年末を迎え、そろそろ税金のことが気になる季節。


僕も会社の含み益、含み損をどうしようかと悩んでいたところ、


税理士さんから連絡があり、有限会社のFX取引は、”時価評価”で所得計算をするとのこと。つまり含み益は益に、含み損は損として実現損益から加減しなくてはならないそうです。


個人の場合だと、実現損益のみが課税対象だったので、てっきり法人のFXも同じだと思っていたのですが、所謂”デリバティブ”投資扱いになるそうです。


経営者の皆様、もし僕のように勘違いされているかたがいれば、お気をつけ下さい。





AD

寒いですね

テーマ:

我が社は12月が決算月。


創業初の第一期決算を迎えます。


なあんて、長期スワップ狙いの投資活動では、ほとんど事業内容がありません。


これでもちゃんと損益計算書やバランスシートを作るんでしょうか?何にもわからない社長です。


なんだか税理士さんから連絡が入っているようです。どきどき。


では、行って来ます。

AD

出金して最終決済

テーマ:

おはようございます。


再投資をしない口座を原資に戻すためにポジションを決済し、出金指示を出しました。


これにより、年間累計利益が、


12,590,647円となりました。


昨年よりも確実に相場環境は良くなかったと思いますが、昨年よりも大きな利益を得ることができた理由は、ただひとつ、利益のほとんどを再投資したからです。来年度も今年増えた利益を大部分再投資に回すことによって、利益額を増やしていきたいと思います。


19日になってもまだ欲しいものが決まらない長女のプレゼントは、親で勝手に決めてしまうことにしましたが、こちらも良いアイデアがなく頭を悩ませています。9歳の女の子へのプレゼントというのもなかなか難しいものですね。

AD

年間成績(ほぼ最終)

テーマ:

こんばんは。


これ以上取引をするかどうかわかりませんが、とりあえずここまでの年間累計確定利益を集計しました。


11,094,457円でした。


今週のドル高で、含み損は全て解消し、含み益に転換しています。(大した額ではありませんが)


お蔭様で、今年もまずまずの成績でした。5月の円高には大変苦労しましたが、”じっと耐える”ことでスワップ益を蓄積し、10月の119円フィーバーでほとんどのポジションをクローズしてしまったのが本年度の成績の大部分だと思います。一応年初にたてた戦略を一年間突き通したことが良かったのかと思っています。


また週末ですね。一週間お疲れ様でした。



沖縄で会社を

テーマ:

先日、取引先の方との雑談の中で、その企業が沖縄に業務のアウトソーシング法人を設立するという話を聞きました。もともと安価な人件費に加えて、税制面で優遇されるというのがその理由とのこと。


へえええ。


早速調べてたところ、沖縄には沖縄振興特措法に基づき、貿易特区、金融情報特区などが制定され、所得税額35%控除、投資税額控除などの優遇措置が取られるとのこと。加えて従業員20名以上の企業という点が積極的な企業進出を妨げているということもわかりました。


もしかしたら、チャンスでは、、、、


従業員一名というのがネックですが、沖縄に会社作ったりして。エメラルド色の海を眺めながら、ネットでトレーディング、、、


かっこええええええ。



でも、ネットビジネスってほんとに場所を選びませんよね。ワイヤレスLANのついたノートパソコンさえ持っていれば、Hotspotで取引できるし、漫画喫茶でもできる。今後法人設立にも、”住所、またはIPアドレス”が条件になっていくような時代が来るのかもしれませんね。

だいぶ含み損が

テーマ:

おはようございます。


FOMCは何とかドル暴落を食い止めた模様ですね。良かった良かった。


一時の含み損300万も、100万を切ってきました。それに伴い、ポジションを軽くしています。


一年間塩漬けにしていたNZ円ロングを全て決済。このポジは何と85.77でロングしたもので、今となっては何でこんな高値でロングしたんだろう、、と自分の思考回路が信じられないのですが、スワップが含み損を上回り、わずかながら資産増加に貢献してくれました。記念に最長記録に挑戦しようとも思ったのですが、キウイは僕にとっては甘い顔を見せて誘惑する危険な女性(なんじゃそりゃ)のような通貨なので冷徹に決別しました。(だから何の話だ!)


