んでます。足の裏から浸透していくまで、やや時間がかかるらしいので、それまでに流してしまいましょう。昔、温泉か銭湯でうつり、半年くらい通院してようやく治りました(^o^;)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢から帰京しました。
仕事なので観光は一切なし(苦笑)夜少しだけお酒とお寿司をいただきました。

その後は、夜の金沢駅周辺を散歩。プリプリの「HERE WE ARE」を聴きながら。やっぱり夜が似合うアルバムだ。そして、当時の勢いが詰まってる傑作であると改めて思う。

しかし、不思議なこともあるもので、金沢駅でプライベートで旅行に来ていた同僚とバッタリ。すごい偶然。新幹線まで同じ。こんなこともあるものですね。

↓金魚鉢をモチーフにした焼酎
{9BE0F6ED-48E3-4DCA-A05F-56EBF39F1AAA}


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
生死に関わるものではないにしろ、妻が手術入院しています。にも関わらず私は外せない金沢出張(ToT)
子供たちの面倒は義母が一手に引き受けてくれています。何とも後ろ髪引かれる思いで終電で出発しました。

久し振りに乗る新幹線。ホームの売店で発泡酒がないことに驚き、単行本のコーナーにこれでもかというほどエロ小説が並んでいることに驚き、平日にも関わらず、別れを惜しむ遠距離恋愛カップルを短時間で3組位見たことに驚きました(笑)

さすがにちょっと元気出ないのですが、岸谷香さんのニューアルバムを聴くと少し気分が上がります。プリプリとはまた違ったポジティブさを感じます。

{20C280BF-4C3F-46E4-B82A-C5C56042DC58}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ数年、職場の夏の宴会で余興企画を任されている。殆どが音楽系で、まるでミュージックフェアのよう(笑)歌や楽器ができて、且つ出てくれそうな社員に出演交渉をして5~6組ほど集める。司会や音響等も仲間に依頼する。途中演出なんかも織り交ぜ、一時間ほどのエンタメショーを作り上げるのだ。最近では社内でもプロデューサーとかエンターティナーとか呼ばれる(笑)根は結構テンション低いんだけどねぇ。

そんな中、ひとつポリシーがある。
それは、カラオケは使わず生演奏にこだわるということだ。まるでFNS歌謡祭(笑)
理由はカラオケを流すと、一気にチープな宴会になってしまうリスクがあるからだ。

演奏も私が担当。今年はパーカッションやってる後輩とギターで数組の歌い手さんをバッグアップ。

おかげさまで毎年とても盛り上がる。
歌い手さんが選ぶ曲も自分だったら絶対演奏しないような曲だったりして勉強になる。

これはある意味「仕事」なので(笑)、自分の音楽活動は停止状態でもしっかり準備することになる。

ちなみに、今年は前座的に星野源の「SUN」を唄いました。♪Ah Ah~

{DEEBD261-9653-4BC8-8C68-C25948387DC4}



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
アコースティックギターを座って弾く時、足を組んでギターを安定させないと弾きにくいものなのですが、その姿がどうもカッコ悪くて好きではなかった。

そこで購入したのがこれ。
{AE0D2CAB-439C-4467-A176-BCD1FA726FA9}

フットレストと呼ばれる足置き台です。角度を変えて…
{18AFD1E3-316B-4950-83D3-61587F9E4634}

全体的に。脛毛ないですが脱毛とかしてません(笑)殆ど生えないんです(^o^;)
{55609896-1793-44F1-B4CC-D43534E76BEE}



すごく弾きやすい。折り畳めるからギターケースにも入る。

機能的には抜群なんだけど、実は今までその存在は知っていても、何かカッコ悪くて避けてた。
自分の好きなアーティストが使ってるのも見たことなかったし。

正直、今もスタイリッシュだとは思ってない。でも、背に腹は代えられぬ…ということで使って行こうかと思います。

ミスチルの桜井さんあたりが座って弾く時は専用の足置きがある椅子に座っているっぽいですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりにpoliceを聴いている。
スリーピースなのにカッコいい‼

音楽に対して「カッコいい」と思う感受性があまりない自分でも、policeのクールなサウンドはいいなと思う。

邦楽でもひと昔前はpoliceの曲に影響を受けてる曲が結構ある。プリプリの「KEEP ON LOVIN YOU」や「グラスヘブン」、ミスチルのファーストアルバムの一曲目なんて明らかにそうだし、スピッツの「ナナへの気持ち」もコード進行アレンジに部分的に意図的にテイストを入れたことを感じる。自分が知らないだけで、まだまだそんな清くはたくさんあるのだろう。

昔、ユニコーンの手島さんのバンドでサポートキーボードさせてもらっていた時、ある曲のイントロアレンジのイメージで挙げられたのがpoliceの「Every Little Thing  she dose is magic」だったこともあった。

Every Little Thingって、ELTだ(笑)
改めてこの曲を聴いてみると、ベンフォールズファイブの曲の中のコード進行やアレンジに影響を与えたことも感じる。

こう考えると、音楽って食物連鎖みたいですね。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
発売からずいぶん経ちましたが、気安くレビューなど書けませんでした。この方のアルバム。
{80DAC1A6-BA4B-40EC-AC45-74FF9D6DD327}

奥居香だけど、奥居香じゃない、岸谷香の現在を体現するアルバムだと思います。

彼女の作風はプリプリのアルバム「BEE BEEP」あたりでひとつのフォーマットができあがったように思う。

ファンとしてはアルバム「PRINCESS PRINCESS」あたりまでの作風(本人曰く、何も考えなくても曲が降りてきた時期だとか)を求めてしまう部分はあるけど、今は今でプリプリの奥居香ではなく、ソロアーティスト岸谷香という感じがして良いのではないでしょうか?それは歌い方も含めて。

アーティストも人生経験を経て、キャラクターも作風も変わって当然。でも、プリプリ現役時代は、ソロになるにしても、気さくな中にも反骨心のあるちょっと生意気な感じのオーラがある人だったし、それが魅力でもあったから、こんなににこやかで可愛らしく、幸せオーラが出たスリムな(失礼!)ミドルミュージシャンになるとは思いませんでした。

そして作品からも今を生きてる感じがしますね。プリプリと同世代のミュージシャンの中には、完全に過去の人になってしまい、もろに残念感が溢れてしまう人もいるけど、彼女に関してはそう言ったものは皆無だし、ファンとしては嬉しい限りです。

それぞれの曲についても感想はたくさんありますが、どれもすごく岸谷香を近くに感じる嘘のない歌の数々ですね。ちなみにこのアルバムの中で一番岸谷節を感じたのが「KISS&KISS」のAメロ。さすがプリプリの新曲を想定して書いただけありますね。
あと、「DREAM」の中にプリプリの「HELLO」の「♪泣きたい時は~」とほぼ同じメロディがありますね。「モノクロームの毎日が~」の部分ですね。たぶん本人も気付いていると思いますが、これも岸谷節かなと。

それと「DAMP IT!」はベンフォールズファイブをやりたかったんだなとすぐに分かりました。イントロの歌とベースだけの部分やコード進行が「julianne」です。興味のある方はぜひ聴いてみてください。

秋にはライブも行きますが、唯一無二の存在だし、しっかりパワーをもらって来ようと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。