装飾は上から?下から?

テーマ:

チェンバロ・ピアノ奏者の水野直子です。

雨の東京です。


みなさま、いかがお過ごしですか。


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *


今日はアンケートにお答えくださった方からの疑問に答えたいと思います。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/83131eaf490966


ズバリ「装飾は上から?それとも下から?」という問題について、です。


装飾のお話をすると
集中したセミナーが数回必要なのですが

今日は、簡単に、
バッハの装飾について、
まずはここから、
というものをご紹介しますね。


ご存知の通り、
音楽史上「バロック」に
位置づけされている期間において
その集大成を飾るのがJ.S.バッハです。


当然ながら、
バッハ以前の作曲家の作品にも
多くの、そして様々な装飾記号が存在します。



バッハだけでも
装飾は難しいのに、
厄介ですね。。。


でも、
ご安心を!


作曲家のなかには
「この装飾記号は、こう弾いてほしい」
という『装飾表』を
自ら書き残している作曲家もいます。


バッハもその一人です。


さて
ここでクイズ!


バッハはその装飾表を
誰のために、
どの曲集に書き記したのでしょうか?

「装飾は上から?下から?」の問題も、
これを見れば一目瞭然です(^^)


ヒント:
おそらく
私たちが今、
使っている楽譜にも
書かれていますよ。



正解は、後日発表しますね。



今日も、素敵な音楽ライフを♪



*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:*


◇練馬区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

◇水野直子 オフィシャルサイト
http://naokomizuno.com

◇Facebookアカウント 申請はお気軽にどうぞ♪
https://www.facebook.com/naoko.mizuno.399



 

AD