あともう一つユーロドルショートの超不良ポジがあります。これがまた何回やっても繰り返す失敗ポジで、このポジを見ることで安易にポジを持ちたがる自分を戒めています。


年末は22日が仕事納め。今年は久々に長期連休です。といってもどこにいくあてもないので、しっかり走りこんでおきたいと思っています。、





資金管理

テーマ:

おはようございます。


月曜から忘年会はつらいですね。僕は飲み始めると人より量が多いので、翌日のダメージも人一倍です。飲むのも酔うのも大好きなのでこのシーズンは大体自己嫌悪の連続です。


このブログを読んでいただいてる方からコメントをいただいたり、ご自身のブログで紹介していただいたりすることがあるのですが、皆さん好意的なコメントをいただいて恐縮しております。利益達成額が大きいので、僕の投資手法が優れているのではないかという誤解(?)を受けることがあるのですが、はっきり言って僕のトレーディングに技術は完全な素人です。チャートを使ってテクニカル分析をすることもないし、経済指標のカレンダーなんて当日になって知ることがほとんど。過去データの蓄積もないのでファンダメンタルな予測もできません。ショートはほとんどやらないし、通貨もドル円が90%で主としてスワップ狙いの塩漬けパターンです。


そんなど素人の僕ですが、ひとつだけ気をつけていることがあって、それは資産総額のコントロールと分散のやりかたです。


今僕は3つの口座を持って運用しています。


①運用金額を増やすためのメイン口座。長期運用を狙って利益は必ず再投資。ここで投資総額の50%程度運用

②デイトレ用短期口座。基本的に原資を下回らない範囲で損きり実行。利益は再投資。投資総額の20%程度運用

③長期運用サブ口座。ただし再投資はせずに利益分は必ず銀行口座に出金。投資総額の30%程度運用


この他、①で著しい含み損が発生した場合(かなり極端なケースですが)のために資金を追加注入するキャッシュを銀行に確保しておいています。


この分散パターンだと例えば①で大きな失敗をして含み損が増えても③で確保したキャッシュの分が確定としてあがっているので精神的に少し楽ですし、②のデイトレ分も原資確保でとんとん、位に思っておけば気軽にポジションを作れます。②③である程度の成功ができれば①のレバレッジを少し高くする、といった判断もできます。


このブログを読んでくださる方の投資方法の参考になるかどうかはわかりませんが、自分としては投資をしている際のストレスが一番辛いので、一番ストレスの少ない方法を模索してたどりついたのがこのやりかたというわけです。



116円と期末。

テーマ:

先週金曜US時間での乱高下の後、今日の日本時間はドルが買われているようですね。一時400万近くあった含み損が200万を切るところまで回復してきました。117円前半にまた壁があるようですが、そこを突破するまでにはスワップも蓄積されることでしょう。


先日税理士さんと打ち合わせを行い、今年の僕の給料をいくらぐらいに設定するのが良いか話してきました。税務上の話なのですが僕が個人的に経営している会社から、取締役である僕に対して給与を払うというのが面白いですよね。今会社のキャッシュが少し苦しいので、僕個人から会社に貸付け、そこから給料を引き出して従業員である僕に対して払う、、、、会社の株主、経営者、従業員が全て自分自身という仕組みの中でしかおこらないこの不思議な現象をまじめに話しているのが不思議な感じです。


その中で聞いた話ですが、これまで儲かりすぎた有限会社が社長へ給与を不当に増やして法人税を逃れるケースを避けるため、2007年から給料の変更などがそう簡単にはできなくなるようです。気をつけなければいけませんね。

師走ですね

テーマ:

あっという間に12月。2006年も終わりです。そろそろ忘年会の企画がちらほらと、、


為替は115円前半で拾って後半で決済する小さな取引を何回かやっただけで、あとは沈黙。含み損が300万を越すとポジは増やせないし、スワップでじわじわリカバーするのを待つしかないですね。


そろそろ1周年を迎えるNZ円ロングの超不良ポジが、どうやらプラス転換しそうな見込み。意地になって持ち続けた歴史を感じさせる貴重なポジションです。このまま最長ポジ保有記録に挑戦するかな?


家では二人の娘がサンタクロースにプレゼントをお願いする手紙を書いています。下の子はローラーブレード(4歳なのですが”ローラースケート”ではだめなのだそうです)。上の子は手紙だけ書いて、プレゼントのところだけ”空欄”になってます。まだ決まってないからだそう。決まってから書けよ!


今週もがんばりましょう。